蚊にさされたら冷やす? 温める? どっちが効果的なのか専門家に聞いてみた


 夏が近づき、蚊を見かけるようになりました。先日、一年ぶりに刺され、やっぱりカユイんですよ。なんとかならないものでしょうか。

【その他の画像】蚊に刺された人

 そんな季節柄か、ネットでは「蚊に刺されたとき、温めるとかゆみが治まる」という情報が広がっています。以前、ねとらぼでは「冷やすのがオススメ」と紹介しましたが一体どっちなの!? あらためて、専門家に聞きました。

 ネットで流れているのは、「蚊に刺されたら20分程度、熱いタオルなどを、やけどに気をつけながら患部に当てると、かゆみが止まる」というもの。蚊に刺されてかゆくなる成分がタンパク質であるため、熱で変性するという理屈です。

 この情報は正しいのでしょうか? 「ムヒ」でおなじみの池田模範堂の高橋亜貴子さんにお伺いしました。

 一般的に、普通にかゆみ止めを塗って治まる程度の虫さされであれば、「炎症を抑える」効果を主に考えて、冷やす方を推奨しているそうです。

 かゆみ成分が熱で変性するのか、具体的な実験データは見たことがありませんが、かゆみの原因となるのがタンパク成分であることは間違いなく、タンパク質が熱で変性するのも一般的な話ではあります。

 ただし、タンパク質が変性するほどの温度であれば、かゆみ成分が分解されたとしても、周囲の細胞も変性してしまいます。結局、やけどさせてしまうことになるので、適切な方法ではないと判断しています。表面にやけどの症状が出ていなくても、なんらかのダメージは与えられていると思われます。

 同社のお客様相談にも「温めた方がいいのか?」という問い合わせはあるそうです。そこでも「一般的に肌へのダメージの方が多いので、むしろ冷やす方がいい」と説明しています。

蚊に刺されたら「冷やす?」「温める?」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

足の裏に刺されると堪らないよね。


個人的にはタバコの火で焙ってるけど、ヒリヒリしてかゆみを感じなくなる程度の意味しか感じてない。


爪で十字つけるんやで。って書こうとしたらやっちゃだめって記事が下にあった。じゃあ冷やす。冷やすと薬いらないんだけど製薬業じゃ口が裂けても言えないわな


患部を冷水で水洗いした後にムヒ塗ります。


今年も、夏限定で彼女ら(メス)にモテモテの最高に熱い夏が始まる!!


腕とか手の甲だったら口で吸い出すし、その他のところで皮膚の柔らかいところなら、ボールペンの芯を抜いて、刺されたところに鞘の口先強く押し付けて毒出しする。


血が出るまでかきまくってそこにキンカン。思いっきりしみるけど一発で痒みが消える。


そんなことはいいから蚊をこの世から消してくれ。


とはいえ蚊を絶滅させるとそれを餌とする昆虫が飢える。蚊は必要悪なのだ


蚊ならほっとくけど、関節付近をブヨに刺されると曲がらないくらい腫れて痺れるから、毎回火傷覚悟で熱湯をかけてる。朝夕2回もすれば次の日には殆ど腫れは引いてる。


そっと叩いて、つまんで蟻のいる所に落としてます。蟻「天からの施しじゃあ!」


掻きむしらない程度に掻くがノミ刺されは痒さが尋常じゃない


蚊は「繁殖するためにたまたま人間に恨みを買いやすい行為をする必要があった」ってだけで蚊に悪意があるわけないしな それはそれとして鬱陶しいから潰すけど そうか水で冷やせばいいのか


塩を擦り込む。検索すれば出てくるが、だまされたと思って一回やってみて。


刺されたところに爪で×をつける。これでかゆみは収まらないからやってみるといい


騙されたと思って蚊取り線香の灰を摺りこんでみろ。騙されたと思うから。


前に42℃のお湯に1分浸けると効果があるって記事を見かけたが、ガセだったか


地球上でもっとも人間を*た生物は2位の人間を抑えて蚊が1位。やつらは人類の敵なのだ。ガチで。




この記事へのコメント

人気記事