「もうどう広告したらいいのか...」 キンチョウの「自暴自棄」広告は、こうして生まれた


もうどう広告したらいいのかわからない――。

新型コロナウイルスをめぐる情勢が目まぐるしく変わる中で、蚊取り線香の「KINCHO(キンチョウ)」ブランドで知られる大日本除虫菊大阪市)が新聞各紙に掲載した広告が話題を呼んでいる。「自暴自棄」にも見える広告は、どのようにして生まれたのか。キンチョウの担当者に背景を聞いた。

QRコードで「K」「I」「N」「C」「H」「O」6タイプから選ぶ

話題を呼んだのは、2020年5月29日の朝刊各紙で掲載された、ゴキブリ駆除剤「ゴキブリムエンダー」を紹介する広告だ。本来ならば商品ビジュアルや効き目を大々的にアピールしてもいいはずだが、まず目に留まるのはページ上部に大きく書かれた「もうどう広告したらいいのかわからないので」という自暴自棄メッセージだ。

広告の中央には「KINCHO」の6文字が縦に並び、その横にQRコードを配置。6タイプの広告にアクセスできる仕組みだ。Kタイプなら「緊急事態宣言・外出自粛などがまだ継続している場合」、Oタイプなら「おめでとうコロナに打ち勝った!の場合」に見てほしいとする広告だ。各タイプは、新型コロナウイルスをめぐる情勢の程度に応じて作られている。

ここでKタイプを読み込むと、「STAY HOME SAY GOODBYE TO COCKROACH」「いまだから、やろう!在宅殺虫!」とったゴキブリ駆除を呼びかけるメッセージとともに、世界の人々の笑顔が写されたハートフルな広告が表示される。外出自粛が厳しく呼びかけられている状況を想定した内容だ。一方、Oタイプを読み込むと、「2020年の10大ニュース」の8位に「ゴキブリムエンダー」の発売が入るのでは、とコロナ収束後の平和な社会を感じさせる広告になっている。

現在の状況に照らし合わせれば、Cタイプの「近いうちに収束するぞ!と先行きの見通しが立ってきた場合」が比較的近いだろうか。これを読み込んだ先で見られる広告は...実際に試してみてほしい。

困難を逆手に取った「ケースバイケース新聞広告」

今回の広告は4月中旬に企画を決定し、5月初旬に制作された。キンチョウの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対して「企画を検討した時期は、日々変わる世の中の状況、掲載日にどうなっていて、どういう気分なのか、表現がどう受け取られるのかまったく予測できない状態でした」と語る。

そんな中で、「今回は正直に『いま、広告を作るのがとてもむつかしいです!』『どうしたらいいか、わからないです!』を白状してしまうのはどうか」と、困難を逆手に取った「ケースバイケース新聞広告」の発想が生まれたという。

通常なら1ページで済む新聞広告だけに、複数パターンを作らなければいけない今回の広告はそれだけ「手間もかかった」という。それでも「新聞読者だけでなく、ホームページSNSでも見て、少しでも楽しんで頂くため」と手間を惜しまなかったと説明している。

広告はツイッターを中心に「ユーモアセンス抜群」「さすが大阪の会社やね」などと話題を呼び、キンチョウの公式サイトアクセスが殺到。一時はアクセスしにくい状態になった。

広報担当者は、

「嬉しいことにSNSでは好意的な書き込みがたくさん寄せられています。みんな『どうしたらいいかわからない』『これからどうなっていくのか』という大きな不安の中にいるから、共感して頂いているのかもしれません。こういう大変な状況の中、広告で少しでも楽しんでいただけたら嬉しく思います」

と喜びを語った。

J-CASTニュース編集部 佐藤庄之介)

キンチョウ「自暴自棄」な新聞広告、なぜ生まれた?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そんなに緊張しないで気楽に行こう(激ウマギャグ)


どんな広告うっても「不謹慎」だの「差別」だの「安倍やめろ」だの、罵詈雑言を吐かずにいられない呪いにかかってる連中が難癖つけるからなぁ…。安倍に悪い点があったとしたら、反日マスメディアを助長させすぎた点だよ。もう「国を乗っ取れれば日本がどうなってもいい」を隠さなくなってるし。


この時期は広告うつのにいつにも増してすげー神経使うんだなあ。この記事は宣伝の意図がないのか、どんな商品か全く伝わって来ないww


隣の芝生は青いとは言ったもんやで、中国共産党みたいな不穏分子に対する弾圧が必要やなぁと思うもん。


それでも蚊は来るんだよ


普通に効き目と使い方を推せばいいんじゃないのか?ボブは訝しんだ。ウィルスの研究とか解析してる段階だしとりあえず1年は過ぎないと季節や気温変化で収束するかしないかも確定しないし「近いうちに収束するぞ!と先行きの見通しが立ってきた」なんて楽観論間違っても言える状況じゃないとは思うんだけども。宣伝に苦慮するのはワカル。


家にいる時間増えるから余計に虫対策しないとね


Gラーニングが嫌すぎる


うまいな。確かに、お祭りの描写はNGだろうし、網戸ですらクレーム来そうだからなぁ。


そもそも、TV・新聞に広告する意味がもう殆ど無いのだから止めたらいいと思う。情報が古い何世代も前のガジェットですからねぇ。


斜め読みで・・広告パターンを「もうら」してみたって感じかな


ユニークな広告企画が通る会社はなんか安心感ある感じがする。頭が固くなく柔軟な会社だというアピールが出来てる感じがするように思える。少なくとも私はKINCHOが好きになりました。


昔の広告引っ張り出してきたらいいんじゃね?日本の夏キンチョウの夏ってなかったか?


広告はともかく今年もお世話になります(・ω・(:;)既に蚊が・・・


むつかしいです


俺の携帯、会社の機密保持のためにカメラなしモデルなんだけど…QRコードってどうやって見ればいいの?


どうなっても夏になれば虫はでてくるんだよなぁ


蚊を媒介としてコロナが拡散する可能性があるので蚊を駆除しましょうとでも広告うっときゃ買うやつはいるだろ


本当にやばいときはCMはすべて打ち切る(3.11)


なんだこれ?と興味を持たせたら広告として成功。


今年の夏、緊張の夏


まんまと商品買ってきちゃいましたよ




この記事へのコメント

人気記事