なぜ女性の地位が世界最低レベルなのに、日本男性の幸福度は異常なほど低いのか


世界各国の男女平等度を表す「ジェンダー・ギャップ指数」で、昨年日本は121位と過去最低を記録。先進7カ国の中では最下位という結果でした。社会学者の筒井淳也先生が、その理由を解き明かします。

■政治分野への女性進出に極端な遅れ

世界経済フォーラムが発表した2019年の「ジェンダー・ギャップ指数」では、日本は153カ国のうち121位となり、前年の110位からさらに後退しました。これだけ見ると、日本の男女格差がさらに広がったのかと思うかもしれませんが、実は順位の決め手になるスコア自体は少しずつ改善しています。

それでも日本の順位が低いのは、他国のスコアの上昇度が日本より大きかったから。日本の男女平等度も昨年に比べれば改善はしましたが、他国ではさらに早いスピードで改善が進んでいるのです。

ジェンダー・ギャップ指数では、経済、政治、教育、健康の4つの分野において、それぞれの男女格差の度合いをスコアで表します。各分野のスコアを見ると、日本は教育と健康ではトップクラス。経済分野では中間クラス、そして政治分野では最低クラスです。

ここからわかるように、日本のジェンダー・ギャップ指数は政治分野が大きく足を引っ張っています。衆議院議員に占める女性比率も女性閣僚の比率もかなり低く、首相に至ってはまったくのゼロ。この分野での女性進出は、他の先進国に比べて極端に遅れていると言っていいでしょう。

■女性の政治家が増えない理由

なぜ日本には女性政治家が少ないのでしょうか。現状では、政治家のほとんどを中高年の男性が占めています。彼らが引退し、世代交代が進めば女性も増えてくるかもしれませんが、果たして国民がそれを望んでいるのかどうか。今のところ、国民の間で「女性政治家を増やそう」という声はそれほど大きくなっていないように思います。

2018年には、女性の政治進出を促そうと「政治分野における男女共同参画推進法」が成立し、男女の候補者数をできる限り均等にすることが決まりました。しかし、これはあくまで努力目標です。政治家と国民が一体になって「何としてでも女性政治家を増やそう」と思わない限り、真の均等が実現するのはまだ先になるでしょう。

■経済分野の問題点は男性的な働き方

一方、経済分野ではどうでしょうか。スコアでは中間クラスに収まっているものの、「管理職ポジションに就いている男女の人数の差」では世界に遅れをとっており、企業における女性リーダーが相変わらず少ない様子が見てとれます。

政治分野に女性リーダーが少ない理由としては、世代交代が進んでいないこと、女性政治家を望む国民の声がまだ大きくなっていないことなどが考えられました。しかし、経済分野の理由はまた少し違います

現在の日本企業では、労働時間が長い、転勤が多いなど、いまだ専業主婦ありきの働き方が主流になっています。この働き方のままで、管理職ポジションに女性を送り込もうと思っても無理でしょう。実際、女性からも「家事育児と両立できないから管理職はやりたくない」という声が上がっています。

こうした旧来的な働き方を変えることができれば、女性の管理職比率も変わってくるはずです。なのに、現状では「○年までに女性管理職を○人に」と数値目標だけを設定して、働き方は変えない企業がほとんど。これでは、一度は数値をクリアしても後が続かないだろうと思います。

海外の企業では、女性管理職を増やすよりも、男性的な働き方を抑制していくことによって男女の人数差を縮めてきました。日本はこの点に気づくのが遅く、数値目標の達成や女性支援にばかり力を入れてきた経緯があります。本来なら、男女共同参画をうたい出した時点で、まず働き方改革に着手すべきだったのではないでしょうか。

この点、これまではなかなか進まなかったリモートワーク時差出勤が、新型コロナウイルスの感染拡大で一気に取り入れられるようになりましたから、コロナ後に元に戻すのではなく、これらの柔軟な働き方を維持・発展させていけるかどうかが重要なポイントになってくるでしょう。

■ジェンダー・ギャップが女性より男性を不幸にするワケ

さて、ジェンダー・ギャップ指数からは、日本の政治・経済分野への女性の進出度が低いことがわかりました。では、幸福度はどうでしょうか。これは男性が低く女性が高いという結果で、しかも他の国々に比べて圧倒的な高低差があります。

日本の女性の幸福度は、他国に比べてものすごく高いというわけではありません。これほど高低差があるのは、男性の幸福度が異様なほど低いからなのです。ジェンダー・ギャップ指数とは真逆の結果であることを考えると、日本の男性には、社会進出を果たしている分「稼がねばならない」というプレッシャーが大きくのしかかっているのではと思います。

だからこそ、女性だけではなく、男性も含めた全員の働き方を変えるべきなのです。日本では、ここ30~40年ほどで出来上がったガラパゴス的働き方がいまだ主流です。新卒で採用し、長期間かけて育てた「人」に対して仕事や勤務地を割り振る「メンバーシップ型雇用」もそのひとつ。長時間労働や、意に沿わない転勤を生む原因にもなっています。

それに対して、欧米では仕事や勤務地に対して人を割り振る「ジョブ型雇用」が一般的。仕事の範囲が明確で長時間労働につながりにくく、柔軟な働き方も比較的実現しやすいのが特長です。

近年はこの特長に着目して、ジョブ型雇用を取り入れる企業も増えてきてはいますが現状ではまだまだ少数派です。

■ジェンダー・ギャップ解消は男性のためでもある

日本のジェンダー・ギャップ指数を向上させるには、最も足を引っ張っている政治分野と、二番目に足を引っ張っている経済分野で女性リーダーを増やしていくしかありません。

そのためには、政治分野では前述の通り国民の意識変化が必要でしょう。そして経済分野では、各企業における「男性的な働き方の抑制」が重要になります。こうした真の働き方改革が進めば、日本の男性の幸福度も徐々に改善していくはずです。

----------

筒井 淳也(つつい・じゅんや
立命館大学教授
1970年福岡県生まれ。93年一橋大学社会学部卒業、99年同大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得満期退学。主な研究分野は家族社会学、ワークライフバランス、計量社会学など。著書に『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』(光文社新書)『仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』(中公新書)などがある。

----------

※写真はイメージです(写真=iStock.com/liza5450)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

*の被害を訴えたら訴えた方が罰される国々より酷いって?ポーゥ、キョウテキトウジョウダナ


ジョブ型の会社は新卒とベテランが採用枠を取り合うから、そういう会社ばかりだと若者の失業率がとんでもないことになる。


「女性政治家の代表格」の話する?メジャーなところで二重国籍問題、ちょっと古くてガソリンプリカ、最近だとウグイス嬢への給金による選挙法違反とかに話題になるけど


>男性の地位が世界最低レベルだから、日本男性の幸福度は異常なほど低い


女性の地位とやらと男性の幸福度との間にそれほど相関関係があるのか不明だし、ジェンダーギャップ指数とやらの信用度も怪しいと思う。WHOの体たらくを見れば、国際的な組織なり会議なりの出した数字だから信用できるってものでもない*。


能力・実績のある女性が実力でポストに就くなら男性も納得するだろうけど、誂えただけの女性枠にポンと座るだけの女性が増えたんじゃ誰も納得しないし国も企業も滅ぶわ


産み分けなかった親に言え、以上


日本は男性の中でもやってやると言う意思があるなら普通に上に行ける社会になっている。そして上に立つ女性が少ないのはそういう事。


どうして女性の社会進出が増えないのか、どうして女性の政治家が増えないのか。男ですら望まないのに、デメリットの方が多い管理職を女性が望まないからでしょ。大体女性の政治家どうこういうなら、まずはイメージを下げてる山尾や蓮舫や辻本等のゴミを処分しろ。


単に能力が足りないからじゃない?割り勘のニュースで似たようなこと書いたが、やって当たり前という価値観では、部下に正当な評価が出来るとは思えない。後、政治家は与野党問わずに女性の議員がやら*率高いよね?


女性が「男性化」しないとやれないのは生物学的に正しいの?それで女性は幸せになるの?


少なくとも日本の女の地位が低いのは能力(適性といってもいいけど)が低いからだね。上の地位を狙ってる女が高いのは「向上心」ではなく「顕示欲」だじゃらな。そんな奴らのいう事を聞いて幸福度が上がるわけないだろ。


男性的な働き方とやらが悪いと主張してるが。言い方変えると「長い労働時間や転勤などキツイ仕事はできないから楽にしろ」か「男性的でなく女性的にしろ」のどちらかもしくは両方の主張だろう。前者なら男女平等に楽にしたら同じだけ男性も楽になるんだから差は埋まらない。女性だけ楽にしろとか後者なら、それこそ男女差別だろう。何故男性が不幸ってそういう男性差別が多いからだよ


なぜかって?女性の地位が世界最低だと言って男性を虐げる人が多いからね、男女でもめると大抵男側が悪い、という話になるしやってられないよ。


このタイトルでは伝えたい事が良くわからないそりゃ女性が幸せじゃないなら男性も幸せじゃないだろとしか


教育と思想の問題もあるのだけれど、根本変わっていかないのは、質と金のバランスが悪いからなんだよ。良さげに語ってる内容の先は、欧米型の安かろう悪かろう、良いものは高いものという明確な格差社会なんだよ。日本人は、これを受け入れられる体力も知識も感覚もないと思うんだけどな。


差別する気は毛頭ないけど、自分の狭い世間では『女の敵は女』だと感じる。理屈ではなく感情論に根ざした足の引っ張り合いとか、声の大きい一部の意見だけ拾われる、とか。それなのに割を食ったり冷ややかな目で見られるのは、それ以外の普通の女性たち。それに男が介入するから余計に歪になって行く。どこかで悪い連鎖を絶たないと、いつまでも同じことの繰り返しだと思う。


「女には能力がないだろう」という差別が「男は有能でなければならない」という圧力になって返ってきてるんだよ 差別コストが苦しいなら差別するのを止めてみればいいのに


足の引っ張り合いしてるだけだからだと思う。


女性の管理職が少ないのは地位が低いからではなくて、労働を男性に押し付けてるからだろう。世の中、今女性に人気のなんちゃらとか女性専用なんちゃらばっかりだろ。男が稼いで女が消費する、という男にとって損な役割分担をやめたらどうか


仮に体力や筋力が必要な仕事だとして、実際及ばないにしても体を鍛えて男性と同じ位頑張ろうと行動する女性が日本にどれ位居るの?地位を上げたいなら女性も昔のやってもらって当たり前な考えから出ないと無理だよ。


ジェンダー・ギャップ指数ってのがくそいーかげんな指数だからだよ。話の前提が間違ってるから結論もおかしくなる。


目先の事に対して取り組むのは実力があると思うよ、現に東京都知事はコロナ前まで狂人扱いだったけどだんだん評価されてる。政治の場面では反対意見は言えても代替案とか発案とかできないから評価されないだけだぞ。先進国で最低の扱いとかいったら中国のウイグル地区なんて明らかに嫌がらせ目的の婚姻関係を持たせたりとか日本の比じゃないくらい気の毒な扱いうけてんだけど


マジレスすると、そもそも前提となる指標がおかしいんだよなあ…。男性と女性は能力も適正も異なるという当たり前の大前提を無視している。そりゃあ、推進派の利権ポジションにいるごく一部の人間以外、誰も幸せにはなれんでしょうよ。


長時間労働と転勤多いって、性別関係なく嫌だろ。あと、日本の結婚してお金と時間を全て取られて1万くらいのお小遣いもらう人生って何だよw日本の男性も女性も不幸だと思うよ?


同じ女性を「名誉男性」なんて言って叩いて攻撃するのは他ならぬ女だからな。奴らこそ、女性の敵だろう


女性が上にたってやることに何の不満もないけど、その気概を持ってる女性がいないことにはどうしようもない。


そんなに不幸でもねぇよなとか思ったら、俺独身だったわ。参ったなこりゃ。


ジェンダーギャップランキングが低いと言っても、当の女性が政治家や中間管理職になりたがらないのも原因。てか、それで女性の幸福度が高いのであればわざわざ女性優遇して社会進出させる必要ないよね。今の時代男女ともに政治家になるのも中間管理職以上の役職に就くのも機会は平等に与えられているんだからさ。あとは女性次第でしょ。社会や国のせいにするのはお門違い。


大体この記事男女平等無視して女を優遇しろって感じで好感持てない。優遇ではなく実力で勝ち取れって言えばいいのに。


女性の地位向上なら、生活全般の冷蔵庫、洗濯機、掃除機は男性目線で作られてないよね。


日本人の気質が問題だろ。日本人は自分が恵まれた環境に居ても自分に対してネガティブな評価になる。やり方変えるのは賛成だけど、幸福度なんて基準がよくわからないアンケートには間違いなく、何やっても反映されんよ


女性がやりたくないって言ったらやらないでおkってなって、その嫌がる仕事が男に回ってくるんだろ?そりゃ男は幸福にはなれないわ


ジェンダー? 違うね。日本の敗戦はまだ余裕で続いているのである。エピジェネティクス・・・遺伝子レベルでは原爆の衝撃と絶望も全然癒えてはいない。更にトラウマなど実在しないと言い張るドアラーカルトの蔓延・・・治癒は容易ではない。no science, no dignity, no future.


男は有能なのではない。命が安いから費用対効果が高いのだ。と思ってる


他の国は知らないけど、日本女性は美容に熱心で自分が稼ぐより綺麗になっていかに価値の高い男を得るかみたいなので女同士マウント取り合ってたりするよね。「女」として生きたがる傾向が強いから自身の出世に意欲的には見えないよ


まだ仕事は残ってるけどもう22時だから女子社員は帰りなさい。上司にこう言われてふざけるな皆残すか帰すか差別するな!って返せる奴が増えない限り、変わらないと思うよ?


自分の好きなもの買ってコレクション増やして美味しいものを食べる生活。結構幸せ感じてるけどね。小遣い制なんて無理な事は自覚している。


家での地位は男が下なんだよ!!


これさ、ジェンダーギャップ指数が実態を反映しない*指数だからじゃね?


女性の地位が低い=男性の幸福度が高い、という等式は成り立たないだろう。それとも記者は異性との地位関係だけで幸福を感じるタイプ?幸福ってのは同性間・社会的な関係性からも生まれるんだが・・・


管理職や政治家に「なりたいけどなれない」と「なれるけどなりたくない」は全く違う。それを無視している以上、ジェンダー・ギャップ指数などというものにはクソほどの意味もない。


女性のなりたい職業1位は専業主婦じゃなかった?意識からして他国とは違うよね


それ、男女平等と言う不平等が言葉が男性を貶めているからでは?


女性が社会的地位が低いなら、仮に女性を奴隷に、男性を貴族に置き換えて文章を読むと。貴族の仕事に奴隷がついていけないから、貴族の仕事を規制しましょう。そうすれば貴族は仕事の負担は下がり、奴隷も貴族と同じように働ける。っていう主従が逆転してる意味の分からん文章が出来上がる。


世界を対象とした調査が、ヨーロッパ上げをとにかくしたいだけで中身がないってこと、今回のコロナでよく分かったでしょ?ヨーロッパの医療は効率がいい!安くて良質!世界的に優れてる!ってやってたけど実際はあの程度。机上で勝手に分析したデータに現実的な意味なんてない。特に、自分たちの点数が高くなるようにしてるものにはね。


階級など表面的な地位は低いけどおごられて当たり前、家事の機械化で負担減など潜在的な地位は女が高くなった。そして男は依然重い負担を抱えたまま、男に生まれてよかったことといえば*される心配がないことくらいさ。


まやかしにしか聞こえないが。


日本は長時間労働や肉体的・精神的な負荷が高い仕事が多い。男性管理職の多くは社畜状態です。家庭との両立が出来ない仕組みになっているため、女性は管理職になりにくい。女性を持ち上げて出世させるのでは意味が無い。仕事の負荷を下げて、人間的な生活との両立ができるようにしなければ、幸せなんか感じられない。


そろそろプレジデントオンラインは集団告訴されてもおかしくないレベルになってきたな


男性の意識改革をとか言う割に、何故かバブル以前の「家庭に入り家を守る」事を主目的に人生設計してる人が多いからな。家事育児をする男が昔に比べれば遥かに増えているのに、実力があるのに立場を得る事の優先順位が低い女があまりにも多い


そりゃおまエラが戦後70年、不法占拠や強奪の片手間に一生懸命スヒョン工作続けて来た成果が出てるからだろ。


穴埋め記事を掲載しだしたって事は、コロナ騒動も検察騒動も落ち着いたか


記事タイトルの意味がわからない。その二つにどういう関係があるの?


日本は「女性の方が男性より幸福度が高い」のですよね?まずそこをはっきり言って下さいね。


この記事通りにすれば「稼がなくてもいいよ」という環境の中で、生まれた土地で決まった仕事を割り当てられる社会なら男性は幸福になれると。 そんなわけあるかw


今でさえ建築現場で働いてるのもごみを収集してるのも全部男性なのに、ジョブ型雇用でブルーカラーの仕事どこに割り振られるかって目に見えてるだろ


ジェンダーギャップ改善により女性が付け上がってきたからじゃねぇの?


この記事の中に書いてある「男性的な働き方を抑制して男女差を縮めるやり方」って男性差別では?海外ではやってるとのことだが、どこの海外だよ。そもそも上辺だけ男女の社員数を同じにすることに意味はあるの?


露骨な男女の対立煽り記事で草


そんなの簡単だわ。他人からよく見られるために男らしく、女らしくあらねばと思うから不幸なんだよ。自分が本当は何をしたいのか、脳が破裂するまで真剣に向き合って実行すれば幸福になれる。Mattとかりゅうちぇるとかマツコのほうがずっと強いし、余裕があって、思いやりもある。


そもそも女性が管理職や政治家になるのをそんなに望んでないってアンケート結果がどっかにあっただろ。そりゃあ、社会的地位とやらも低くなるだろ。


指数とかよく解らんが男女平等とか言いながら世の中女性優遇だらけだし痴漢とかの冤罪に怯えさせられて幸福度が高いわけないでしょ。意に沿わない転勤といえばJR西関係の会社が働き方改革(笑)の一環でやっとるな。労働のモチベアップの為とか言うけどデメリットの方が大きければ下がる一方だっての。




この記事へのコメント

人気記事