「Wi-Fiの調子が悪い!?」と感じたら使うべき「無線LAN中継機」


あれ? うちのWi-Fi、なんか繋がり悪くない?」自宅や職場などで使っている無線LANルーターの電波状態が悪いと感じたことはありませんか? Wi-Fiの電波は障害物に弱く、部屋の数が多かったり、階が異なっていたり、建物が電波を通しにくい鉄筋コンクリート造だったりと、様々な理由で届きにくくなり、接続が弱くなってしまうことがあります。そんなときは、親機から発せられる電波を補強してくれる「無線LAN中継機」を使ってみては如何でしょうか。今回はWi-Fiの電波をより広範囲に届けたい人におすすめの、無線LAN中継機をご紹介します。

 

目次

 


プラグの位置に配慮したコンパクト設計!


BUFFALO 無線LAN中継機 WEX-733DHP

11ac対応・2つの通信帯域のデュアルバンドで複数の機器の高速・安定通信が可能です。薄型・コンパクトサイズでプラグの位置に配慮した設計なので、使用中でも上のコンセント口を塞がず、スッキリ設置できます。Wi-Fiルーターとの引き継ぎ設定もWPSボタンをプッシュするだけと簡単。スマホなどのWi-Fi対応機器の設定変更の必要がありません。また、電波が強い中継器へ「中継機用SSID」で手動で接続を切り替えることで、確実に中継器とつながります。

【詳細情報】
サイズ:64×86×40mm ※突起部除く
重量:約135g

 


他社製のルーターとも利用可能な万能中継器


TP-Link AC750 無線LAN中継器 RE200

11ac対応で、ルーターWi-Fiが届かない場所との中間点に設置することで死角をなくし、強力で高速なWi-Fiを家中に届けます。 デュアルバンドWi-Fi対応で合計で最大750Mbpsのスピードなので、高画質の動画配信サービスファイルダウンロードにも問題なく対応可能です。一般的な家庭用ルーターには全て対応しており、他社製のルーターとも利用可能。ルーターのWPSと本体のREボタンを押すだけで、2分以内に設定が完了します。

【詳細情報】
サイズ110.0×65.8×75.2mm
重量:263g

 


適切な設置場所が一目でわかる「お知らせランプ」搭載


エレコム 無線LAN中継器 WTC-F1167AC

壁面のコンセントに直挿しするスタイリッシュデザインの中継機。11ac・867Mbpsに対応した親機の無線電波を中継することができます。2.4GHz、5GHz両方の無線帯域のSSIDを同時中継可能です。管理者用のSSID、パスワードで無線接続し、管理者用webUIにログインすることで親機との接続を手動で設定することができます。無線ルーターからの電波強度を知らせるランプがついており、適切な設置場所の目安が簡単にわかる設計になっています。

【詳細情報】
サイズ:約98×68×30mm
重量:約108g(本体のみ)

 


周波数帯が異なる子機が混在していても使える「デュアルモード」搭載


I-O DATA 無線LAN中継機 WN-AC1167EXP

隣のコンセントをふさがないコンパクト設計モデルです。11ac(2×2)に対応し、867Mbpsの高速通信を実現。スマホパソコンは5GHz帯で、ゲーム機は2.4GHz帯で…など、周波数帯が異なる子機が混在する場合でも利用可能な「デュアルモード」を搭載。「WPS」対応Wi-Fiルーターなら他社商品でも接続できます。さらにSSIDと暗号キーもそのまま中継するため、もともとWi-Fiルーターに接続していたスマホパソコンゲーム機などの再設定は必要ありません。

【詳細情報】
サイズ:約33×71×103mm ※ACプラグ部除く
重量:約130g(本体のみ)

 


遠くのデバイスとも効果的に接続するビームフォーミング機能搭載


TP-Link AC2600 MU-MIMO 無線LAN中継器 RE650

4本のアンテナを備えたコンセント直挿しタイプです。通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯、通信速度はそれぞれ1733Mbpと800Mbpsと、業界最高レベルの性能を発揮。デュアルバンド接続でどちらの帯域にも同時に接続できます。また、ビームフォーミング機能で接続中のデバイスへシグナルを集中。遠くの各デバイスと効果的に接続します。本体のインテリジェント信号ライトで最適な設置個所を素早く確認できます。ユーザーからは「デュアルバンドの中継器なので、離れた部屋でもWIFI受信感度が飛躍的に上がった。家から約20m離れた場所でも、受信出来ました」という声も。

【詳細情報】
サイズ163×86×40mm
重量:599g

 

目次に戻る

「Wi-Fiの調子が悪い!?」と感じたら使うべき「無線LAN中継機」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

買う前にルーターの再起動と各種配線のチェックおすすめ


建物の材質構造とか機器の相性問題とかもあるから、中継器だけでは一概に解決しない。


中継器用意してたのに、ルーターの性能が思ったより上がってて2階でも余裕で電波通って無駄になった。ちゃんと試してから買おう


今なら中継機よりメッシュネットワーク組んだ方が良いような。問題は日本のメーカーだと選択肢が余り無いのと、お値段が高いところかな。


長年使用して調子悪くなったら、ルーターのファームウェア更新で解決することもある。


ヤマハ製で固めて全部視覚化・連携設定して楽してるわ。AP同士をチーミングすれば接続先が変わってもシームレスに切り替えされる*。中継器なんて今更な技術だし、ボトルネックが出来るだけだからなぁ・・・


中継接続はセキュリティー的になぁ、ハブ分けして複数Wi-Fi設置したら?


これなんか急に品薄になったんだけどコロナで家にいる奴が増えたからか


中継機買うぐらいなら、親機の品質を上げた方がマシ。


一番重要なのは、不調(遅い、切断、繋がらない等)の原因を明確にすることです。ケーブルが劣化していた、なんて事もありますし。


結局Wi-Fiは消耗品で24時間365日使っている事を考えたら3~5年目以降の不安定は劣化を疑った方がいいよ。スマホなら遅くても4~5年で買い替えるじゃないですか。現在使用中の親機が中継機能対応モデルなら、新しく親機を導入した上で旧親機を中継機に遊んでみるくらいの方が幸せですよ。わざわざ中継機だけ買って改善しなかったらお金の無駄です。


中継器って大半の人種には必要ないぞ。親機の性能上げたほうが建設的。


素直に同型二個買うわ・・・うちは木造と見せて構造材に✖✖✖使ってるのでなかなか飛ばないのよ


中継はまだ解るがメッシュやっちゃうレベルってガチ豪邸なのでは・・・最近の最新WiFiルーターは結構5GHzですら壁・天井・床を貫通するぞ(木造とか土壁に限る)。


リセットからの再起動一択なんだよなあ…。メーカーも推奨してるし。


無線はクソなので出来るだけ有線接続しましょう


本体の後ろ側にアルミのボウルおいたらいいよw


メッシュネットワークかつAP間接続(バックホール)を有線に。


結局、家庭内なら有線が最強なんだよな


無線LAN中継機って色々あるんだな。


ホストを解決しています・・・


スマホはね、有線にできないんだよ。親機がIP電話アダプタ込みの支給ルーターで交換するわけにもいかないので、風呂場でダラダラ動画見るのに中継機使ってます。安いし。




この記事へのコメント

人気記事