「俺コロナ」で賠償金83万円!


 愛知県を中心に「自分はコロナウイルスに罹患している」という内容をお店や行政機関等で発言し、消毒などで施設が休業に追い込まれるなどの損害が発生し、刑事・民事上の責任を問われる、といった事案が相次いでいる。本人は軽い冗談のつもりだったのに、全国ニュースの大騒動へと発展したケースも少なくない。「俺コロナおじさんの冗談は、法的に認められるのだろうか。リスクマネジメントに詳しい田畑淳弁護士に聞いた。

◆ ◆

「俺コロナ」で賠償金83万円!

 最近、「俺コロナ」と銀行窓口で発言した男性が威力業務妨害罪で起訴され、お店の賠償金83万円と保釈金150万円を負担することになった、といった内容がSNS上に流布されて、話題になりました。

 この男性は「俺コロナ」は、あくまで「冗談」だったと主張しており、いつも行く店舗だったから店舗側には理解してもらえると思ったのに、と予想外の大事件への発展に当惑している様子でした。インターネット上では、概ね「予想外に多額の金額」という見られ方をしているようです。内容の真偽はさておき、弁護士観点から言えば、保釈金150万円は「相場」の金額であり、事業所に対する賠償金と言われる83万円もありうる金額と思われます。

 いまや世界中の人々の話題はコロナで持ちきりで、コロナをめぐる冗談も世界中で発言され続けています。「俺コロナ」の類は、最も思いつきやすい悪い冗談なのでしょう。

 とは言え、言われた側にとっては万が一でも店内でウイルスを感染させてしまい、その責任を負うことになってはたまらないので、95%冗談だと考えていても、冗談で済ますことはできません(英国では「新型コロナウイルスに感染している」などと主張する男から唾をかけられたり、目の前でせき込まれた駅員がウイルスに感染して死亡するという痛ましい事件も起きています。
英 女性駅員死亡 新型コロナ“感染者”の男に唾かけられる」)。

 それでは、冗談としての「俺コロナ」のうち一体どこからが有責であり、どこまでなら許してもらえるのであろうか。より重い刑事上の責任を中心に検討してみましょう。

キャバレーで牛の内臓をコンロで焼いても「威力」業務妨害

 本件において問題になるのは飲食店・銀行や役所の仕事を妨害する、「業務妨害」の類型です。そのうちコロナの危険で人を脅した部分に着目すれば「威力業務妨害」(刑法234条)が視野に入り、「コロナだ」と嘘をついたという側面に注目した場合には「偽計業務妨害」や「信用棄損」(いずれも刑法233条)が成立する余地があります。その線引きには難しい部分がありますが、コロナにかかっているからお前たちも感染する可能性があるぞ、と脅す類型はやはり威力業務妨害として検討すべきでしょう。

 「威力」は、とりあえず「人がやりたくないことを無理やりやらせたり、やりたいことを無理矢理やらせなかったりする」くらいの意味で考えてください。本件で言うならば、「俺コロナ」と言われたが故に、営業中の店舗を閉店せざるを得ず、消毒作業などを行わなければならない、というような点ですね。

 少し話がそれますが、判例は過去に「威力」について本当に様々なケースを判断しています。「デパートの食堂配膳部にシマヘビを撒き散らす行為」「キャバレーの客席で牛の内臓をコンロで焼き悪臭を放つ行為」「猫の死骸を事務机の引き出しの中に入れておき被害者に発見させる行為」「捕獲されたイルカを収容中の網のロープを切断する行為」など多岐に渡っています。

「冗談」の範囲についての判例は……?

 では、客観的に、どの程度までは「冗談」で済ませて貰えるのか。この点判例は妨害の有無について「妨害の危険」があれば足り、実際に妨害がされることまでは必要ないとしています。実は、この点は学説からの批判も多いポイントです。

 業務が妨害される「恐れ」だけで足りるならば、たとえ冗談であろうが相当な広範囲で犯罪が成立しうることになるからです。「幅を持たせた規定にしておいて、現場の警察官がその気になれば有罪にしてしまえる」基準とも言えそうです。

 事例に引き直すと、「俺コロナにかかってる。ウソだよウソ」という発言者による悪質な冗談について、もっともらしいので不安を感じたが、実際は特段の消毒も休業などもしなかった、というケースですら有罪が導かれうる可能性があることになります。

 どう考えてもコロナにかかっていない人、というのが存在すれば、その人による発言は業務妨害には該当しなさそうですが、コロナは無症状の人も多い。発言者の外観からはまずわかりませんから、ますます警察のさじ加減がモノを言うことになりそうです(愛知県での摘発が群を抜いて多いのは、事件の発生頻度より、そうした捜査機関の「熱心さ」によるのかもしれません)。

今の社会に「俺コロナ」の虚言を受け止める余裕はない

 本件に少し性質が近いのが、「インターネット上での爆破予告」あるいは「殺害予告」です。爆弾に関してはテロが頻発する時代を迎え、過去「いたずら」で済んでいた事案も犯罪として即座に厳しく対応される傾向が強まっています。

 インターネット上の暴力的な書き込みの相当数を捜査機関が「その気になれば」犯罪として扱えること、多くのケースで被告人が捜査対象になって初めて事態の深刻さに気付き「こんな大事になると思わなかった」と反省している点も「俺コロナ」と共通しています。

 最も大きい共通点は、発言者の考える「冗談」「悪口」と、受け取り手の考える「冗談」「悪口」に違いがあり、コミュニケーションが成立していない点にあります。

 世界でコロナウイルスが猛威をふるう状況下、生命と生活に関わる虚言を「悪質ないたずら」「趣味の悪い冗談」として受け止める余裕は今の社会にはありません。

「俺コロナ」は、インターネットすら介していない、まさしく目の前にいる生身の人間、いのちと健康、生活について不安と恐怖を感じる他者への想像力が欠けている事案です。このコミュニケーションの欠落は、息詰まる現状で精神的なストレスを抱え、他者を思いやり、また自分の行動がどういった結果を招くかについての想像力が失われてしまっていることによるのかもしれません。

 こんな時こそ、より一層他者の気持ち、他者の受け取り方について配慮が必要になります。私も、後見制度などに無理解な銀行の窓口担当者に大変なストレスを感じることがままあります。イラッとして何か言いたくなる気持ちは分かるけれど、今ストレスが溜まっているのはあなただけじゃないし、言われる人は辛くて怖いんだよ、というごく当たり前の話を振り返るべき時期かもしれません

(田畑 淳)

©︎iStock.com


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ぼくヒデ


モラルがない世代だなぁ


周りに迷惑かけたり不安を煽るのはいかんでしょ


賠償金83万とかバイクが買えるレベルやん


言っていい冗談と悪い冗談の区別もつかない大きな小学生は、十数年かけなきゃ人生立て直せないくらいの賠償金課せられて反省しろ


コロナをばらまいてやる(50代 男) 俺コロナ(49歳 男)コロナビーム(42歳 男)俺はコロナ(70代 男)俺はコロナ(37歳 男)これコロナ(78歳 男)俺はコロナだ(54歳 男)この店はコロナでやってない(19歳 男)コロナ罹患患者をHP大公開(年齢不詳) 愛知県では19~78までオールスターですが…


バッカジャネーノ?


10代ならまだしも(それでもおかしいと思うが)40年近く生きてきた人間がやっていいことと悪いことの区別つかないかね?


本名コロナさんは生きづらい世の中ですな


小さなバカは女が多くてぶっとんだバカは男が多いイメージ


愛知県だけで打線組めるぐらいにいる、監督はもちろんお前らコロナの愛知県


ちゃんと顔と住まいを明らかにするべき 調子に乗った*には報いを


そんな中、コロナビールが爆売れ中~、マジで謎w


まさに*は感染るだな。


言い訳は聞かんでええよ。有り金全部搾り取ろう。


男はクズ


俺がガンダムだ!みたいなノリで言うなよ


まず愛知県は最初に流行し始めた県の一つなので過敏な空気なのが一つ。二つ目は記事にもあるけど愛知県警が真面目に通報即事件化してる傾向にある事。三つめは中日新聞が煽ってること、一々記事化しなくてもいいんだよマネするバカが出るから、逮捕されたからやめておこうとか*な奴は思わないの。


日本は嘘で騒ぎを起こすだけだけど、海外は毒蛇のように感染者が唾吐いたり大声で怒鳴ったりと相手を56す気満々だからな


ユーキャンにでもノミネートされそうな不名誉なワードだな。そして中高年が多いのはあれか構ってほしいんかな?まあいらん事言いたがりはどこにでもおるけどまずは頭見てもらいに病院にいこうな?


「愛知県を中心に~」で始まる文章が好き




この記事へのコメント

人気記事