コロナ休校で広がる“シビアな学習格差”……自習任せの「公立」とオンライン授業の「私立」


 3月初旬の全国一斉休校から2ヵ月近くが過ぎた。一部の自治体では5月末までの休校延長が決定するなど、学校の再開はまだ遠い。我が子の学習状況を不安視する親たちには、「ヨソの子どもの様子」も気になるところだ。

 学校からはどんな課題が出たのか? オンライン学習の有無は? きちんと勉強している? そんな疑問を保護者や先生にぶつけると、シビアな学習格差が浮き彫りになった。

◆◆◆

自習と復習ばかり「休校になって以来、先生からは電話の1本もない」

「これが勉強って言えるのか、正直不安なんですよ。娘の通う中学ではオンライン授業なんて気配もないし、出された課題は量だけ多くて質的にはどうかと思う」

 東京市部に住む母親(39歳)は、長女(14歳)が通う公立中学校への不満をあらわにした。3年生で受験を控えているにもかかわらず、始業式に1時間登校しただけ。教科書と休校中の学習予定表が配布されたが、その内容はお粗末だ。

 5教科のうち、課題プリントは数学の1枚のみ。残りの4教科は前年、つまり2年生時の教科書とワーク(問題集)を復習する。

 たとえば社会はワークを繰り返し解いて自分で丸を付ける。一見勉強しているふうでも、すでに使い終えたものだから過去の解答をなぞる始末。英語は教科書の英文をひたすらノートに書き写すが、100ページもあるから大変な量だ。いずれも労力の割に単調な作業の連続で、子どもはすぐに飽きてしまう。

「写経じゃないんだから、と思いますよ。隣の中学校ではホームページで週ごとの課題を公開しているのに、同じ学年で学習の差が広がれば受験にも影響が出る。緊急事態宣言という前代未聞の事態で、先生たちも大変なことはわかりますが、もうちょっとどうにかならないのと言いたいです」

 同様の声は他の保護者からも上がる。公立小学校6年生の子どもを持つ母親(44歳)は、「休校になって以来、先生からは電話の1本もない」と嘆息した。

 指示されたのは、やはり自習と復習だ。国語は新しい教科書を音読したり、新学年の目標を作文にしたりする。算数や理科、社会は5年生時の教科書を使った復習だ。課題の提出期限は「休校明け」だが、延長された場合の方針などは示されていない。

受験生を持つ親は「そもそも来年の受験が実施できるのか……」

 一方、子どもが通う中学受験専門塾の指導は手厚い。週に4日、午前10時から12時30分までオンライン授業が実施され、web会議システムの「Zoom」で自由に質問できる時間も設けられている。

月曜日は国語、火曜日は算数というふうに日替わりで授業があります。課題も毎日出されるので、1日に6時間くらいは勉強していますね。外出自粛中は子どもに代わり、保護者が週に1度塾に行って課題を提出しています」

 塾のオンライン授業は通常の授業料が適用されるが、その金額は1ヵ月で4万円。「日曜特訓」などのオプションを選択すると、1~2万円の追加料金が必要だ。「こんな状況でも勉強できるのはありがたい」と話す母親だが、複雑な気持ちもあるという。

「休校の影響で学校の授業が夏休みにずれ込むと聞きますが、その時期は受験の天王山です。塾の夏季講習に通えなくなったり、そもそも来年の受験が実施できるのか、不安に思う保護者は多いんじゃないでしょうか」

「ふつうの公立校でオンライン授業をするのはハードルが高い」

 文部科学省4月21日、休校中の公立学校が実施する家庭学習についての調査結果を公表した。16日時点で休校中、または休校予定の1213自治体のうち、教師と子どもが双方向でやりとりできるオンライン授業に「取り組む」と回答したのはわずか5%(60)。65の自治体では、新しい教科書の配布さえ済んでいなかった。

 首都圏の公立中学校に勤務する男性教師(49歳)は、「ICT(情報通信技術)教育のモデル校ならともかく、ふつうの公立校でオンライン授業をするのはハードルが高い」と話す。

「まずパソコンの問題が大きいです。一家に1台とか、兄弟で共有している家庭がザラで、要は子どもが専用に使えるパソコンが家にない。Wi-Fiが使えなかったり、スマホデータ容量が制限されていたりと、ネット環境の不備も考えられます」

 仮に環境が整っても、今度はオンライン授業に適さない教科をどうするかという問題が生じる。たとえば理科なら実験器材を使えず、体育では集団競技や対抗戦を行えない。美術や音楽、家庭科など実技系の授業も、用具や設備を考えればむずかしいという。

 休校が3月から4月という「年度替わり」の時期だったことも、学校現場の混乱に拍車をかけている。東海地方の公立小学校の校長(58歳)は、「入学や進級、新しい友達や担任との出会いなど、一年で一番大事な時期を失うのは痛い」と明かした。

子どもは新しい環境に馴染もうと緊張し、不安を抱えている。先生たちはそういう心情に注意を払いながら信頼関係を作ります。個々の状況を把握するには、授業だけでなく休み時間や給食、登下校時の様子を観察することも大切。土台作りもないうちにいきなり教材だけ与えても、子どもはかえって学習意欲を失くしたり、勉強嫌いになってしまうかもしれません」

私立では「生徒全員が専用のノートパソコンを持って……」

 公立校とは対照的に、私立の保護者は安心感を口にした。中学3年生の娘が中高一貫の女子校に通っているという母親(52歳)は、充実した学習内容をこう話す。

「生徒全員が専用のノートパソコンを持っていて、毎日オンライン授業が行われています。朝はメール形式の朝礼で出欠を取り、『体温測定しましたか?』などのアンケートに答える。午前中は国語と数学、英語の3教科の授業が設定され、午後には他の教科もあります」

 数学では2種類のオンライン授業が実施される。教師の授業動画を見ながら教科書の問題を解くものと、「Qubena」という有料の学習サービスを利用するものだ。「Qubena」ではパソコン画面に表示された課題をタッチペンで解答、AIが正否を判定するなど個人に適した学習内容に誘導する。

 公立校の教師が「むずかしい」と話した実技系の教科もある。たとえば家庭科は「手づくりマスクの型紙」が紹介されたり、家庭での食事作りを写真や感想文で記録するよう専用のシートが配布されている。

「具体的な内容が示され、先生からはこまめにメッセージが送られる。子どもやる気をじょうずに引き出してくれるので、親としても満足しています」

 年間の授業料は約100万円。「満足」の対価として安いか高いかは判断が分かれるだろうが、学校ごとの学習格差は歴然だ。

 すべての子どもに、「学ぶ」という基本的な権利をどう保証するのか。さらなる休校延長を前に教育行政の早急な対応が求められる。

(石川 結貴)

※写真はイメージです ©iStock.com


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

格差は昔の方がひどかったよ。学校が今よりもはるかに荒れてた時代だと、子供にとって学校はいじめをやったり遊んだりする場所で勉強は塾でするものだった。いじめられてる子供はいじめ加害者に払うお金を工面するために新聞配達に明け暮れた。警察がちゃんと仕事をしなかったから生まれた格差だ。今でも警察がいじめ被害者を門前払いにするケースがある。


幸い俺の世界線ではそこまで格差は無かった。ただ、教科書見ても分からん事は授業受けても分からんかったな。今はネットでいくらでも調べようがあるのは素晴らしいと思う。


それ含めての選ぶ自由だろう


公立=負け組とみなされる時代がきちまうのかねえ。


やろうと思えば本屋で参考書や赤本買ってくればいい。結局は本人の意識次第、それを格差と呼ぶのは無意味。


先生から電話の一本もないって自宅から生徒全員に電話ってしんどすぎやろ…


それより夏休みは補習で返上になるかもだからそっちの方が心配では?


3月の段階で文科省が教育支援用の動画のリンクを紹介していたけど、見事に活用できていないのな。PTAが教育委員会突き上げて「新しい技術の導入に自分たちの価値観と利益を優先して子供の学ぶ権利を奪った」で裁判すれば勝てそうやな。


本当にこういうの日本の発想だな。できない人がいるかもしれないからみんなやらないとか。公立の生徒が全員貧乏家庭でもないんだし、いまどきなんのデバイスもない家庭もほとんどない。台数足らなくてもアーカイブ残しておけば時間差でできるだろ。できる家庭もあるんだから言い訳せずやればいい。遅れてる生徒には後で補習すればいい。結局は公務員の怠惰でしかない。


これ改めて授業再開したら周りが思ったより勉強してて全然追い付けなくて焦るやつだww


電話かかって来たら来たで「個人情報ガー」と言う保護者がいるからでは?


要は勉強に意欲があるやつと無いやつの差が広がるってことだろ。とりあえず課題を終わりにすれば自分の好きな分野を勉強できるし、結果的に格差は広がれど頑張ったやつが報われるのはいいことだろう


田舎の農村で全校生徒200人程度の公立小学校だがオンライン授業やってるぞ?村議会や地元企業の支援ありだがネット付きタブレット配って家で授業受けてるわ。田舎で出来るのに金のある都心部で出来ないってのは理解できんな。


写経してたほうがむしろ有意義


こういう教育格差問題に対して子供が取れる選択肢って結局家庭環境がすべてなんですよね。今の状況だと恵まれた家庭環境に生まれた子がさらに有利になっちゃうので、どんな環境の子供にも、きちんとした教育を提供してあげて欲しいですね。


教育格差というよりもっとはっきり言えば受験格差私立の教師は本気で受験の結果を出させようと必死だろう公立は責任を問われないから結局適当


正直課題によって「理解させてもらう」勉強になれてたら今後勉強するの難しいと思うぞ。逆に思うかもしれんが受験勉強なんて特にそうで、理解せずになあなあにしてたら部分から芋づる式に問題が出る。その穴を埋めるには本人が理解しようとしない限り無理。いい機会だから親と一緒に「どう勉強するか」を語った方がいいと思う。


5教科だけでも都道府県単位で学年毎に授業動画を作ってHPで公開、PCやスマホが無い家庭には通信料だけ負担してもらってタブレット貸与、くらいのことは頑張ればできるんじゃないかと思うが、今の教育委員会だと無理だろうな


実際、理解してないとできない問題なんてそうそうなくて、パターンに当てはめれば出来る問題ばかりだけど。それを踏まえた次の分野の問題は理解してないと結局できない。結果すべての問題のパターンを覚えるなんて事実上は不可能になり、理解によって絞ってく必要がある。塾行ってるし真面目にやってる子なのに成績伸びない人はたいていパターンだけを覚えようとするタイプ。


開成や灘や慶應が何もしないわけはなく、通常通り5分の無駄もなく勉強してるだろうね。しかしこの差は確かにシャレにならないな…。


数学の課題をペラ紙1枚だけで他教科は前年のワークやっとけってのも酷い話だが、文句垂れるだけで自分からは何のアクションも起こさないのもどうかと思うぞ。教師のオンライン授業が無くても普通につべに講義動画が転がってるし、学習指南サイトだってあるし、本屋に行けば問題集ぐらい買える。口をパクパク開けてエサを待つだけの鯉にはなるな


赤ペン先生に丸投げやー


学生団体の授業料を半額免除の懇願といい、自力でどうにかしようと考えないのかね


ぶっちゃけ勉強なんて一月あれば一年くらい余裕で取り返せる。興味の持ち方と覚え方が下手くそだと無理だけど。学校だろうが家だろうが嫌々勉強するとどっちにしても身に付かなくて遅れる。虫眼鏡で紙を燃やすくらいの楽しみ方でするのが良い。


全体的には学が止まってゆとり世代を超える団体行動が下手な*が増えるだろうから終わった後のカオスっぷりをちょっと社会実験的には期待してる。


>結局は本人の意識次第 まあそうなんだけど、学校って知識や方法論そのものを教えるより、そういう意識を育てたり習慣を付けるためのところだからな。極論、最初からその意識が身についてるのなら学校に行く必要自体がないだよなぁ。


そりゃぁ私学は売名行為の一環として、学習指導に熱を入れて生徒の成績を上げなきゃ学校にそもそも生徒が来ないし、指導者側の教員の首も学校の存続自体も危うくなるからねぇ(^_^;)>公立はその点、ぬるま湯...であることは認める。私学が秀でた個人の育成をめざすのに対し、公立はより多くの生徒の学習機会とその能力の底上げを図るもの立脚点の違いだからじゃない?


かつてゆとり教育とかやったら、その教育を受けた世代がゆとり世代とか呼ばれたよね。教育機関も生徒もそれぞれ学習の為の努力をしないとコロナ世代みたいな言葉が生まれてしまうぞ。


教師叩いても意味ないし、教師に要求しても無意味だぞwww 本当に不服があるなら、てめえの住んでる市役所に間借りしている教育委員会に直接連絡しろ。教師なんて教育委員会が決めた方針以外の事は何もできない操り人形でしかないんだからなwwwww


親が満足できていないみたいな親引いた子供って時点で格差はあるからこれぐらいの状況じゃ関係ないでしょ


コロナ世代、ええ響きやないか


つまり、親は学校の先生に教育は全て投げていますって言うこと。恥だと思えということだ。


学校なんて行きたくなければ行かなくてよいって言ったり、行けないと教育格差が広がるって言ったり忙しいなぁ。


私立はビジネス、公立は公益だからね。お金の差は学力の差になる。中高大の受験、一定以上の志望校があって学校の勉強だけでやってる子供なんてほとんどいないでしょ。公立に通う以上、学力を心配するなら学校の勉強に頼ってちゃダメ。親が自分で考えて、やらせる姿勢にならないと。


感染病の真っ盛りに授業が出来るシステムを導入する費用を誰が出すんだね、給食費すら払うカネがないんだぞと吠える公立生徒の親御さんかね?


文春だから真面目に考える価値が無い記事である事に気が付いた


受け身の勉強から脱却するチャンスですよ!


大人の頭が悪いから子供がとばっちりを受けてるんじゃないか。オンライン授業を受けさせたいなら投資しろ。本屋に行けば参考書も幾らでもあるじゃないか。そんな金がない?だったら最初から子供なんか産むなボケ


勉強が最初から好きな子供は少ない。でもやらないでおくと、自分が何をしたらいいのか分からないまま大人になってしまう。これがいちばん危険。とりあえず基礎的なことでも勉強すれば、次のステップが発見できるので、それを繰り返していくと人生の目標が見つかる。これを見つけないまま20歳を超えてしまうと本当にヤバい。


授業料を半額免除の懇願はまさに学生が自力でなんとかしようとしてることだと思うんだが?


こんな時だけ、出来ない人に合わせる意味が分からん。普段の授業では理解してない子がいても放置なのに。  何でも人のせいにしてないで自分でやれることを考えさせたり、親も考えろっつーの。人生は平等じゃないって理解するいい機会だよ。


思ったより公立と私立の格差は、酷いな。多くの利益を取るために私立の助成金等をカットして公立に注力するとかしないと差は簡単には埋まらんだろこれ。国民が*では困るし、下駄を履かせる方を選ぶ必要があるんだろうな。踊ればコロナも吹っ飛びますとか出てこない様にしてくれ


「教育を受ける権利」を持つのは子、対して「教育を受けさせる義務」を負うのは保護者(親)。学校は親の義務履行を補助する制度なだけで教師や社会に「義務」があるわけではなく、休校されたからといって保護者の「義務」は消えない。


公立と私立の格差ガ-って言っても私立の授業料分の金を教育費に充てれば何らかの対策は取れるんじゃないかと思うんだけどね。そもそも、教育の質で勝負している私立に、公立が合わせろっていうのが無茶な話だよ。金は出さないけど、質の高い教育を受けたいってふざけてるとしか思えないよ?






この記事へのコメント

人気記事