ただのフライパンとあなどるなかれ! 「バーミキュラ フライパン」の実力は?


 外出自粛が続くなかで、自宅で食事をする機会が多くなり、調理道具が気になってきている人も増えているのではないだろうか。そんな需要もあってか、愛知ドビーの新商品「バーミキュラ フライパン」が予約開始からわずか1か月で2万台を超えるヒット商品となっている。

画像付きの記事はこちら



 「世界一、素材本来の旨みを凝縮するフライパン」を目指して作られたというこのフライパン、24cmタイプが1万6280円、26cmタイプが1万6830円と価格もなかなかのもの(いずれも税込)。それでいてこれだけ売れているのにはいくつかの理由がある。一体どんなところが一般的なフライパンと違うのかご紹介しよう。


●約10年をかけて調理性能と使いやすさを追求



 愛知ドビーはこれまでも「鋳物ホーロー鍋」が料理好きの間では広く知られた存在だった。同社が手掛ける「バーミキュラ フライパン」の最大の特徴は「エナメルサーモテクノロジー」だ。水が馴染みやすい特殊な性質のホーローと、蓄熱性が高い鋳鉄を組み合わせることで、余分な水分を一瞬で蒸発させて、旨みを凝縮する。たとえば、もやし炒めなどの水分が出やすい食材の場合も、水分を瞬時に蒸発させて、旨みを内部に閉じ込める。

 もちろん、これまでも鋳物ホーロー製のフライパンはあったが、重くて扱いにくいという課題があった、しかし、バーミキュラ フライパンでは最薄部の厚みが約1.5mmとなっており、重さは26cmタイプが約1.1kg 、24cmタイプが約1.05kgと軽量化されている。

 ステンレス製のフライパンメイン使いしている筆者からすると、やはり「重い」とは感じるものの、鉄製のフライパンのように持ち手が熱くなることもなく、洗剤で丸い洗いしてもいい点はかなり気に入った。


●特売のステーキ肉がお店クオリティに仕上がる



 外食しづらいこともあり、筆者は最近自宅でステーキを焼くことが増えている。しかし、ステンレス製のフライパンでは、どうも満足いく仕上がりではなかったのが事実、そこで、バーミキュラ フライパンで肉を焼いてみたところ、これまでのステーキとは大きく異なる仕上がりになり驚いた。

 ステンレス製のフライパンでは生焼けだったり、パサつきがちだったりしたステーキが、弱火で加熱しているのに程よく火が通った絶品ステーキに生まれ変わったのだ。特売のステーキ肉なのに肉の旨みもしっかり感じられ、火入れの重要性を改めて痛感した。

 せっかくなのでチャーハン作ってみた。こちらも中華屋のようなパラパラごはんに。これまで家で作るチャーハンは”手抜き料理”のひとつだったが、これだけおいしく作れるなら”ごちそうメニュー”に昇格しそうだ。

 ステンレスフライパンとの使い方で大きく異なるのは、最初にしっかり予熱してから使う点だろう。また、強火で使うと取っ手が焦げるので、火加減には注意が必要。それ以外はあまり違いはなく、丸洗いできるのはもちろん、ガスだけでなくIHやハロゲンなどの熱源でも使える。

 長く使い込んでホーローが剥がれたり、木製の取っ手が傷んできたときに、リペアサービスが利用できるという点もバーミキュラ製品の大きな魅力だ。長く使い込むことで愛着が持てるので、自分だけのフライパンを育てる楽しみがあるのも人気の理由だ。(TEKIKAKU・今西絢美)
4月21日に発売した「バーミキュラ フライパン」の実力を試した


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

リペアサービスを使うくらいなら安いフライパン使い潰したほうが安い。どうせ使いこなせないし。


フライパンって消耗品だと思ってるから、同じ商品を買い直す事はあるが愛着は湧かないな


使い潰すならフッ素加工で安くて良いのがあるし、長く使うなら鉄とかステンレスのが手入れしやすくて良い


高温で一気に調理する方法をとるからフライパンがすぐ駄目にする人が多い。低温でじっくり炒めた方がいい。だから高いフライパンがどうとか、素材がどうとかじゃなくてまず調理方法を学べばいいと思う


オール電化には縁が無い悲しみ


IHでもいけるのね。ここのお鍋は重宝してるし、買ってみようかな。色々と作って、差を探すのも楽しそうだ。


鉄鍋使い込んで油膜を染みつかせる以上のコーティングはないのです


これ買うのか?モノタロウなら業務用の鉄フライパンを安く買えるだろ?


重さを鉄製と、ステーキの味をステンレス製と、都合よく比較してる時点で信用できないレビューだと思う。鉄パンでステーキ焼くのと変わらないんじゃないの?w


暴論かもしれんが結局肉は焼けば美味いと思う


炒めたりひっくり返したりする際にフライパンの温度が下がりにくいのだろう。物は良さそうだが値段との相談だな。


高いフライパン買ったところで、調理技術と味の違いが分かる舌を持って無いので無用やなあ。


チャーハンと薄い肉は強火がいい。厚切りステーキは弱火でいい。


相方的な道具と見るか、消耗品として見るかは個人差あるよね...(高い一眼レフカメラを奮発して買ってもってのと同じか...)


で、琺瑯って何なの?(すっとぼけ)


性能や耐久性では鋳鉄に劣り、使いやすさではステンレスに劣る。嘘とまでは言わんが、良い面だけ書くのは、記事ではなく宣伝だな


>特売のステーキ肉がお店クオリティに仕上がる  フライパンよりも、そもそも火加減と休ませ方を含めた焼き方の影響が多いと思うが、誇張表現にもほどがある。 これは広告紛いのタイアップ記事と思うが、景品表示法違反の疑いだぞ。




この記事へのコメント

人気記事