「修学旅行中の飲酒=不祥事」はよく考えると微妙な問題? 現役中学教員に聞く“仕事としての修学旅行”


 公立中学の現役教員に「日々働くなかで感じる学校の課題」を語ってもらう連載企画。今回は「仕事としての修学旅行」について、Aさん(仮名)にインタビュー。生徒にとっては楽しいイベントの代表格ですが、教員視点ではどう変わるのでしょうか?

【画像で見る】残業100時間超え、闇部活、コピー代にも困窮……現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」

新幹線のために早朝から移動 → 深夜は旅館の見回り

―― 修学旅行中の教員のスケジュールってどんな感じ?

 朝はめちゃくちゃ早い。

 関東の場合は京都・奈良に行くことが多くて、新幹線に乗るのは午前7時半とかかなあ。基本的には何両か貸し切って移動する形になるから、他の利用者が少ない時間帯でないといけない。でも、夜中だと移動だけで1日が終わってしまう。だから、「朝早くに移動する」という選択になるんだろう。

 で、その時間帯に新幹線の停車駅に着いているためには、さらに早い時間帯に地元の駅に到着している必要がある。このあたりは学校がある地域などにもよるのだけど、「3時台に起きて、5時に地元の駅到着 → 生徒たちが始発間もない電車に乗れるように誘導」なんて場合もある。

 まあ、修学旅行前日は生徒の授業が早く終わるし、部活も休みにすることが多いから、教員も早めに帰れたりするんだけどね。おかげで寝る時間はある……とはいえ、個人的なことを言うと、こういう“絶対に寝坊できない状況”は緊張しちゃって寝た感じがしない(笑)

―― 教員の仕事特有というより、イレギュラーな早朝スケジュール特有の苦労かもね

 修学旅行1日目のよくあるコースは、まず奈良の大仏を見る。それから班別行動で東大寺周辺をまわって、17時ごろには集合場所へ行く。ここは京都駅だったり宿泊先の旅館だったり、学校によってマチマチかな。

 その後、夕飯を食べてお風呂に入って……問題は夜だ。自分が割り当てられていない部屋に行ったり、ヒドいと旅館を抜け出したりする生徒が現れるから、荒れている学校なんかだと男性教員がほぼ夜通しで見回りをする。

 俺も深夜2時くらいまでやった経験があるよ。最初に言ったように、移動のために早朝から動いているから、20時間以上ぶっ続けで働いていた計算になる。一応、新幹線で仮眠くらいは取れるんだけど……とはいえ、楽ではないよね。

―― 夜が明けて、修学旅行2日目はどんな感じ?

 朝6時に起床。朝食を食べて、8時くらいから生徒は班別行動。以前の記事でも話したように、近年は京都の観光客が多過ぎて電車やバスが利用できないから、生徒の移動はタクシーが主流。で、俺ら教員はチェックポイントに行って、生徒が来るのを待つ。立っているだけの時間が長いから、2日目はわりと暇かな。

 ただ、その日も夜の見回りがあるから、遅くまで就寝できない。昼間、生徒が来ないタイミングを見計らって、どこか適当なところでちょっと仮眠を取ったりするよ。

 もしも金閣寺のような有名な観光スポットで「どうしてあんな場所に座って、寝てるのかなあ」という人を見掛けたら、たぶん修学旅行を引率している先生だと思う(笑)

●「修学旅行中の飲酒=不祥事」はよく考えると微妙な問題?

―― そういえば修学旅行というと、教員の不祥事がたまに報じられているけど……

 お酒飲んじゃったとか、夜遊びしちゃったとかでしょ。よくよく考えてみると、おかしな話だと思うんだけどねえ……。「隣の部屋の先生はもう眠っていて、職務から解放されている。それなのに他の部屋の先生がお酒を飲むと、どうして職務怠慢になるんだろう」という疑問はあるよね。

―― 「勤務中はともかくとして、勤務時間外もダメなのか」「修学旅行中はどこからどこまでが勤務時間なのか」という問題か

 中学校の教員は普通、1年生→2年生→3年生と順に担当していくから、修学旅行は先生にとっても3年に1度しかない特別なイベント。そういうこともあって、線引きがあいまいなままになっているんだと思う。

 ……まあ、本当は表沙汰になってないだけで、飲む人はこっそり飲んでいたりするのだけど。

―― あらあら

 俺はすぐに顔に出ちゃうタイプだからやらないけど、バレない程度、何かあっても対応できる程度に飲む人もいるんだよ。現実問題として「酒がないと眠れない」という人もいるからね。1泊だったら睡眠不足でも頑張れるかもしれないけど、さすがに2泊3日だとキツいんでしょ。

●青春なら「京都・奈良まで行かなくても、友達の家に行けば経験できるでしょうに」

―― 修学旅行は「学を修める」と書くけど、生徒は何を学んでいるの?

 正直、ただの思い出づくりになってしまっているよね。引率する教員側もトラブルなく行って帰ってくることが目的になっていて、そこまで考えていないのが実情だと思う。「教科書に載っているものが目の前にある」というのは良い体験だと思うけど……まあ、観光だよね。グループ旅行。

 修学旅行って授業時間をたくさん使って準備するんだけどさ、終わってから生徒に感想を聞くと「伏見稲荷は鳥居がいっぱいあった」「金閣寺は本当に金色だった」みたいな感じ。楽しかったことは「旅館でみんなでやったUNO」とか「寝ながら恋バナ」とか。

―― 青春してるなあ

 でも、そういう青春は、5万円も6万円もかけて京都・奈良まで行かなくても、友達の家に行けば経験できるでしょうに(笑)。「修学旅行は無意味だ」と言うつもりはないけど、授業時間とお金をたくさん使ってまでやることなんだろうか。

 生徒も教員も何のための行事が分からなくなっているなら、行き先も含めて再検討すべきだと思う。いっそ振り切って、2泊3日のディズニーランド旅行とか(笑)

―― 楽しそうだなあ。何を学ぶ行事なのかはよく分からないけど、良い思い出がつくれそう

(続く)

※本企画は、現役教員の声をそのまま記事化したものです。実際の労働環境などは自治体、学校などによって異なる可能性があります。

「修学旅行は先生にとっても3年に1度しかない特別なイベント。そういうこともあって、線引きがあいまいなままになっているんだと思う」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「緊急時に役に立たなかったら」を常識的に考えれば充分な答えが出ますよね 出ない人は「緊急時にも余所様に少しでも頼ること」を一切しないで 人里離れた所にでもいて下さいな


去年問題になった教師は昼間に飲んでたからだぞ


大昔はなかなか旅行に行けなかったから、修学旅行は学生が見聞を広める貴重な機会だった。今は国内なら割と気軽にどこへでも行けるので、そういう意味で京都旅行はあまり意味がない。時々物議をかもす海外への修学旅行はアリかも。教師の飲酒?晩酌ぐらい許したれ


修学旅行や遠足・部活の引率自体が無法状態(法の定めがウヤムヤ)なのに、減給はされるという無法状態


修学旅行って集団生活での協調性や忍耐力を学ぶのが目的の1つだろ。教師がそれ実践できんでどうする


なにかあったらどうするの。なんのための引率ですか


みんな他人に厳しく自分に甘いからなぁ。当番だけ決めて好きに飲めばいいじゃねーか。ネット上で声のデカいヤツって、過去の経験で教員に逆恨みしてる奴多いからなぁ


手当とかはどうなってんだろうな。公立・私立を問わず職務的に出張手当や夜間勤務手当、修学旅行特別手当ぐらいは貰ってしかるべきだし、また一方でそういう手当が出ているなら職務として待機はやむをえんわな。出てないならそれこそ理不尽だが。


たかが飲酒程度の事を数日の我慢すら出来ない自分を異常だと思わんの?


文化財の良さを理解できる高校生なんて全体の5%もおらんやろうし、勉強になっているかどうかは甚だ疑問。ただおっさんになって歴史に目覚めた今、もう一度行きたい場所はいくつもある。


こんなんだから「酒が悪い」って言われるんだよな。仏教の五戒にも酒を飲むべからずが入るわけだ(なお般若湯)


ぐび姉はフィクションだからですむけどやっぱり引率者って立場ならやっぱり何かあった時の問題もあるから考えてほしいかな、それはそれとして給与とかでの引率とかの立場の曖昧さの問題何とかしろよってのがあるけど


教師になんてなるもんじゃあないな!(土産の地ワイン購入に教師を同伴させながら


ちなみに人員決めて下見にも行かにゃなりません  通常業務もあれば無償の持ち帰り仕事もあって当たり前という教員には痛いロスタイムだと思うんだよなあれ


酒飲んで酔っ払うと人って何が起きるか(起こすか)わからないからね。ただでさえ無関係な人が酔っ払いにくだらない理由で*れたりするんだ。子どもの近くで酔われても怖いだけだ。それでも無責任に飲みたいなら教師やめて別の酒飲んで暴れても差し支えない職に就けばいい。他人の命、人生に関わる仕事以外にね。


勤務時間外ちゃうやん。修学旅行は生徒を引率して無事に帰宅させて学校行事として終わるまで終日の勤務時間やん。そのために出張旅費の「日当」出てるんだろうが。その理屈通ったら、生徒の方も、もう下校時間すぎてるから今はプライベートって言えるやん。


2班に分けて気を抜けるタイミングをそれぞれ計画ずくで設定しといたらいいわ


動画の上枠でタイトル流れてきた時は、てっきり生徒の酒盛りやタバコの話かと思って「そりゃ不祥事だろ」と考えてしまった…


そもそも生徒に対して学校行事としてあれこれルールを雁字搦めにしておきながら、自分たちに対してはそんな堅苦しくしなくても、は通用せんだろう。


「何か起きた時すぐ対応できる状態で待機」という「宿直」のような勤務形態と考えると、「仮眠」「読書,TV」はアリでも「飲酒」「*」はNGかと思う。問題は、その24時間拘束に対して相応の相場で手当が払われているのかという…。公立・私立や学校ごとの規定によりけりだろうけど、出張手当と実費の宿泊費・食費・交通費の差額は自腹負担とかいう話も聞くし。


うやむやのまま続けたらいい。じゃなければ、先生は旅行中は特別勤務という待遇にするか、反対に深夜はお子さんをお守りしません。てな体制にしてしまえ。無理なら永年有耶無耶であーじゃないこーじゃない解決しなければええよ。先生は大変だね。ほんと尊敬する。


修学旅行なんだから先生も学生のお手本にならないとダメだよ。教員の業務自体には大に問題はあると思うけど、そこは我慢したほうが良い。


もうこういう話になる問と面倒だから修学旅行中止でいいんじゃない?小中学校の先生はいろいろとアレで大変なんだからこれ以上負担かけるなよって思う。


酒飲むと正常な判断ができなくなるから駄目ってのが言い分なら、20時間労働で寝不足になってる時点でもうアウトなのにね。まるで本質を見てないよね


飯時にビール1本とかなら構わんと思うが監督してにいってんのに酔うほど飲んじゃダメだろ


曖昧な話をするなら、昔は教員にももっと権威的な力があって、面倒臭いこと言う保護者も生徒もそこまで多くなかったから(例えば酒飲んだりしても)概ね普通に達成できていた  今や何か問題起こると矛先が何故か全部教員に向くもの  つか生徒が起こす問題を防ぐために教員が控えてなきゃいけないって何なんだこの現状 飼育員か




この記事へのコメント

人気記事