絶滅危惧種のウナギ、「食べなければいい」でいいのか ウナギ専門店が保護活動に取り組む理由


”ウナギ専門店が保護”は一見矛盾しているように思えるが……

ウナギ専門店が保護”は一見矛盾しているように思えるが……

今年も土用の丑の日がやってくる。スーパーコンビニ、最近では牛丼チェーンなども、この日に合わせてウナギを前面にアピールして販売。毎年7月は少しだけ贅沢して、ウナギを食べるという人も多いのではないだろうか。

茨城県ウナギ専門店「小松園」は、こうした食文化を後世に残そうと、絶滅危惧種ウナギを保護するプロジェクトに取り組んでいる。リリースでは

「『うなぎを飲食店から保護』していくって一見矛盾していますよね」

と消費者に問いかける。確かに、ウナギを守るなら「売らない」「食べない」という選択が真っ先に思い浮かぶ。だが、ウナギ料理を提供する同店は、キャリコネニュースの取材に「それでは大切な文化を失ってしまう」と答えた。

ウナギが獲れないことに不平不満を言っても仕方ない」

代表の小倉清暢さんが、ウナギの保護プロジェクトを始めたのは3年ほど前。ウナギの漁獲量減少、それに伴う価格高騰が毎年話題になる中、「販売する側がウナギがないことに不平不満を言っても仕方ない」と思っていたという。

そんな折、埼玉県内のウナギ専門店が主催する講演会に出席。ウナギの研究をしている大学教授の

「乱獲、加工などウナギを無理やり売ろうとするやり方は負の循環になる」
「国内に住みつくウナギの親が少なくなっており、これらを守ることがウナギの保護につながる」

といった話を聞いた。そこで、専門家の力を借りながらであれば「飲食店にもできることがある」と思い立ったという。

「食文化は一度なくなったら取返しがつかない」

昨年11月にはクラウドファンディングを実施。1か月強で目標額60万円のおよそ1.5倍にのぼる92万2000円を集めた。寄付金は、北里大学ウナギの生態を研究する千葉洋明教授らと協力し、地元・茨城にウナギの親を守る人工施設をつくることなどに充てるという。小倉さんは

「実は、県内に自然に近い環境でウナギを守る人工池があったんですが、昨年10月の台風で全て流されてしまいました。またゼロからのスタートです」

と明かす。今度は自然災害にも対応できるよう、場所の選定から選び直すとしており、既に地元市長からは「土地を有効活用してもらえるなら」と前向きな返答をもらっているという。

ウナギ絶滅の話が出ると、必ず「食べなければいい」という人がいる。では、飲食店がウナギの保護活動に取り組む意義はどこにあるのだろうか。小倉さんは、2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産の登録された背景とともに、こう説明する。

「『和食』の登録に動いた理由の一つには、日本の食文化を継承する人がほとんどいないことがあります」

和食の文化や風習、素材に対する思いなどが無くなりそうにも関わらず、その現状があまり知られていないことに危機感を感じているという。さらに「こうした食文化は一度なくなったら、取返しがつきません。次の世代に渡すことが大事だと考えています」と話した。

店がある茨城県古河市には渡良瀬川や利根川が走っている。小倉さんによると、古くはウナギやコイが多く獲れ、河川の流通網を生かして他の地域に出荷するほどだったという。ところが、現在は商品的価値のあるものは全然獲れなくなっている。

店では現在、卸業者から国産ウナギのうちその時期に獲れる良いものを仕入れて提供している。「大きな目標かもしれませんが、地のものを地元で食べられるようになれば……」。そのためにも「やはり飲食店としてはウナギ、和食の危機的状況を広く知ってもらうために活動を続けていきたいです」と語った。

絶滅危惧種のウナギ、「食べなければいい」でいいのか ウナギ専門店が保護活動に取り組む理由


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

うなぎの食文化はもちろん残してほしいので、夏の旬じゃないうなぎを無理に食わせるようになった土用の丑の日は縮小させるべきだと思う


養殖と言いつつ稚魚を根こそぎ掻っ攫っていく国をどうにかしないと


「食べなければいい」で、正解だと思う。環境保全したってすぐに増えるわけではないので。


絶滅危惧種を売り上げのために沢山捕獲して、同調圧力で欲しくもない人に買わせるこの異常さに気づけよ。去年知り合いの水産責任者が20万以上自腹購入してたぞ


そういや、外国では日本向けにウナギ獲るんだったけか。現地では食べなかったような気がしたが。


中国抹*ないとだめ。マジで


もう経済的な価値がつきすぎてて、食わないで守っても奪われるだけよ。活動するのは良いことと思うで。


海産物に関しては中国に「それが食べられるし売れるもの」ってバレた時点で絶滅は致し方ないだろ。加減ってものをしらないんだから


スーパー行けばいつでも並んでて時期になると牛丼チェーン程度でも売り出すとかって状況だから庶民レベルだとまぁ危機感抱きにくい話


日本が保護しようとしても保護しようとしない隣国が「日本で絶滅するまでとっていい契約をしないのは日本の自己中!」って言い出すので・・・・


まあ、とりあえず、時期になると余るほど売るのが良くないよな


コンビニやスーパーでバカスカ売らなきゃいいだけだと思いますけどね。販売を免許制にでもするとかなんとかして。


今も昔も希少性から高値がついて貧乏人の口には一生入らない高級食材なんて山ほどあるのに、ウナギだけは中国産なんてモノに頼ってでもギリ庶民に手が届くものにし続けてるほうが異常だと思う。ここは一旦「幻の魚」ポジションに置いて、完全養殖に成功し安定供給体制が確立するまではやんごとなき人々の間で食文化を継承してもらうのはどうだろうか。


絶滅って言われてもなぁってくらいには出回ってるしな。たまに食うとうまいのは事実だから絶滅するまでは食うわ。いなくなったら別にそれでかまわんし。


日本の水産資源の管理はゴミクズ後進国レベル 資源管理ができていないのを他国のせいにして自国のガバガバ管理を顧みない世論はクソ


稚魚の密漁もちゃんと取り締まらないとダメ。反社の資金源になってるし、一部の養殖業者は売り込んできた相手が反社で密漁の稚魚と分かっていて購入してる。


1.国産天然ウナギの生態に関する一層の研究 2.イギリスやスペインなど個体数が十分な国からの輸入 3.中国のように乱獲を行っている国への国際的な対策 このへんが妥当か。あと土用の丑の日に食べるものは本来は頭に「う」がつけば何でもいいので、みんなもウミウシとかウデムシとかウマオイとかいろんな食材にチャレンジしよう。わしゃ うろんでええよ。


数が減っている原因が特定できていないので食べていいとか言う水産庁が問題の根源。 稚魚が前年の倍捕れて安心している(5年前の1/10の漁獲量)とか真顔で言う漁業者も大概クズだけど


こんな高級食材を、がつがつとテメーらが食うから、金稼ぎ目当てで外国人にも目を着けられて絶滅しそーなんだろ?…自粛しろよ。


これだから右翼は。ご都合主義でな。


そしてそんなウナギを平然と食べるのも問題。売ってるから…じゃなくて買うから売られるんだよ。 天は自ら助くる者を助くで知られるサミュエル・スマイルズは自助論で政治は国民を映し出す鏡に過ぎないと述べた…果たして問題はどこにあるのか。海で国外と繋がる関係上他国が関係ないとは言わんが、全ての原因がそれであると言い放つのはまぁ…美しく見えんね


本来旬じゃない時期を禁漁期に当てて、充分に自然繁殖させたら解決する話。夏場の土用の丑に食べるのをやめて、本来の旬の秋頃に食べるようにすれば良い。


近所のドブ川に山ほどいるぞw環境が悪くても生き残れるし、食物連鎖の上位の肉食魚だから絶滅するとは思えん。川底が全部ヘドロとかコンクリート、他の魚を含めて生活できない虹色の川みたいな環境にならなければ絶滅はしないだろう。産卵がちょっと特殊なナマズだと思えば大体あってる。


悪いんだが、うなぎを和食だと思ったことは無い。 つーか、こんだけ栄養価が高い食品が溢れてる現代に、無理やり夏に食う必要なんてないだろ。


日本人が消費せずとも中国人がバクバク食うからな。今じゃもう中国人のほうが消費してるから日本人が調整したくらいじゃ無理、どうにかして中国側に自制を求めたい所だが…むずかしいだろうなあ


ウナギの稚魚の捕獲量と輸入量より出荷量が異常に多い養殖ウナギ業界の闇1+1=3レベルな数字が普通に水産庁のデータで堂々と毎年出るんだよね


マグロ等も中国、韓国の日本向け輸出乱獲が凄いみたいだけど


北海道のニシンやクロマグロやニホンウナギなどなど、次々と海産資源を食い潰す恥ずかしい国だな、ニッポンは(笑。


サンマも中国に取られたくない一心で、まずい時期に無理やりとって大量の廃棄出すのどうにかしろよ


ウナギは中国が*丸出しで金のためだけに乱獲したせいで絶滅危惧種になってるわけだから日本国内で育てる手段はいい事だと思う。ついでに販売も予約制にすれば無駄に減ることも無いだろうし増やせるかと。とにかく中国人を絶対に近づかせなければ何事もいい方向に行きます。


平賀源内「まさか私の提案でこんな事になるとは…。さーせん」


うなぎがうまいという文化が日本だけから、日本と台湾と中国に増えて、うなぎが足りない。ただそれだけなんじゃよ。養殖できる代替魚類を開発して、終わり。閉廷


漁業関係で嫌いなのは天然物に価値をつけて生き物を乱獲して稼ぐところが嫌いだ。何が高級だよ。そういうことするから密漁もされて魚がいなくなる一方だ。だいたい食わなきゃいいってほんとのことだ。ハタハタだって獲れなくなって一時期完全禁漁したと聞いたことがある。無理に食おうと思う人間も獲る人間も正直汚いとしかいえんな。動物は理解せず、気のままに食うが人間なら考えろ。


売れる量以上に仕入れて大量廃棄するスーパーどもに責任取らせては如何か。


タレが絶滅しなけりゃ俺は構わないよ


昼に食ったけどな。


とりあえずチンケなコンビニ・スーパー・牛丼屋のうな丼を禁止しろよ。レジ袋より重要だろ


ここでいうのもどうかと思うけど、左翼が一番日本を特別視して世界を見てないよね。ほかの国がやってようが、世界中で行われていようが、とりあえず日本が悪、恥、原因だとか言ってみたりね。日本はそんなに特別じゃないよ。


あ、まずは国際取引の禁止だな


国別のうなぎ漁獲量調べると分かるけど中国23万トンで日本1.5万トン しかも香港から出所不明のうなぎもあるしマジで中国止めないとどうしようもない


水産庁イチオシの「食べて応援!」しないと


食べて絶滅応援キャンペーンみたいなの去年は見たな、まぁマグロもウナギも中国が食い始めた時点でもう絶滅かソブンガルデかみたいなところあるし


食べなきゃいいじゃなくてコンビニやスーパーで売られてる鰻の量を減らすなりすれば良いんだよ


完全養殖をもっと低コストでできるようにならないとね


金になるとわかったら中国は保護も容赦も関係ないからなw 日本は大分マシぞ


ウナギをいくら食べても絶滅しません。


希少だと聞けばマスク一つを一日薬局に張り付いて買うような本末転倒にも気づかない国民性だし、ウナギも希少だ希少だと言われるほど買いに走るだけだろ


輸出入を制限した方がいいよ。パックうなぎと専門店のじゃほば違う食べ物だからみんな店で食べようぜ、値段もそんなに変わらんし。


食文化を失う、という部分に関してはクジラがそうだったな。結局はわざわざ食べる必要性がないと言われれば済む話ではある。だが、美味しく食べられるようにする方法を残しておきたいというのは理解できる。食べられる野草の知識と似たようなものだな。


IWCから「鯨を取るな」と言われても「いやだもんw脱退するから好きに獲るもんw」をやってしまうのが恥ずかしいニッポン人。どの口が中国に「ウナギを獲るな」と言えるのでしょうか(笑。


ウナギ食えなくても困らないし




この記事へのコメント

人気記事