「正義感の暴走」という言葉への違和感。そこには微塵も正義などない


shutterstoc

 『テラスハウス TOKYO 2019-2020』に出演していたプロレスラーの木村花さんが5月23日に22歳という若さで自殺した。自殺にいたった正確な原因はわかっていないが、原因のひとつとして考えられているのがSNSでのアンチコメントだ。

◆「正義感の暴走」という表現への違和感
 木村花さんのSNSアンチコメントが大量発生したきっかけとなったのは、『テラスハウス TOKYO 2019-2020』出演中でのエピソードだ。木村花さんの試合用のコスチュームを男性出演者が間違って洗濯してしまい、縮んでしまったことに激怒して、男性が被っていた帽子をはね飛ばしたことから、視聴者のなかに木村花さんを誹謗中傷する人が増え始めた

 また、自殺のニュースが流れたあとに、YouTubeに自殺したことを祝福する動画がアップされていた。私も動画を確認したが、再生回数を稼ぐためなのか、倫理観が欠如しているのかわからないが、あまりに心ない動画だった

 行き過ぎた「正義の鉄槌」のような行動をしている人を「正義感の暴走」と表現する人がいるし、私もそのように表現していた。しかし、そこに「正義」なんて微塵もないのに「正義感」という言葉を用いてることに違和感を覚える。「正義感の暴走」という表現は、その人は本来正義を持っていて、それが暴走したという意味に見えてしまう。

 それよりもむしろ、「偏見の暴走」や「幼稚さの暴走」と言ったほうが正しい。本来の正義とは、中立の立場で、酌量の余地も考慮しながら罰や解決への道を出す存在だ。しかし、彼らの正義は、片方の立場にしか立っていない。しかも、その人が同情できる立場にしか。

◆同情や感情移入が「公平さ」を左右
 人間は同情できるから味方ができるし、同情できるほうにしか味方になれない。つまり、人間にはなかなか公平に正義を行うことなんてできないのだ。

 「同情」は、感情が同一になるという意味で、帽子を飛ばされるショックには同情できるのかもしれない。しかし、コスチュームが縮んでしまったショックに対して同情できる人は少ないのではないだろうか。

 もし、コスチュームが縮んだという事象の抽象度を上げて、「大切なものを壊された」と捉え直して自分に適用することができれば、「仕返しに、相手の大切なものを壊さなかった木村花さんは優しい」と、このエピソードに対する解釈が変わるはずだ。

 帽子を飛ばされた男性側を擁護した人が多かったのは、公平に考えてそちらを擁護するのが正義だからというわけではなく、同情できる人が多かったからだ。「服を間違って洗われて縮んだくらいで、そんなに怒る??」と思った人が多かったかもしれないが、もしかしたら、プロレスラー関係者からすると、「大切なコスチュームを着れなくされて、帽子を跳ね飛ばされた程度ですんでよかった」と、思うかもしれない。

◆事態を悪化させるさまざまなバイアス
 そして、人間は一度、どちらかの味方についた瞬間から、その人を過剰に擁護するようになってしまう心理的バイアスを持っている。それが、「内集団バイアス」だ。

 「内集団バイアス」とは、同情できる人に対してや、同じ価値観を持つ集団、同じチームを応援する人、家族、職場仲間など同じ集団に属する人に対して好意的になったり、優遇するようになるものだ。

 例えば、応援しているチームが試合中に微妙なルール違反をしても無視できるが、対戦相手にはルール違反に対して過剰に厳しくなる

 さらに、片方に味方したあとに、自分の行動が間違っていたとしても、「確証バイアス」という自分に都合の悪い情報を無視するようなバイアスも働く

 番組を批判するツイートも多く見られるが、そのコメントしている人のなかにも、木村花さんにアンチコメントをした人が一定数いて、自分の行動による影響は無視して「アンチが出るように番組を作った番組側が悪いんだ」と、責任逃れをしている人もいるだろう。

◆自分の感情にも疑念を向けよう
 人は誰かの味方になった瞬間から、公平に物事を判断することができなくなる。「正義の鉄槌」を振るっている瞬間は、正義感に酔いしれて快感を感じているかもしれないし、その快感が更なる行動を刺激して、後戻りできないところまで行ってしまうかもしれない。どんなときも、自分の信じている正義が間違っている可能性を忘れず、正義感に依存しないように心がけたい

 謹んで木村花さんのご冥福をお祈りいたします

<文/山本マサヤ

【山本マサヤ
心理戦略コンサルタント。著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』がある。MENSA会員。心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ためのコンサルティングやセミナーを各所で開催中。

shutterstoc


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

MENSAって全然大したことないと分かった。理性が暴走しているのだとね。その優秀な頭脳で、壊れた人達はなにゆえ壊れたのかを追究するが良い


マスコミもいつも「正義感を暴走」させる偏向情報を売ってるよね


うん、そうだね。鏡いる?


この番組の視聴者層って主に女性でしょ。そして相手はイケメン。だからなぜか花さんばかりが誹謗中傷のターゲットになったんでしょ。忘れたまま出かけたのは悪いが共同生活してるのに洗濯機の残留物を確認しないで使うとかありえないわ


つまりマスゴミの偏向報道は正義感の暴走ではなく悪意を持った操作でしかないという自己紹介ですね。しってた


勝てば官軍というけれど、正義は立場によって変わるもの。だから正義という言葉を使うときに、一方的な見方になるのは当たり前。「正義感の暴走」は立場を間違っちゃったというだけだよね。日本語としては間違っていないと思う。もしかして、絶対的正義なんて、信じてる? うん、誹謗中傷者の倫理観は確かに欠如してるね。


いや、「正義感の暴走」って表現でいいよ。偏見とか幼稚さとかのレッテルを貼ったら単なる他人事で済んでしまう。「自分も知らず知らずのうちにやっているかも…」と誰もが振り返れるようにする方が大事。


「そこには微塵も正義などない」「『偏見の暴走』や『幼稚さの暴走』」それ、お宅で連載してるぼうごなつこさん他にも言ってやって下さいよ。


そうやって吸い上げた企業の利益ってどうなんでしょうねぇ


死者にムチ打つ気は無いが 被害者がTVを信じて人気を取る事を考えた時点で悪魔に魂売ったも同然 今なら解るTV業界のヤバさ この人は生贄だよね 責任転嫁するのはどうかと思う ついでに庶民を言論弾圧する為の道具として利用しようとする残酷 この事は一生忘れない 子々孫々迄伝えよう TVに憧れるな 取り込まれるな 碌でもない目に遭うからと 肝に命じて TVは卑怯モノ


>プロレスラー関係者からすると、 ・・・プロレス関係者の意見では、リングコスチュームは元々フィットするように出来ているので、とのこと。「縮んでいるようには見えない」らしい。


 ハーバーもアレな記事を書いているのは事実だが、この記者はまともな記事を書いているぞ 自己紹介とか言ってる人は正義感を暴走させていることに気付こうな


>「偏見の暴走」や「幼稚さの暴走」と言ったほうが正しい。 実際に偏見や幼さを暴走させてるハーパーが言うと説得力あるわ


くだらね~。タレント業で儲けてるやつが自身の行動で炎上して勝手に自*ただけじゃねえか。こんなんでいちいち法改正や規制強化なんかしてたら、そのうち日本はとんでもないことになるぞ。


自分たちが正義だと思い込んでるマスコミの話かと思ったよ


叩ける場所を探して叩いてるんであって、同情とか正義感とか最初から関係無い。


てか法に触れるような罵声ならともかく批判数が問題視されるのが意味わからん。学校イジメと違い示し合わせて集団でやったワケでなくコメント一人ひとり単体で発言してるだけでソレが悪いなら批判自体が悪になるぞ?それとも先着何名様まで批判OKになるのか?


幼稚さの暴走、ハーバー自身の自己紹介でしかありませんな。


すごいよなこの内容、相手を政府・安倍首相に変えるといつもマスコミの皆さんがやってることが全部当てはまるんだから。


いや、その「偏見の暴走」や「幼稚さの暴走」を当の本人が「正義」だと思ってやっているということに問題があるのだから「正義感の暴走」で正しい。もとより「正義の暴走」ではなく「正義感の暴走」と言っているのだから、主観を問題とした言葉だよ。この記事内でそのまんま主観に根差した「正義感の暴走」について解説しているようにみえるけど……


偏見の暴走…幼稚さの暴走…パヨちんやん…


すげぇな一から十までお前が言うな・お前もやってるだろと言える内容書けるのはすごいね


お前ら甘く見てるけどハーバーのコメ*能力はかなり高いよ。油断するな


出来る事は赤の他人への不干渉か傷ついた人への励ましの言葉くらい


言ってること全て自分に跳ね返る記事書いてるのが一番面白い。


「ネット上の誹謗中傷」というレッテルを利用して自分に否定的な感想を言う者すべてを取り締まろうとしてる。


彼女の死をこれ幸いと利用してネット批判に勤しむマスコミこそが、反吐が出る程の巨悪なんだよなぁ


えっ?私たちは違うとでも言いたげだね?面白くない冗談だ


どんな事情であろうと 勝てば正義 負ければ悪 これが正義の本質。


ハーバーとかプレオンとか めちゃ正義の人達だろ 悪い意味でな


このコメント欄を見れば記事の内容に納得せざるを得ない


30年ほど前のロボットアニメに、オッセッカイザーっていうおせっかいばっ*る敵がいてだな・・・。


ただの責任逃れじゃないの。マスゴミがくだらない番組つくらなければ、誹謗中傷も怒らないので*ことも怒らなかった。


で、こうなった原因は何だったんだろうな。そこを徹底的に調べて欲しいわな。


マスコミほど歪んだ正義感を振りかざしてる極悪人はいないけれどな?


いつものようにコメが全てブーメランだな、近親憎悪か?


「正義を騙るアホ」でいいよ、マスコミも「報道の自由に対する責任」を考えて欲しいねただ垂れ流すだけなら井戸端会議のおばちゃんと変わらんぞ




この記事へのコメント

人気記事