セルビア人が日本人と中国人を見分ける方法がおもしろい=中国メディア


 中国のポータルサイト・百度に15日、「セルビア人はどうやって中国と日本の観光客を見分けているのか」とする記事が掲載された。

 記事は、セルビアが欧州で初めて中国に対してノービザ渡航待遇を与えた国であり、中国人観光客は同国において大切に扱われていると紹介。現地の人中国人観光客に親切にし、その到来を歓迎しているした上で、現地人が中国人日本人を区別する方法を3点挙げている。

 最初は、写真を撮る時のポーズだ。中国人観光客は周囲の事物に対して大いに興味を持ち、至るところで写真を撮影すると紹介。現地人を巻き込んで一緒に写真を撮るほか、さまざまなポーズカメラに収まろうとするため、あまりこのようなことをしない日本人観光客と見分けがつくのだとした。

 次に、中国語あいさつをした時の反応である。セルビアの商人は中国人を呼び込むために、アジア系の観光客に中国語で話しかけるとし、その際、驚きを覚えながら熱心に返答するのが中国人で、分からないといった表情をした後に愛想笑いをしたり、英語で意味を聞いてくるのが日本人だと伝えた。

 そして最後は、買い物をする様子の違いを挙げている。中国人観光客は大小さまざまな買い物を袋を持ち歩き、トランクのサイズが大きいうえ数も多いほか、高いテンションで買い物をすると説明する一方、日本人観光客は買い物リストを静かにチェックして、お目当ての商品をサッと探しに行くとしている。

 記事は、セルビア人にとっては同じ東アジア日本人中国人も同じような容姿に見えるとした上で、「その見分け方のコツを心得ているのは、聡明と言わざるを得ない」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

セルビア人が日本人と中国人を見分ける方法がおもしろい=中国メディア


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

中国語で話し掛けるのは「見分け方」とは言わんやろ


中国語が分からんから英語で話してるだけ


中国人と同じような外見に見えるのは日本人にとってハンデでしかない。


日本人が中国人を見分ける方法 かつての昔の方法は 数字を数えさせる いち に さん し  4の部分中国人はどうしても スー と発音してしまうこれにより発覚


中国人と日本人を見分けなければいけないという事実。普通、外国人が来たからって見分ける必要ないと思うのだけど…


声がでかいかどうかでも大体分かる


アジア系見たら、とりあえず「ニイハオ」って言っとけ。


食事後の食器の状況


銀座を歩いてる中国人は服装と振る舞いですぐ分かるね


化粧品の匂いがきつい(風呂に入らないから)


つーかこれセルビア人は「褒めてない」からな


簡単に見分けがつくだろう?よそ様の国で偉そうに肩で風を切っているのが中国人だ。


中国人や韓国人が日本人に似てることが日本人にとっての悪夢だよな。日本人が日本人って明らかに区別できる外見の方がはるかにありがたい


見分ける必要があるのを恥じたらいかがか


日本人より中国人の方が大事にされてると言いたいんだろうなと思いつつ、調べたら案の定ビザの待遇は日本の方が好待遇されているという。中国(自国)持ち上げ記事だから書いてなくてもしょうがないけど


中国人は大体大声でがなってるから、そこで分かりそうなもんだが。他所の人だと中国語と日本語のニュアンスの違い分かったりしないもんなんかね? 日本人も欧米系言語聞き分けろ言われたら怪しそうだがさ。


言葉の違いで簡単に分かるよ。


ホテルの部屋が汚いのが中国人。綺麗なのが日本人。


このようにして中国メディアは日本人に成りすますポイントを教えてるという記事ですね?


中国人観光客はサングラスをしている


見分け方が面白いか?いつもの中国人じゃん外国人観光客の中で、見分ける必要性が出てるほうを問題にしろ


中国人に日本語で話しかけるとブチ切れて中国語で罵詈雑言吐いてくるから気をつけろ。


声がうるさく、ゴミをどこでもポイ捨てするのが中国人、そうじゃないのが日本人




この記事へのコメント

人気記事