経済的には男も女も性的な中性者に均等されてゆく状態のなかから、ジェンダーの姿を解きはなす


『ジェンダー 女と男の世界』(岩波書店) 著者:イヴァン・イリイチ


この本を解くキイ・ワードは、題名にもなっている〈ジェンダー〉という言葉だ。イリイチはこの言葉に、過剰な概念やら微妙な思い入れやら、思想的な強調やらを、いっぱい詰めこんでいるので、なかなか汲みつくせない含みをもっている。わかりやすくたとえてしまうと、むかし親たちが、こんなときもっと男手があったらとか、女手があったらとかとよく言っていた、あの〈男手〉とか〈女手〉とか分けたときの、男と女の区別がジェンダーという概念にあたっている。こんなときの男と女の区別は、手にする道具のちがいにも関連するし、日常の生活の風習や、共同体のしきたりにも結びついている。かならずしも性(セックス)、性行動というふうに収斂してゆく男女の区別にはならない。ジェンダー、つまり男手とか女手とかいうように、包摂的であった男女の区別や役割のあり方が、性(セックス)とか性行動という縮こまった概念に変ってしまったのは、産業社会(近代資本主義と近代社会主義)以後になってからだ。それ以前の社会では、性(セックス)や性行動よりもはるかに豊饒なひろい概念で、男女の区別や役割は生きいきと存在していた。これがこの本を流れるイリイチの思想だといってよい。

イリイチによれば、産業社会はジェンダーという概念を性(セックス)という概念にまで貧弱にしてしまうことで、いくつか根本的な欠陥をさらけだした。ひとつは経済人間(ホモエコノミクス)としてみるかぎり、男も女も中性者に変わってしまった。経済社会のなかにいるときは男性も女性も、ひとしく性の区別のない人間として評価されるし、またそう振舞うほかはない。しかもそれなのに実際には、女性は近代産業社会になって賃金、社会的な待遇、仕事などで、いつでも男性の下位におかれて、かつて一度も平等が実現しなかった。収入をとってみれば、女性はこの一世紀、男性の五〇~六〇パーセントを超えたことはない。イリイチによれば、ジェンダーという男女の区別を失って、性(セックス)という区別に追いやられたあげく、産業社会は、賃金労働とシャドウワーク(家事労働など収入にならない仕事)に分割され、賃金労働は性(セックス)としての男性の仕事になり、シャドウワークは性(セックス)としての女性の仕事になるという傾向に向った。そこで両性の仕事はいずれも地獄に陥こんでいった。

こういったいくつかの根本的な弱点や欠陥をもつ産業社会は、さまざまなところで行きづまりを、露呈しはじめている。たとえば教育制度が発達すればするほど、若者たちから自発性や創意や活力が喪われてゆき、医療設備が発達すればするほど、新たに病気が作られて人間は病弱になってゆき、交通が発達すればするほど、混乱も増加して、ますます場所の移動がわずらわしく難かしくなる傾向が増大してゆき、どこかに限界があるとおもわれる姿が、露わになってゆく一方である。その徴候は現在誰の眼にもはっきりするまでになりつつある。産業社会がどこまでも発達すれば、人間生活の福祉がますます増加してゆくわけではないことが、はっきりしてきた。この状態は、もとをただせば、産業社会以前にあったヴァナキュラーなジェンダーが失われたためである。いいかえれば地域、共同体、家族などに結びついて、それぞれに固有な男手と女手の役割や相互に補完しあう関係が失われて、性(セックス)の体制としての男女というところに追いこまれてきた産業社会のあり方に問題があったからである。

イリイチは、性(セックス)、性行動としての男女というところまで追いつめられ、性差別や、性格差を増大させ、しかも経済的には男も女も性的な中性者に均等されてゆくような現在の状態のなかから、ジェンダーの姿を解きはなすように現わしてゆくことが重要だと説いている。

イリイチが、資本主義体制であれ、社会主義体制であれ、人間が産業主義を採用するかぎり、その限界と危機は明らかであると考えているところには、おおきな刺激を与えられる。また男だとか女だとかは問題ではなく、労働時間だけが問題なのだという経済的中性人の考え方に慣れきったわたしたちの思考にたいして、イリイチがジェンダーの復権を説く姿には、予言者的な衝動を与えられる。わたしたちが対幻想という考えの復権を考えてきたこととも重なる部分があるようにおもえた。敢えて批判がましいことを云わせてもらえば、イリイチの現代産業主義社会にたいする批判は、どこか根底のところで歴史の不可避性の核をよけて通っていて、その分だけが牧歌的な言説になっている気がする。この本の訳文は文脈が活性化された、とても見事なものだった。

【この書評が収録されている書籍】

『言葉の沃野へ―書評集成〈下〉海外篇 』(中央公論社) 著者:吉本 隆明



【書き手】
吉本 隆明
(1924-2012)1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。著書に『共同幻想論』『言語にとって美とはなにか』『ハイ・イメージ論』『カール・マルクス』『悪人正機』『ひきこもれ』『日本語のゆくえ』『吉本隆明が語る親鸞』『開店休業』『フランシス子へ』など。現在、『吉本隆明全集〈全38巻別巻1〉』(晶文社)が刊行中。

【初出メディア
マリ・クレール 1985年4月

【書誌情報】

ジェンダー 女と男の世界

著者:イヴァン・イリイチ
翻訳:玉野井 芳郎
出版社:岩波書店
装丁:単行本(429ページ)
発売日:2005-07-23
ISBN-10:4000271350
ISBN-13:978-4000271356
ジェンダー 女と男の世界 / イヴァン・イリイチ
経済的には男も女も性的な中性者に均等されてゆく状態のなかから、ジェンダーの姿を解きはなす


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

男女という分け方をせず、外見も区別が付かない事とする。そのうえで、単に筋力体力の高い人低い人、論理的思考能力の高い人低い人、毎月体調が悪くなることがある人ない人、感情的な人等の性能や成績のみで評価をしたらどうなるだろうか。それをやってから、「実は性別はこうでした」と結果を見たらどうなるだろうか。「ジェンダーから解き放たれ性別が均等配分」とはならないだろうな


男は女みたいな女が好きで女は女みたいな男が好き。つまり女は大抵レズ


今の男子高校生と話すと「俺」って一人称はほぼ使わない。男っぽさを出すのはダサくて、女子にも嫌われるらしい。女子に溶け込んで、同じようなことするのが居心地がいいそうだ。


記事が何言ってるかよくわからんけど主夫したい。顔も性格もどうでもいいから誰か養って


>れいえい現代社会の中で,「実は性別はこうでした」と結果を見て,新たに男手と女手の役割や相互に補完しあう関係性を見出すことが重要ていう主張なんだと思うよ


↑結婚適齢期の男は100万人以上も余っていて、男はどんなに努力してもそもそも空いてる相手が居ない、という状況です。男は相手を得るためには100万人を叩きのめせる能力を見せつける必要があるのです。(昭和初期以前は状況が逆で、女は20代いったら行き遅れ扱いされるほどだった)


男は病人や障がい者が多いので実質は女余りなんだけどね


男性アイドルがあれだけ人気なんだから、若くて可愛くて家事万能なら養ってもらえるかもね。さっき渡辺直美と11人のイケメンアイドルのふわふわトーク番組見てて思った。


今のところイリイチの希望的予想とも、吉本のものとも全く違う世界だ。


御託はいいから男性の筋トレ禁止・女性の筋トレ義務化を実現して、体格差の解消に動けよ


日本は英語しか勉強せずやたらめったら文学部に進みたがる女子をどうにかしろ。アメリカは工学部の半数以上が女子とかザラだぞ。嫁に行く前提での学部選び。恥ずかしくないのか。女性の社会進出を促進したければ工学部や経済学部の入試で女子に加点・文学部や理学部で女子に減点、これが手っ取り早い


性を抑えすぎて、また、弱者を優遇しすぎて、強者が子孫を残すという自然の摂理を失ったら、その種は衰退していくと思う。


よくわからんけど、「男女に縛られず、『自分が』どう生きたいか、よりよく生きるために何をするか」っていう、主体が重要だと思うよ。産業はまた別。産業は次の産業でしか超えられない。産業はその分多くの人間が楽に、便利に生きられるシステムだから、その都度我々は何らかの生物的機能を失う。産業観点では人間、もしくは人間の体もいらねぇって言う風に、本来はシフトされて当たり前


人間はこれからも、対概念でしか認識できないっつー「欠陥」がある。その概念の認識は「○/×」みたいな社会的強弱・拡大縮小で交互に認識するしかない。で、大切なのが認識よりも思考する際で、常に「 」余白・空白を設け、自分のアイディアで埋めること。困った時は「○/「 」」or「○/×/「 」」つーモデルが有効なわけ。それだけでよりよくできることは、たくさんある


嫌なら人間やめたらいいのに~


役目を全うしてインフラと化した生命は雌雄同体になるから大丈夫だって。


その「男手」「女手」という分け方すら否定したのがフェミニストだろそこに立脚したジェンダーフリー論を駆逐してからじゃないと話にならん


社会的性役割(ジェンダー)を無視して、一人一人を男女関係なく経済・労働単位ととらえる社会には欠陥がある。というのが著者の主張。男女には生物学的な差(*)しか無くて、それ以外は全部個人の違いでしかないという考えが、つまり中性者に均等されるということ。


記事を読む限り、フェミに読ませたら大発狂しそうな本だね


日本と海外だとまた事情が違うからなこれ。日本の場合は*労働が蔓延してるせいで男も女も「働きたくない」方に流れた結果、あえて旧来的な性役割を推して家庭に入りたがるような女もいたりして、それが「稼がない男には価値がない」って逆方向の差別に繋がってたり、根が深い。


turo> 今日本で普通の仕事が*やらと叩かれるのが流行ってるのは海外の価値観の流入のせいだってわかってる?


ブルーカラーに女性増えて欲しいねえ。力仕事そんなにないところも多いし来いよー。少子化に繋がりそうだし


現代で性差を取り除くならネットでの経済活動を推進するのが有効。あとは無人店舗を増やしていくこと。現代だと人前に姿を晒させること自体がジェンダーを意識させるきっかけになってしまう。見えなければ、聞こえなければ同じなんだよ


そんなに肩肘張らなくても 生き方を選べる時代は幸福だと思うのだが違うのか? 趣味と信念と幸福 ガチ腐女子だった母は何となく結婚して姉兄弟である自分達を産んだ 緩いよなw


つまり「メス堕ち」...退化してねぇか?


イデオロギー的な性別は今や「男」「女」「中性」の3種類どころじゃなくなってるみたいだね。生物学的な違いは確認されていても、形態学的にはまだ定義しきれてないところがあるらしい。極端な話だけど、研究が進めばそのうち「~は*サピエンスではなかった!?」と説かれる様な新しいカテゴリが創設されたりするのかな。何とも夢のあるようで無いような話。


男もイケる、女もイケる、ビキビキビキニ123・・・


「教育制度が発達、若者たちから自発性や創意や活力が喪われてゆき」書籍、漫画などの創作物でも減ってんの?何を根拠に言ってるの?「医療設備が発達するほど新たに病気が作られて人間は病弱になってゆき」強力な病気が残っているだけで寿命増えてるけど。「交通が発達すればするほど、混乱も増加」交通量が増えれば混雑はするけど、個人個人の行動範囲は飛躍的に伸びてるんだけど。


活動に対してネガな部分だけを抜き出して、だから間違っているっていう話法を使って、だから性差別は間違っているって言っても各データを比較すればプラスである事の方が多いから「嘘は直ぐ分かる」。寧ろその無根拠な話法で良いなら、今までの発展の歴史から考えれば「男女平等の社会」が歪んでいて社会がおかしくなっていると言って否定材料あるの?


未だ機械を使ったって体力的に男の方が労働を強いられがち、かつ厳しい労働条件下で働くこと働かされることが多いのに、上流の上澄みだけ見て男女平等と言い出すから男のやる気が無くなるし、女はそればかり騒いで過酷な労働条件下から目を背けるから社会が停滞しているんじゃないのかね。


つぅか何が医療が発達して人間が脆弱になっただよ。アホが。ウイルスの異常進化との比較論かなんかでウソ言ってるだけで、オリンピックの記録とかの推移を見た事もないのか?昔42.195㎞走った奴は*だけど、今は町内マラソンでも走り切ってピンピンしてんぞ。橋下理論か?混雑だって交通量云々以前に人口自体が増えているのにその恩恵が何処から来ているか理解してない*理論。


産業主義の限界という部分は確かにあるかも知れませんね。もっと違った社会構造の方がみんなが幸せになれるのかも。


人間社会と自然界での強者弱者は必ずしも同じではない男らしさ女らしさも変わってくるのでは?


性も仕事も生活も、男女両方の立場で経験した。こういう科学的な面で知識を詰め込んだところで解決できない問題があることを私は知っている。


すでにどこかの医大が減点していて問題化していたが、あれは先進的だったのか?


性別にとらわれずすべて公平にするべきなんだ


本の書かれた年代の話を隠して紹介するのわりとタチ悪いよね。


体力テストの持久走に対して割とイライラしてました。1500か1000mに統一したら?評価は性別で分けてもらっていいので・・・。


男女で体のつくりが全然違うのだから何でもかんでも公平だの平等だのというのは不可能、というか現実を無視しすぎている


平等も均等化もいいですが、誰の基準で平等で均等なんでしょうねこういうのって。


男が女に寄り、女が男に寄る…つまり互いに中性になると男が女を必要としなくなり、女も男を必要としない…少子化が捗る男女の仕事の役割分担をしないとそ(ら)そう(なる)よ愛だの、恋だのして結婚するやつは少数派ってことさ。


*エコノミクスだけ読んだww






この記事へのコメント

人気記事