10万円が一向に振り込まれない。港区議会議員に電話をしたら…


◆都内でも振り込まれ始めた一律給付金

 5月1日よりオンライン申請が開始された、新型コロナウイルスに伴う1人10万円の「特別定額給付金」。オンライン申請開始当初はマイナンバーカードを持っていなければ申請できないことなどが話題となったものの、5月下旬には誰もが申請できる紙の申込書の郵送も開始された。そんななか、多くの人の関心はいつ頃10万円が振り込まれるのかではないだろうか。

 オンライン申請が開始されすぐに申請をしたが、「振込みが遅いなと思って」港区議会議員に問い合わせをしたと話すのは東京都港区在住の木下学さん(男性・仮名)だ。

コールセンターに問い合わせたが対応が悪く、港区区議会議員に連絡をした

5月7日オンライン申請をしたのですが、6月になっても振り込まれなかったので、遅いなと思って6月3日に港区の定額給付金コールセンターにどうなっているのか問い合わせの電話をしたんです。でも、コールセンターに出た人は、私の名前などの個人情報を一切確認せずに、『ここでは個別に教えていません』の一点張り。マニュアル通りにしか答えてくれない印象でした」

 木下さんは港区のホームページに記載されていた定額給付金コールセンターに問い合わせをした時の様子をこう語った。『ここでは個別に教えていません』としか言われなかったため、自分のオンライン申請が不備なくできているのか、自分の定額給付金申請の状況を知りたいと伝えたのだと言う。

 すると、「オンライン申請をすると区役所があなたのマイナンバーを照会するときにデータを出力したタイミングであなたにメールが届くはずです。でもそのメールが届いていなかったのなら処理がされていないことになります」と伝えられ、メールが届いていない旨を伝えたところ、「それなら申請できていないかもしれないから、もう一度紙の申請もやってください」と言われたそう。

「区民が求めるのは個別のステータス確認やいつ振り込まれるのかといったことです。そういうのを(私の情報を照会して)確認するためのコールセンターじゃないのかなと疑問に思いました」

 そこで木下さんは次の手段に出た。

「港区議会議員に連絡しようと思いました。ネットで「港区 区議会議員」と検索し、議員一覧に出てきた人に何人か電話したのですが、ほとんどの議員事務所には繋がりませんでした。黒崎ゆういちさんという議員の方だけ秘書が出たので、『困っている』と伝えたら『議員にお伝えしましょうか』と言われたのでお願いしたところ、15分後に黒崎さんご本人から折り返しがありました」

 事情を説明したところ、「わかりました、港区の給付金担当者に確認させます」と言われ、10分後に担当者から電話があったのだそうだ。

「『確認したところあなたの受付はちゃんと完了しておりますので、6月5日には振り込まれるということが確認できました』と言われ、無事に6月5日給付金が振り込まれました」

◆港区の特別定額給付金窓口はどのような現状か

 いつ振り込まれるのかを確認するのに、全港区民が区議会議員に問い合わせをするのは現実的ではないし、いささか強硬手段のようにも思える。そこで、現状、港区の特別定額給付金窓口はどのような現状になっているのか、港区役所に電話で取材をした。

 担当者によると、給付金の窓口対応の状況は、

オンラインの申請の処理がすべては終わっていないのでその処理をしつつ、さらに郵送での申請も受付しているのでその対応に追われている状況です」(港区特別定額給付金担当者、以下同)

 しかし、給付金に関するコールセンターについては、木下さんが問い合わせた時よりも状況は改善していると言う。

オンラインの申請が5月1日から開始されましたが、多数の問い合わせをいただきました。当初はオンライン申請の不備や重複の申請が非常に多かったので正確な情報の整理に時間がかかっていたことは事実です。

しかし、6月よりオンライン申請をされた方の振込手続きもひと段落し、データ集約可能となりました。現在では、コールセンターにて申請番号を言えば折り返しのお電話にてその方の申請の状況をお伝えできる状況です」

 申請番号と名前・住所を伝えることで、現在自分は「申請中」なのか、あるいは不備などがあったか、振込み待ちなのかといった状況がわかるそうだ。木下さんが望んでいた状況は叶いつつあった。ちなみに、まだ振込がされていない人は、目安としてどのくらい待てば振り込まれるのだろうか。

「原則として、申請頂いてから1か月程度での入金を目指しています。実際、オンライン申請をされた方については申請から1か月程度で入金できています。

郵送での申請をされた方については、5月25日から受付を開始し10万通近い書類が来ているのでどうしても時間がかかっている状況です。それでも、オンライン申請をされた方同様、概ね1か月での入金を目指しています。

5月29日から給付開始をしていますが、どうしても順次となってしまうことはご理解頂きたいです。早い人だと1~2週間で振り込まれる人もいるなどバラつきはありますが、目安としては1か月を目指しているのでそのくらいだと思って頂ければと幸いです」

 区の在住者全員からの申請の対応に追われていることは想像に難くない。それでも1か月での給付を目指してくれているという状況がわかった。目安として1か月くらい、というのがわかれば申請後必要以上に不安になることもないだろう。

「誤りなく迅速な給付処理に向けて全力をつくしている状況です。大変お待たせして申し訳ありませんが、1か月程度お時間を頂いてしまうことについてはご理解を頂ければと思います」

 一刻も早く給付金を手に入れたい気持ちはあるが、区役所の担当者も全力を尽くしてくれている。不要不急の問い合わせは避け、1か月を目安に静かに待つとしよう。

<取材・文/松本果歩>

【松本果歩】
恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライターコンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。Twitter@KA_HO_MA

写真/Adobe Stock


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

要約すると・・・港区では申請完了から振り込みまで1か月近くかかりました。状況がわかりづらいのでなんとかしてください。以上


電話で進行状況が確認できたりしたら成りすまし詐欺待った無しなんですが


実際に処理をするのは役場の人間だし、そうそう早くは終わらんだろ


ここまで必死だと引くわ。そんなに待てないもんか?


港区に住んでて、そんなに貧乏なの?


港区の受給対象者全員分を順番にチェックして一ヵ月で受給とかむしろ早いのでは?少なくともこいつがクズだってのはわかった


実務で考えれば処理して一定数溜まったら、振り込みしていく感じになるだろうから、何十万人もいるのに申請してすぐ振り込まれるわけないだろ。あほなのか。動いてあげた議員は有能だが、こんなことで議員動*のは害悪。


3月の時点で消費税0にすれば実質的な10万円になったのに。


なんで、区議会議員程度がどのくらいの作業状況か現状把握してると思ってるの?


議員に電話するっていう発想がすげぇわ(悪い意味で)。対応した議員もすげぇが(いい意味で)、議員からの問い合わせだと明確な回答来て振込みもされるってのは闇を感じる


ただの*クレーマーガイジ


役人にとって議員さんは人間で俺たち庶民は家畜だということがわかる記事ですね。


消費税0にしたらシステム屋とか事務仕事の人たちとかが死にそう


その電話で余計遅くなる


頭が狂った道化>>何故議員が知ってると思って電話したと思ってるのか意味が分からん。議員に電話するというのはてめーから担当部署に圧かけろやという催促でしかないのだが…


あと二日待ってれば給付されてただけの話じゃないの?


でも消費税0にしたら消費の大きい金持ち優遇だとか言って叩くでしょ?


世の中にはこんな行動力のある無自覚の迷惑人間が存在しますのでうかつに連絡先を他人に知られるような所に載せないようにしましょうっていう啓発の為の記事ですね、分かります。




この記事へのコメント

人気記事