「姥捨て山」の伝承に驚く中国人、「親孝行の重要性を知らしめるためか・・・」=中国


 現代の中国人が日本や日本人に対して抱くイメージと言えば、街が清潔で、民度が高く、人々のマナーも良いといったことが挙げられるだろう。こうしたポジティブイメージが多くの中国人観光客を日本へ引き寄せてきたわけだが、そんな日本に「姥捨て山」の伝承があることを聞いて驚く中国人は多いという。

 中国メディアの百家号はこのほど、礼儀を重んじる国民性である日本に「姥捨て山」の伝承がある理由を考察する記事を掲載し、「親孝行の重要性をより真剣に受け止めるためではないか」と伝えた。

 記事はまず、近年多くの中国人が日本に興味を持ち、日本を訪れていたことを紹介。それは、多くの観光名所や美食に加え、「礼儀を重んじる民度の高い国民性であることに感銘を受けるからだ」と伝えた。

 しかし、民度が高いはずの日本には、親を捨てるという「中国では到底考えられない」、姥捨て山の伝承があると紹介し、「民度の高い国民性であるはずの日本にこうした伝承があるのは非常に驚き」と主張した。

 しかし、姥捨て山の伝承では、年老いて働けなくなった親を子が捨てようとするが、捨てられずに家に匿っていたところ、親の知恵や知識が役に立つ場面があると紹介。それによって、働けなくなったとしても年老いた人の知恵や知識には価値があることが周知されると紹介し、姥捨て山の伝承は「日本人が実際に親を捨ててきたことを示すものではなく、親孝行の重要性を知らしめるための伝承なのではないか」と指摘した。

 中国では親を敬うことはごく当たり前のこととみなされており、親の老後はあらゆる面において子が世話をするのが当たり前と見なされている。親子の関係は日本以上に親密であるが、逆を返せば親離れ、子離れが出来ていない人が多いとも言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

「姥捨て山」の伝承に驚く中国人、「親孝行の重要性を知らしめるためか・・・」=中国


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

労働力の戦力外通知を受けて、食うモノも限られていたから捨てられたからで・・・孝行とは別の状況だと思うけど


中国の「親孝行」の話は、父が蚊に刺されないよう息子が体に酒を塗って自分が刺されるようにしたり、親を養えないからと自分の子を生き埋めにする「その心は、鬼とも云うべし蛇とも云うべし。天理人情を害するの極度と云うべし。この孝行の説も、親子の名を糺し、上下の分を明にせんとして、無理に子を責るもの」と福澤諭吉ボロカスに叩いてたね。


お前らリアルタイムで住んでる人間見捨ててるのに何言ってんだろうねw


中国中国中国中国、何かにつけて国民感情を動*のに日本は~っていうな、ほんと*ばいいのに。


常に良識に対象外を作っているのが日本人だから。「仕方がない」の日本語を十分に理解して使いこなせば、日本人の意識がよくわかる。


昔は昔、今は今でしょ。フランス人は今でもクソを道にぶちまけてるとでも思ってるの?


日本の孝行話って「良い行いを続ければ、必ずいつか報われるもの」系だし


親孝行の重要性とか言う前に、犬が武漢肺炎を広めるという噂だけで、村中の犬を*て回る人面獣心の中国人自身をどうにかしろ。


中国人が日本人に道理を説くほどおかしいことはない


全くないと断言などできようもないが、日本人の伝統的基本思想的にはこういうことはほぼあり得ないと考えられる 日本昔ばなしでヘタに有名になったためよく勘違いで使われるものの、日本人を貶めるためにあり得て欲しい外国工作員や社会破壊思想の人にとっては都合のいい内容だとは思う


お前さんとこの特別管理自治区が寝たきりの母親を生きたまま埋めてなかったか?海の向こうより足元を見てあげて?


儒教とかいう礼儀礼節信義恩義大事なクッソ頭沸いてる価値観時代だったころでさえ、親は見捨てるし、子は売るしでやってたくせに何言ってるんだかな。


日本では杠葉(ゆずりは)と言う考え方がありましてな。時に親が子に譲るのですよ。倫理が逆なのでしょうな。


シナチョンは儒教国家だろうから親、ご先祖様を大事にしましょう的なことを重んじる文化はたしかに強いとおもいます><


親を大事にするのは良いことだな


えぇ…一人っ子政策で2人目以降の子供は「いない事」にしてた国に言われるとは、誠に遺憾。


今は老人ホームとか介護施設が姥捨て山みたいなもんだな 地方民は姥を捨てて都会に出る時代よ


中国は儒教思想が強いから「親は子を生めるが子は親を生めない」ってことで子が親のために命を投げ出すのを美徳としてたんでしたっけ?根本的に思想が違うのに比べる意味あるんじゃろか?


儒教とは真逆の価値観だろうから絶対中国人はわからないと思うのでどうしようもないだろ


姥捨て山って、元々仏教の法話がベースの創作じゃね? インドのお話よ。 日本では口減らしって、子供から捨てられていく感じ。


「お家の大事」という点では親も子も等しく、家を存族させるためには親が犠牲になってもやむを得ない、という考え方は中国人には理解できないのかも。


儒教というスコトーマにかかった状態では真実には到達できんよ。理解することは諦めな。




この記事へのコメント

人気記事