木村花さんを追いつめたネットの誹謗中傷、サイト運営者の責任追及はできるか?


 5月23日未明、女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が亡くなった。



 捜査関係者によると、東京都江東区亀戸の木村さんのマンションを訪れた母親(43)が、玄関ドアに「硫化水素発生中」と書かれた張り紙を発見し、119番通報。室内からは母親や知人らに宛てた遺書のようなメモも見つかり、自殺を図ったとみられている。

 生前、木村さんがSNS上で多数、匿名による誹謗中傷の集中砲火を受け、悩んでいたことは周知の通りだが、そもそもSNS上の匿名アカウントから発信者を特定し、損害賠償などを求めようと思うと、あまりにハードルが高すぎて、金銭面や時間的都合などから諦めざるを得なくなっているのが実情だ。

 正体不明の相手に損害賠償を求めようと思うと、どのようなプロセスが待っているのか。筆者が体験したプロバイダ責任制限法による発信者情報開示請求のプロセスを紹介しよう。

◆著書への心無い批判に

 筆者の場合、きっかけは著作に対する読書レビューだった。今年1月、鉄人文庫より週刊実話での連載をまとめた『実録 女の性犯罪事件簿』を出版した。過去12年の連載から、女性が起こした性犯罪を約40件取り上げ、その後の経緯まで追加取材したものだ。

 ところが、これに対し、自称「りさちん・30歳・O型」という女性から、「無理やり不幸に当てはめたような書き方でなんかうんざりした。できすぎたフィクション小説。文章の書き方に一貫性もない」という書き込みを、読書メーターというサイトに書かれた。

 この程度の批判は甘んじて受けるべきだったのかもしれないが、このサイトが意外にも影響力を持ち、著作名を検索すると、1位に顕出されるような状況が1カ月以上も続いた。本書は入念な取材に基づいたルポであるため、フィクション小説とされてはたまらない。そのため、サイト運営者の株式会社トリスタに発信者情報開示請求をすることにした。これは「サイトなんて見なければいい」「気にしなければいい」と言って、この問題を放置してきた我々世代の責任も感じたからだ。

 ところが、同社は「ご連絡いただきました件について、引き続き担当者により確認を行っており、あらためて折り返しご連絡いたします」「お困りのところ大変恐縮ではございますが、返信にはお時間がかかる場合がございますこと何卒ご理解ご了承くださいますと幸いです」などと繰り返し、3週間近く経っても返事をしない。

 ようやく返事が来たと思ったら、「担当者」ではなく、最初の「お客様サポート担当」を名乗る者からメールがあり、「発信者情報の開示につきましては、プロバイダ責任制限法発信者情報開示関係ガイドラインに従い、対応しております。お手数ですが、上記ガイドラインをご確認の上でお手続きくださいますようお願い致します」とのことで、電話帳ほどもある約款をPDFで送ってきた。



言論の自由を盾に

 一応、読むには読んだが、手続き自体がイヤになってしまい、弁護士アドバイスを求めたところ、次のような答えが返ってきた。

「おそらく弁護士でないとサイト運営者は回答しない。回答しても、『言論の自由』を盾に開示しない可能性が高い。そうなると、裁判所で仮処分を求めることになるが、まず、書き込みのIPアドレスからメールアドレスを特定し、サイト運営者に開示させるのに着手金20万円+成功報酬20万円、次にメールアドレスドメインからプロバイダに対して、契約者の名前を開示させるのに着手金20万円+成功報酬20万円、合計80万円かかります。それから訴訟ということになります」

 仮に勝訴しても、100万円ぐらいが限度らしい。これだけの手間と暇をかけて訴訟を続ける意味はあるのだろうか。その間にも書き込まれた情報は垂れ流されており、その不利益を受け続けなければならない。木村花さんのように相手が複数であれば、事実上、不可能に近いだろう。

 現在、インターネットの署名サイトでは、「SNSの匿名アカウントによる誹謗中傷を撲滅するためにプロバイダ責任制限法の改正と刑事罰化を求めます!」という活動が始まっている。

 プロバイダ責任制限法が制定されたのは2001年であり、それからインターネットを取り巻く社会環境は大きく変わっている。現行法は時代遅れも甚だしい。今のままでは正体不明の投稿者は最強なのだ。その責任がきっちりと追及される仕組みづくりが必要だろう。〈文/諸岡宏樹〉



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

発言者の責任!サイト管理者の責任!と言いつつ番組製作サイドの責任には触れないのな


自分側に都合が良ければ過激でも攻撃的でも「世論の声」とはやし立て、そうでなければ正義面して「誹謗中傷」と貶める…。なんでマスコミはいつも上から目線でこういう「選別」を、いや「差別」をしているんだろうかね…?


>玄関ドアに「硫化水素発生中」 他人を巻き込みたくなかったんやな


読書感想文の方は、ブログなりで反論すれば済む話だけど。人権侵害みたいなのは即座に対応してもらわないと被害が大きくなる。サイト運営者に即時削除対応が無ければ共犯として一度損害賠償を受けて貰って、サイト運営者サイドから書き込みした人達を訴える形にした方が良いのではなかろうか?


襟元正せないマスゴミやメディアが御大層な事言えた義理かよw 首吊って出直して来い*塵ども


サイト運営者の前に書き込んだ実質殺人犯であり蛆虫共の責任追及だろ。仕事が面倒だからってイチイチズレたことしてるんじゃねーよカニ味噌頭共が。


悲しい事件だけど刑事責任を問うのは難しそうなので社会的責任を追及していくしかない。それには兎に角声を上げていくしかなかろう。しかし、本来社会的責任の追及機能を持つマスコミが機能しないので、ツイッター等で声を上げるしかない。やっぱりマスコミに自浄作用がないことが最大の問題で、この機にきちんと法整備すべきなのではないか。


記者って話になるとな…先入観かもしれんが、相手も含めて五十歩百、歩というイメージしかわかんのよな。まあ、「今までの先人の負の遺産」だと思って頑張って下さいな。


記者って話になるとな…先入観かもしれんが、相手も含めて五十歩百歩というイメージしかわかんのよな。まあ、「今までの先人の負の遺産」だと思って頑張って下さいな。


やっぱり人間っていうのは弱いな


あれ?木村さんを悪役ヘイト編集したテレビの責任は?


どうせ撮影現場での陰湿なイジメやわいせつ行為などが原因だろうに。遺書も本人が書いたものじゃないんだろう?もしくは本人に無理やり書かせたものだとか。あんな気持ちのこもってない「ありがとう。大好きです。」は久しぶりに見たわ。


未だにいつもマスメディアの闇が深すぎていろんな人が犠牲になっている


何この、2chで犯罪起こったからひろゆき訴訟するみたいな記事タイトルは。2020年にもなって時代遅れな事言ってんなよ。


最近は「メディアに煽られたから」が名誉毀損罪や侮辱罪の言い訳として通用するんだなー。少なくともここの人たちには。興味深いな、そこまのアタマの悪さは。


ネットの誹謗中傷者「だけ」が悪いってのも、違和感なんだがな


テレビに全部責任転嫁するインターネット正義マンたちの立ち回りの巧みさは後学のために是非とも習得していきたいもんだぜ


これ報道でしか経緯知らないが、誹謗中傷ではなく悪口とか罵詈雑言の類だと思うが? 事実無根ではなく自分にも少しは責任があると感じたから精神的に参ったのだろう。でないと自殺なんてしない。中には事実無根のコメもあったかもしれないが、誹謗しかなかったかのようなマスゴミの言い分はそれこそ事実を捻じ曲げてて、正しい対応や教訓には結びつかない気がするのだがねぇ。


ひろゆきは削除要請に応じないという理由で訴訟されたけど、あれは例えとしては正しくない。彼は訴訟されるリスクを承知した上で、放置したし裁判に出席もしなかった。ついでに賠償金の支払いもバックレてる。


日刊SPAを発行している扶桑社はフジサンケイグループ。まずはフジテレビに番組制作上の問題がなかったか追及するのがスジでは?




この記事へのコメント

人気記事