「子ども手作り『ポリ袋防護服』寄贈」が炎上、これを美談にしてはいけない理由


被災地に千羽鶴」を超える残念な案件を毎日新聞が美談のごとく報じ、当然のように炎上しています。詳細は以下から。

子どもらの手作り「簡易防護服」を医師会に寄贈
新型コロナウイルスの感染拡大で医療用防護服の不足が深刻となる中で、兵庫県宝塚市の学校法人「雲雀丘学園」が傘下の幼稚園2園と小・中・高校の児童生徒や保護者らに呼びかけ、ポリ袋などを使って作製した「簡易防護服」を約1400着を宝塚市と川西市の医師会に贈ったことを毎日新聞が報じました。

これは学園の中山台幼稚園の長岡伸幸園長が、身近にあるものを使った簡易防護服作りを「子どもたちや保護者らも参加した学園全体の社会貢献活動として取り組みたい」と提案して行われたもの。

簡易防護服の材料はポリ袋やビニール袋で、はさみや粘着テープなどを使って作ったもの。休園・休校中のため、同学園の教諭の発案で作り方解説動画を製作して配信し、児童生徒らには家庭で作業をして作成しました。これらの簡易防護服は、両市内の病院や診療所などに配布される予定となっています。

◆当然ながら報道は炎上
もちろんこの寄贈を美談であるかのように報じた毎日新聞の記事は炎上しています。その最も大きな理由は、これらの「ポリ袋防護服」はいかなる意味でも防護服ではなく、医療現場で用いられる衛生用品の体をなしていないということ。

3月28日の時点でニューヨークでは防護服の代わりにごみ袋を着用していた看護師が新型コロナに感染して死亡したことが伝えられているように、これでは感染は防げません。

さらに子どもたちが家庭で作っている時点で衛生用品としての品質や清潔さが担保されていないため、医療従事者と患者の双方が感染を含む大きなリスクを負うことになります。

まりこれは「被災地に贈られた千羽鶴」や「日本兵にささげられた千人針」と同様の無意味なお気持ちでしかない上、実際に人の生き死にの関わる医療現場にリスクをもたらすことを考えれば百害あって一利なしとなります。

◆美談にしてはいけない理由
もちろんこの記事が炎上したのはポリ袋防護服に上記のようなリスクが存在してるためですが、それだけではありません。

子どもたちは現在学校が休校となり、満足な教育を受けられない状態が2ヶ月あまり続いています。教育現場の任務は子どもたちが少しでも勉強できるよう環境を整えることで、決して社会貢献させることではありません。

さらに言えば、防護服をはじめとした必需品の調達は行政をはじめとした大人が責任をもって行うべき仕事。子供には「大丈夫だから心配するな」と負担を掛けないようにしなくてはならないはずです。

そして、報道機関がこうしたエピソードを美談として扱うことで、無用の追随者を生むことになります。実際に防護服が不足している以上、報道機関は不足による影響を詳細に把握し、どのような理由や原因で不足が生じ、解決するには何がネックとなっているのかを提示すべきところ。お涙頂戴の感動ポルノを発信することではありません。

またネット上ではすでに複数の指摘がされていますが、この「ポリ袋防護服」を着用した医療従事者が感染した場合、作成した子どもたちには少なからぬトラウマを残す可能性もあります。

結局このポリ袋防護服は立案した一部の大人の自己満足と、感動ポルノを消費したい一部の大人のためのストーリーでしかありません。

繰り返しになりますが、子供たちに責任を負わせてはいけません。それは大人が負うべきものであり、子供たちには責任をしっかり負っている姿を見せて安心させるのが大人の役割のはずではないでしょうか。

【「子ども手作り『ポリ袋防護服』寄贈」が炎上、これを美談にしてはいけない理由】を全て見る

「子ども手作り『ポリ袋防護服』寄贈」が炎上、これを美談にしてはいけない理由


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

いつもの強制ボランティアによる感動ポルノ


正論&正論


まぁ「気持ち」の部分をガン無視すればね。否定するのも肯定するのも「野暮」な案件。


「子供の描いたパパの絵が似てないから無意味」って断罪するレベルの記事。つくづく子供を持ってないヤツはすぐに*でどうぞと思う。


物理的にも炎上するだろ。要するに、熱源や電気源に接しやすい現場において、不意に可燃温度が低いもの触れてたら物理的に炎上する。画像を見たら、無暗に端っこが飛び出たり、丈夫さが足りないため早々にササクレが飛び出たりする代物。


合羽として使えばギリギリ行けるかもしれないが雨具の調達になんて困って良いだろうしやっぱりゴミだな。そのゴミを出すのにもお金が掛かるんだし、コドモノキモチガーとかいって子どもを盾に好き放題して*ーしてんじゃねえよ。そんな時間が有るなら手洗いとかの講習しろ。


社会貢献したいなら内容をもっと精査しろって話だな。医療関係なんて素人が手を出すもんじゃねーよ。どうしても医療関係に貢献したいなら金だけ出して手は出すな。どうしても手を出したいなら素人でも出来ることをちゃんと考えろ。気持ちなんて手や金を出すか出さないかに関わらず伝えられるんだしな。


千人針はお守りだろ。信仰と一緒にすんなよ。


こういうのは医療現場じゃなくて老人施設とかに送るべきだな~、最前線には正規の服をちゃんと送ってあげて欲しい政府が責任もってね


これは立案した人間が100%悪いわ。まともな人が一人でもいれば止めたんじゃないかと思うが、多分止めても聞かない責任者だったんだろうなぁ


いや、子らのお気持は立派なれど、これは『被災地に郵送された千羽鶴』ほども役に立たぬでしょう。


支援したいと思うなら、今どきは支援先に伺い立てるなり相談するなりが必要だと思うのよ


医療資材が必要な場所は情操教育の場ではないよ、とだけ、ね。


医療現場のリソースを削ぐなと口が酸っぱくなるくらい言われてるなか、受け取り、ゴミ処理、返信を強制させてナニがしたいんですかねぇ?子供の気持ちを考えろ?気持ちで人が助かるなら医者はいらねーよ


子供を踏みにじって笑いものにするような人らがこんなに大勢いるのでは少子化加速するのも頷けますね、「子供の人権」とか完全に形骸化して動物園の動物か何かみたいな扱いしてるのをちょくちょく見ます


駄目なことを駄目だと叱らないのはそれこそ子育ての放棄だろ?真心込めてようが純真な善意だろうが迷惑なもんは迷惑だと教えないで偉いね偉いね連呼するのが子育てか?


子供の気持ちと医療従事者の命、天秤に掛けられるようなもんじゃない


普通に正論な事を言ってる記事だった


千羽鶴みたいな「気持ちのこもった飾り」だと割り切って、マネキンにでも着せて展示するとか…だめ?


日本はもっと「ありがた迷惑」という言葉をみんなしっかり理解すべきだよな。


やらない善より、やる偽善。今回のはやらない善のほうが良かったという例、つまり有難迷惑です。こういうのを考えない人多いですよね、善か偽善かの2択しかないと思ってるっていう…


社会の厳しさを教えるためにその場で破り捨てろよ。近所のクソガキが学校で育てた野菜を持ってきた時はその場で踏みつぶしてやった。


人の生き死にが掛かる部分を子供に担わせるという鬼畜の所業。んなゴミ押し付けるくらいなら「お医者さん看護師さん頑張ってください」とか書いた手紙や絵とか送る方がよっぽど価値があるし医療従事者側も喜んでくれただろうに


子供たちは何も悪くない。立案者がバカ。


母の日幼稚園でヨーグルトの容器で作ったミニかばんを「お買い物に使ってね」と母親にプレゼントしたのを思い出した。「ありがとう、大事に使うね」とか言ってこっそり処分するかしまっておくのがまともな大人の対応。


”医師会に贈った” これが無ければにこやかな話で済んだのに


24時間テレビ


気持ちとか言って肯定してる奴記事読んだか?役に立たないどころか衛生面とかで普通にリスクがあるんだが。ホント子供が盾になった時の考えなし共は厄介極まりないな


仮に子供が自発的にやったとしても大人が止めるべきもんだよこんなん。似顔絵もらったパパの役は周りの大人たちでやれよ。他人、それも今大変な人たちを巻き込むな


アメリカ式の子供が作った物を大人が買ってあげてその売上を寄付するチャリティ方式にすれば、ちゃんとした防護服が何着かは買えただろうに。


別に子供が自主的に防護服を作ったんじゃないんだから子供の気持ちが〜ってのはおかしな話だろ。あえて言うなら考え無しに子供に作らせた大人側の問題だよ。仮にも教育者がこんな無能じゃそこに通う子供もろくなもんに育たん。


ちゃんと検査して基準をクリアした高品質のものだけ渡せばいい


この記事、おかしいと思ったら『医師が監修した「ポリ袋で作れる使い捨て防護服」の動画』がすっぽ抜けてるんですよ・・・あたかも子供たちが悪いみたいに誘導して、本当にこういうマスゴミ大嫌い


子供が可愛そうです。企画したであろう阿呆な大人の存在と、それを止めてくれる大人が居なかったって理由で。


こうした子供の活動は報道を断って欲しい。その地域内で子供を褒めれば済む話で、全日本で肯定させようってのが無理ゲー


毎日新聞のガバガバ精査が原因で、炎上したんじゃないですか?別の新聞では手作り布マスクの件もありますね。広める情報について一つの頭使った方がいいと思いますよ


千人針と同列に扱うなゴミ記事


ほら、みんなの大好きな「やらない善よりやる偽善」だぞ?有り難がれよ。


お気持ちだけ受け取って、立案者の大人は反省してもらいましょう




この記事へのコメント

人気記事