『京言葉』を英語に訳すと? Twitterの投稿に14万人が反響 「めっちゃ笑った」


オーストラリア在住のこあら(@KoalaEnglish180)さんは『京言葉で学ぶ英会話』をTwitterに投稿。「面白い上に分かりやすい」と反響を呼びました。

「ぶぶ漬けでもどうどす?」は英語で…

京都の人のコミュニケーションは『察する文化』で遠まわしないい方をするといわれています。

そんな京言葉の日常会話を、英語のフレーズに訳すと…。

・ぶぶ漬けでもどうどす? ⇒Get out of here.(早く帰ってよね)

・元気なお子さんやねぇ ⇒Shut that boy up.(その子を黙らせて)

・お嬢ちゃん、ピアノ上手になったなぁ ⇒It is noisy.(ピアノの音がうるさい

・考えとくわ ⇒No thank you.(お断りします

・きれいな柄やねぇ ⇒It is too flamboyant.(派手すぎ)

・似合いますなぁ ⇒You look shabby.(しょぼく見える)

・こんなお上品なものを ⇒I don't need this.(これいらない)

・いい時計してはりますなぁ ⇒I'm tired of your long talk.(話が長いよ)

・よう勉強してはりますなぁ ⇒Mind your own business.(大きなお世話)

・丁寧な仕事してはりますなぁ ⇒You're slow worker.(遅いわ!)

・みんな怒ってはる ⇒I'm angry.(私が怒ってる)

ほめられているのかと思いきや、本音は真逆

投稿は、14万人以上から『いいね』が寄せられ、「めちゃくちゃ笑いました。もはや京都弁メイン」「京都に住んだけど、まだまだこんなもんじゃない」「これはもはや英会話で学ぶ京言葉」などの声が上がりました。

京言葉の独特な表現は、はっきりいわないことで相手を気遣う京都の人ならではの優しさなのでしょう。

それにしても、英語に訳すと本音の鋭さが際立ちますね…。


[文・構成/grape編集部]

出典
@KoalaEnglish180


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

みんな怒ってはる ⇒I'm angry.(私が怒ってる) は、自分を安全圏において、見えない大多数が批判してるように見せる、マスメディアを始めよく散見するテクニックですね。


京都は町はきれいだけど住んでる人の心が醜いって言われるわな


京都人は自分たちをハイエルフだと思い込んでいるが、他地方からはダークエルフだと目されている説。


ゲスト > 褐色ダークエルフ好きだから京都に引っ越したくなっちゃうやばいやばい


もう京言葉は嫌味な言葉というイメージが付いてしまった気がする


京都はアマンだった...? じゃあ淡路島はヌーメノールか。


ひいばあちゃんが京都人だったけど、京都特有の回りくどい皮肉じゃなくて普通にストレートに文句言ってたわ


インスマスなんだよなぁ。


八ツ橋剥がれ落ちてますよ


こういう京都弁が使える人も今やどれくらい残っているのか… 


京言葉だなんて、そんなお上品なものを。でも京都の人によう似合いますなあ。綺麗な心やねえ。みんな怒ってはるよ。ぶぶ漬けでもどないどす?


英語で学ぶ京言葉のほうがわかりやすい。


洛中の商家とそこと取引のある問屋くらいだけどな。


そうか、うちの地元の上品(?)と言われる言い習わしは、京都から来たものだったのか。


京都人の鼻持ちならんプライドの高さは異常。京都みたいな盆地特有のマゾしか済まない場所に帰るわけないだろ天皇が


京都は昔から、住み続けられることが自分のステータスだったからなあ。京都にいられなくなることを都落ちというぐらいに。いまは東京がそうなりつつあるが。




この記事へのコメント

人気記事