誹謗中傷ツイートを自動保存する弁護士サービス、批判受け「悲しい投稿を保存」に変更


 Twitter上の誹謗(ひぼう)中傷ツイートを自動保存する「誹謗中傷ログを保存する弁護士集団」という有名人向けサービスを始めたアトム法律事務所弁護士法人は6月12日、同サービスの名称を「悲しい投稿を保存する弁護士集団」にあらためた。

【その他の画像】

 もともとは、有名人やタレントなどがTwitter上で受けた中傷ツイートを自動保存し、弁護士名義で発信者へ警告のツイートを送るサービスだった。しかし、当初の仕組みでは利用者の意思で任意のツイートに対し弁護士名義の警告文ツイート送れてしまうことなどがネット上で問題視され、同法人はサービスを10日に一時停止。

 同法人はサービスを停止後、サービス経由で送った警告ツイートも削除。12日に、「『悲しい投稿を保存する弁護士集団』に名称をあらため再出発する」とツイートした。

 変更点は主に、「(発信者へ通知する)ツイートタイトルを『警告』から『通知』としたこと」「『誹謗中傷』とは特定せず、心理的に傷ついて悲しいという通知にとどめること」──など。

 変更後のサービスでは、ツイートの保存のみにも対応する他、発信者へ通知する際には同法人側で審査を行うとしている。

 同法人は、「細かいバグを修正して、月曜日(15日)に再開予定」としているが、15日午後8時時点で新たな投稿はない。



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 nettrouble.docomo.ne.jp)



<このニュースへのネットの反応>

いろんなこともお金になるもんなんですね。


どうやって判別するんだろ?PCが空気をを読めるとは思えないんだが


とりあえず、言い合いになってる場合、片方だけ被害者にするのはやめろよ?最悪当たり屋みたいなのもいる*


「当初の仕組みでは利用者の意思で任意のツイートに対し弁護士名義の警告文ツイート送れてしまう」これってちょっとした悪口よりも精神的追い込む悪党側のやり口にならない?^^;勝手に弁護士名義で脅しをかけれたってことでしょ?


反日優遇工作が想定される。運用開始してから恣意的運用が明らかになるまで何日かかるかね…。


弁護士の名義貸しという犯罪行為やろうとしたんだろ?


警察がちゃんと動けばいじめ保険なんか必要ないのに弁護士がいじめ保険やりだした。なんで警察の怠慢を弁護士が一致団結して追及する方向へ行かないのか?この誹謗中傷ツイートについても、警察が被害者を門前払いすることが多いから弁護士が必要になっている。なぜ弁護士が一致団結して警察の不当な対応と戦わないのか?


この記事だと「利用者が勝手に弁護士の名義で相手に通知送れる」が改善されてないんですが。まあ「無能な弁護士が名義貸し(あるいはテンプレ書類)で金儲けする仕組み」ありきだと変えようがないよね


無名な人が受ける誹謗中傷に対するサービスはないのね


なんでもいいから、誹謗中傷の定義だけはしっかりと作ってほしい。セクハラやパワハラみたいに、「相手が誹謗中傷だと思ったらぜんぶ誹謗中傷になる」とかだったら、それもうただの言論の自由の侵害やで(マジレス)


基本的人権として、危なそうなコメントは自動削除する仕組みが無ければ運営させませんで良いと思う。


名称変更しただけでやってることは同じじゃないの?


(訂正)基本的人権として、危なそうなコメントは自動削除する仕組みが無ければ投稿サービスを運営させませんで良いと思う。


『警告』から『通知』とか心理的に傷ついて悲しいとか意味わからん。そんなことしたところで言ってくる奴は反応が合ったって喜んでまた突っかかってくるぞ。しかも傷ついた・悲しいって言われた側にとってだろ?それを自動保存するならスクショした方が確実だしサービスを使うまでもない。弁護士は来たことを誠実に対応すればいいんだよ。




この記事へのコメント

人気記事