「社長は保身しか考えていない」タクシー会社600人全員解雇は“英断”ではなかった


「悩んだ結果、多くの方にベストだと思い、非常に重い決断をしました。本日付で全員“解雇”する。感染のリスクと戦いながら、給料が下がって行くのを見ていられない。休んで命を守ってほしい」

 4月7日、都内の公園で、スーツ姿の男性が数十人の社員に切々と訴えた。“英断”だとの声もあるが……。

◆◆◆

 東京のタクシー会社・ロイヤルリムジングループの金子健作社長が、全従業員約600人の解雇を発表した。

「会社側が『休ませて休業手当を支払うより、解雇して雇用保険の失業給付を受けた方がいいと判断した』、『終息すれば再雇用したい』と説明したため、社員のことを考えていると評価する声もあった」(社会部記者)

「社長は自分の保身しか考えていません」

 だが、50代女性の現役社員のAさんは憤る。

「社長は自分の保身しか考えていません。今回の解雇を多くの従業員は、SNSニュースで知りました」

ロイヤルリムジングループ社員の皆様へ〉と題した6日付の通知書が、4月7日ツイッターに投稿されたのである。そこには、

〈完全復旧した暁には、みんな全員にもう一度集まっていただき、今まで以上に良い会社を作っていきたいと思います。ロイヤルリムジンは永久に不滅です〉

 7日から金子社長が、社員への説明行脚を開始。口頭で事実上の解雇を伝えた。

コロナウイルスの影響で売上が半減。社長は再雇用の可能性も示唆しつつ、あくまでも“従業員のための決断”とことさらに強調していました。その社長の説明に納得した従業員も少なくなかった」(元社員)

「不当解雇」にあたる可能性も

 前出のAさんが続ける。

「8日以降、社長は『解雇』という言葉を一切口にしていません。その代わり、失業給付をすみやかに申請するためと語り、『退職合意書』へサインさせました。そうすることで、十数人を除く社員を解雇ではなく、“合意退職”扱いにしたのです」

 労働問題に詳しい旬報法律事務所佐々木弁護士が解説する。

「解雇の場合、少なくとも30日前の解雇予告が必要で、行わない場合には30日分以上の平均賃金(解雇予告手当)を支払う義務がある。ロイヤルリムジンの合意書は、支払い義務を免れるために用意されたと言わざるを得ない。不当解雇にあたる可能性もあります」

 実は、同社は解雇を発表する直前まで新規雇用を続けていた。こうした経営判断の甘さに、多くの人が振り回されている。

4月1日に入社したばかりの社員もいました。これまで東京オリンピックパラリンピックでの需要拡大を見込んで、タクシーと運転手を増やしてきたのです」

 そう語るのは、50代男性の現役社員のBさん。

「私も、採用担当者から何度も連絡をもらって、熱心に説得され、大手タクシー会社から転職して、3月1日に入社しました」(同前)

 Bさんの場合、雇用保険の失業給付の対象ではない。

「以前の失業期間に失業給付を消化していたため、今回の給付対象にならないのです」

 別の50代男性社員が嘆く。

「私は個人タクシーの資格取得を目指して丸10年ドライバーを続けてきました。休職状態が続けば受験に不利になりますが、業界全体が苦境に喘ぐ中での解雇です。即再就職とはいかない。途方に暮れています」

経営者から「この手があったか」と問い合わせが急増

 Bさんは憤りを隠せない。

「計画倒産ではないかと疑っています。社長は、阪神・淡路大震災での経験を挙げて『私には復活のDNAが流れている』と語っていましたが、私も東日本大震災の被災者。震災で経営していたパン工場が倒産し、歯を食いしばって生きてきました。コロナや震災を引き合いに同情を誘う前に、経営責任を果たすべきです」

 前出の佐々木弁護士が嘆息する。

「従業員の事実誤認を促して退職に追い込んだ印象で、経営責任を放棄した極めて悪質な事例です。失業給付の方が一時的に手取りは多くなったとしても、先の見えない混乱状況下で失業という選択肢は賢明ではない。経営者には助成金を活用するなど、雇用維持の方策を尽くす義務がある。従業員が解雇を不当として法的手段に訴えれば、代表取締役個人の損害賠償責任をも問われうる事態であることを自覚すべきです」

 ロイヤルリムジンに取材を申し込んだが、「応じられない」と話すのみだった。

 Aさんはこう語った。

「いま労働局には、全員解雇のことを知った経営者から『この手があったか』と問い合わせが急増しているそうです。私には2人子どもがいます。彼らのためにも、こんなことが許される社会には絶対にしたくない」

 コロナを理由にすれば、“無法”が許されるわけではないのだ。

(※4月22日ロイヤルリムジングループの運転手など80人あまりが、解雇の無効などを求めて東京地方裁判所に仮処分を申し立てた)

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月23日号)

ロイヤルリムジングループの金子健作社長


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

お前らも自分と家族の事しか考えて無いんだからお互い様でわ?


同じ穴の狢


倒産させりゃ良かったのに甘かったな。


おい日弁連さんよ、出番じゃないのか? それとも殴り返してこない『お上』相手じゃないと鳴き声も上げられないのか?


パヨが批判してた内部留保がないとこうなるんやなw


そりゃ保身も考えない会社に未来なんてないからな当たり前だろまぁ確かに不当解雇になるならちゃんと訴えるべきでも有るが


倒産したほうがよかったのかな?


タクシー運転の自動化が進んでるんだから、どっちみち、近いうちに解雇になるよね


どうなんだろうな。やってることは強引だが、今潰れたら稼ぎ時までに再起できないのも間違いない。だが、帰休の補償より失業給付の方がいいって理由で切られたなら、失業手当の条件満たしてない社員は会社に損害請求していいよな。


当初から賞賛よりズルいとかそもそも失業給付の対象になんねだろとかの声が多かった気がするんだが。


雇用保険受給したあとに元の会社に再雇用は不正受給に当たるのではないのか。罰金徴収が待っているぞ。


文句あるなら自分で会社作ればいいのに1つ大手の会社が無くなったからやろうと思えば隙間に入れるだろ、運転代行とかそう考えでやってのし上がってきたからな


社長だって整理解雇しないと抵当権つけてた資産を全部差し押さえされちゃうじゃん・・・


ぶっちゃけ、メディアが休業補償がないない連呼してるのに便乗しただけかと。みんな名前が違うから気づいてないが、雇用調整助成金という名目で二月から全業種対象に休業手当8割補償ができる。ただ、あのサイゼリヤすら「分からないからやらない」といってリストラやらかして訴訟起こされてるレベルだから、タクシーは何をいわんや。さて、これは誰のせいなのかねえ?


これ外出自粛の初期に雇用保険の基金自体を破綻させかねん全員解雇を美談にしかけたタクシー会社の話か。記憶では取り急ぎなんでペーパー通知の一斉解雇だけど、おって社長自ら各位へ直接説明とあいさつに回るって言ってたやつだな。結局、口だけだったという訳ね。


終息すれば再雇用が社員のこと考えてるとは思えんね、それまでどうやって生活するんだ


運営すればするだけダメージを受ける現状ではリストラは仕方ない。解雇する側も断腸の思いでやってるんだぞ。


ぶっちゃけ、こんな社長に付いていった奴が悪い、だな。それも頭が。世の中の人間というのは平気で尻尾切るし、簡単に裏切ると分かっていながら会社に依存してしまったのが敗因だね


会社都合じゃなくて自己都合退職扱いだったのかよ!!?!クソすぎねぇか


真っ先に思ったことが1コメと同じだったわ


ずるずると営業続けてから倒産するより見切りつけるのも手だよなぁ。がっつりシフト削られて細々続ける方の計算はしてみたのか、それとも解雇予告手当搾り取ってさっさとオサラバしたいのか


ギリギリまで情報を共有せず、一部を自己都合退職に誘導したんならこれほどヤバい話もないわな。


理想と現実は違う、この一言かな。会社はボランティアではない、お金がなければ元も子もないし。社員考えて保身投げ捨てりゃそら潰れるでしょ。倒産か解雇か‥普通は解雇を取るよな。


自己都合にして失業保険出させないようにしてる時点で保身してるようにしか思えない。これ、コロナとかじゃなくって前々から逃げる算段してたから偶然コロナになったからこの時とばかりにやったって感じにしか見えない。


アウルス 法律のことを自分で調べない会社が悪いな。サイゼリヤも*だな


文春以外なら「ああ運ちゃん可哀想」と思えたが。「誰が書いたかが大事」。この程度、読書好きなら遅くとも高校時代には気づくのに、ネットならヘーキとか本気で思っとるのかねこの似非ジャーナリスト共


倒産させても擬装倒産扱いになってたんだろうな、実際支払う給料もないのに600人の雇用維持は不可能だと思う。


合意退職=自己都合退職ではないぞ。解雇予告についての部分だけの合意でしょ




この記事へのコメント

人気記事