話せば分かり合えると考えるのは4人に1人 「苦手な人に使う時間は無駄」との声も


誰にでも、気の合わない相手はいるだろう。そのような人でも、話し合えば分かり合えるときがくるのだろうか。

画像をもっと見る

■「話し合えば分かり合える」3割弱

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「人間関係について」の調査を実施した。

どんな相手でも話し合えば分かり合えると思うグラフ

「どんな相手でも話し合えば分かり合えると思う」と答えた人は、全体で26.7%だった。

関連記事:3割が「自らに甘く人には厳しい」と自覚 自分のことは棚に上げる人たちも

■話し合いで成果が

性年代別では、多くの年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

どんな相手でも話し合えば分かり合えると思う性年代別グラフ

まずい関係だった人と話し合った結果、距離が縮まった人もいる。

とっつきにくいと思っていた先輩と、仕事の考え方の違いから言い合いになってしまった。しばらく気まずい雰囲気になり、見かねた上司が話し合いの席を作ってくれた。

最初は批判ばかり言い合っていたけれど、途中からだんだんとお互いに歩み寄るようになってきた。絶対に分かり合えないと思っていただけに、この展開には自分でも驚いている」(20代・男性)

■自己中心的な上司

自己中心的な性格の人とは、話し合いが難しいだろう。

「うちの部署の上司は、自分の言うことが絶対だと思っている。批判的な意見があったときには相手の話をろくに聞かずに、いかにも自分のほうが正論かのようにアピールしてきて…。

相手が面倒に思って引いたら勝ち誇ったような顔でいるのが、とても腹立たしいところ。この上司とは話し合っても、分かり合えることは一生ないと思う」(20代・女性)

■苦手な人に使う時間は無駄

苦手な相手と、わざわざ話し合う必要はないとの意見も。

「性格が合わない相手は、誰にでもいるもの。そのような人とわざわざ話し合ってまで、分かり合おうとするのが間違っている。

その人に使う時間があるならば、もっと大切な人と一緒にいたほうがいいのは当然のこと。仕事などで苦手な人と一緒に過ごすとしても、最低限の意思疎通だけでいいと思う」(30代・女性)

苦手な相手との話し合いは、とても労力を使うことだ。それだけの価値があるのか考えてから、行動に移したほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→無意識に「重たい恋人」になってるかも!? 恋愛依存診断テスト

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

話せば分かり合えると考えるのは4人に1人 「苦手な人に使う時間は無駄」との声も


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

しらべえの調査の信頼性自体がな。仮に一般に当てはまるとすると70代(団塊の世代)はもっと増えるよ。50代以上で15~20%を超える分は、要は下の世代にどれだけゴリ押しで意見押し付けてきたかの比率。


好き嫌いは誰にでもある。だから苦手な相手に対して仲良しこよしする必要は特段ないと思う。でも、相手によって態度変えるのはどうなんだ?例えば話す相手がクラスの目立たない奴になった瞬間態度変える陽キャ気取りのバカとか。別に何か恨みがあるわけでもなく相手をよく知りもしないのにだ。そういう奴はもっと社会勉強しろ


「問答無用」


分かろうともせずに分からせたがる人がね…


真にわからせるための行動は肉体言語


自分と相手の両方が「話せばわかるタイプの人間か」による


自分が間違ってる事を認められない人間っているからな・・・そういう奴等と議論や口論になると絶対分かり合えない。相手が一切譲歩も折れもしないんだもの。 一回言葉の意味や解釈の仕方から確認しながら相手の行動や発言のどこが悪いのかを解説したら、途中で殴ってきやがった


話せばわかるなら家から出ないでしょw 頭スカポンタンだから話した所でわかりあえないね。


話せば大体分かり合えるな。こっちがほぼ100%に近い譲歩するからな。


仕事なら話したくない相手とのすり合わせもある。ちゃんとしておかないと最終的にはトラブルになる。


本当に重要なのは「分かり合う」事じゃなく「割り切り合う」事。嫌な奴でも仕事ができるなら関わるしかない。そのあとで仲良くなるのも離れるのも先の話。


悪意を持ってる奴、はなから他人の話を聞く気がない奴、自分の意志を押しつける事しか考えてない奴、なんかしらの覚悟が完了してる奴、このへんと話してわかり合うのは聾唖者を説得するよりも高難度


同じ言語を使っているはずなのに言葉が通じない相手は一定数いる。


どんな場所にも絶対他人の意見に耳を貸さず自分が100%正しいと思い込む輩は確実に存在する。人の言葉を解さない存在とは即ち獣である。獣を前にして人が選択できる行動は暴力か逃避のみである。


理解はするさ 相手に協力するかどうかは別問題だが(笑) こちらに火の粉を被せずに勝手にやる分には止めはしないぞ


バカの壁だね。


訪問販売の人が、自己紹介もなく営業を始めたので、まず自己紹介をしてくださいと言ったら自分を疑っているのかと手法とかでなく、本気で自分に悪意を向けられたと感じて怒り出した。相手は日本人であったが、自分の基準で解釈してそれを正義だと相手に押し付ける人は一定数存在する。そういう人に言葉は無意味で、自衛するには距離を取るしかない。


年よりの大半は年下の言い分なんて聞かないぞ。口先だけ。相手が上司でも自分の方が年上ってだけで特別だと思い込んでるし、常識とか礼儀とかコミュ大事って口にするやつほどその傾向が強い。結局コミュ障で屑でカスなだけなのにそれを認めないガイキチしかいないのよな。社会に必要ないってそういうこと。若く善人で真面目に生きようとしてる人の邪魔以外何物でもない。


この間、病院で話しても分かり合えてないお爺ちゃんを見たよ。待ち時間が長くて痺れを切らして喚いてたのを看護師さんが説得してたけど通じ合えてなかったよ


分かり合えることと円満な関係になれる事は別、知れば知るほど嫌悪が増すなんてありふれてる。知らなければ関わらなければ良かったなんて事もザラにある。




この記事へのコメント

人気記事