オンライン名刺は定着するのか そもそも「名刺交換」って必要?


新型コロナウイルスの感染拡大によって、「オンライン名刺」の注目度が増している。

政府の専門家会議が2020年5月初旬に出した「新しい生活様式」には、会議とともに名刺交換もオンラインで行うよう提言されている。

バーチャル背景にQRコード

経団連5月14日に公表した「オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」にも、「名刺交換はオンラインで行うことも検討する」との一文が盛り込まれた。「検討」と柔らかい表現ながら、これまで対面が当然だったことを考えると、踏み込んだ印象を受ける。

オンライン名刺で一歩先を行くのは、Sansan(東京都渋谷区)だ。法人向けクラウド名刺管理サービスSansan」は6月から、「オンライン名刺機能」「オンライン名刺交換機能」を盛り込む予定だ。サービス開始前ではあるが、5月14日の時点で利用表明企業は1000社を超えたとしている。

3月11日の発表で同社は、新型コロナ東京オリンピックパラリンピックにより、テレワークなどへの移行が迫られているとする一方で、現状「オンラインでの名刺交換の形は確立していません」と、新機能導入の理由を説明する。

Sansan社の個人向け名刺管理サービス「Eight」も、プロフィールページを共有する「QR名刺交換」機能を始めた。出力したQRコードは、ウェブ会議システムの「バーチャル背景」として利用でき、オンラインで完結する商談でも、名刺のやりとりができるよう配慮。あわせて、Eightに関わる従業員140人について、原則オンライン名刺に移行すると発表した。

「メールの署名じゃダメなの?」

ビジネスSNS事業などを行うウォンテッドリー(東京都港区)の人脈・名刺管理アプリ「Wantedly People」も、オンライン名刺時代を見越した新機能を盛り込んだ。プロフィール画面を拡充し、社内での異動経歴やスキルに加え、SNSアカウントウェブサイトを掲載可能に。機能強化の背景としては、平時の会食と同様に、オンラインで人生や周囲の評価を知ることで、「つながりを深める」意図があるという。

ただ、各社が動きつつある一方で、ネットの反応は今ひとつだ。現状のオンライン名刺交換だと、共通プラットフォームがないので、相手にあわせてEightやWantedly Peopleなど、別々にサービスを導入する手間を要する。その点、紙はわかりやすい。なかには、名刺文化そのものが、転換期に来ているのでは、との指摘もある。ツイッターには、懐疑的な声のほうが多く見られる。

「もうSNSで良くないか?」
メールの署名じゃダメなの?」
オンライン会議に名刺交換が欲しいっていう声はきっとマナー講師からだよ しらんけど」

J-CASTニュース編集部 城戸譲)

名刺交換がなくなる日も?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

紙の名刺は、管理が面倒なのと保管場所を取るので、今後無くなって行くと助かります。が、紙の本が恋しくなる様に、無くなるのは、それはそれで寂しいので、QRコード標準装備で、データーベースの統一規格を作って欲しいです。


絶対に消えない、データの規格が統一されるなら無くなっても平気なんだけどね。


名刺屋(というか印刷屋)という職業が確立されてる以上、彼らの生活を考えたらそうそう簡単になくなる訳もないことくらい、小学生でも理解できると思うけれど。名刺ケース作ってる雑貨屋も。それを「悪」「時代にそぐわない既得権益」とか判断しちゃう似非正義寄りな中二病患ってる患者がSNS上では多数なんだろうが。


Relloy> 黙ってろ老人


ハンコは淘汰されそうだよね


で、オンライン名刺交換では、


どうするのが正解なのマナー講師さんよ。もしかしていまその正解を作ってる途中?


QRコードってことは携帯のカメラで読み込むって前提なんだろうけど,セキュリティに厳しい業界ではカメラ付き携帯は事業所への持ち込み事態禁止になっていることが多いので各キャリアでは法人向け(個人購入も可)にカメラなしの端末を用意している.


月並みだが職種にもよるだろとしか。個人的には無いと困るぞwww どこにでもスマホだのPCだの持ち込めるような環境で働いてる連中は意識した事ないんだろうがwwwww




この記事へのコメント

人気記事