「会った人の顔と名前が覚えられない」 悩み告白の漫画に共感集まる


 何度も会っている人なのに覚えられない、または顔と名前がなかなか一致しない、という人は少なくないはず。社会生活を送る上で欠点と感じることも多いかもしれませんが、そのことと向き合い、相対化することで乗り越えようとする姿を描いた漫画が、Twitterで共感を呼んでいます。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 この漫画をTwitterに投稿したのは、会社員として働きつつ漫画の勉強をしているという、トケイさん。内容は実体験に基づくエピソードだそうです。

 トケイさんは人の顔と名前を覚えるのが苦手。初対面の時はもちろん、何度も会っている取引先の人でも、名前を言われた時に「どの人だっけ」となってしまいます。顔を忘れないよう、名刺に似顔絵を描いて覚えるよう努力していますが、名前と顔がうまく紐付けできません。


 社会人として欠陥があるのでは、と先輩にアドバイスを求めますが、たまたま先輩は顔と名前を覚えるのが得意で参考にならず。ふと過去を振り返ってみると、人の顔と名前をうまく紐付けできないという傾向は、学生時代からもあったことに気づきます。

 けしてその人をぞんざいに扱っている訳ではなく、覚えようとしているのにできないというのは、非常に心理的な負担となります。何より、解決策を見出せないのがつらいのです。


 しかし落ち込んでばかりもいられないので、仕事に精を出すトケイさん。仕事中、同僚から上司や会社の愚痴を聞いている時に、ふと思い当たります。……自分に対して不満を漏らす上司も、部下が愚痴るほどに欠点があるのでは?


 そこに気づいたことで、トケイさんの悩みは普遍化され、落ち込むばかりでなく客観的に捉えることができるようになりました。先輩から、逆に自分の長所を聞いてみると、随分と多かったことにも気づきます。


 欠点や失敗は誰にでもあること、重要なのはそれをどうフォローするかだという先輩の言葉に、トケイさんは救われたような気持ちになります。考え方を転換し、自分が「人の顔と名前が覚えられない」ことを前提に、うまく仕事を回していく方策を見つけて実行していく……という姿で漫画は結ばれます。



 この漫画には「私も人の名前が覚えられない」という共感の声が多数寄せられ、それと同時に様々な対処法も寄せられました。皆さん、それぞれに悩みと向き合い、うまくやっていく方法を編み出しているようですね。

 残念ながら筆者の場合、人と会って会話すると、逆に色々なことが自然と紐付けされてしまう性質なのですが、自身を客観視してみると、その人の余計なディティールに意識が行ってしまうことが多く、それが思い出す手掛かりになっているように思います。

 あのメガネはどこのかな、見かけによらず可愛いネクタイしてるな、あの時計はどこの……などなど、気が散りっぱなしなのですが、それがちょうどトケイさんが漫画の中で作っていたメモのように、顔と名前、そしてそれを補強する属性情報として記憶されていくのでしょう。

 悩みを抱える人はどうしても、自分で欠点だと思うことは気になってしまい、そのことばかりを意識して落ち込んでしまいがち。しかしそれを一旦受け入れて、それをカバーする方法を模索していくのは前向きな解決法だといえます。

 これは精神医学の分野で、およそ100年前に精神科医の森田正馬(もりた・まさたけ)によって始められた「森田療法」の考え方にも似たもの。あることに対し、できない自分を理想の自分が罰することで起こる葛藤と、その結果落ち込んでしまうことから解放するため、まず一旦受け入れた上で、そこから先の対処法を考えていくという一種の精神療法(心理療法)です。

 トケイさんの漫画では、ちょうど同僚からの愚痴と、先輩が語ってくれた「自分のいいところ」によって、悩みのスパイラルにいる自分を客観視する視点を得ることができました。自分を客観視することで、自分が見ている「世界のありよう」を変えることができたようです。

 自分の目的は「人の顔と名前をしっかり覚えること」ではなく、仕事に支障がないようにコミュニケーションすること。誰かが大ざっぱに分かれば、しっかり覚えていなくても仕事や対人関係は大体回るものです。トケイさんはそれに気づかれたようですね。

 たくさん寄せられた反響にトケイさんは、こんなに似た思いをしている人がいるとは、と驚いたとのこと。また寄せられた様々な、その人なりの対処法についても感銘を受けたそうです。

 トケイさんは取材に「Twitter上で表示される『いいね』などの数字は記号ではなく、その先に同じく悩む人間がいるのだと感じ、共有できた喜びを感じました。私が1人で抱えていた苦しみを、誰かに残る漫画に育ててくれたのは読んでくださった皆様です。大切にします」と感謝の言葉を述べていました。

 これからもトケイさんは、いろんな漫画やお話に挑戦していきたいと語ってくれました。今回の作品にあるように、自分を客観視できるようになると、自身に起きた出来事でも「お話」として再構成する際、大きな力になります。また多くの人が共感するような作品の誕生を願ってやみません。

<記事化協力>
トケイさん(@tokeikamone

(咲村珠樹)

「会った人の顔と名前が覚えられない」 悩み告白の漫画に共感集まる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

同じく、会った人もだけど、会社の社長や違う部所の上司の顔や名前も忘れる事が結構あり、電話の応対など苦労する事あるけど、中々何とかなるんだよな、これが。


人の顔と名前を覚えるのが苦手って、ただ原因があるだけじゃないのかな。自分は初めは何か顔を面と向かって見れなくて顔が覚えられなかったな。顔が覚えられなくて連鎖的に名前も覚えられない....


2・3回会えば顔は覚えられるけど、名前だけはどうしても覚えられない。だから顔と名前が一致しないので苦労はよく分かる


顔も名前も覚えてるんだが、一致せんのだ…。


お前が思ってるほどお前は他人に興味が無いって事じゃ?


取引先の人と仕事の場で会うなら顔も名前もすぐ思い出せるんだけど、仕事とは関係ない場所でバッタリ会うと「えっと、えっと、どこのお店の人だったっけ、やべえ、とりあえず天気の話で時間稼げ!」とテンパりますねえ!


UEさん<それ自分も真剣に考えた事がある。結論はまだ出てない。


ヲタは人の顔を覚えられない


電話やこっちから行くだと名刺と特徴、誰に紹介されたかどんな仕事をした人かをまとめたのがあるからまだいいねん…パっと顔と名前が一致するまでに唐突に出会ってしまった時がほんとに困る、一回二回ちょっと会っただけで覚えれる人って単純にすごいよね


ワシも人の名前も顔も全然覚えられなくてぐえーってなる。多分ソレで何かしらチャンスは逃してるのかもしれんが、とりあえず何とかなってるので改めるつもりも改善するつもりもねぇ!!(逆ギレ)


大丈夫、親の顔も生年月日も覚えられないけど生きてはいける。なんの時になんの話をした人とカタカナでもいいから名前をすぐに記録に残すクセつけとけば後は要領


同じ名前の人物や作品を連想すると覚えやすい…、と何かの本で読んだ。中川さんならショコタンとか、高木さんならからかい上手の中学生とか。


ずっと一緒に働いてる同僚でも時々名前が出てこなくなる・・・


狂骨の夢 を思い出したり


他人に興味がないとそうなりますよね(笑。


失顔症(相貌失認)かもしれない。


人間には人相を覚える専用のニューロン回路があって、それの性能にハイエンドグラボとオンボードグラボくらいの格差があるんだとか。


人に興味が無いと覚えられないっていうよね。ちなみに俺も人に興味がなくて顔をあまり覚えられない方だ。そんな俺でも趣味一致、親切な人、紳士的な人なんかは関わった時間が短くても一発で覚える。あと、覚えたくないけど逆にマナー悪い奴とかクレーマーなんかも印象に残ってしまう。


40人くらいまでは覚えられるんだけど・・・ぶっちゃけそれ以上は同じ顔に見えるんだよね。40パターンまでしか個人として認識できてないんだと思うが、特にまあ問題ないのでこれからも病院は行かないだろうな


どこぞの大手企業の社長なんざ、社員の9割は顔と名前覚えてないとかあったからな。所詮そんなもん。


相貌失認、なんて脳障害があるぐらいなんだから、障害までいかなくても個々人でそういう能力に差があるのは当然だと思う。能力の差なんだから人格の差ではない


>人に興味が無いと覚えられないっていうよね。←これ因果が逆で、人相を覚えにくいのに無理やり覚えさせられたトラウマから、人と関わる事が嫌になるんだそうな。その過程で、情報を極限にまでコンパクトに纏めるクセが身に付くので、理系分野がアンバランスな伸び方をするらしい。(数式や元素記号は、確かに余分な情報を極限まで削ぎ落とした文字列だからね)


誰しも欠点はある、で片づけてるけど講習会や学会の意見交換会に頻繁に出席する営業職だとかなり致命的なのでは。大勢の中から目的の人物を探して話しかけるってことができないわけだし。


アタシなんか会ったなって思ったら毎回名前と顔を変えてる人がいて困るんですよね。ネットの中でですが(笑)


職場に、名前と顔を一発で覚えられる特技を持った人がいます。ぼくにはとてもできない。


職場のベトナムの実習生が全く顔も名前も一致*え…。なお他人に興味がない自覚はある。男はわりと顔分かりやすいからおぼえてるんだけどなあ…。


何かしら自分も関わったエピソードがあれば覚えてられるが、つき合わされた飲み会や顔見せで会った程度のエピソードなら、まだガンダムシリーズの主役機と乗り換えた後の機体の顔と機体名の方が覚えていられる。


というか気にしすぎなだけだよ…「覚える必要性がない」から覚えないだけで「うーん…困ったなー」位の感想しか出ない位困らないから結局覚える必要があんまりない。貴方にとって覚える必要があるものの順位が低いのが人の顔と名前ってだけで関わっていったらそのうち覚えるよ?それでも覚えないのは相手がその程度って事。


友人や自分にとって利益のある人以外は覚えにくいのもしょうがないと割り切ってる。学生時代はみんな校則で決められた範囲の制服やら髪型。社会に出てからは会社員はスーツにネクタイ、整えられた髪型。それ以外の職業でもスーツが制服に変わるだけ。そもそも日本社会って個人を個人で覚える必要が無いと社会が示してる。


うちの会社、入ってきたやつの名前覚える前にみんないなくなるんだ…


わかるわー、俺も顔や名前を覚えるのが苦手・・・職場で毎日会うのならまだしも、たまにしか会わない人や電話の対応でしか繋がりのない人なんてほぼ無理・・・そして更に厄介なことは『周りの人は一発で俺のことを覚えている』ってことなんだよな・・・


でも声は聴き分けられる(ヲタク耳)


「顔のない月」かな?(エロゲ脳


私も軽度の相貌失認患ってる、毎日顔を合わせる同僚とかなら数ヶ月あれば顔を覚えるがたまにしか会わない人は本当に覚えられない、話してる途中でちょっとトイレに立って戻ってきたら「あれ?さっきまで話してたのどの人だっけ?」となるのもザラ、髪型やメガネや服装は覚えられるが皆同じ作業着だと区別できない、人の区別するのに一番役に立ってるのがその人の声だったりする


仕方ないから、スマホに企業名部署役職名前など関連情報書き込み、思い出せないときはカンニングせるようにしてる。




この記事へのコメント

人気記事