子供が見たら泣くレベル 近所の池で見つけた河童の看板が完全にホラーだった


「河童発見」という衝撃的スクープで、某スポーツ紙が世間を騒がせたことがある。

岩手県遠野市の小学校裏で、先生と児童が目撃した、という見出しが付いていた。もちろん写真付きで、「全身緑色、頭にはお皿も」という小見出しも付けられていた。

遠野市にはカッパ淵と呼ばれる場所があり、カッパ伝説が残されている土地として知られている。まさか? と思いつつも、もしかしたら......と食い入るように写真を見つめた人が多かったに違いない(筆者もその一人だ)。

河童といえば、日本の代表的な妖怪で、伝説上の動物だ。全国各地に河童の伝承が残されている。それだけ身近で、気になる存在なのかもしれない。ひょっとしたら、実際にいるんじゃないか、誰しもそう思っていないだろうか。

2020年4月17日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

近所の池の注意看板だというが、河童の絵が「センスありすぎ」だ。

どす黒い不気味な姿、大きな口をいっぱいに開けて気味の悪い長い舌を出している。手に持った青い玉はいったい何だろうか? 「あぶない」と書かれた文字が、かすれていて、まるで血糊でなぐり書きしたように見えるではないか。あまりにも怖すぎる。

だが一方で、とても素人が描いたとは思えない、芸術性の高さを感じる。いったいどこの誰が描いた看板だろう。そんな興味も湧いてくる。

Jタウンネット記者は、投稿者の青硝子(@putitomatoPOP)さんに詳しい話を聞いた。

「河童がいてもなんら不思議ではないかも......」
あぶない。青硝子(@putitomatoPOP)さんのツイートより
あぶない。青硝子(@putitomatoPOP)さんのツイートより

投稿者の青硝子さんによると、この看板は大阪府の南部に位置する和泉市の、とある池に数年前から立てられているという。

「池の前の道は木立の中にあるので昼でも薄暗く、昔から不気味でした。近くを通ると何かが鳴いて飛び跳ねる水音が聞こえるので、幼い頃は本気で河童がいると思っていました(音の正体はウシガエルです)」

河童の伝説も残されているのだろうか?

「個人的には知りません。ただ、大阪では、何気ない近所の池が実は古墳の堀だったとか、行基が造った池だとか、そんな話は珍しくありません。河童がいてもなんら不思議ではないかも......」

例の看板については、まったく見当もつかない、ということだった。

そこでJタウンネット記者は、 和泉市の広報担当に問い合わせてみた

担当者は八方手を尽くして聞いてみたのだが、看板の設置者、描いた人については、まったく手がかりがなかったということだった。ご近所の有志が、個人的に立てたものかもしれない。看板の設置者の捜索は断念せざるをえなかった。

「ところで和泉市には河童の伝説は残ってないのですか?」と聞いてみた。すると、「こんなものがあります」と教えてくれた。「和泉のむかしばなし」という書籍の中の、「がたろ」という話だ。

「川や池には、『がたろ』がすんでいます。『がたろ』が、どんなすがたをしているのか、だれもしりません。
わかっているのは、ちいさな子どもが川や池であそんでいると、底のほうから、音もなくやってきて、つれていってしまうということだけです。
そこからさきのことは、だれもしりません。うわさでは、川や池の底までつれていかれ、尻の穴から、生き血をぜんぶすいとられてしまうというはなしです。
だから、ちいさな子どもだけで、川や池にちかづくのはよしましょう。ちかづいただけで、きっと、『がたろ』が、ニヤニヤしていますよ。」(「和泉のむかしばなし」より)

「がたろ」の話は、和泉市周辺に多数残っており、いろいろな形で伝わっているという。看板に描かれた恐ろしい河童は、和泉市に伝わる「がたろ」の姿なのかもしれない。

あぶない。青硝子(@putitomatoPOP)さんのツイートより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

警告なのだからこのぐらいでいいな むしろもっと怖くていいぞ


ああ、これ尻子玉持ってるのか


河内エリアでは遊んでた公園が実は古墳とか、近所の池が古墳とかそんなんばっかりだからなあ。世界遺産になるなんて想像もしてなかった。あと最近古墳以外の池が消えていってるなぁ。ことごとく埋め立てられて宅地化してるわ


昔可愛い女の子が近くのちょっと深い川で良く遊んでいると、ハゲたおっさんが水の中に潜んでその子を水の中に引っ張っていったそうな。だから水の中はとても危険だと教えられた。


何がどう危ないのかも同時に教育していくべきでは?


うますぎて怖くないな田舎にある古い微妙な画力で消えかけ看板の方が怖い


CV:椎名へきる


水が危ないのか、河童が危ないのか


フリーホラゲ感


危険であることを促すなら合ってると思う


血文字のダイイングメッセージみたいな「あぶない」の筆致は評価されるべき


そもそも妖怪は畏怖されるものだけどね


小さい子供は危険性を説いても理解できないし警戒心が薄いからビジュアルで訴えるのが一番やと思うわ


クレームで撤去されるの?


警告にふさわしい、絵師さんは良い仕事をしたと思うよ


この看板を逆さにすると・・・


このカッパなら兵庫県の福崎に行ったときに池の中から出てきたよ。 近くに天狗もいた。 たしか辻川山公園だったと思う。 駐車場は狭いのに凄く観光客が多くて、カッパや天狗が出てくる時間は人だかりになってた。 たぶんコロナで今は休業してるんじゃないかな?


水難事故の多い場所は仕方ない「水死体の青白い手が泳いでいる人を引きずり込む」くらいやってもいいくらい


がたろは川太郎の訛りかな


妖怪の本来の役割の一端ではあるよなぁ、「〇〇が来るぞ!」的な


がたろは河太郎の訛りで、がーたろ、がたろうという地域もある。大阪以外にも西日本で河童を河太郎と呼ぶ地域は多い。妖怪だけでなく、川さらいの業者のことを指す場合もある。基本は河童と同じ。


理屈で理解できない子供を守る為には、多少アレでもこういうビビらせ方が効果的なんだよね。トラウマレベルの絵だと連想ゲーム的に他の物を怖がる子も出て来るけども。


さらざんまい難民玉砕


元々、妖怪って子供の躾に使うもんだから 今のぬるい子育て世代には理解できないと思うがな


割と可愛くて草


個体差あるけど子供って「何でも出来る」って万能感ある上に、経験がないから危険予知にも限界がある。足が付くプールで15m泳げるようになったら「ボクは泳げる!」で、調子乗って溜め池で25m泳いじゃって足が付かないとこまできちゃった。戻ろうにも行きの25mで体力使い果たした。もう1度復路25m、足を付く事も許されないが泳げるか?で溺れる。妖怪は畏れられてナンボよ。




この記事へのコメント

人気記事