パチンコ狂の思考回路。コロナ禍の負ける設定でも打ちたい…


 コロナ禍でもパチンコ店に人が殺到している。政府や自治体からの要請を受けて休業している店舗はあるものの、開店しているパチンコ店には全国で多くの人が訪れている。大阪府をはじめとして、行政は休業要請に応じずに営業を続けるパチンコ店の店名を公表。政府が法規制で罰則規定を設ける可能性も出てきている。

 しかしそもそも、こんな非常事態なのにパチンコ店に行くなんて感染するのが怖くないのだろうか。そこで、ツイッターで「コロナ禍でもパチンコを打ちに行く」というツイートを連発する、大のギャンブル好きなツイッターアカウントの犬さん(@slave_of_girls)に、パチンコに行ってしまう人の心理を聞いた。

コロナへの意識が低いからこそ、パチンコ店に来れる

 パチンコ店では、不特定多数の人が玉や台に触れることもあり感染の危険にさらされていることはもちろんのこと、多くの人が訪れ店前で行列を作り“3密”状態を形成する危険もある。その辺りについての心境は?

「ボクはコロナが流行ってからでも、近所のパチンコ店が開いていたのでよく行っていましたよ。家にいても何もやることがないので、コロナに感染するリスクは承知の上です。正直打っている間はほとんど話さないし、隣の客と呼気を入れ替えるまで密接することもないですしね。店によっては、コロナ対策をしているとこもあります。まず入口で検温と手指消毒。それに加えて台には1個空きで座るとか。ボクはいまの時期のパチンコって気に入っているんです。隣の人が気にならずに打てるので、快適ですよ」



 コロナ禍でも開店する店は対策をしているから、感染するリスクも承知で「快適だ」とまで語る犬さん。コロナの流行する前後でパチンコ店では、変化があったのだろうか?

「ボクの体感ですが、サラリーマンの割合が目に見えて多くなっていますね。在宅ワークのおけげで平日でも来れるようになったんでしょう。その層が増えたぶん、多少は混雑しているんだと思います。あとはマスクをしている人が半分くらいと少なめ。いまは外に出るときはほとんどの人がマスクをしているのと比べると、パチンコ店にいる人はコロナへの意識が薄いように感じますね。むしろ意識が低いからこそ、パチンコ店に来れるんでしょう」

ギャンブルで全財産を失ったが、パチンコへの愛は失わない

 彼のギャンブルの経歴としては、パチンコに目覚めたのは19歳から。そこからパチンコだけでなく競馬、オンラインポーカー、海外カジノなど、ほとんどのギャンブルには手を出した。去年の3月にはフィリピンカジノで1万円が700万になる大勝ち。そこで終わらせればよかったものの、その年の7月に500万円近い現金を持って再度フィリピンカジノに挑戦。そのためにクレジットカードの借り換えローンを利用して、ローン枠を限界まで広げたという。しかし、結果は大負け。全財産を失い、カードローンで作った500万円の借金が残った。それでもギャンブルは辞められず、パチンコに月10万円はつぎ込んでいる。これらの模様は、すべて犬さんのnoteにも記されている。



 全財産を失い借金を抱え、死に至るウイルスが世の中に蔓延してもなおやめられないパチンコの魅力について、犬さんはこう語る。

パチンコってギャンブルのなかでもかなり“受動的”なものなんです。ハンドルを握って待っていたら、“当たり=嬉しいこと”が来る。下準備などが必要ないので、面倒くさがりのボクに合っているんでしょう。お金を入れて待つだけ。その手ごろ感が人を魅了するのだと思います」

◆たとえ負ける設定だったとしてもパチンコ狂は行く

 4月末現在では開店しているお店には中傷の電話が相次ぎ、昼のワイドショーでもパチンコ店のニュースばかり。パチンコに対する世の中の目は日に日に厳しくなっている。

「個人的にはコロナが流行していても、パチンコ店には開店し続けて欲しいですね。本当に暇でやることないですから。負けてもいいからとにかく打ちたい。むしろ、今は“勝つ”ことはできないと思っています。というのもパチンコ屋で“勝つ人”は、打っている人たちの様子を見ながら当たりが出る台を見つけているので。今は、真新しい台に朝から晩まで打っているだけ。お店も当たりずらい設定にできてしまうし、当たる人は少なくなってしまうでしょう」

 当たる確率が低いのに、それでも行ってしまうのはパチンコ狂の性なのだ。

◆店名を公表したら逆に人が押し寄せるのは当たり前

 大阪府では休業要請に応じないお店を公表しているが、それについても意味がないと犬さんは一刀両断。

「政府や自治体が休業要請に応じないお店を公表するのは、あまり意味がないように思います。自粛要請されているのに、それでもヘコたれずに開店しているお店なので。きっとそのまま開店し続けるでしょう。それに今はオープンしているパチンコ屋が少ないですから、パチンコ依存症の人たちが『お! あそこは開いているらしい』と押し寄せるに決まってる。ボクだって、家の近くのパチンコ屋が開いてるって言われたら行きますもん」

 自分は感染しないという根拠のない自信とパチンカー特有の受動的快楽を求める性質が、コロナ禍でもパチンコに行ってしまう理由だ。しかし、最悪は死に至ってしまう新型コロナウイルスハイリスク、ハイリターンが当たり前のギャンブルの世界だが、パチンコ屋で感染するリスクは、得られる金額に比べれば、大きすぎるのではないだろうか。


フィリピンカジノで1万円が700万円になった経験からカジノにドはまり。その後仕事を辞めて、全財産をかけてカジノに乗り込んだが、そこで大負け。全財産を失い借金まみれに。その後は職を転々としつつ、総額500万円にもなる借金を返す日々。Twitternoteでカジノですべてを失った経験や、日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。
Twitter:@slave_of_girls
note:note.mu/dokatamori

<取材・文/すずきおさむし>



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。」じゃなくて、早く治療を受けなよ。


この中から感染者が出て死亡する事例が出てほしい


パチンカスの先輩が言うにはあの回ってる映像を見てるだけでストレス発散になるらしいんだってさ・・・精神科行けよ・・・


店が自粛しても他所へ移るだけだから意味がない。顔撮影してネットで晒せ。それかコロナ感染者送り込め。


ぱつんこ行く連中にはまず自腹でのカメラの購入と装着を義務付けろ。しっかりマスクして家を出る姿から配信して、安全距離を保ってプレイしてることも証明。我を通して隣り合った場合のために、店内にも隔離所を設置。隔離所の利用料も無論客持ち


ギャンブル依存症はギャンブルやってなければならないように脳機能が変わってしまってるんであって意識低いとかいう次元じゃないんだよなぁら


パ*依存症ってさ、景品交換所にて金に換金できるから、実質ギャンブルじゃん?どのように詭弁吐いてもギャンブル依存症じゃん?健康被害続出し、破産したり消費者金融に手をつける人も多いじゃん?なんで、法で規制しないの?出来ない理由あるの?取り締まり側の癒着しか考えられないじゃん?


今の状況で出せるわけなんてないのに依存症の人は打てれば何でもいいのかねぇ。それで負けてキレたりするんだからおかしいよ。


そもそも3点式だから違法じゃないとギャンブルじゃないとかいったらパ*に限らず何でも3点式にすればおkになっちゃうじゃん。いいからさっさと法律で禁止にしろ!


程度の差はあれ年末年始に、GW、お盆の超ボッタ設定は毎年恒例、そこは武漢肺炎関係ないです。少しでも勝とうなんて思ってる人は普通はこの時期行かないよ、普通は。


クズがクズを食って成り立ってる業界、これを機に数が減ればいい


例の封入式が導入されてたら店外営業で青空パ*とかやってたかもな。


この人いろんな物をやってるけど、カジノで狂ったのか… カジノはやばいな、一撃でかい分、家とか車売ってまでやる奴海外には居るし… 自己管理できない奴なんて、ギャンブルやらなくてもこんなもんだろな。


感染するのはご自由にどうぞ。ただ、貴方達に、他の人を感染させる自由は欠片も無いから。けれど、憲法に「〜の場合には、為政者や行政官は個人の自由やプライバシーを制限・侵害できる」との規定が無いのに要請の強制や要請に応じない者を晒し上げて悪者にするのは100%アウト。日本国は立憲主義・自由主義・国民主権が国是の法治国家。皆さん、分かってます?


コロナにかかっても仕方ない生活をしておいて、いざ罹ったら医者に頼るような事だけはやめて欲しい。かかったらそのまま逝け。


全ての台が千円で1回ぐらいしか回らない台を置いたらどうなるのか実験して欲しいw


そんなに打ちたいなら頭でも打ってろ。


犬はもっと賢い。改名しろ。




この記事へのコメント

人気記事