ジュース禁止、アイス禁止……そんな家庭で育った子供の食習慣は、将来どうなる? ツイートが話題に - 「わかりみが深い」


RAPさん(@rap_)がツイートした、奥さまの食習慣についてのエピソードが話題です。炭酸ジュース禁止、アイスクリーム禁止……などなど禁止事項が多々ある家庭で育ったというRAPさんの奥さま。大人になった今、買い物の際に“必ず”することがあるんだとか。

幼少時に炭酸ジュースを禁止されて育った嫁は買い物の度に必ず炭酸ジュースを買うし、アイスを禁止されてたからアイスは絶対買うし、練り物も禁止されていたので練り物も必ず買うし、餅とあんこばかり食わされていたせいで餅とあんこは絶対食べないので、世の中のお母様達はマジ気をつけて下さい。(@rap_より引用)

そう、大人になった今、奥さまは「幼少期に禁じられていた食べ物を必ず買う」ようになったんだそうです。逆に、お餅とあんこばかり食べていたこともあり、そちらは絶対に食べないんだとか……。

もちろん、親としては子供の健康を思って「あれは駄目」「これを食べろ」と言うわけなのですが、抑えられていた欲求のエネルギーはどうなるのか? 深く考えさせられます。

この投稿を見た読者の皆さんからは、様々な声が。「わかりみが深い」「禁止されてたものは大人になると爆発します」「押さえ込まれた分だけ後になって倍以上に跳ね返る」と共感する旨のコメントや、「小さい頃ジュースを飲む習慣がなく、そのおかげで今も特にジュースを飲みたいと思わないですね……」と逆の声もありました。あなたが子供の頃はどうでしたか?

幼少時に炭酸ジュースを禁止されて育った嫁は買い物の度に必ず炭酸ジュースを買うし、アイスを禁止されてたからアイスは絶対買うし、練り物も禁止されていたので練り物も必ず買うし、餅とあんこばかり食わされていたせいで餅とあんこは絶対食べないので、世の中のお母様達はマジ気をつけて下さい。— RAP (@rap_) May 19, 2020

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本の大人はぜんぜん勉強しない、って言われるのも子供時代に押し付けられたのが原因の一つなんだろうか


抑圧されすぎてると大人になってから反動くるよね。 香川県の子供達、大人になってからゲーム廃人になるぞ…w


子供時代に「好きなものを我慢」する生活してると、大人になって反動が大きくなる。昭和時代、私の周囲はアニメ、漫画が「いい年して」攻撃の対象だった。当然就職後一人暮らし始めた途端、そっち方面に金かけるようになったな。


人間の三大欲求である「食欲・睡眠欲・性欲」の食欲を軽視してはいけない(戒め)社会人になって自分で使える金があると反動で大人買い・大人食いするんだよ。


職場のイベントに来てた従業員の子供が、日頃お菓子を禁止されて買ってもらえないせいか、置いてあったお菓子を貪り食ってたらしい・・・。周囲で見ていたオバサマ方が、これも食べ、これ持って帰り、とどんどん渡してやったとか。そんな極端な子になったら社会性がちょっとね・・・。


俺の場合物欲は肥大化してアニメゲームにつぎ込むようになったけど↑で書かれてる食欲と性欲は放置しっぱなしだな。糖尿病と性病が怖いだけかもしれんけど。


炭酸やらアイスやらは判るんだが、練り物って具体的に何だろ? ちくわとかカマボコとかガンモとか? 禁止にする意味も判らんし、反動で毎回買ってしまうってのも理解しがたい。


記事と似たような環境で育ったがそんなことないぞ。人によるわそんなん


何でも試してみるのさ! 結局本人の嗜好による。好きなら染まるし、嫌いなら「あっ、ふーん、成程な…」ってちょっとガッカリして終わる。国語の教科書か何かで親のいぬ間にお菓子だの食いまくる兄弟の話があったが、禁止されても機会を見つけて子供なりに願望を叶えてるもんである。


農家で「自分ちで作ってる果物や野菜は買わないし食わない」みたいなのは分かる


禁止はされてなかったけど、アニメや漫画嫌いな母親だったので、一人暮らしはじめて、数年は反動で毎日8時間程アニメ見てたけど、注意されないといつまでも見てしまう自分に気づいたから、自由にしすぎるのもダメだし、窮屈にするのもよくなし、バランスが大事やね


俺の友達はインスタント食品と菓子パンとジュース禁止の家(友達と付き合いで食べるのはおk)で育ったが、今でも食べないし虫歯も一本もなくてとても健康だ。料理はプロ並みに上手い。


無知の大人の皮算用とはこの事か。この流れだと酒類もダメと言いそう。ワインはポリフェノールというものが入っていてな。


押さえつける事が教育って思ってるんだから無理だよ変わらない


禁止されてない場合と比較できないから意味がない


その最たる例が秋葉原通り魔事件の犯人『加藤智大』


子供の頃の抑圧が大人になって爆発するかどうかは、子供の頃、抑圧に対して反発してたか否かだと思う。反発していたなら大人になってそのまま爆発する


大人になっておもちゃ爆買いしちゃうオタクに聞くと、大体が「親に禁止されてた」って言う。ちょっと買い与えとけばほんの数年もすれば飽きて収まるモノを、何十年と続く何百倍もの損害にしてしまう親(笑)


手の届かなかった初恋の相手がグレードアップして(美味しくなって)目の前に現れるんだもんなぁ


ジュース禁止されてたから牛乳やトマトジュース好きに育ったよ。ジュースもたまに飲むけど、たまにでいいな。液体で飲むのは主に水。たぶん反動来るのは食べるとか買うとかの欲求より努力が必要な事に意味を見出せないのが原因では?ソースは痛風持ちのうちの弟。


禁止されていたことに子供が納得してこの先も不必要なものだと思わせられているなら反動なんてないよ。親が悪いと思うから禁止ねってだけで食べたりやりたいを我慢させてたなら親の手を離れたらどうなるかなんて考えるまでもねぇ。


嗜好品へのバランス感覚を養わないと一直線に堕落するでしょ。制限しなきゃいけない理由もない訳だし。


ジュース禁止されても平気ならいいんだよ。禁止されて我慢しなきゃいけないと大人になって爆発するね。やっかいなのは大人になってからのほうが人生長いこと


この我慢ってのが難しい。家庭内だけなら何とかなるものと、友達とかの影響で防げないものとあるから。知らなきゃ平気だけど、友達もいるとどうにもねえ


子供の頃に「見ちゃダメ」って禁止されたちょっとエロい深夜番組は今や見たくてももう…


金持ってる家ならジュースやアイスを禁止しても別にそれらが要らないくらい美味しくて健康的な物を子供に与えてやれるが、一般家庭だとそれは無理なので我慢を子供に強いることになる。健康だったりの名目で子供に我慢を強いてストレスを与えるのは滑稽だから身の丈、能力にあった生活が一番健康的だろう。まあ、回避方法としては両親のどちらかが料理技能を高めるのもあるがね。


がっつくようになるでしょうね。あとなんか少し違うかもだけど、口すっぱくして言われたから手洗いうがい歯磨き嫌いで子供がするやつだからやらない、みたいななやつ知ってるから親の躾のやり方によると思う


そりゃ抑えつけられてりゃ反動はくるもんさ…親も禁止禁止ばかりでどうかしてるな、飲み食い自由だけど食べ過ぎるな飲みすぎるなとしつけて「適度な制限」をすればいい結果になるのに…小さい子供に「禁止」は絶対心に悪影響だぞ


親はゲームの時間設定設けるくらいだったけど、祖母がバラエティの影響受けまくってあれこれ制限してきて窮屈だった。


子供時代に不健康な菓子を規制しなかったばかりに、高校生にすらなれなかった奴もいるんだぜ。結局、極端なことは「だめ」・子供の「食」についての自主性なんてたかがしれている。適度なしつけは必要だ。件の生徒は、放任されていたので、飯が菓子だった。若くして肝硬変で帰らぬ人に。


「小さい頃ジュースを飲む習慣がなく、そのおかげで今も特にジュースを飲みたいと思わないですね……」っていう人は元々ジュース類が好きじゃないだけなのでは?


昔知り合いのお母さんが手作り絶対派で添加物や保存剤、農薬、外国産食品にも厳しく調味料も殆ど使わない人だった。子供はよその家に遊びに行っても手作りお菓子持たされて、食事とか出されたら電話で何を食べたとか産地はどうか聞いてくるような人。お子さんは今みんなと同じものを食べたいのに食べられない身体になっているそうで。子供のためだったんだろうけど、本末転倒だよな


バカは親になってはいけない良い例だな。


>練り物って具体的に何だろ? ちくわとかカマボコとかガンモとか? 禁止にする意味も判らんし  練り物には塩や食品添加物が多く入ってるので、食べ過ぎると高血圧とかの原因になっちゃうそうなので、それで禁止にしていたのでは?


砂糖なんかは与えすぎが悪影響だからと色々禁止してる親も居るけど、この例みたく反動も有り得るから何事もほどほどに、ゲームや漫画も同じ。小さな頃させてもらえなかったことに執着するのは珍しくはない


20までお酒飲まないって真面目に守って、飲みたかった中高のころ我慢した結果、今もう全然飲みたいと思わないんだよね。義理で飲む


制限するなら、必ず目的の説明と危険性を子供に分からせること。反動させないまでが親の役割


子どもにはある程度の制限は必要だけど、極端に抑圧され物欲への我慢を強いられて育った子供は成人して両親の住む実家から独立すると反動からか一気に逆方向へフルスロットルする可能性高いよね。


子供の頃うまいっしょっていうインスタント麺が大好きで毎日のように食ってたんだけど、ある日から突然食えなくなってしまった。理由は単純に食いすぎて飽きてしまったから。そこで食べ物は好きなもんでもよっぽど必要なものじゃないとほどほどにしておくべきだって学んだんだけど、子供ってそんな感じで勝手に折り合いをつけていくもんじゃないかなあ、と。


>国語の教科書か何かで親のいぬ間にお菓子だの食いまくる兄弟の話があったが ←江國香織かな。短編集で読んだことが。


「残念でしたーwwwポテチだのクッキーだのアイスだの超うめーしwwwww」って親の前で食いまくってやろうぜ


練り物って、例えばさつま揚げ、ちくわ、かまぼこでしょ?それを禁止するって意味不明。


俺は強い男になるためにおやつに豆や魚介類を食べていた。


そもそも抑圧型・過干渉型の育児が天才・麒麟児も潰す最低の育て方だからな。うちの親なんかもそうだが。


防腐剤…着色料…保存料…様々な化学物質、体によかろうハズもないしかし、だからとて健康にいいものだけを採るこれも健全とは言い難い、毒も喰らう栄養も喰らう両方を共に美味いと感じ血肉に変える度量こそが食には肝要だ


つまり、成人するまで完全禁欲管理してから世に放てば抑圧された性欲が爆発して少子化問題は解決される。。。エロ同人みたいに!エロ同人みたいに!


極端は良くないよって話だろうに俺はそんなことなかったとイキリマウントとってるやつ笑える


ダメな理由を教えないからじゃないかね。それでも人は傾倒するし、結局は自制心の強さと知識が無いとね。その為の反面教師なら今の世の中に溢れてると思うぞ。それでも尚求めるなら、案外何*ごい事を出来る人になるかもしれない。


過度の禁止は抑圧になっちゃうからね。バランスが大事。


根性論で好き嫌いをなくさせようと嫌いなものばかり食べさせるとトラウマになって口に入れただけで気分が悪くなるケースが。


禁止されてたわけじゃないが、小さい頃、菓子類はほぼ買ってもらえなかった。今も別にいらんと思っている。自分で菓子を買うことは年に一回もない。嫌いなわけじゃないが。


どんな事も適度や適切等「適〇」じゃないといけないって事ですね、何事もほどほど&教育対象に「適切」な教育である事、そういう事ですね~(しみじみ)




この記事へのコメント

人気記事