負けたストレスで夫が乱暴に――「スプラトゥーン2」のAmazonレビューに反響 「自分の暴言に反省」「ゲームでなくプレイヤー自身の問題」


 「対戦にハマって以来、穏やかで優しかった夫が暴言を吐くように」「負けたストレスで物に当たってしまう」――。「スプラトゥーン2」のAmazonレビューに、一部恐ろしいエピソードが上がっていると話題を呼んでいます。

【発端のAmazonレビューとその反響】

 話題のきっかけとなったツイートでは、4件のレビューが紹介。ある人は言動が粗暴になって人間関係が冷え、ある人は負けるたびにコントローラーや家電、壁などに八つ当たりしてケガをするなど、対戦ゲームの負の面が色濃く出たエピソードつづられています。

 ツイートは広く拡散され、「ゲームへの風評被害」「さすがにこれは特殊な例では」「確かにイライラしがちなゲームだけど、対戦ゲーム全般の問題でもある」「やりすぎはよくないけれど、それだけ面白いゲームだとも言える」など、さまざまな意見を呼びました。「ゲームに問題があるのではなく、プレイヤー自身が抱える問題なのでは」といった指摘も目立ちます。

 ただ、レビューで挙がっている話は極端な例としても、「ある程度は事実」と認める声も多く、「ゲームをやめたら穏やかになった」といった経験談も。「私もこんな状態になっている?」「確かに暴言吐くかもしれない」「確かに心がすさんでいくのを実感することもある」と反省する人もみられます。

 勝ち負けでイライラするくらいならと、「サーモンラン協力プレイモード)」を勧める声も。また、「子どもが適切な感情の発散方法を学ぶ機会にはなる」「負けを受け入れるという人生の大事なことをスプラトゥーンから学べた」など、ゲームと上手に付き合う人もいます。ゲームは1つの娯楽ですが、勝負ごととしてみると、熱くなりすぎる人には向かないところがありますし、遊びがかえってストレスになるようであれば、適度に距離を置くのがベターと考えた次第です。

スプラトゥーン2


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

逆なら定期


いやゲーム内容のレビュー書けよ。 実際の文面読んだけど「人差し指の第二関節おかしくなった」だの何だのってそんなの知るかよ。てか☆1付けたいだけだろこれ


まぁ早い話が、サルにプレイさせるなってことで(笑)


将棋をしても、相手が卑怯な待ち駒なぞして こちらが窮地に陥ると嬉しそうに囃したてるので、怒って相手の顔に駒を投げつけ流血させた、などというパターンも(笑)


負けたストレスで夫が乱暴に………ってシチュは嫌いじゃない


遊んでるプレイヤーがやべーやつ定期 今までそんなことなかった?猫被ってただけだと思うよ……


こんなげーむにまじになっちゃってどうするの


スプラトゥーンでそれなら桃鉄やドカポンをプレイさせたら*合いになりそうだな


GK必死かよ


人が多く集まるものはゲームとか関係なくヤバいやつも少なからず出るのはもはや必然。そういうやつとは離れて自分もそうならないように気を付けよう


評価下げのいわゆる工作レビューかと思ったが世の中にはマジでコントローラ投げたりテレビやモニター叩き割ったりする頭おかしいのたまにいるしなあ…何にしろ知らねえよとしか


ゲームのせいにするんじゃない!絶対に家族にリアルでペンキ撒き散らすなよ!


商品レビューなのに発送が遅いとか商品に関係ないことで★下げてる*もいるよな




この記事へのコメント

人気記事