ある程度稼ぐと「物欲がなくなる」は本当か?


お金に困っている人ほど浪費癖があるものです。その一方である程度お金を稼ぐと、「徐々に物欲がなくなる」という話があります。

筆者はビジネス柄、お金をたくさん稼ぐ方と付き合いがあるのですが、彼/彼女らは積極的に資産運用、自己投資、事業投資にお金は使うものの、総じて「消費のための物欲」はないように思えます。筆者自身、決して富豪などではないものの、自身でビジネスをすることで、所得がサラリーマン時代の10倍以上になりました。その結果、自分自身が物欲はほとんど消えてしまい、驚いた経験があります。

なぜお金が増えるほど物欲がなくなってしまうのでしょうか。その真相を解説します。

物欲の多くは「承認欲求」が生み出している

「マズローの欲求段階説」という有名な話があります。人間は下位の欲求を満たすたびに階段を登るように上位の欲求へと進むという話です。

ほとんどの日本人は食べるものに困っておらず、雨風をしのぐ家を持っています。また、会社や仲間がおり、「毎日が生きるか死ぬか?」という生活をしている人はあまりいません。そのため、多くの日本人が行き着く先は「承認欲求」です。周囲を見ればみんな同じ文化、同じ言語、同じ環境で育った人ばかり。こうした環境下では「横並びから脱して、自分は特別でありたい」という気持ちが芽生えるのです。

その結果、周囲から抜きん出た存在になりたくて競争的になります。日本人は大人しく見えて、その実、意外にも競争的な国民性だと感じます。SNSをみれば承認欲求を満たすために、ブランドバッグや高級タワマンで充実した時間を過ごすサマを見せびらかしたい人は山のように出てきます。また、学歴マウント、勤務先マウント、収入額マウントなど絶えず他者を意識してしまうのは、承認欲求を満たすためなのです。

物欲が強い人は、自分が使うために「必要だから物を買う」というより、「人によく見られたいから買う」という行動を取りがちです。他者を強く意識し、認めてもらいたい欲求を叶えるための物欲はバカにならない出費です。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

合理的な人は無用な買い物をしない

一方、収入が増えたことで、無用な買い物はしなくなる人がいます。なぜなのでしょうか。

行き着いた答えは、収入を増やす過程で、ある程度の承認欲求が満たされるためではないでしょうか。収入が増えるということは、ビジネスで成果が出たということです。ビジネスで成果を出す体験を経て「自分はできる」という自己肯定感を高めることにつながります。

また、ビジネスで商品・サービスを提供してお客さまから喜んでもらうことができれば、背伸びをして自分をよく見せなくても、他者承認を得られて心が満足します。それ故に他人に見せるための不要な買い物がなくなるのです。

また、ビジネスを育てる過程で「ムダなものは排除する」という断捨離の思考が養われることも、理由の一つにありそうです。収入を増やすためには、合理的なビジネス的思考が問われます。ムダを排除し、収益を高めるための施策を打ち出す必要があるのです。収益をいくら高めても、それ以上にムダを生み出しては意味がありません。

そのため、ムダを捨て、本質的なものだけを求めていく過程で「不要なものを買う物欲」も消えるのではないでしょうか。

いつでも手に入るものは欲しくなくなる

もしかしたらこれが一番の理由かもしれません。それは「いつでも手に入るものはほしいと思わない」ということです。

人間は「限定品」に弱いものです。期間限定、数量限定と言われれば、それまで買うかどうかの選択肢に入ることがなかったものも「今しか手に入らない」と物欲が湧いてしまうもの。テレビショッピングなどを見れば分かる通り、「注文殺到中、あと◯◯個で終売!残り◯分!」など限定性をアピールすることでたくさん売れるのです。しかし、個数制限、期間限定でなく、いつでも買える状態であればそれほど売れないことは明白です。

「いつかは憧れのあの商品がほしい!」と思い焦がれると、欲しい気持ちはドンドン高まっていきます。「ほしいけど、簡単には手に入らない」 、それによって欲しい気持ちが強くなっていくのです。

しかし、ある程度所得を得ると、そもそも物欲が減る上に「買おうと思えばいつでも買える」ものばかりになってしまいます。そうなると、「必要になった時に買えばいい」と考えるのです。筆者は昔、意味もなくショッピングをするのが大好きでした。用事もないのにお店にいってはウィンドウショッピングをしているうちに衝動買い、ネットで使う予定もない調理家電を買ってホコリをかぶった結果、ネットオークションで販売することになった経験は何度もあります。が、今はもう「必要な時に必要なもの」だけしか買うことはなくなりました。

高額所得者の家へ行くと、驚くほどものがなく小綺麗にしていることに驚かされます。それは物欲がなくなって、必要不可欠のモノ以外を断捨離した結果なのかもしれません。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

大リーガーとか高額の年俸貰ってた人が引退した後、破産する率が高いとか、高額の宝くじ当てた人があっと言う間にもらった金使い果たすってのをどう説明するのかねえ。人の欲望には限りがないよ。物欲が無くなるのは金持ちってのとはまた別の問題だ。


破産してない人と破産した人の割合が分からんから何とも言えんな。


反例がいくらでもあってしょせん個人差にすぎないものを十把一絡げで物欲がなくなるなんてウソ書くなよ。


マイコーは遊園地を買ったし犬作はナポレオンの所持品を買い集めたしジョニー・デップは破産するまで帽子を買い集めたし毛沢東は窯を復興させてまで景徳鎮を焼かせたし、どう考えても「お前がそう思うんならそうなんだろう」案件


金は経験無いから知らんが、積みプラと積みゲーは100を超えたらそれ以上欲しくなくなるな


でも稼いでる芸能人やらプロスポーツ選手やらはハワイに豪邸持ってたりするからなあ。仕事への満足度の問題じゃねえの? 仕事が趣味みたいな存在になれば、所詮自分の稼ぎじゃ陳腐な家電を買うくらいしかできないことに気付いて保険やら貯蓄に回すと。でも莫大な額稼いでる人間はそれでも銭が余るし夢のある買い物もできるからばんばん使うと


x物欲がなくなるo物欲云々いう前に買ってしまうし収納が十分ある家に住むからモノがあふれているように見えない。


んなわけねー、物欲ない人は無駄遣いしないから結果的にお金が貯まってただけじゃないの?


ちょっと違うけど、モンハンとかの装備集めゲーで万能で強い装備を手に入れるとその数値以下の装備を集める気が無くなるみたいなのはある。でも雑魚装備でも全部揃えないと気が済まない人もいるわけで、これもうわかんねぇな。


ビルゲイツはワクチンを作ったりしているし日本でも価格コムの創業者が会社売って一生困らない金を持っても満たされなかったからまた起業した、みたいな話あるしマジで人それぞれ


違う方向に向くだけで、恐怖ある限り周りにいろいろ揃えた意欲はなくなるはずもない


揃えたい、だ、うう


お金の管理はしてるけど欲しい物は欲しいわ、つーか、この手の『日本がデフレになったのは人から欲がなくなったから』論者、冗談抜きで死滅してくれた方が日本の為だと思うんだけど


税務署対策で倹約しだすだけだぞ


女に不自由しなくなると性欲も減退するのかな…? そんな目にあったことないから想像もつかんが.


ビジネス柄じゃなくて、職業柄ね。


欲望の大きさは人それぞれ、中には底が抜けた器の様な人もいて満たされようが無い人もいるんじゃないかな?


元から物欲が無いだけだわ


著者は、成金って言葉を知らないようだ。 あれこそ、ある程度稼いだ結果起きる承認欲求の例だと思うのだが。


×ある程度稼ぐと物欲が無くなる 〇物欲が無くてもある程度稼ぐことができる ◎欲望が深かろうと稼げるかどうかとは無関係なので欲張らず適度に欲望をコントロールしなさい


じゃあなんで十分金があるのに脱税と*るの?


これが本当なら共産圏はもっと素晴らしい国なってるはずです。


人の欲望に限界なんてありませんよ  自己犠牲精神の聖人や修行僧じゃあるまいし


独身一人暮らしだと、年収2000万円で満足するって聞いたことあるな。タワーマンション、デザイナー家具、高級車、オーダーメイドの服と靴、価格気にせずに外食、ファーストクラスで海外旅行、電車使わずタクシーで移動、程度のことは日常でできるらしい。それ以上行くと犯罪者や寄付目当てのめんどくさいのが寄ってくる。


そもそも稼ぐ前から無いよ。…小さなころ欲しいと思ったものは(今実際に欲しいかどうかを別にしても)様々な"ルール"でなくなったりすることもある(単純な流行り廃りや、次々できる規制、海外への輸出ルートなどで当時いくらでもあった自動車やおもちゃ、CDやゲームといったコンテンツ…)し、そもそもある範囲で楽しむから…。


日本なんかは1000兆円級の貯蓄あるけど、中国はあるだけ使っちゃうし…だからこそ経済が回って2位になれたんだろうけれど


「物欲がなくなる」人も居る。


世界の上位20人が9割の資産を持つとは言っても、逆に言えば世界一の富豪になったところで所詮世界のすべてを手に入れることはできない、ということでもあるし…。あればあるだけいいとは思うけど、私にとってはお金は誰かを喜ばせるために使う方が意味があるから、誰かに買ってあげたジュース120円の方が転売で稼ぐ数千円より意味がある(転売とか一切しないけど、やろうと思えば)


お金自体が欲しいかどうかなら欲しいですね、それを元手に増やすのは楽しそうだとは思いますから…。増やした分の半分程度しか自由に使うつもりはありません。その方が増やしがいもあるというものですし、何かあったときに助かりますし。


物欲無い人がなんでいつまでも資産運用してるんですかね?お金を使うところが変わっただけじゃないですかね?


>tadarepanda それは一言で言うならオタク趣味だから、当人にとっては「無用な買い物」じゃないんじゃないか?


本当に欲しい物が手に入って、簡単に手に入れられる様になってるか否かの問題だろうね。欲は満たされない限り消えないのだから。


金を集めるのが手段から目的に変わることってやっぱ実際にあるんかね?金を集めることが趣味になるというのか


物欲が無くなっても、もっと稼ぎたいという欲は無くならないと思う。


稼ぎ(貯蓄)に比例して安い物には手を出さなくなる(=物欲が減る)ってことはあると思う。それと潤沢に金があると空間にも金をかけるようになるからパッと見は物欲が無いように見えるのかもな。


早いうちに自分が本当に好きなモノに出会えたら無駄な散財はしなくて済む。迷って流行を追う俗物が一番無駄だし虚しい。理想は金の掛からない健康を害さない楽しみを持つこと。


個人的には、欲がなくなったら人間として*でるのと同じだと思うわ。そんな人生、幸せ感じるかな。


今の日本で会社員であれ何であれ、高給取りの人の中で本当に「悪い事」をしていない人はどれくらいいるか?他人の不幸の上にお金を手にしていないとどれだけ胸を張って言えるか?大企業ほど関西電力の様な事はあるのでは?とも。今は物欲は無くなったと言ってもお金は天下の周り物で失う心配は尽きないのが現状の筈。問題は小欲知足を知る人こそが正常な人の在り方で、欲深い人は欲深いよ


趣味があるといくらでも散財できるけどね、オーディオとかどうすか?


数値化されたデータとして論拠を示してもらわないと「※個人の感想です」「※諸説あります」の域を出ないと思うんだ。


今度はその退屈を埋めるための遊びに使うようになるだけよ 集団生活で生きる人間種は種の未来の繁栄のため他人の為にこそ生きる価値があるというのに間抜けな話よ


稼げる人は消費財に興味薄い人が多いからそう見えてるだけな気がする。普段使う車として1000万の高級車買うより、100万の普通車と900万の株やら金やら買うみたいな感じ。


Q,本当か?A,嘘です いつでも手に入る物は欲しくなくなる代わりに、なかなか手に入らないものを欲しくなり金を使うのだから物欲がなくなるわけではない


今3億円とかもらったら1か月で使い切る自信あるわ。普段は自制しているだけで欲しい物なんて挙げようと思えばいくらでも挙げられる。


経験則だと、物欲が薄くなるのは正しい。個人が欲しいと願う物は、そう多く無い。代わりに性欲が増す。 これも事実。


全てではないが快感には上限がある。金をかければ快感が高まるかと言えばそうじゃない。個人的には「いちごオレ」。ひとくちめが一番おいしい。快感も繰り返されると鈍って来る。だから「快感」をコントロールする。快感に上限があり鈍化するのはわかっているのでメリハリと言うか自分をある程度「飢え」の状態に置いてからだと快感が高まる。(と、無職の貧乏人が申しております)


満たされてる人はギャンブルしないって理屈と同じかな


この記事が正しいことを証明したいので毎日1億円ください


目的と手段が逆転したってだけじゃないか?金を稼ぐのが手段じゃなくて目的になった結果、本来の目的だった物欲からすり替わったってだけで


要するに、高額所得なのに物欲まみれの奴は人間じゃない


金があると使っても困窮しないからそう見えるだけだぞ、と……コレクター趣味のオタクやマニアに同じことを言えるかって言ったら多分無理だと思う。倉庫を複数借りてグッズ保存する人とか、推しキャラの同じグッズを何個も買う人とか、あの辺の人たちは金がいくらあっても足りないんじゃないか。


実際に金を稼ぐ&貯金9桁持つと分かるけど大抵社会の消費物って「人を利用して経済を回すもの」が多いから実際にその立場にならないと大金を稼げない分「物欲があっても人に利用される」事が多いと気付いて買う気が失せるのよね。だから実際に投資として見れない趣味はやる気がなくなる。因みにリーガーの散財は経済を見る器が小さいだけか育ってないだけの話だよ。


物欲が減るというよりは「いつでも買えるから後回し」になるだけじゃないかな。優先順位の問題で減ってはいないだろ。


確かにそこそこ裕福になって物欲が一気に失せた。給付金の10万円も先月書類届いたけどまだ申請していない。今すぐ10万もらおうが10万無くなろうが自分の生活に何の影響も無いしな…


物欲の代わりにどぎつい金欲が出てくるんやろなあ


年取ると物より思い出っていうけど今ある物欲が満たされてるから物欲がないだけじゃない?


実家が太くてもともとかなり満たされた人が年収900-2000万とかになってくるとそもそも買うものなくなる「若い頃から乗ってる年代物BMころがしながら」とかなら聞いたことあるけど。


自分は自営だけどお金を稼ぐのにお金が必要だから無駄遣いしなくなる。ギャンブルもやらなくなる。運転資金があればあるほどお金を呼ぶからね。


カネは最低限でいい。欲しいのは時間だ。


想像で書いた稚拙な記事掲載すんなよ。金持ちは交友関係に金使ってんじゃないの?知らんけど。


明治・大正から続くお金持ちの名家はそんな感じですよ。本当に良いものに囲まれて育っているから、今更、あれこれ欲しいという感じでは無いです。古い数寄屋造りでひっそりと暮らしています。


天職得た人が仕事にのめり込んで物欲上回ってるだけちゃうか


脱税しまくりで物欲無いとか笑わせんな


物を買うためのお金を稼ぐ事から、お金を稼ぐためにお金を稼ぐ事にかわるからだよ。お金が増えてくこと自体が楽しくなる。そうなってしまった人を金の亡者と呼ぶのです。


『ある程度』がどの程度かわからないけど自分は稼ぐ前も稼いでからも物欲なさすぎて困ってる。お金貯めたって数字が増えるだけだからあんまし楽しくない。アレがほしい!だから頑張る!のほうが絶対楽しいと思うなあ。


そういう人も希にいるよってことで




この記事へのコメント

人気記事