「厳に自粛していただきますよう…」 山岳団体の呼び掛けむなしく、登山者が遭難


新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大を防止するため外出自粛が呼びかけられている、2020年ゴールデンウイーク(以下、GW)

潮干狩りバーベキューなど、レジャー目的で外出する人々に非難の声が上がっている中、登山者にも厳しい目が向けられています。

自粛を求める山岳団体と登山者

同年4月20日、公益社団法人日本山岳会などからなる『山岳四団体』は声明を発表。

GWを前に、山岳スポーツ愛好者に向けて登山を自粛するよう呼びかけていました。

新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。

全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。

この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう、山岳四団体としてお願いたします。

公益社団法人日本山岳ガイド協会 ーより引用

全国の市町村も登山を控えるよう、ウェブサイトを通して観光客に訴えています。

しかし、GW中の登山による遭難事故が各地で発生。

同年5月3日には、立ち入り禁止となっていた栃木県日光市男体山で25歳の男性が遭難し、県防災ヘリコプターで救出されたことが報道され、人々から怒りの声が上がりました。

・そこに山があっても、今は登る時ではない。

・医療現場に負担をかける可能性は作らないでほしい!

・あくまでも『自粛』だけれど、誰が感染しているか不明だから行くべきでないと思う。

・遭難者を助けに行ったら、救助隊員が濃厚接触者になってしまうかもしれない。他人に迷惑がかかることを想像して、みんな自制してほしい。

このような声がある一方で、GW中に登山に出掛けた人は少なくない様子。自粛期間が『当たり前の日常』となって、どうしても気の緩みが出るのかもしれません。

ですが、未だに医療現場はひっ迫し、多くの医療従事者が悲鳴を上げています。

緊急事態宣言が同年5月6日から31日まで延長された意味を、私たちは改めて考える必要があるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
公益社団法人日本山岳ガイド協会
※写真はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

要請を無視しての登山で遭難しても救助隊を出して貰えるから、登山者が後を絶たない。「救助隊も活動自粛するから、遭難したら自分で何とかしてね」とすれば良い。


登山ではないが友人と2人で山菜取りに出かけてはぐれて捜索願というのも起きてる。無事だったからよかったという話で済ませてはいけない


にゅうにゅう>山菜取りは山の中、ものによっては山の奥深くなので登山ではないというか下手したら登山よりも酷い


自粛を呼びかける声は聞く気がなく立ち入りも禁止されてる所に入り込んで、遭難したからタスケテーってのは都合が良すぎでしょう。どんだけ迷惑かければ気が済むんだ。


無理なのは解ってるけど敢えて言う。救助も自粛しちまえ。


法律的根拠がありますから救助拒否は出来ないしそれを正当化も出来ないそれが出来るのは法令が薄っぺらな北朝鮮レベルの国家だけ


既出だけどあえて言うよ、緊急事態宣言解除までは救助も行わなくていい。


放っておけ、自己責任だ


そういえば、登山自粛に暴言を吐いて非難していた何とかいう実業家?がいましたね


死にたいなら周りに迷惑かけずに*でくれ。


*でも助けなきゃいけないのが辛いところ。勝手に*でくれればバカも減っていいのに。


罰則なしでバカにいうこときかせるのは無理。人間は『いま自分が認識できる範囲における、自分の利益』だけを判断基準に行動する。想像力が乏しいバカは、万が一の事態が起きたときの損失がわからない。「これだけのものを失うよ」ってわかりやすく示さないと、バカという人種は絶対に従わない。救助費用と治療費を3倍払わせた上で実名公表するとか、明確で具体的な罰則が必要だと思う。


ただでさえ遭難は叩かれやすいのに、今の時期にやら*とそりゃこうなる


今が緊急事態で人手不足な事や、登山者がコロナ発症者だった場合その対応が十全に出来ない事を理由に、遭難した際は救助が出来ない(数日程度の遅延が発生する)事を了承させる誓約書も作成して誓約させたら? もしくは救助時にかなり高い罰則金を設定するとか。デメリットが大きいと分かれば、多少無謀者が減るかも。正直今の登山は自殺志願と同義ですし、それと同じ対応でも良いかと。


自分が救助隊なら正直助けたくないと思うだろうな


自粛に強制力はなくてもこの時期の登山者の中に無症状者が居て救助隊も感染したら損害賠償だよなぁ?救助隊の人達の補償は遭難者に負担させろよ。この時期の身勝手な遭難は特にな。行政の救助は税金なんだからアホに税金使わせるな。医療関係者に回せ。


「助けません」ってことはできないけど「助けますが時間が掛かるので命の保証はありません」ってことはできるんだよなぁ(実際、「事故したら救急車が来るまで1時間掛かります」という道路看板はあるらしい。)


埼玉県のように防災ヘリも全国一律で有料化すれば良い。言う事聞かずに山に登って遭難して救助隊他大勢の命を危険にさらした罪を全て加味して、割増料金追加で請求してやれば良い。ちなみに埼玉県の場合は5分で5000円(1時間6万円)となっているが、こんな時期だし、倍以上請求しても足りないぐらい。


嫌なこと言うけど、助けなくても良いでしょ?お店関係も大体しまってるから、税金やお金落としてくれる分けではないし、助けてもデメリットしかない。救助費とっても感染リスクあるし、ごねてくるから面倒なだけ。素直にコロナ落ち着いてから捜査すればいい。


この件とは別だが、立ち入り禁止にしてる川にロープを無視してガンガン入り込んでいく観光客達をニュースでやってて唖然としたわ。正直コロナの直接の被害よりも、コロナの影響で毎日炙り出される「想像を絶するバカ共」のニュースの方がストレスだよ。


山に入るなら武漢肺炎が収まるまで自給自足で生きてくれればいいのに。野外だから密にならないって考えかも知れないけど、救助隊が動いたら普通に感染リスクあるんだから。現状で不可能かつ悪い言い方をするけど、見せしめがなければ踏み止まれない人が多いし、中世回帰でネットとTVで全国強制配信の公開処刑しないと今、必要ない外出や活動をしてる人を止められないって考えるわ。


感染してた都民が山に登って救助された結果、救助隊が機能不全起こしたのが1週間前でしたっけか


70~の老人が多いね 差別する意図はないけど、登山なん*る歳か…危ないに決まってるだろうに 家族も止めてよ


今、山に入ったら遭難しても救助も捜索もしません。登るなら覚悟して登って下さい。と明記して各山道にロープでも張っとけ。ガチ勢はそれでも登るやろ。


アホも登っちゃうんだよなぁ…


他にも救急案件が発生して「命の選択」になった場合、この現場は後回しで良いと思う。


救助側にも死亡リスクあるんだから断れるんじゃね?「え、遭難してんですか?じゃあコロナの流行収まるまでそこで半年くらい待っててください」みたいに


ここらで自己責任論を少し強めに強調する意味でも違反者を放置してみよう。「注意はしました。が、聞かない人が入っていきました。救助はしませんよ。注意してるんですから。」でいいと思う。人道は社会の中に生きるもの。社会の外に出たものには通じない。


3密を避けられるのに、過剰な自粛をしなければならないなら、来週から再開される公園やら図書館やらも、行ってはいけなくなりそうなんだが(山はダメで公園はイイとか言わないよねww


小遠見山ってこんなに景色よかったのか・・・死にかけながら霧の中五竜超えたので全然見えなかった・・・去年の話よ


最前線で戦っている人達(医療関係者等)の足を引っ張るのは負けフラグだぞ?


>マシモ アホが淘汰されていいじゃん^^


今年は閉山すればいいのた! 一年 人間に山をケガされず、動物も過ごしやすいだろ!


遭難者の個人情報を全面的に公開しよう。


救助も自粛して、遭難しても自業自得にすればいい。




この記事へのコメント

人気記事