“出世したくない症候群”の若者が増加? 働く目的が多様化する時代のキャリア形成は


  週明け解禁される企業の新卒採用面接。将来は課長や部長など、いわゆる管理職を目指すのかと思いきや、近年は若手の出世に対する意欲の低さがクローズアップされるようになっている。

・【映像】管理職は負け組?出世しなくない若者たちのホンネ

 背景の一つにあるのが、ワークライフバランスだ。共働きの家庭が当たり前になっている今、家族の時間など、プライベートを優先に考える人も少なくない。また、勤務先の仕事だけにとどまらず、副業など、活躍の場を広げたいと考えている人も現れている。

 また、組織開発コンサルタントで高橋克徳・株式会社ジェイフィール代表は「成長経済の終焉:見返りを期待できない」「ネット社会の進展:フラットに繋がりたい」「教育の変化:ありのままでいい」という3点を挙げる。「会社での出世、つまり大きな仕事ができてお金がもらえて、ということが働く目的や自尊心につながっていたと思う。そこが多様になってきているのではないか」。

 テレビ朝日の平石直之アナウンサーは「甲子園であれば強いかどうかではっきりわかるが、出世は人間関係や巡り合わせにもよるし、どこまでいっても達成されない部分がある。その意味では、自分の中での基準を設け、会社との関係をシビアに見ないといけないと思っている。一方で、評価されているかどうかはすごく大事だと思う。やはり評価されていなければ、上の人や会社が変わるのを待つのか、あるいは自分から所属する会社を変えるのか、という選択肢になるし、そのためにも、他の世界でどれくらい通用するかで見ていかないといけないと思う。私場合は専門職なので、そこに特化してやっていけばいいことにはなるが、様々な部署を異動する、いわゆるジェネラリストの場合、社外でどれだけ通用するかという難しさがあるという気もする」と指摘。

 慶応大特任准教授でプロデューサー若新雄純氏は「そもそも、社内でランクが上がっていくことだけが出世ではないと思う。甲子園を目指すとか、強豪校でなくても楽しめるというものが仕事にもなければいけないし、会社が人生の全てではないという世の中になってきたのに、会社の昇給にこだわらない人=やる気のない人と見なすのは古い考え方ではないか」と指摘する。「例えば平石さんなら、キャリアアップよりも、視野や領域を広げられているかで評価する、キャリアストレッチという流れの方がしっくりくるのではないか。ベテランアナウンサーインターネットテレビに来るというのは、古い考え方で言えばキャリアアップではないのかもしれないが、アナウンサーという仕事の可能性を広げる意味では、キャリアストレッチになる」。

 また、達成感の得られる現場が好きで、離れたくないから、という人もいる。お笑いコンビEXITの兼近大樹は「営業職で入ったのなら、営業職のプロになった方がいいに決まっているのに、なぜいきなり営業ができなくなって、管理職になることが出世なのか」と疑問を呈する。

 東洋経済編集長の山田俊浩氏は「日本の場合、基本的に終身雇用で、現場で上手くやれたりリーダーシップを発揮していたりする人が係長、課長、部長…と上がっていく。責任を負わされ、残業も増えるが、その割に給料がそれほど多くもらえるわけではない。誇り、やりがい、あるいは愛社精神で乗り越えろというところがある。そうであれば、社内の競争に名乗りを上げず、変に出世しないことによってポジションを守ったほうが良い、という考え方も当然出てくるはずだ。加えて、“トヨタに勤めている”“テレビ朝日に勤めている”という具合に、就職ではなく“就社”という感覚が強いので、やはりその中であえて辛い思いをする管理職にならなくても、“この会社に勤めている”というブランドさえあればいいという感覚がある。最近の若い人たちはものすごく保守的で、こうしたブランドに対する依存度が高く、メガバンクや商社など、オールドな企業の人気も高くなっている」と話す。

 「本来であれば、“こういう500人のチームで率いている”ということが尊敬されるポイントなはずで、アメリカの場合も、“このジョブポストに就けばこれだけのお金を払うぞ”ということになっている。だからプロの管理職が存在し、それに見合うだけの高い収入も得られる。その代わり、うまく成績を挙げられなければ首を切られることになる」。

 神戸大学教授の尾崎弘之氏は「バブルが崩壊するまでは、組織内で出世できなかったら、セカンドチャンスはない時代だった。しかし転職が当たり前になり、学生でもベンチャーを立ち上げるような時代、出世という言葉の持つ意味が古臭いものになり、キャリアアップという言葉に置き換わってきていると思う。実際、出世はしたくなくてもキャリアアップに興味があるという若者は多いのではないか。また、三菱商事に入った人が“やりがいがない。歯車になりたくない。すぐ責任ある仕事をやりたい”と、2、3年でベンチャーに転職することもあるので、若者の感覚は二極化していると思う」と話す。

 その上で「私は1980年代に会社に入り、それから6回転職しているが、当時は珍しかったししかし今は戦っている場所にチャンスがなくても、他に行けばチャンスがある。これはすごく大きいと思う。そのために、移っても通用できる人間になるための研鑽を積むということが必要になってくる。それは社内の評価というよりも、営業に強い人、マーケティングに強い人、財務に強い人、という市場で評価されるものを見に付けていかなければならない。また、自分の守備範囲を広げ、裁量を増やそうと思ったら、社内にいても、社外に出ても評価され、出世して管理職になるしかない。それはどんな組織でも一緒だ」とした。
 

▶映像:管理職は負け組?出世しなくない若者たちのホンネ

“出世したくない症候群”の若者が増加? 働く目的が多様化する時代のキャリア形成は


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

難しい事やメンドクサイものは全部他人に押し付けて、自分は気楽に寄生したいって事なんだろうな。そうやって自分のオールを他人に預けてたら、取り返しのつかないところで下ろされるんやで?


中間管理職の人が死にそうななりだから


一人で生きて一人で*なら全く問題無いな。小梨で行くなら結婚も有りだろう。でもこういう人や家庭に限って子供が出来て、「育児に責任とか無理ゲー」とか言い出して親に押し付けて蒸発したりするんだよなぁ


自分の上司を見てみなよ。会社に都合よく使われるだけで全然幸せそうじゃないから。労働搾取されるくらいなら収入が少なくても自分の時間を増やそうと考えるのは自然


吉良吉影は正しかった。


管理職になりたくない。は結構だけど雇う側はそんな人は要らない訳で。マネジメント能力の無い人なんて真っ先に切られるし再就職もハードルが高くなるけどいいの?


共産党の成果で労働者は守られてるからな。けど崩壊しつつあるから自分の定年まで残ってると思ってたらえらいめに会う。


「責任を負わされ、残業も増えるが、その割に給料がそれほど多くもらえるわけではない。」これ以上の理由はないのでは?


名ばかり管理職が増えたからでは?


40も50にもなって下っ端社員なんて会社からしたら真っ先に切りたくなるだろうな、だったら新人雇うわ俺なら。そのうち金がなくて結婚出来ない、親が病気で大変になった時社会や会社のせいにして逃げ続けるんだろうか


デスクワークより現場で働きたいから


役職に縛られるのが嫌なのは分かる。その分自由がなくなるし。


これ若者のせいじゃなく 役職に見合うだけの報酬を出せない企業のせいなんじゃないの?


仕事と責任が増えるんだからそれに見合うだけ給料と休暇を増やせば?


昭和的競争社会だと、入社した同期が全員部長とかになれるわけじゃないし、そんな変でもないって気もするが。そもそも皆をまとめる・責任のある立場の「政治家」にもなり手がいないから、今の日本の残念な状況があるんだろうし。


一回管理職やったけど自分の仕事は増えるのに管理業務もプラスされて結果の全責任は負わされ、そして給料はヒラの時から据え置きだった。やってられるか。


でもその地獄の管理職経験を越えないと、給料も上がらないし、業務・職務での権限も増えないというジレンマ。まあ上で言われてるとおり、管理職に「名義貸し役員」の高報酬と低生産性での損失分を押しつけてる一般的な企業構造に問題があって、長年それを放置していたツケが今爆発してるってとこなんだろうけどな。


まぁ、自分もそうだけど周りにも仕事は金銭を得る一手段としか捉えてないのが居るから今更な感じ。資産をプライベートでこさえて、勤め先に生命線である生活費の入手先を握られた状態で過ごすのは真っ平なのばっかよ。ようは頑張って尽くすほどの価値と信頼を見出してない。いつまでも立場振りかざして責任しか押し付けないからこうなる。


責任背負うのが嫌というより責任や仕事に対して報酬を渋り過ぎて有能な程真っ先に逃げてるってことだぞこれ


「若者ガー」ってそんなもん昭和の時代からそうだっての 誰が残業代なしのタダ働きする立場になりたがるか


正直、職場の無能を見る度に思う「こいつらの管理なんかしたくねえ…」 性格は悪いが、仕事はできないが、の後に何かの言葉が続くだろ普通は


やりたくなくても誰かがやらないとならんのよね。ほんと凄いストレスとかかかるけど


権限ほぼなしの管理職なんて誰もやりたくないよ


ヒラの時点で残業目いっぱいなのに管理職になったらその分カットされて逆に労働時間に対する給料は下がったって話が目の前にあるんだもの


責任だけ大きくなって給与も裁量も殆ど増えない立場になりたいですか?若者に限らず誰だって嫌ではないですか?私は嫌です


責任あるわりに給料安い、管理職なのに管理して仕事割り振ってたら部下から文句言われる、そのくせ自分の上司からは定時ぎりぎりに仕事振られる。誰が成りたいよ


上司見てたら負う責任ほど待遇良くなってないのは判っちゃうし、そら昇進しても損だから嫌だと思うようになるよ


プログラマーみたいな技術が活きる職として入ったのに管理職にされるとかは実際抵抗過ごそう、上で挙げられてるようなデメリットの他に管理職してるうちに万一切られても再就職する力になるスキルが錆びついていくわけだし。


無理なノルマは課されず権限を行使できて報酬もそれなりに見合ったものならやりたがる上昇志向や野心家はそこまで少なくないはずなんだけどね


大して給料も上がらないのに責任やら仕事量やら一気に増える。こんなんで出世しようと思う訳ない。


"出世したくない症候群"って、そう思う事がまるで病気であるかのような見出しだな。


ごく単純に自分の職場の上司達を見て「あの人たちみたいな立場になりたい」と思えないんですよ、勿論人格や仕事ぶりで尊敬する点はあるけどちょっと給料に色が付く程度で出来る仕事に思えない


一番面白い仕事は経営。大企業なら更に年収1億が付いてくる。これを望まない理由は、単に教育が足りてないからだよ。大学まで〇×式の知識量だけで勝負してて、独自のビジネス観を養ってないから。こんなアホな教育をしてるのは日本だけ。慶應がちょっとまともなくらい。


出世したくない会社にしている上役が悪いのでは?


文句だけ言って給付金やら生活保護受けられる社会システムになれば、破格の給与でもない限り重責を担う仕事なんてしたくないわ。延々と弱者の立場で政府に保護と自由を都合良く求めるのが一番合理的。


永遠に成長するなんてありえないしいいんじゃない?日本社会が衰退したらガッツのある人材が頭角を現すだろうよ


上も下もキ〇ガイが増えすぎて、管理職の負担が半端ないからじゃね? 仮に給料上がるとしてもストレスで潰されるくらいなら、ヒラで細々やってた方がいいと思うだろ、普通。


管理に時間取られるのに増員もなくて通常の業務もやらされた上に給料据え置きじゃあね…。それで身体壊したり病んだりしてるとやりたくないわ。まぁ、俺の事なんだけどね。


上と下に挟まれて両方の意見をうまく取り持たないといけない。全ての責任が掛かってきて上に言っても「お前がやれ」。休みがない。電話恐怖症になる。やったことのない業務に対してまともな説明もなく「好きにしていいよ」と言う(これまじでむかつく)。身内の葬式で休み貰ったら「もっと働いてくれたら今回の休みも仕方ないって思うけどねぇ」と言われる。二 度 と や ら ん 。


ただでさえ自分の仕事だけでも毎日逼迫してるってのに、そこに部下の管理だの追加の会議だのが突っ込まれてくわけだからね。報酬が良くても正直やりたいとは思えん


可能ならなりたいけど残念ながらそこまで上がる能力がない。そもそもからして長期の継続努力が出来ない。


出世に対して与えられる責任や重圧に対する見返りが少なすぎるし、出世すればするほど拘束時間や終わらない仕事の量が増えると思われてるからじゃないんかねえ?


女性が働くようになったからそこまで金いらなくなった。


だって管理職になると残業代がカットされて給料減ったりするんだもの責任だけ増えてなんの得もない


今時それなりの企業でも課長で400もらえないとかザラにあるからな


下の人間もそうだけど、上の人間も可笑しい奴多いからな。逆にああいう人でないと上に行った時に他人に擦り付ける等して精神に安定に保つ事ができないんだろうなって思うわ。尊敬できる上司と言うのを友達の話やネットで位しか見た事ないわ


出世に対する対価がぜんぜんしょぼすぎることに気付いてるだけ定期


こういう統計や問題に対して対策・対応できる企業が生き残る。また対応するのは間違いなくヒトなのでそうできるよう努力しといた方が良い。


日本じゃ管理職の「管理」というスキルを軽視されまくり、評価システムが未熟だからな。おまけに工数の掛かるタスクを押し付けられて残業代がつかないならやる意味が無いし。


はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る


一昔前は名ばかり管理職で騒いでおいて、次は若者の出世離れですか。言いっぱなしの立場はどんな気分なんでしょうね。


向いてればの話だけど、役職なしで定時帰りの余った時間分を投資の調べものに使えば役職付きの数倍稼げるからなぁ。バフェットも言ってたけど富の偏り方はおかしい。


見返りが無いのに仕事増やしたらそりゃバカでしか無いだろう。今の若者は賢いってだけの話。


人の生活って、良くなることはあっても、楽になることは無いんだなって。そう感じた時、いつも死にたくなる。


出世や仕事をやる気にさせるような企業風土にしないと、若者だって自分をすり減らすだけの管理職なんかやりたくないのは当たり前だ。


上に行けば行くほど技術利用の場から離れていくことが技術職だと割とありがちだよなぁ 例としてプログラマーはプログラムしたいならフリーでいたほうがいいといわれているわけで そもそもお金が多少増えても上に行きたくない理由はいくらでもあるわけで上を目指したくないというのは割とある考え方なのでは?


出世欲は無くてもいいけど変な自己判断で仕事したり言われたことを言い訳ばかりして遅延させるのはやめろ、人望とかその程度とか言ってみたりするチー牛とかちょっと指摘すればすぐやめるし生きるのに向いてないんじゃないか?


出世しても見返りが少ないのもだけど、出世しても、年齢だの過去の栄光だの、勘違いしてる態度のデカイ口の利き方がなってない、老害どもが多すぎるのも原因では?


優秀な人がこういうのは企業の問題。能力が低い奴なら本人のせい。前者は問題ないが後者は年食ったら真っ先に切られるな。中年高年ヒラなんて必要ないと判断されるし


もっとも能力ない奴が上になったらそれはそれで非常に困るのでどのみちいなくなっていただこうという方向になる。あ、じゃあ排除されるという点で言えば変わんないね(笑)。そのままでいいよ(笑)


金も休みも大して増えないのに責任だけ増えるんじゃそりゃ誰もなりたがりませんわ


ん~指示受けるほうが楽。それに仕事飽きたら気軽に他の仕事行けるし。おんなじことしてるとつまらない。それに長くなると人間関係もめんどくさい。


ただ、金は気持ちよくもらいたいから。その時その時はしっかり金になるように働くが。


>vx3000 その考えで問題なくこの先ずっとジジババになるまで生きていけるなら全然問題ないな


問題なく生きていけるなら全然問題ないって何だよ。訂正 >vx3000 その考えでこの先ずっとジジババになるまで生きていけるなら全然問題ないな


ここ見てれば、誹謗中傷がネットだけの話じゃなく、りあるでも問題にするべきであり、そもそもが誹謗中傷をなくすなんて無理なんだろうなってのがよく分かる気がするよ。


君は素晴らしいバッターだ!そのノウハウを活かしてピッチャーとして頑張ってくれ!突然管理職任されるのってこれと大差ねーよな今まで積み上げてきたスキルが大して役に立たなくなるんだから


現場の仕事できるようになったからって部下の指導とかできると思わないで。外堀埋めようとしてくるの辛い


当然では?


政治家「出世して総理になって顔もプライバシーも晒されて中傷されるくらいなら、その他大勢のヒラな税金泥棒におさまってた方がマシですもん」


文章内の人も言ってるけど出世したくないんじゃなくて管理職になりたくないんでしょ。現場の仕事と管理の仕事は必要な能力がほぼ別物なのに、出世したり勤続年数増えたりすると実質クラスチェンジとか効率が悪すぎる。酷い所だと現場の仕事+管理の仕事になるので猶更。最初から現場は現場、管理は管理で人材を募集・配置するべき。


仕事の内容を問わず、拘束時間と給料が比例しなくなる立場とかどう考えてもなりたくないに決まってんだろ。


営業や技術の仕事で一流だからといって部下を管理することも一流とは限らない。


一回だけ出世に近い形で任されたけど他のところからお前は無能とか指示に従ってやれただしお前の責任とか使えないやつとか連呼されまくったので出世する気はないです


時間拘束半端ないからな。ぶっちゃけ、昨今の自由人の管理をする側になることの方が恐ろしいだろ。仕事への責任感は少ないし、労働の権利は主張するが義務については考えたことない奴の方が大半だろ?自分が貰う分の給与以上に本当に稼いでるって計算で出せる奴がここにどれくらいいるかな?時間給じゃないぞ?どういう風に利益が出てるか計算できるって意味な


役職するのに見合った給与とか休暇がとれないからやらなくなるんだよ、そもそも管理の仕事は全く変わるからね


目指す人が多かったろう昔に比べて出世の旨味が激減したってだいぶ前から言われてること


まあその役職で有能でも出世したら無能ってことはよくある。だから出世を拒むってことはある意味自分の実力をわかってるんじゃないかな。詳しくはピーターの法則でググってどうぞ。


無能な人間でも総理大臣が務まるという現実を見せられているから若者が出世を拒むのも仕方ないね。


でも責任って言葉は好きだよね。


今は出世に対するドリームがないよね、ドリームを追う人は起業してる。


管理職の人で目が*でない人見たことないんだけど、あんなのになりたくない


余計な責任押し付けるからだろ。そもそも上司が全責任を負うっていうのがダメなのでは。「自分の仕事の責任は自分で持つ」でいいでしょ。上司は上司で自分の仕事して自分の仕事に責任持てばいい。「自分の発言や自分の行動に責任を持つ」くらいは今の若者でも常識よ。なのに庇ってもらえるって覚えてしまえば、庇う立場になりたくないなって思ってしまうのは仕方ない。


昔はさ仕事が大変だけど部下もそれなりに慕ってくれて「尊敬」と「見返り」が得られるから頑張れた。今それを得られるか?得られないだろ?自分たちでぶっ壊したんだそりゃ誰も嫌な役目を受けたくありませんわwでもまぁ…その先に待つのは本物の無責任集団による統治なんだけどね!こんな日本にした連中への御礼参りが楽しみだわい。


老害上司の頓珍漢な指示のせいで尻拭いさせられまくった身としては、あの役職には就きたくねぇ。ってなるわけですよ


結局、報酬と実務のバランスの問題にしか収束*えんだからグダグダぬかしても全く意味がねえぞwww それだけ、報酬と釣り合ってないって下から思われてるだけの話なんだからw バカが好きな言葉で言えば、「コスパが悪い」それだけの話よwww


出世することで収入が上がるけど、負わされる責任やノルマに対して貰えるお金が少ない気がする。その代わりにストレスは増大するから、発散の為に金がかかるし健康にもよくないことが多い。正直、メリットあるのかな?ってなる。


上司に対して普段、不満やグチがあるなら、自分がその立場になればうまく出来る筈だよな。今の立場に満足なら謹んで飲み込む、好き勝手なことを言いたいなら同じ立場に立つべきだろう。でなければ、単に卑怯なだけだ。


名無し>ジジババになるまで~ってのが管理職になって体壊すリスクと渡り鳥やってるリスクがあまり変わらんのも問題なのよねえ・・・


会社にもよると思うが、なりたくないという時点で組織作りとか仕事の進め方にも問題があるんじゃないの。


もう年齢も相当で、雇うところもなく、才能もない人間はどうしても出てきてしまう。そういう人のために、安楽死施設つくればいいのにってよく思うわ。


上司から「出世してよかったこと」なんて一つも聞いたこと無いからじゃないですかね


もう5年したら今死にそうになってる管理職がトップに立ちだすで、さらに5年したらバブル時代のボンクラがほとんど抜けるやん。それこそ自分の好きに仕事運べるチャンスやけどなぁ。あれか、そのボンクラにも劣りますって自己評価?


遊ぶ金欲しさで仕事しているだけだからなぁ、非正規社員でもあるし


割に合わないと判断されてしまうような組織が多いってことだわな あと管理職(以外もだけど)は役付きというより職種と見做されたほうが良いよ、適性ない場合なんてそれこそ不幸


ヒラの時代から給料下がってるのに責任増えてヒーヒー言ってる自分の上司を見てると、出世なんかしたくもないです


昇格しても仕事量&内容と給料が見合わないのはまず会社側が教育を渋るからだと思う。教育せずに更に別の能力が必要な仕事増やしても処理が困難なのは目に見えてる。で、その辺を指摘すれば会社側は社での時間や費用を渋ってその能力を育てずにプライベートで自費で勉強して来いと言う。そうなれば私的要素を捨ててでも上に行きたい人以外は昇格したがらないと思うわ。


『川尻造作』め…ペコペコしやがって…………そんなに出世したかったのか…気苦労の方が多いのに


1歳上の先輩が現場責任者のような立場に出世したけど、ストレスがとんでもないことになってる。あんなもの見せられたら出世なんか勘弁だわ。


管理職になると責任が重くなる←うん   管理職になると残業代がつかなくなる←は???????????




この記事へのコメント

人気記事