『ドンキ』店内で鬼滅キャラがバグりだす 「もう驚かない」と適応したファンも


ドンキ

5月18日に『週刊少年ジャンプ』本誌で最終回を迎えた大人気漫画『鬼滅の刃』だが、その人気はいまだ衰えることを知らない模様。多数のコラボキャンペーンを展開しており、「鬼滅フィーバー」はまだまだ続きそうだ。

■ドンキに訪れると…

そんな中、一部の鬼滅ファンは『ドン・キホーテ』と『鬼滅』のコラボに衝撃を受けている。12日よりスタートした同コラボでは、主要キャラクターたちの描き下ろしイラストが使用された「鬼滅の刃クリアファイル」や「鬼滅の刃ミニ色紙」がゲット可能。

ファン垂涎のキャンペーンとなっており、主人公竈門炭治郎の役を務める声優・花江夏樹店内放送が聞けるのも嬉しいポイントだ。

関連記事:『鬼滅の刃』ブラックエンジェルズなど平松伸二作品と多くの共通点を発見

■世界観がバグッてしまう

ちなみに『鬼滅』は大正時代を舞台とした作品。言うまでもなく当時は『ドンキ』の影も形も存在しなかったはずだが、店内放送では「完全にドンキに適応した」炭治郎がなんとも小気味よい放送を聞かせてくれるのだ。

中でも「ドン・キホーテにご来店の皆さん、竈門炭治郎です」という名刺代わりの一発が、ファンには大ウケしている模様。ネット上を見ると「炭治郎…お前、ドンキ行くんか?」「ドンキに炭治郎がいる世界線なのか…」「ドンキで買い物したら、突然の自己紹介始まって笑った」などの声が多数上がっている。

しかし中には「もう炭治郎が何を言っても驚かない」といったコメントをみせるなど、早くも環境に適応した鬼滅ファンも少なくないようだ。

■現地の勢いもスゴかった

ドン・キホーテ

この勢いを確かめるべく、記者は都内のドンキへと向かった。炭治郎の挨拶を警戒しつつ心の平静を保っていたつもりだが、入り口にはモニターが設置され、劇場映画・『無限列車編』のPVがエンドレスで流れており、店内に入る前から「鬼滅ワールド」が全開に。

もはや店頭に置かれたマスクよりも『鬼滅』のインパクトの方が大きく、店舗の力の入れ具合がうかがえる。

■巨大パネルを展示

ドンキ

ちなみに店内には、主要キャラクターの描かれた巨大パネルも設置。各キャラの出で立ちは大正時代に入手できるか否かギリギリのラインを突いたコーディネートだが、どのキャラも見事に着こなしている。

今回のコラボキャンペーンは7月中旬まで行われており、特典内容は週ごとに異なる模様。気になる人はぜひ、足を運んでみてはどうだろうか。

・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』と『彼岸島』ファンの間で同一世界説が噂に その理由とは

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

『ドンキ』店内で鬼滅キャラがバグりだす 「もう驚かない」と適応したファンも


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

鬼滅のあのパネル、違和感を感じたのは自分だけじゃなくてよかったwファンの人はあれもうれしいのかとちょっと不安になるがw


うおー、ドンキホーテらしくていいね


原作者自らきめつ学園という現代版パロを出してるから、別に・・・って感じ。


ほぼ同じ顔付きで子孫が生まれたり転生としか思えない人物がいる世界だから彼らが未来の服を着ているでOK


なんか等身おかしくね? みんな腕伸ばしたら手首が膝まで来ちゃう


これは別にアリでしょ。タイアップで世界観無視した衣装着るなんてそんな珍しいことじゃない


???「鬼滅の刃の世界とドンキホーテの世界が融合し始めている?」


鬼滅の鈍器


性欲を除いたフェミみたいな奴増えたな フェミのお気持ち表明と変わらん


腕が長過ぎる?頭が大きいのか?足が微妙に短いのか?いや、別にいいんだけど・・


炭治郎たちがドンキで買い物する位はいい。「今度はパ*がともだちだ」と翼くんをパチカスに貶めたのに比べたらずっといいw まぁ数年後には鬼滅もパチ化されるかもだけど


銀魂なら通常運行だったんだけどな・・。


ハチマキにサラシで和太鼓叩かされるよりはマシだよな それにしてもちくわ加えてないとさすおにの七草パイセンにしか見えない


ゴメン,何がバグってるのかさっぱり分からない…


海で戦争しながらローソンや三越行くようなもんだ


伊之助のマスクがないとすごい違和感


性欲を除いたフェミみたいな奴増えたな フェミのお気持ち表明と変わらん ←オタクはフェミ以外の言葉や表現を知らんのか?フェミ連呼もここまでくると重病だなあ




この記事へのコメント

人気記事