子どもの「暇」連呼に怒ってしまうのはなぜ? 自分の気持ちに向き合った漫画が身につまされる


 外出自粛中に“暇”を連呼する子どもたちに対して抱いた感情を描いた漫画が、小学3年生の女の子マルコちゃん」と年中さんの男の子「イチオくん」を育てるくま母さんブログ「くま母もよう」に掲載されています。

【画像】漫画の続き

 休校・休園で家にいる時間が長くなり、「ひま」をよく言うようになった子どもたち。しかしお手伝いや、母の提案の遊びは却下するという反応に、くま母さんも堪忍袋の緒が切れ「暇な時間作るのも自分! 何か探して!」と怒ってしまいました。

 ……という出来事があって1週間後、くま母さんは家族4人で食卓を囲んでいるときに「なぜ怒ってしまったのか」を穏やかに説明しました。

 子どもに「ひま」と言われると、責任感を感じてしまう、責められている気分になると言うくま母さん。もちろん子どもはただ暇だから「ひま」というだけなのはわかっていても、その「ひま」を解消してあげられない自分、いつも相手をしてあげられるわけではない事実に罪悪感を感じ、ネガティブな気持ちが募り、自粛中の不安やイライラが相まった結果、「怒り」にかわってしまったのだと。

 すると、妻の話を聞いていたご主人が一言「なんて優しいママ!」。驚いて話を聞くと、ご主人は子どもたちが「○○がしたい」と言われれば対応したけど、「ひま」と言ってもなんとも感じなかったと。「ママって本当優しいね。こんなにみんなのことを考えてくれて」というご主人の言葉に、子どもたちも共感。

 「もう、ひまひまいうのはやめよう」「うん! そうだね!」子どもたちの言葉、ご主人の優しさに触れたくま母さんはうれしさのあまり大号泣! 1番身近な家族がこうやって寄り添ってくれて、お疲れ気味の心が本当に救われたというくま母さん

 でも、きっとくま母さんがいつも真剣に家族のことを考えていて、怒った自分を反省し改める真摯な人柄だからこそ、家族も理解し寄り添ってくれるのではないでしょうか。

 外出自粛中は多くの家庭で小さなイザコザが起こっていたと思います。これからもおうち時間が長くなるであろう日常、もめごとが起こったときはくま母さんのように一呼吸おいて、自分の感情に向き合い、「本当に思っていること」を素直にさらけ出すと、良い結果を生むかもしれませんね。

 さて、くま母家では早速翌日から子どもたちの間で「ひ……ウノしよ!」「ひ……なんでもない!」と、“暇って言ったらいけないゲーム”が開催されていたということですよ。

ねとらぼGirlSide/かのん

子どもたちの「ひまー」連呼。思わず怒りが爆発してしまった母でしたが……


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

責められてるように感じちゃうんだよな。でもそこで「家事の手伝い」を覚えると子供はグンと成長する。「~やっとくね」って言えるようになったら自立への第一歩。


ひまわり動画がどうしたって?


子「ひまー」 母「こっちは忙しいんだよ!」 と、テレワークが忙しくてイライラなのかと思った


ほんとに優しい人間は最初から気づいたうえで子供を諭します


その、ひまひま言うのやめなさい!


ひまひまってクレヨンしんちゃんじゃないんだからさあ。というかネットに繋がる環境ならネットで無料や安価で遊べる方法を一緒に見て、どれをやりたいか聞けばいいじゃん。100均でピンポン玉買って来て遠くにコップ置いて投げ入れるだけでも遊べるゾ。却下されても1回くらい目の前でやって見せるとかさ


ひまひま言うやつはネットゲームでもよくあったな、お前が今やってんの何なのかと ま、それはおいといて、この機会に自分または自分達で話し合い複数の目的とその優先順位を作り実行していく機会にするといい 自主性や先思考や段取りが身に付くかもしれない そのための流れを親がいろんな身近なものを使って賢く用意できるといいが


暇なの…じゃぁ勉強しよっか(ニッコリ)って親に言われて以来、黙々とゲームする子になりました。


「怒ってしまうのはなぜ?」という設問はできるのに「“暇”を連呼するのはなぜ?」という設問はできないのかな? 前者は逆転移かもね


自分が楽しむ手段を自分で作り出す能力は大事。




この記事へのコメント

人気記事