夫が育児参加しないイライラを娘にぶつけてしまった結果、娘から7年間無視され続けている母親 「テレフォン人生相談」先週のハイライト


 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月~金曜11時~)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは4月13日(月)放送の加藤諦三パーソナリティー回。

【画像】一目でわかる相談内容

 娘が口をきいてくれないという母親からの相談。その“口をきいてくれない”期間が予想以上に長かった。

●7年間、娘とほぼ会話がない

 相談者は53歳女性。夫53歳。娘22歳。息子20歳。子どもふたりと同居中。

 娘が中学3年生だった頃から相談者に対してほとんど口をきいてくれなくなり、以来、約7年間ほぼ会話がないままだという。

 「お父さんとは話してるの?」

 「そうなんです。とても仲良く過ごしているんです」

 「弟も話はしてるわけ?」

 「弟とは一番仲良く話しているんです」

 他の家族との関係は良好で、学校へもちゃんと通っている娘。家族4人の中で、なぜか相談者だけを無視しているのだ。娘は現在、大学4年生ということで就職の内定をもらったようだが、相談者はそんな重要情報も弟(息子)経由で知ったという。

 「『おはよう』とか話しかけてはいるんですけど、返事も来ないし。私が『おかえり』って言っても黙って入ってきて……」

 「で、ご主人はそのことで問題だなって思っていないんですか?」

 夫は一応、「お母さんと話した方がいい」などと娘に伝えてはいるようだが「今は無理」と拒否。過去、相談者は機嫌が悪かったり、仕事で疲れていたりしたとき、そのイライラ子どもにぶつけていたようで、娘はそれが「すごくイヤだった」と夫に語っているという。

 「振り返ってみれば確かにイライラしたり、やることがいっぱいあったときとかは優しくはなかったなって、すごく自分でも思うんですね……」

 ただ、相談者にも同情の余地がある。夫の仕事が忙しかったのか、子育てにあまり協力的ではなかったようなのだ。子どもたちをサッカーや野球の練習に連れて行くのも相談者だった(他の家庭は、主に父親が送り迎えをしていた)。

 「私がぜーんぶひとりでやってたので、そのこともちょっとイライラして、当たってしまったりとかもありました」

 「常識的に考えるとね。ホントはお父さんがやるのに、お母さんがやってくれたって感謝されてもいいことだよね?」

 「ただ、(娘が)スポーツをやめる時に、『私は、お母さんありがとうとはちょっと言いたくないんだよね』みたいな感じのことを言ってたんですね」

 何もしない父親よりも、子どもに手をかけつつもイライラしてしまう母親に恨みを募らせる娘。相談者がちょっとかわいそうな気も……。

 「あいさつとか私、声かけてるんですけど、続けていった方がいいのか……。(返事が)返ってこないって分かってるから、もうあいさつもしないでそのまま黙ってた方が、まあ楽は楽なんですね。私の気持ち的には」

●もう「娘のため」と言わないことです

 この日の回答者は幼児教育研究の大原敬子。今回の相談に答える上でのポイントを2点挙げた。

 まずは、これまで娘の態度を見て見ぬ振りをしてきた相談者が、なぜ今になって相談の電話をかけてきたのか?

 もうひとつは、「あいさつをした方がいいならするけど、しなくても、このまま何を言われないならやめてしまおうかな?」と考えている相談者の心。

 「そういうお母さんテクニックな教育(に対して)。まさしくお母さんに『ありがとうは言いたくないんだよね』っていうのが、子どもたちの“お返し”なんです」

 相談者は「自分たち家族が世間からどう見られているか」を気にして「中3の頃から会話がない」ことを恥じつつも、ある時は「この子、私には話したくないんだ。じゃあその方があの子も楽ならばいいわ」なんて考えてしまう、気分屋な側面があると指摘。

 「で、ある時は『なんでこの子しゃべらないんでしょう。イヤな子だわ!』ってやってしまう」「感情によって振り幅がすごく大きいんですよ」

 「ああ、そうかもしれないです。はい、はい」

 「この時期ですよ? 内定してるんですよ? 素晴らしいお嬢さんなんですよ」

 「あ、そうなんです。真面目なんで、すごく……」

 真面目で自立している娘だけに、気分によって態度がコロコロ変わる母親が許せなかったのかもしれない。

 「そのお嬢さんとアナタで、向かい合った親子関係の親密さがないっていうのは、アナタの頭の中に楽したい……。もっと言うと、子どもをあまり好きではないかもしれないですね。で、夫が好きなんでしょうね、きっと」

 「ああー」

 大原によると最近、「子どもがいなければ夫と楽しくできるのに」と考える母親が増えているという。逆に、子どもに一生懸命になるあまり夫を放置……みたいなイメージを持っていたが、最近はそんな傾向もあるのか。

 「ですから、お子さんが求めている物を、アナタ分からないんですね」「『こんないいことしてるのに』って。アナタはまだ気付いてないんですけども、子どもにとってはありがた迷惑の愛をやってるんです。ズレてるからね」

 ここで最初に挙げた相談のポイントに戻り、なぜ今になって会話がないことを気にし出したのかを聞く。

 「はじめて気にしたわけではないんですけど。学校もちゃんと行って、他のアルバイトとかでもきちんとやっていて、対外的にはちゃんとやってるし。私にだけそういう態度なら、ストレスを私で発散してるのかな……?」

 「いえいえ、アナタがまた都合のいいように。今、アナタ自身が疎外感を受けてるんです」

 家族の中で相談者の居場所がなくなっているのを、「娘のストレス」なんて話にすり替えている相談者への指摘。それなりに納得できるものだったが、ここから少々変な方向に進んでいく。

 「娘さんとの対立を、アナタは悩もうともしなかった。……気にはかかってますよ?」「絶対、もっともっと(疎外感を)感じます」「お嬢さんが『パパ、今度一緒に食事しよう』って言われたらどうしますか、アナタ? で、パパも『そうだね、キミとの方が楽しいね』って言われたらどうすんの、アナタ?」

 相談者が目をそらしている「疎外感」を突きつける意図があるのだろうけど、なんで母と娘の“女”対決みたいな話に持っていったのか……。

 「アナタに言えることは“私が”。もう『お嬢さんのため』と言わないことです。“私が”孤独になるから!」

 加藤諦三が引き取る。

 「自分の力でこのお嬢さん、この家庭がうまく動き出すという風ではなくて、何かが、幸運がこの問題を解決してくれると思ってたんですよ」

 おおむね「相談者が悪い」という結論に落ち着いた今回の相談。確かに母娘関係がここまでこじれたのは、相談者が決定的な何かをやらかしたからだとは思うが、それにしても7年間、母親を無視し続ける娘も尋常じゃないガンコさだ。

 しかし一番問題なのは、実は夫なのではないだろうか。子育てを相談者に丸投げしてきた結果、そのストレスで相談者と娘の関係が決定的に悪くなってしまったのに、夫はフォローもそこそこに自分だけいい顔をしている。

 どうしてこの父親はオッケーなのに、母親は許せないのか? 娘に聞いてみたくなる相談だった。

ねとらぼGirlSide/北村ヂン

「テレフォン人生相談」ハイライト。娘に7年間無視される母……


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

何頓珍漢なこと言ってるんだこの筆者は。100%母親が悪いわ。イライラを子供にぶつける親のどこに同情の余地があるんだ。夫が家事を手伝わない?その夫は普段はちゃんと仕事してたし、ストレスを子供にぶつけるようなマネはしなかったから慕われているんだろ?娘さんは真っ当に成長してるし、十分親孝行者じゃないか。自分が悪いってのに、こんな立派な娘にこれ以上何を望むんだよ。


結婚したら「何もかも旦那が悪い」ってなるんだよ。


「常識的に考えるとね。ホントはお父さんがやるのに、お母さんがやってくれたって感謝されてもいいことだよね?」 < ここの意味が全く理解できんのだが。というか、つまり自分が子供に当たり散らした責任を夫に擦り付けようとしているのを当の子供に見透かされてるんだろ。子供だってアホじゃないんだ。


専業主婦ならただのゴミ、共働きなら同情の余地はある


霊長類のオスが子育てに参加するのは異常やで


子供自体は何も悪いことしてないのにイライラをぶつけられたらそりゃ嫌になるわ。


15歳から22歳に至るまで無視・・・傷が深すぎて関係修復は無理だろうな。 母親が自分の悪いところに気づき、それを改善できたらワンチャン程度。


平日朝から晩まで働いて帰ったら家事手伝って休日は家族サービスしろっていつゲームすればいいの???


× 夫が育児参加しない 〇夫と娘が自分のお気持ちを100%完璧に酌まない


働いて子供達の食費を稼ぐことは育児では無いのか。で、娘に無視されるのはイライラさせる旦那が悪いと。責任転嫁も甚だしいな、そりゃ無視されるわ。


うーんでも16過ぎてもママにパンツ洗ってもらっておまんま作ってもらってたわけでしょ娘は生意気だし考えなしだよ親に不満があるなら義務教育終ったら働いて自活すればいい


「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月~金曜11時~) 男叩き番組が率取れそうな時間帯だ


こういう番組の投稿者はヤラセ


また子供を産んで無視されない愛玩動物を作ればいい。


「ぜーんぶ~やった」「何も~してない」「ちょっとだけ」三大嘘つきワードで役満決定。


そんなに育児が嫌なら良かったじゃん。


「ホントはお父さんがやること」なんて言い出したら終わりです。他人に文句言うときほど常識なんてあやふやなもんで大衆の側に立ちたがるもんだけど、個人対個人の関係性で常識ほど頼りにしちゃだめなもんもない。


ぶっちゃけ子供からしてみりゃ「~してやったのに」とか「感謝しなさい」とか知ったこっちゃないんだよね。生まれてきて「育てられる」のがあたりまえなんだからそこに心の底から感謝するって自分が親にならないとできない。それを恩着せがましくしたりやつあたったりした時に感謝してるからプラマイ0なんて都合よくいくわけないじゃん。親が全部悪いとは言わないけど子供に非はないよ


自分が好きな者を*にしてくる親とか論外でしょ


旦那にぶつけろ。子供に当たっても何の解決にもならない。


何事も物事にはきっかけがある。「当たってしまったりとかもありました」と言ってるが娘が口を利かなくなったきっかけがあったはず。それをこの期に及んで明言せずに隠している時点でこいつは一生更生は出来ない。孫の顔すら見ることができないだろうな。


親にとってはちょっとした八つ当たりでも、子供は一生癒えない傷を負って生きてくって事をこのバカ母は理解してないな。ウチも父がそういう感じだから、ヒス親持ちの気持ちは少し程度なら解る…


特に思春期は親からゴチャゴチャ言われるのがほんと頭に来るからな。タイミングの悪さもあったと思う。


関係悪化の原因は、夫婦で解決すべきところを子どもに八つ当たりしたからでしょう。修復したいなら自分から悪かったと打ち明けるべき。自分を顧みず、子どもに態度を改めてもらおうとするから7年も無視されているのでは?


完全にうちの母親だわ。「自分はこれだけ完璧にやってるのになんであんた(子供とか夫とか)はなにもやらないんだ!」とか言ってる。子供のころはまじめに受け取って反省してたけど、大人になっていろんな人を見てきてようやく「あ、うちの母親っておかしいんだ」って思えるようになったわ。


22にもなって家にいてすべてやってもらってるくせに無視とか甘えまくりだな7年の間に家から出ろよw


実体験だが、母から俺自身への八つ当たりはまだ我慢できた。ただし、その場にいない父への悪口を聞かされるのはこの上ない苦痛だった。「父親とは会話する」ってところが答えじゃないだろうか。


何もしない父(無害)か、当たり散らす母(有害)か、さあどっちを好きになる?


親の1人の人間としての底の浅さを実感すると、尊敬とかしてても冷めるよ。店員に横暴だったりマナーがゴミだったりな。幼い内は世界が狭いからそれでも立派なママだったけどさぁ…


うちの両親に似てるかも、どちらもフルタイムで働いてたけど家事や子供のことは母親が全部やってていつもイライラしてた。子供の頃は怖くて仕方なかったけど、今にして思えばもっと家事を自主的にするべきだったと思う。要領がいい人にありがちだけど、無理して八つ当たりするぐらいなら家族に家事を教えて仕事を振るべき。


こう言う人って、旦那が飯も作り家事もやりつくし、仕事もしていたら私の価値なんてないんだわ!とか言い出しそう。


よく分からんのだが子供が野球やサッカーの練習に行くなら子供だけで勝手に行かせればいい。なんでよその親はそろいもそろって送り迎えしてるんだ?甘やかし過ぎでは?


「夫は子育てにあまり協力的ではなかった」「私がぜーんぶひとりでやってた」ここら全部主観だし、機嫌が悪い時に八つ当たりとか致命的すぎ。


未だに「自分は悪くない。自分は被害者だ」と思っているのが、言い訳からありありと伝わってくる。そんなんじゃ無理だよ。精神が未熟すぎる。とても2児の母親とは思えない。


はいはい夫が悪い夫が悪い


理由はともかく7年はすごいな。その間娘が本当に一回も口を聞こうとしなかったんなら、直接話して確かめるまでもなく普段の父親や弟との会話や態度が7年間変わらずうんざりするものなんだろうなあ…


単純な話、母親に、人に好かれる才能が無かっただけでは?ダメ親父にすらあるというのに。


ごめん、人並みの読解力はあるつもりやけど・・・このオバチャンの主張がまったく理解できへんわ。




この記事へのコメント

人気記事