あえて三密に飛び込んでしまう人々。「自分は大丈夫」の裏にある心理状態


◆異常事態が能力の過大評価を加速させる

photo via Pexels

 「三密」を避けるために外出自粛令が出て3週間以上が経つ。世界中でコロナウイルスの拡散を防ぐために、ロックダウンや外出自粛が行われて、世界規模での外出制限(自粛)が行われている。

 それにも関わらず、「私は大丈夫」という感覚で、三密全てを満たすような危険な場所へ行く人がいる。

 例えば、巣鴨地蔵通り商店街で行われた縁日には、多くの人が集まっていた。現場の映像をニュースで見ると、マスクすらしていない人も多く見られる。

 そのような行動をする人の頭のなかには、「私は大丈夫」という感覚がある。まるで、超人無敵のヒーローかのように自分の能力を過大評価してしまったり、あまりの異常事態に脳が正常な判断ができなくなっている可能性がある。こういった事態だからこそ、その人が持つ本性が行動に現れやすい。

 今回は、「私は大丈夫」と考えさせてしまう心理作用や、心理バイアスについて解説する。

◆判断を鈍らせるさまざまなバイアス
①能力が低い人ほど、自分は大丈夫と考えてしまう

 認知バイアスのひとつに「ダニング=クルーガー効果」というものがある。これは、「能力の低い人は自分の能力について、実際よりも高く評価してしまう」というものだ。この法則はビジネスの場だけでなく、コロナショック下の状態においても当てはまる。

 この法則に当てはめると、「自分は大丈夫」と思ってマスクをつけない・三密へ出かける人は、ビジネスにおける能力は低いということになる。

②異常事態への脳の処理オーバー(正常性バイアス)

 心理バイアスのひとつで、「予想外の事態に直面したときに、都合の悪い情報は無視して『自分は大丈夫』と事態を過小評価してしまう」ものだ。

 3・11のときにも、この正常性バイアスが問題になった。津波が自分たちの住まいに近づいているにも関わらず、事態を過小評価する正常性バイアスによって逃げ遅れてしまう人がいたのではないかと考えられている。

 この正常性バイアスが発生してしまう理由は「怠け」「状況を甘く見てる」ではなく、脳の認知負荷が限界を超えてしまっているからなのだ。例えるなら、ある種のパニック防止機能である。

 あまりの異常事態に、脳に様々な情報が入ってきて、何を変えるべきか、どう変えるべきか、変えることでどうなるかなどを考えすぎて脳に高負荷がかかってしまい、結局考えずに行動できる平常時の行動を取ってしまうのだ。

コロナ報道には身近な情報が必要
③心理的距離が遠い

 最近、テレビでよく観る身近な存在である芸能人の感染・訃報のニュースが増えている。子供のころからテレビで観ていた志村けんさんの訃報は私も大きなショックを受けた。

 そのような身近な人の感染・訃報を聞くと、コロナの脅威が他人事ではなく、その脅威に自分もさらされていると感じるようになる。みなさんも、同じような感覚があったのではないだろうか。これは、心理的距離による影響だと考えられる。

 心理的距離とは本来、対人心理的距離感と呼ばれ、対人関係における距離感のことだが、脅威や課題に対して、どれくらい身近に感じるかの距離感として考える。

 つまり、「ある対象(課題・脅威・人物など)と自分との『身体的距離』ではなく、どれだけ対象に対してどれだけ自分事として身近に感じれるかの、対象と『心の距離感』」である。

 仕事でも、上司は担当者と比べて課題に対する心理的距離が遠いため、感情的ではなく冷静な判断をすることができる。それが逆に、冷静すぎて社員に対して親身ではないと感じさせてしまうこともある。

 メディア視聴者コロナの脅威に対して心理的距離を近づける方法として、芸能人の感染だけでなく、より具体的な感染者情報を提供する必要がある

 例えば、今では都道府県単位で感染者数の情報が出ているが、市区町村単位での感染者数の情報を提供することでより心理的距離を近づけることが可能だ。より具体的で、自分が所属することが意識できるレベルでの感染者情報を出すことで心理的距離を近づけることができる。

◆行動だけでなく心理作用に目を向けるべき
 このように、「私は大丈夫」と考えてしまう人には、心理学的なバイアスがかかっている場合もある。

 もし、その人の行動を変えたいのであれば、行動を批判するのではなく、行動の根底にある心理作用について理解することが重要だ。行動だけ批判して我慢させても、相手の行動を促進させてしまうだけだ。我慢を押さえつけるのではなく、方向性を変えて行動を変えさせる必要があるのだ。

 相手の心理を正しく理解するためには、コミュニケーションとあらゆる可能性を想定する偏見無き分析が必要だ。そのために、ぜひ、心理学を活用してみて欲しい。

<取材・文/山本マサヤ

【山本マサヤ
心理戦略コンサルタント。著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』がある。MENSA会員。心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ためのコンサルティングやセミナーを各所で開催中。

photo via Pexels


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

コロナとか関係なしに今自粛できなやつは常に「自分は大丈夫」と思って行動してるよ。どれだけ細かく感染情報流しったって「感染したやつは入院してるから大丈夫」で行動する。心理作用をクソもやりたいことやってるだけだから理解しようとすることが時間の無駄。


特に日本国民は自分自身が痛みを覚えない限り それに対して感情を覚えないこれがここにも現れている 日本国民の性格本性の共通がここに出ているからだ


この記事通りに対策するとしたら、①→能力のある人が無い人の行動を決める。②→本人にあれこれ考えさせない。③→本人や家族に痛みや恐怖を実感させる となる。結局、専門家が決めたことを強制して従わない人は即罰を与える、が一番有効ということになる。


バカは動物と同じ。まともに言葉も通じないし、人間社会のルールも理解できない。そういうのは首輪つけて繋いでおくしかない。人間扱いするからダメなんだよ。


こういう話は面白いな。個人的にダニング=クルーガー効果とやらはむしろ逆説的だと思う。状況や自分を正しく評価できない様な人間だから能力が低いのだろう。脳の処理オーバーや心理的距離についてはまさにって感じ。あと、最後の行動を変えたいような相手って基本的に他者の話を聞くチャンネルが閉じてるから難しいんだよね。ある程度強硬手段取らなきゃ無理


まるでお隣の国の民族的行動と一緒なんだな。改めて、あんなのに成り下がりたくないから気を引き締めて自重しようっと!


あえて三密に飛び込んでしまう奴は阿呆 といいたい訳だな 長々記事にすんじゃねぇw


昔記事にもなってたけど、中年以上のあの物理的に近い距離にくる態度なんなの?気持ち悪いわ。トイレとかスカスカなのに人の隣で用足したり、*なのか?って思う。車も空いてるトコじゃなくて密度多いトコに停めたりな。別に距離変わらねーから。


そんな難しい言葉並べなくてもいいでしょ。ただの「*」なんだよ


一つ思ったのは企業に対する休業要請が遅く、日常と同じように通勤し、感染(発症)しなかったせいで、自分は平気だと勘違いしてるのもいる。こういう時は早い段階で足並み揃えて、強制力を持ってやらないとバカが増長するだけだってことだな。


自主的に免疫会得に向かってるんじゃねーの?しらんけど


「無症状だから問題ない、ではなく、無症状でも菌を保有しており、他人に感染させる可能性があります。感染者が減らない限り、経済活動を平時に戻せません。」この宣伝を政府権限でTV新聞で広告しまくればさすがの*でも理解できるんじゃ?


すみません、↑の案はイマイチだったね。TV新聞に政府が金を払って広告され、効果が出てもそれは一時的な解決でしかないよね。TV新聞各社が互いに競争する中で自然と↑のような報道をするようになるのが一番理想でしたね。


下手すると既に抗体持ちで無敵状態とか?


でもそういうのって真面目にコロナ掛かったりすると大パニック起こすか山梨実家女かコロナ散布おじさんみたいに無茶苦茶やら*んだよね。当人も含めて皆を守る為に、やっぱこういう状況下では厳しい罰、もはやすぐに独房に叩き込めるくらいの実行力を持った機能は必要だなと思うよ。


3密3密いうならまず外来から来るディサービス全部休業させろや そういう当たり前の事を一切報道しないマスゴミはくそやな


都合の悪い情報は無視して『自分は大丈夫』と事態を過小評価してしまう←政治関連記事において願望丸出し+自民憎しな価値観で世論誘導記事を毎回掲載し、案の定コメント欄で指摘され続けるも「都合の悪い情報は無視して『自分は大丈夫』と事態を過小評価し」引き続き政治関連では親の仇位に自民憎し記事を量産するハーバー・ビジネス・オンラインさん。 無自覚のようですねえ・・・。


「理解できずに恐怖する人と、理解できずに恐怖しない人」がいて「理解して恐怖する人と、理解して恐怖しない人」がいますからね。同様に「考えが及ばない人、考えすぎる人、考えが間違っている人、考えがあっている人」も居ます。でもまだこれは根拠があるから良いんです。一番厄介なのは無根拠な人です。まだ「解らないなら怖がっても意味がない」の方がマシなのです。


アベガー記事以外はそれなり纏まった体裁の記事を書くハーバーさん。


無症状無の陽性の人もかなり居ると思う。「自分は大丈夫」って思ってても実は感染者でコロナ菌バラまいているかもよ。怖い怖い


飛んで火に入る夏の虫


もっと*でる海外でも、結局知り合いが*まで他人事だと思ってたってみんな言ってるし、人間なんてそんなもの。だから強制しないと意味がないんだけどさ。




この記事へのコメント

人気記事