なぜ学校現場でオンライン授業の導入が進まないのか 現役中学教員に聞く「緊急事態宣言を受けた学校の動き」


 2月27日の一斉休校要請に続き、4月7日緊急事態宣言。これにより、一部の学校では臨時休校期間が約1カ月→約2カ月に延長される形になりました。今回は緊急事態宣言の対象となった都道府県で働く現役中学教員Aさん(匿名)に「休校期間中、学校現場ではどんな仕事をしているのか」「なぜオンライン授業の導入が進まないのか」などをインタビューしました。

【まとめ画像】緊急事態宣言の教育現場への影響 「学校再開日が二転三転」「修学旅行ができるかどうか」

●続く臨時休校、学校の先生は何をしているのか

―― 緊急事態宣言が出て、学校現場の動きは?

 学校再開日が二転三転しちゃって大変だったよ。ちょっとややこしいんだけど、緊急事態宣言が出るまでの流れから説明させて。

 まず、全国の小中高校への臨時休校要請が出て(2月28日)、「学校再開は春休み終了後」ということになった。4月に入って各教員の担当する学年・クラスが決まって以降、俺の働いている学校では入学式が行われる4月8日に向けて準備を進めていた。

 その後、うちの自治体では臨時休校期間が延長されて「学校再開は4月13日」になった。

―― 予定されていた学校再開日が変わっちゃったんだ

 で、4月7日緊急事態宣言が出た影響から「学校再開は5月6日」とさらに変わった。

 学校側も馬鹿ではないから「4月8日スタート」「4月13日スタート」「5月6日スタート」の3パターンを事前に想定して動いていたんだけど、おかげで準備が大変だった。

 というのも、学校には“年度当初にやらないといけないこと”があって。例えば、教科書は4月15日までに生徒に配布することになっているから「5月6日スタート」だと間に合わない。

 「教科書を配るなんて簡単だろ」と思われるかもしれないけど、全教科合わせると1人10冊くらいになり、それが1クラス分になると数百冊だ。

―― 学校にもよるけど、全校生徒だと数千冊はいきそうだね

 それをどうやって生徒一人ひとりに配るのか。新型コロナ感染拡大防止のための休校しているわけだけど、生徒に学校に来てもらうのか。そうする場合、どうやって3密を避けるのか……。

 “上”からは「5月6日まで休み」という指示があったけど、こういう細かいところは現場任せ。だから、“各学校で考えなければならない問題”がたくさんあった。

 休校が続いて「先生は暇でしょ」とよく言われるんだけど、保護者、生徒には「教科書は“こうやって”配布します」みたいな連絡がいくだけだから、“どうやって”を考える仕事は見えにくいのかもね。

―― 結局、教科書はどんな風に対応したの?

 うちの学校は臨時休校中だけど登校日を設けて、生徒には「分散登校」してもらった。全校生徒が集まるのは良くないだろうということで、「1年生月曜日に登校、2年生は火曜日に、3年生は……」みたいな感じだね。

 さっきも話した通り、各学校がそれぞれに対応したからやり方はマチマチで、別の学校は「1組は月曜日、2組は火曜日……」とクラスで分けていたり、また別の学校は「そもそも分散登校をしない」という判断をしたり。

 「○○区はこうします」という方針も地域によって出ていたり出ていなかったりで、臨時休校期間の対応は学校の数ほど……とは言わないけど、本当にバラバラだよ。

 こんな状況だからこそ、“上”がリーダーシップを取って「こうしてください」と言ってくれると楽なんだけどね。細かいところは現場任せという姿勢だと結局、「なぜこのような対応を取ったのか」という保護者への説明責任まで現場に丸投げになってしまうから。

●そう簡単に延期できない学校行事のスケジュール

―― 臨時休校が5月まで延びて、影響が出そうなところは?

 体育祭が5月下旬に予定されていた学校は、例年通り行うのが厳しいと思う。

 そもそも準備期間が足りないし、仮に開催するとしても「どうやって3密を避けながら体育祭をやるか」と考える必要もあるだろう。5月に入ったら、このコロナ騒ぎが収まっているとは思えないし。

 「開催はするけど、種目を削って午前中で終了」みたいな対応を取る学校も出てくるんじゃないかな。

―― 日程を遅らせて、コロナ収束後に行うのは?

 以前のインタビューでも話したけど、学校行事って意外と多くて、体育祭以外にも合唱コンクール修学旅行マラソン大会、文化祭生徒会の選挙、球技大会、定期テスト……などがある。細かいものまで含めると毎週のように行われているから、そう簡単に予定は動かせないと思う。

●「日本中の学生が修学旅行で京都に行くのに、旅館がちゃんと確保できるのか」

 もっと深刻なのは、おそらく5~6月に修学旅行があるケース

 修学旅行って行く前に、2~3カ月かけて準備するものでさ。自分で調べる寺院を決めて、模造紙にまとめて……みたいな授業を受けた覚えあるでしょ? ただ京都に行くだけだけど、本当にただの旅行になっちゃうから。

―― 準備期間を考えると、5月の学校再開だと全然間に合わないね

 かといって、延期すると宿泊先が確保できない可能性がある。

 よく考えてみると不思議なんだけど、「京都には毎年、日本中から修学旅行生が集まるのに、なぜ旅館がいっぱいにならないのか」。それは「“どの学校が・どの時期に・どの旅館を利用するのか”が慣例的に決まっているから」なんだよね。

―― 延期すると慣例が崩れてしまうわけか

 こういう事情を知らない保護者からは「あそこの中学は普通に修学旅行ができるのに、どうしてこの学校は!」と言われてしまうかもしれない。

 もう1つ言うと、5~6月に修学旅行を行う場合、普通は3年生が対象なんだよね。受験が控えているから早めに行くんだ。つまり、延期すると受験シーズンに近付いてしまうし、もう3年生だから「来年に先送りしましょう」という対応も取れない。

●日本の学校でオンライン授業が進まない理由は“学校にお金がないから”?

―― 臨時休校延期の学習面での影響は?

 一部の自治体、学校ではオンライン授業が行われているみたいだけど……基本的には難しいんじゃないかなあ。たぶん学校って1980年代ごろから変わっていないんだよね。この令和の時代に元号を1個飛ばして、昭和なことをやってる。

 “箱物行政”と言われるように、かつての日本では図書館とか博物館とかいろいろ作っていて、学校もそうだった。でも、バブルが崩壊して「不況なのに公務員は」という批判を受けるようになって。その流れなのか、学校にはとにかく予算がない。今あるもので何とかしなくてはならない。

 で、教員たちは何とかしてしまった。「ペンと紙さえあれば勉強できる」みたいなことをやってきたツケが、今になって回ってきたんだと思う。以前のインタビューでも話した通り、IT環境の整備は各教員に仕事用のPCを用意できないくらい遅れているよ。

 もしも学校に時代にあった機材、要は一般家庭にあるような機材があれば、オンライン授業は可能だと思うよ。教員の私物を使う手も考えられなくはないけど、“上”の人の立場で考えて「授業の動画配信をしなさい。ただし、必要な機材は各自の私物を使うものとする」と指示するのは厳しいような気がするんだよね。

―― 動画配信って今はスマホ1台でできるらしいけど、そういう事情を考えると「全国の学校でオンライン授業に切り替え」みたいな対応は難しいのかなあ

 教員個人レベルの取り組みの話をすると、うちの自治体でもオンライン授業を行おうとする動きがあったんだけど、“上”から「やめてくれ」と言われたらしい。たぶん市町村あたりの指示なんだと思うんだけど。

―― どうして?

 さっぱり分からん。時代遅れなんじゃない?

※本企画は、現役教員の声をそのまま記事化したものです。実際の労働環境などは自治体、学校などによって異なる可能性があります。

「IT環境の整備は各教員に仕事用のPCを用意できないくらい遅れている」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

小中高の教師たちは、PC使用するのが嫌で教師しているのに、高度なスキル要る遠隔授業しろと。各家庭は、パソコンだけでなくスマホ持たすなと言われて、子供に持たしていないのに。親たちもパソコンのスキル全くないのが多い。世界から30年遅れているのが判っただけでもいいのでは


別に、カルキュラム通り進めないなら、全員、留年だけどな。テレビを使うなり、リモートワークするなり工夫しないと、いつまで経っても留年だ。できませんじゃない。やれだ。やらなければ全員、留年だ。


イラスト、x=y v=y 2=y って…もうちょっと頑張って数式っぽくしてよ


何かの新聞で、ネット授業すると公開扱いになるから教科書の図形とか問題が著作権の関係で扱えなくなるらしい。


ざっくり令和2年度は無かった事にします。ってやったらどうなるかな(学年は来年もそのまま)…小学校1年生で産まれ年が1年以上離れてくると無茶苦茶になるかな…


予算もだろうけどスキルも足りないと思うよ


学校の授業の大半なんてビデオと確認テストでいけるでしょ。私も中学で1科目だけ授業にビデオ使ってる先生がいたけど、その科目が一番わかりやすかった。


お隣の韓国で中3高3限定でオンライン授業開始と報道してたが日本じゃな。それこそyoutubeあたりと提携して都道府県レベルで一律の各単元別配信動画ぐらいは用意できそうだが


教職員よりもその上が押し進めないと無理…そもそも省庁の改革どころか国会からしないと無理だろう。


スマホで動画配信って、ほんとに配信するだけぞ。ある程度レスポンスの対応もするとなると最低でもPCはいるんじゃないか


今はオンライン授業はどの学校でも取り入れられてきてるし、不可能ではないよ。全部ではないにせよ、部分的に取り入れてる学校もたくさんある。教育機関によってもシステムが違うので、憶測になるけど、大きな問題点は、学校というより生徒または学生側がネットが使えない環境にあったりして、公平な授業が展開しにくいところにあるんじゃないかな。そこまでお金はまわせないだろうし


セットアップの済んだパッケージでポンと渡さないとやれないだろう。それでもやれない先生はいるかもだが。


これ、毎回学校側だけ槍玉に挙がってるが、受けて側の家庭の方は何の問題も無いのか?こういう場所に書き込みしてる人間にとってはネット環境なんて当たり前だが、そうじゃない家庭ではどうやって受けれる環境の構築するか、とかは議論にならないのか?


うちの身内の大学はオンライン講義始めたみたいだが、まあ大学の私立だしなあ。


*どもが好き放題言ってんなwww


バブル崩壊を境にして何もかもが、世界標準から脱して、日本独自の道を選んだから、この事で世界から30年は遅れるようになっただけ。これがガラパゴス国家と言う事。もう諦めて鎖国した方が良いよ


2020年は留年しても年数にカウントしない、というルール作らんといかんね。


オンラインだとネット環境が必要になるから家庭の経済状況で普及しないのでは?スマホはWiFi環境があればなんとかできそうだが、全域にWiFiは現実的でないし。身の丈に合った受験発言では家庭の経済環境でとか問題にしてたのに、ネット環境整備の経済的な問題は無視なのが理解できません


そもそも、日本全国の公立学校のエアコン設置も課題なのにオンライン機器なんて導入できると思ってるのか


逆になんで学校現場でオンライン授業が導入できると思ってんだ?


日教組の見られたくない教科書が周知されるのもあるのでは


moocやミネルバ大学なんてものも出来てきたし潮流はあるのだけど、もう少し環境が整わないとだろうね。過疎の学校とか通信制学校の方がやってる所あるらしいけど。


学校側の対応以前に、公立学校に通う生徒の経済格差を余りにも軽視しすぎている。全員が全員、オンライン授業に耐え得るネット環境を持っている訳ではない。当然それは現場の教員なら知っているはずの事で、この取材を受けているという教員の実存さえ怪しく思えてくる結論ありきの記事である。もしや、一方通行の動画配信と双方向であるオンライン授業を混同しているのではあるまいか。


『“上”がリーダーシップを取って「こうしてください」と言ってくれると楽』あのねぇ。学校ごとに事情は違うんだから、もしそうやっても必ず取りこぼされる所が出てくるよ。それに今回の施策で不都合が生じてる組織は山ほどあるんだからそれらを一々考慮するなんて物理的に不可能。それを考えてる間に夏になっちまうよ


結果論になってしまうが今回のコロナには間に合わなかったってだけの話、この記事の様に紙で勉強!みたいな事は別に言ってないし、コロナが広まる何年前からかもうそろそろ授業で使う教科書をタブレットにして学生に入学した際に配布(又は購入)してそれで授業を進める様にするのはどうかと言う議論は国会でもされてきたオンライン授業はその延長線上のもの導入が遅れてるのは事実だが


教育してるのは大学からだ、それまでやってることはバカの足切りだもの。外部に知られたくないよ


教科書必要かね? 著作権云々で面倒くさいし、ネタなんてネットに転がってるでしょ。許可くれそうなところありそうなもんだが。


自ら勉強する人は困らない問題。今回のことで学力差がはっきりすれば、おのずと危機感をもてると思うし…(小学校のうちに自分で勉強方法を身につけたほうがいいよ)


掛け算とか割り算とか分数とか誰かが教えんと自分で出来んぞ勉学を教える人間が存在しなければ猿は猿のまま


オンライン授業、各家庭が家で受けるのコメントにある通り実質不可能。 学校でタブレットを使って受ける場合、オンラインである必要性が無い。  通信が必要の無い動画データだけを持ち帰る方式ならまだ可能かなぁ? それでも学校に行き来する必要性があるが




この記事へのコメント

人気記事