「大学生になっても地図帳は捨てないで!」訴えるツイートに注目 - 納得の理由に共感、中には「手遅れだ」という人も……


中学・高校の授業で手にする機会が多い地図帳。卒業と同時に捨ててしまった、なんて人も多いのでは? 代々木ゼミナール地理講師&コラムニストの宮路秀作さん(@miyajiman0621)による、「地図帳は捨てないで」という訴えがツイッターで話題になっていました。

大学生になっても地図帳は捨てないように!
毎年生徒たちに言っていること。 例えば、もう二度と「ソビエト社会主義共和国連邦」が書かれた地図帳は発売されないわけで、地図帳は各時代を反映した一級の資料となり得る代物。絶対に捨てないで欲しい。(@miyajiman0621より引用)

確かに、地図の改変は国名や国境などの大きな箇所だけでなく、市町村の統廃合など、身近でも起きていること。地理は不変のものではなく、移りゆくものなんですね…。過去の地図と現在を見比べるだけでも、その間に世の中で何が起きたのか、歴史をたどることだってできてしまいそうです。

この投稿を見た読者の皆さんからは、「我が家には祖母の女学校時代の満州国が載った地図帳が残っている」「うちの地球儀は祖母から引き継いだもので、ソビエト連邦がでーんと居座っておりますね」「子供の頃に買ってもらった図鑑の地図はドイツが東西に分かれてます」と、ご自宅の地図について言及するコメントが続々と寄せられていました。

中には、「あー手遅れだ」「後悔してます」とすでに処分してしまったことを後悔する人も…。筆者も、実家にしまってある当時の地図帳を引っ張り出して見たくなってしまいました。

大学生になっても地図帳は捨てないように!毎年生徒たちに言っていること。例えば、もう二度と「ソビエト社会主義共和国連邦」が書かれた地図帳は発売されないわけで、地図帳は各時代を反映した一級の資料となり得る代物。絶対に捨てないで欲しい。— 宮路秀作(地理講師&コラムニスト) (@miyajiman0621) October 15, 2019

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ソヴィエト共和国連邦はまだ残ってるよ。国際連盟と同じで、加盟国0ヵ国という状態なだけです。


そんなあなたに帝国書院の復刻版


母親がむかし使っていたらしいソ連も載ってる地図帳まだ家にあるわやっぱり捨てないほうがいいんだろうか


昔の地図帳一冊だけ残ってるけど、今見ると面白いんだよな


今の地図、アラル海の大きさが全然違って衝撃を受けたわ


ソ連が崩壊して幾星霜、いまだに○○スタンが覚えきれない…


同じような違うような話だが、戦前の国語辞典と漢和辞典が欲しいと思うことがときどきある。


Googleさんが本気出せば歴史と連動したGoogleマップ作れそうだけど…


ザイールとかユーゴスラビアとかビルマとか東西ドイツとか


首都があるのはヤンゴン 僕の地図ではラングーン 国の名前はミャンマーだ ビルマと言わずにミャンマーだ


いや要らないし・・・


いやいらんわ、学者風情が口を出すな


中国共産党の出した昔の地図が、尖閣諸島をおもいっきり「日本領」としてた証拠となったりしてますね


ソビエトは甦るさ、何度でも!


今日ゴミとして縛ったばかりだぞ…


近代は歴史の変わり目が多いからこういう細かい物も資料となるよね。生まれた時にはベルリンの壁で東西ドイツに別れてて、ソ連が存在してて、とかいうと年寄り扱いされる30代。


中高生用の地図帳なんていらんでしょ


ラバウルとか持ってる時代の日本地図は欲しいな


そう考えると市町村合併で地元の市の形が変わってるから残しておかないといけないわね


あー、竹島、日本海のことかなwww


地理好きだったので、小中高の地図帳は今でも棚の中に仕舞ってたまに見てる。特に小学校のには〇丁目〇番地〇号になる前の地図が載っててなかなか面白いよ


ほんとひねくれ者が多いな。会話成り立たなさそう。


今に「中華人民共和国」の名称も消えるだろうからねwww


残して欲しい理由がくだらなさ過ぎる。地図マニアの*ーじゃねえか


とってあるよ。恩師が地理の先生だったんで地図を眺めるのが好きで、どんな国で何があるのか妄想して調べるのが好きだった。今はネットがあるからそういう事も最高に便利だがな。


有料で引き取ってくれるなら残しておくよ


そらとっといてあるだろ戦争ごっこして遊ぶんだから


アナログの地図のメリットを力説するのかと思いきや、下らない理由でした。じゃあ捨てますね


俺は地球儀が欲しくて欲しくておやつも我慢して親の手伝いを必死こいてやって毎日毎日、少しずつ小金をためていたんだそうやってちまちま小金をため始めて1年ぐらい経って、ようやく念願の地球儀が買えたんだ今でも覚えてる。青くピカピカ光ってて、友人にも見せびらかしたよでもな買 っ た 2 日 後 に ソ 連 が 崩 壊 し て し ま っ て な 


欲しけりゃあげるよ。その代わり、俺の家まで取りに来い。


そもそも国会図書館とかに置いてないのかな?


昔の路線図見てると特に北海道とか悲しくなってくる


地図帳に限らず,資料としてとかそういう意味でもなく,学生時代の教科書や副読本の類は社会人になってからでも役に立つ事があるから保存しておくのが吉.俺は中学校以上のものを捨てずに置いておいて何度も役に立った.地図帳や歴史年表は新しいものも買っておくといろいろ違いがあって面白いし.


ずっと持ってると古文書として高く売れる・・かもね


旅行に行くときに持って行ってた。


地図と歴史年表は妄想の卵だ。学者でなくても、作家になりたい人には特に大切にしてほしいと思う。


こういう教科書だと「何十年後の未来」みたいなのが書かれた本とかめっちゃ大事に持ってると、本当にその年になってから見返すとクッソ面白いんだよな。ありえねぇこと言ってたなあの頃って。


むしろ気づかず使い続けて地名とか変わって役に立たないことに気づくオチも


極々極稀に歴史マニアにプレミア価格で売れる事が稀にあるし捨てるなんてとんでもない、なお大抵落書きされている模様


あーーーーー早々に捨ててしまった言われてみれば確かになぁ


99%以上の人にとっては死蔵してるだけだからねぇ。地理の授業で50年前の地図と現代を比較してみよう、とか興味を惹く導入には使えるけども


>>omn >ほんとひねくれ者が多いな。会話成り立たなさそう。   別に日本なんて押し付けるような教育体制も相まって勉強嫌いがほとんどだし、会話したいとすら思ってないんだろう。あと文系擁護すんなら「成り立た『な』そう」くらい正しく言えよ。2文でボロ出すとか感心するわ(笑)


時刻表もそうだろうね。いろいろな時期の復刻版出てるし。昭和40年前後の北海道の路線図がビッシリ張り巡らされていて度肝抜かれた。


コロナの責任うんぬんで中国がこの世から消えたら記念に地図買いたい


中国共産党の出した昔の地図が、尖閣諸島をおもいっきり「日本領」としてた証拠となったりしてますね ←その古地図を中国人が神田で買い漁っていると数年前に記事で書かれていましたね。インタビュー受けた店長が「証拠隠滅されるくらいなら、売らずに資料として寄贈したい」とコメントしていました。


親の実家が市町村統合で広範囲が同じ地名に変わってわかりづらくなった。自分が生まれた病院もそこにあるのに今の地図だと何もないみたいになってる。


地図帳を捨てようと思ったことがない


んなもん、歴史家に任せとけ、図書館が所有すればいい。後は、デジタルデータに残しとけ。そんなこと言ってたら、教科書も各資料集も4年改訂、何も捨てられないぞ


地図に限らず学校教材は価値の無いレアもの扱いなんで、キープしとくと後になってニマニマ出来る。まぁ、俺の持ってる地図帳は全部黒歴史帳に化けたのでニマニマじゃなくて思い出すだけで悶え転がるわけだが。つか、かゆいわ


ソ連は滅びぬ!何度でも蘇るさ!ハハハハ!


地図は読んでるだけでも楽しいよな。広辞苑を読み続けるのと似た暇の潰し方


他の教科書も改めて読むと面白かったりするんだよな。


国立国会図書館に全部あるんじゃねーの?


古本屋で昭和の頃の地図集めてるから解る。


確かに、過去の地図はいくらでも作れるだろうが、自分が生きた時代の地図は一点ものですからね。


だいたいそういうものはデジタル化されて保存されてるものなんですけどね。『自分が生まれた日の新聞記事』とか最たる例ですし。


捨ててしまった。後悔。とか言ってる人いるけど、そういう人は捨ててなくても見返すことないだろうよ


30~40年くらい経つと古書としての価値は出てくると思う。40年前の図鑑とか探してるんだけどオクやメルカリでも滅多に出回らないのよね。


35年ぐらい前の地球儀が実家に残っている。実家に帰るたびにみてるけど、結構面白い。


昭和45年版学研の学習百科大事典ならフルセット持ってる


とっとと電子書籍化して保存しておけばいいだけだろう アホたれめ


ちょっと先の未来では中華人民共和国という国が無くなってそう


親の地球儀は、ソ連、東西ドイツ、南北ベトナム、ザイール、ユーゴスラビアとかがあって、東ティモール、南スーダンとかがまだなかった


ちゃんと保管されてるだろうから思い付きで保管なんてしなくても大丈夫じゃないかな。どうせ興味もないのに持ってても捨てるだろうし。


毒親が転居の際に教科書どころか私の私物全て(写真含む)捨ててしまったので、思い出あるもの何一つ残ってません。毒親から逃げる人は最低限(特に卒アル、友人の連絡先がわかるもの)は持って出ましょう…連絡いって迷惑かかることもあるし


分裂独立した国があったりするからね。昔の教科書と現代の教科書も変わってて面白い。


確かに昔と今の変化見るのは面白いよね。問題は保管スペースがあるかどうか


図書館にいけばよろしい、ついでに役に立つ本も借りていけばなおさら身になる


そう言うのは、図書館の仕事だから…。生活スペース的にきついわ


この記事、何が言いたいのかさっぱりわからなかった。地理・地図マニアの視点なのかな?


ノスタルジックな気持ちに浸ることはできるかな。年取ると色々積み重なってくるのは最近わかってきたから、資料云々よりはその方面で共感。


書き込みとかしちゃったから「綺麗ではない」です、古い国語辞典とかもな...


当時の地図をスキャンして再生すればいいのでは?資料くらい残ってるでしょ


f(--;)う-ん...地図帳ですかぁ..世界地図に限らず、道路地図とか身近なものは残しているといいですね。特に地名町名なんて古くはその土地の由来に基づくものだったわけですし、”自宅”を持とうとする者には貴重な情報源となります*d(・・)


昔の住宅地図(配達の人がよく使ってた奴)に今は無き実家と親父の名前が乗ってるんだよな。捨てられないわ。あとハローマックとかも乗ってるw


世界地図にしろ街の地図にしろ、差分情報ってそれ自体は確かに価値があるのに、それを累積保存して維持する(いつでもロールバック閲覧できる)コストは見合わなさそうなんだよなぁ。


戦前の~て人いたけど、僕も昔の辞書の引き方が気になって(旧仮名は読みと一致しない事があり引きにくいのでは?と思った)入手したら案の定、調子(てうし)は「チョーシ」 収納(しうなう)は「シューノー」と実際の読みで引けるようになっていた。


資料としては面白いのだが、地図としてはあまり役に立たなくなってしまうのがなあ。


むかし地図帳見るの好きで兄弟やいとこの使い終わった地図帳を貰って自分のと見比べたりしたなぁ。上の姉とは結構歳が離れていたのでだいぶ違っていて面白かった


遅レスだけど「○○スタン」は加藤タキ(カザフ、トルクメン、ウズベク、タジク、キルギス)で覚えるといいゾ


それが将来ヤフオクで1万円で売れるならとっといてもいいかな。


無くなっていった国のことを話すための資料として役に立ちそうね。近くの国ならなおさらね


学生時代の地図帳は今母親が使ってるな。世界紀行の番組とかをそばに置いといて見るらしい。


後世の資料として予想だにしなかった価値が付くかもしれないしな。私は京都に行くと東寺の弘法さんで戦前の教科書とか買いあさってる。


市町村合併で地図から消えた郷里も、当時の教科書には残っていたな。そう考えると惜しいことをしたものだ。


地図帳の後ろの方にある、世界地図のいろんな図法の特集のページが興味深くて、中学のも高校のも残しておいてます。(紹介されている図法が微妙に違うし)


法律的には国会図書館に各年のものが1部ずつ残っているんじゃないっけ?子供時代の地図帳や科学資料集を今の子供たちのものと比較すると面白いけどね。


欲しいならあげるよ


家族がとにかく何かにつけて物を捨てるの好きだからわかるなぁ…。昔家にあった子供向けのビデオテープや、叔父の部屋にあった1冊600ページとかある図鑑(15巻以上あったかな)とか、もう二度と見れないんだろうなぁ…。叔父はまだ生きてますが。あとは、仲の良い大学教授が辞める際もたくさんの資料が廃棄になったっけ…。


>いす 「加藤タキ」ありがとう! キルギスはそうだっけ?としらべ直したら、1993年に憲法改正して正式国名はキルギス共和国に変更らしい(キルギスタンも別称として公式)。なお正確な発音に近い「クルグズ」表記すべきとの声もあるらしい。


いずれ近いうちに地図帳大再編とかあるのかもねwwwどこがどうなる、とかはわかんないけどWWW


比較的最近のことでも「平成の大合併」で消えた村や町もある。自分の故郷は市だったと思ったら、実は〇〇村とか知るとショックも受けたりするだろうが、これもまた自分のルーツ探しなどに面白い。こういう深みが分からない人には、ただのゴミにしか映らないだろうね。


映画「サバイバルファミリー」を観た後、いくら古い地図でも日本地図くらいはあってもいいのかもしれないと思った。スマホで~とか言っても、電気なかったらただの文鎮と化すわけだし。断捨離が横行する昨今、価値がないと思う人には、ただの本棚の重りにしか感じないだろうけど。


特に平成一桁生まれの世代は、大合併があって市町村が変動してるから、世代間での呼び方の違いとか、自由研究できるね


実家に母の妹が使ってた地図帳(1985年頃)があったな…


ウチの会社は地質調査会社なのに地学事典や用語集の類いが無く,紙の地形図を処分してしまったアホな会社です.私は猛反対したが,周りが過去の地形図を捨ててしまう損失を理解してくれなかった.あまりの損失の大きさに何とか保護したかったが個人ではキツい量だったのでどうにもならなかった.だから,ウチの会社に地質調査を依頼してはダメです.


地図帳はたまに見返すと意外と知らなかった国内の地理事情が分かって面白い。地図帳と家庭科の教科書は捨てないで持っておくべきだな。


国土地理院とか国会図書館には残ってるはずだけどね


古地図…隧道兄貴かな


インドの首都、今はデリー。自分が使っていた地図帳はニューデリーだった。最近だとカザフスタンの首都も変わってますね。






この記事へのコメント

人気記事