「そこに人名はやめてほしい」 どうしても物騒に見えてしまう霜降り肉が話題に


緊急事態宣言が出され、自宅でじっと耐えている読者が多いことだろう。食べたいものも食べられない、行きたいところにも行けない。「STAY HOME」という呼びかけだから、仕方がない。じっと我慢の人が多いはずだ。

そんな中、2020年4月30日に投稿されたツイートが話題となっている。

写真は、いかにも美味しそうな霜降りの肉だ。「肉の下に人名はやめてほしい」というコメントが添えられている。そういえば、肉の下には、名札のようなものが見える。いったいこれは何だろう?

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「こわっ」
「見慣れてないと理解出来ないですわな」
「生肉だけに生々しいですよね」

ブラックジョーク好きな人が、なにやら異様に盛り上がっている。なんだか物騒な話だが、どういうことだろう。

Jタウンネット編集部が、この写真を投稿したぐうたらこ(@guutaraco)さんを直撃すると...。

念のため、レストランに聞くと...

Jタウンネット記者は、投稿者のぐうたらこさんに取材した。この写真は、宮崎県の黒毛和牛を扱うミヤチクのレストラン延岡店(現在は閉店)で、4年ほど前に撮影したものだという。

ぐうたらこ(@guutaraco)さんのツイートより
ぐうたらこ(@guutaraco)さんのツイートより

そこでJタウンネット記者は、レストランを運営していたミヤチク(宮崎県都城市)に電話した。

答えてくれたのは、ミヤチク販売企画課の担当者だった。

「この肉は、私どものレストランで提供している鉄板焼き用の牛肉に間違いありません」

名札のようなものには、個体識別番号と生産者の氏名が記されているのだという。ツイッター上では物騒なジョークが交わされていたが、まあ当たり前の話である。

ミヤチクでは、宮崎県の他に、大阪、福岡などに、直営店を展開しているが、同様の札を付けているという。

ちなみに、今回話題になった写真には、榎田(えのきだ)裕樹さんという名前が書かれている。念のため、Jタウンネット記者は、宮崎県綾町役場に電話した。農林振興課の担当者が答えてくれた。

「榎田さんは、現在も黒毛和牛を飼育されており、ご自身の名前が写真に出ることについては、問題ないとおっしゃっています」

ちなみに榎田さんは30代の青年で、地元で乗馬スクールインストクターも務めている。榎田は「えのきだ」と発音するので、間違えないように、とのことだった。

良かった。榎田さんは元気だった。美味しそうな霜降り肉は、榎田さんが育てた宮崎牛だ。間違いない。

ぐうたらこ(@guutaraco)さんのツイートより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

>榎田は「えのきだ」と発音するので、間違えないように  ←むしろ他の読み方が分からない…


生産者の名前書いて何が問題なの?


要するに「精肉(店長)」を思い浮かべたということね。


「私で作られました」


よくわからんけどこんな妄想する奴は日本は市場に人肉が売ってるとでも思ってるのかな? こういう考えできる奴ってすごいわ こういう頭の人って日本がどんな修羅の国に映ってるんだろうか 聞いてみたい


ゆうき君、成仏してなかったのか


そこは牛の名前を書いてやらないと


↑ちょwww


物騒に見えるのか?「生産者名で良いんだよな?取り置きじゃないよな?」とかもうちょっと詳しく書いて欲しいってのはあるが。


↑じゃあ生年月日と命日にしようか。〇〇〇~×××(享年△)みたいな


牛の名前笑ったww


妄想ってかただの画像でボケるネタだと思うんですけど(名推理)


分かった上で*ジョークだって言ってるだろw むしろ人肉出して当人の名前を表記する訳がない


カッパ肉で大はしゃぎしてる連中と同じ類だろこれ・・・


マジレスしてる人達・・・


霜降りって不味くない?


これは榎田君が3歳の時のサーロインでして…


どうみてもえのきじゃない


『本当に食べてしまったのか?』


笑う笑わないは、個人の感性だけど、どんだけ余裕のない精神性をもっていたら、マジレスできるんだろうと、コメ欄の人々に、深い興味を覚える記事




この記事へのコメント

人気記事