「あくまでもお酒」から「飲用不可」へ 酒造所の高濃度アルコール製品に変化


 アルコール消毒液の代替品として、酒造会社が相次いで高濃度アルコール製品を発売する中、そのラベルにちょっとした変化が起きている。4月に発売した製品は「お酒」と書かれていたが、5月に入ってから「飲用不可」とする製品が増えた。理由は酒税だ。

【その他の画像】

 医療現場で手指消毒用のエタノール不足が深刻化していた3月、明利酒類(茨城県水戸市)の「メイリの65%」や菊水酒造(高知県安芸市)の「アルコール77」が相次いで登場した。当時は高濃度エタノール製品であっても法制上の分類は「お酒」のため、「消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」という注意書きを入れなければならなかった。

 3月23日厚生労働省は時限措置として、医療機関が70%以上の高濃度エタノール製品を手指消毒に用いることを認めた。4月22日には60%台でも一定の効果が認められたため対象製品を拡大。これにより酒造会社の高濃度エタノール製品も多くが「消毒用エタノールの代替品として手指消毒に使用できる」と表示できることになった。

 しかし、お酒である限りは酒税がかかる。例えば若鶴酒造(富山県砺波市)が4月13日に出荷を始めた「砺波野(となみの)スピリット77」は300mlで880円(税別、以下同)だが、このうち231円が酒税。笹一酒造(山梨県大月市)の「笹一アルコール77」は500mlで、小売価格の1200円のうち385円が酒税だ。手指消毒のために高濃度アルコールを大量に消費する医療機関には負担が大きい。

 こうした要望を受け、国税庁5月1日厚生労働省の時限措置が有効な期間に限り、「高濃度エタノール製品に該当する酒類のうち、一定の要件を満たし、飲用不可の表示を施したものについては酒税を課さない」と発表した。これが「飲用不可」表示の高濃度アルコール製品が出てきた理由だ。

 久米仙酒造(沖縄県)は5月8日、「消毒用エタノール 78度」と「消毒用エタノール 67度」を発表した。価格は500ml・78度が1060円で(67度は956円)、5月25日以降に発送を始める。商品説明には「消毒用エタノールは、酒税のかからない飲用不可商品です。新型コロナウイルス対策のための手指消毒用、除菌用として使って下さい」と書いた。

 天盃(福岡県朝倉郡筑前町)が5月13日に出荷を始める「TENPAI66」は、ラベルに大きく「飲用不可」と表示した。66%の高濃度エタノールで、価格は500mlで1000円だ。

 15日までの移行期間は、これまでのラベルのまま酒税なしで販売できるケースもある。前述の若鶴酒造では、66%の「砺波野スピリット 66」を酒税なしの1本664円で医療機関などに向けて販売している。今後、ラベルを「飲用不可」に変更して継続的に出荷する考えだ。

福岡県の酒造会社、天盃の高濃度アルコール製品「TENPAI66」は、ラベルに大きく「飲用不可」と書いた(天盃のWebサイトより)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そもそもなんで酒税なんてとるの?


酒税は出荷じゃなくて醸造段階で取るってどっかの漫画で見たな。大人の理由だったような。この場合消費者には酒税を課さないのか、醸造元に酒税を課さないのか、あやふやだな


こんなん「飲用不可」って書いてあっても飲む奴続出するやん


嗜好品たるSAKEを摂取することに対する罰です。


そこまでして飲みたい中毒者はむしろ飲んでくたばってくれた方が後々世の為になって良いだろ


飲むかなあ? 多分美味しくないだろ、味なんか気にして作ってないだろうし。スピリタスが1500円くらいだから、強い酒ならなんでもいいってならそっちがよくね


なお日本薬局方の消毒用エタノールは酒税加算済価格というオチ


仏教の五戒で「酒は飲むな」と言って起きながら般若湯とかいう抜け道があるから、これもそういう建前の飲用不可にしたのかと


消毒用アルコールの調合なんて素人にはできないので、諦めて石鹸で爪の間や指の股までしっかり手洗いしたほうが確実です


ストゼロも逃げ出す度数(笑。


海外なら、飲めば身体の中のコロナも除菌できると思った人が飲みそう。テキーラを飲んで意識が飛んだことあるから、怖くて飲めない。そもそも、まだまだコロナ禍は続くから、除菌用アルコールとしてもったいない。


飲む事によって「消毒、除菌」は出来るけどなるべく人目に付かない山奥でひっそりと月見酒でもしてね!


実際ウォッカは美味いのであった。ロシア人の気持ちが少しわかる


内容物は変わんないなら飲むやつ、はまだしも飲ませる奴いるだろ?で、そいつらに飲まされた奴が飲用不可表示な物とマジで飲用不可な物の区別がつかなくてマジで飲用不可な物飲んだり飲ませたりして惨事になるに一票


ミリンの酒税は外して欲しいわ


みりんはもともと飲み物だからしょうがない。料理酒みたいにあえて飲むのに適さないようにしてるものとは成り立ちが違うからね。


呑むバカはいるだろうが、多分美味しくないだろう。美味しく造る必要なんてないわけだから


現状買って消毒に使ってるよ…というか飲む前に蒸発してる匂いで酔えるぞこれ


まぁ動画でお金を稼いでる人達は、飲むかもしれませんねw


なんか飲用不可になるように薬剤追加したのかな?しないと、ただのアルコールだから、塩素のないミネラルウォーターで希釈してからジュースや炭酸で割ると普通にチューハイ作れちゃうからな。(水道水だと塩素臭がアルコールで強調されて飲めたもんじゃない)


ウィスキー、味の濃さそのままで20度くらいの出してくれないかな?


飲用を忌避させるための添加物無しなら飲めるだろうけど、業務用アルコールなんて飲み始めたら本当に人として終わってるぞw


薬局で売ってる消毒用アルコールって二種類あるだろ? エタノールだけで作られているやつは酒税かかってて値段が高い。エタノールにイソプロパノールという不純物を加えて飲めなくした奴は酒税かけられないので価格が安いよ。本来飲料不可と書けば酒税かからないなんて甘い規制じゃないの。


どこかの*チューバーが絶対呑み出すと思うわ


エチレンガスから作る工業用アルコール(お前らがPC洗浄に使うやつ)じゃだめなんか?


飲むなよ!絶対飲むなよ!


「飲用不可」飲めないとは言ってない


メチルでも飲んどけ


ロスキーとかターキッシュは靴墨とかアルコールなら飲むので飲用不可であっても飲む人は絶対いるだろうなと想像


そもそも本当に飲料不可にするならメタノール混ぜるだろうし


セキレイの風花さんなら余裕で飲みそう。


工業用アルコールは消毒用としても使用不可だから仕方ないけど、IPAあたりを混ぜておけば良いんじゃないかな。毒性はさほど変わらずだし(ちょっと高くなる?)。


このメーカーではないが近所のドラッグストアにあった酒造製エタノールはグリセリンが配合されてましたね


>>そもそもなんで酒税なんてとるの?生きるために必要がないもの、つまり贅沢品だから。金持ちからたくさん取って貧乏人に配布する


飲用不可になった事で酒税が課されなくなり安くなったのはありがたい。が、割高かつ売ってるところが少ないウォッカの代替品として使えそうで楽しみにしてたのに、飲用不可になったのは残念。70%のエタノールって、割り材の味を薄めずにアルコールを添加するのに良いんだけどな…w(ストロング系チューハイが自宅で作れる)


カメラの手入れに無水エタノールがいいと聞いて見てみたら高くて驚いたのだが、あれには酒税が掛かっていたのか。


飲用不可(本当に飲めないとは言っていない)


この商売文句は逆に売るためかな?




この記事へのコメント

人気記事