メルカリで園芸に使うアレを販売すると逮捕される事実にネット民驚愕


フリマアプリオークションサイトのユーザー人口の増加に伴い、出品物も非常に豊富なバリエーションになりました。ファッションや生活用品、雑貨といったものはもちろん、インテリア、家電、ガーデニング用品、ホビーなど、そのジャンルサービス開始からどんどん広がりを見せています。それだけ便利なサービスですが、現在ある出品が違法になるということで大きな話題になっています。

フリマアプリで園芸用肥料を販売した人物が書類送検に

余った園芸用肥料をフリマサイトのメルカリで販売したとして、秋田県群馬県福岡県など全国で7人の男女が書類送検となりました。書類送検された7人は違法になるという認識がなかったとのことです。

園芸用品も出品物の1ジャンルとして認識されていますから、このニュースに驚いたというユーザーも多いのではないでしょうか。

肥料の販売には届出が必要

今回、7人が書類送検されることとなったのは園芸用肥料の販売が肥料取締法違反になるためとされています。肥料取締法という法律自体、知らなかったという人が大半ではないでしょうか。

これは肥料の安全性や品質を維持するために設けられている法律となります。正当に肥料の販売を行うためには都道府県へ所定の届け出を出す必要があるとのことです。

これは実際に農業へ従事しているといった人でなければ、なかなか事前の認識を持つのは難しいのではないでしょうか。

それは知らなかったと驚きの声

届け出なしの園芸用肥料の販売が違法だという事実に対し、ネット上でも驚きの声が多くよせられています。

そもそも肥料取締法という法律自体初めて知ったという声やいきなり書類送検ではなく事前の警告やサービス内での規制が必要だったのではと問題点を指摘する意見も見られました。

大半のものが出品できるサービスであるからこそ、出品前の下調べやサービスの整備が求められるようです。

転売では先日ブランド衣類のニュースが話題になりましたが、フリマアプリオークションサイトで出品する際には問題のない商品か、慎重に検討することが必要となりそうです。

画像;秒刊SUNDAY



画像が見られない場合はこちら
メルカリで園芸に使うアレを販売すると逮捕される事実にネット民驚愕


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「んな法律普通しらんわ」という事ですが「中古品売買には古物商許可がいる」「転売は古物商許可に完全に引っかかるが、他の利用者と比べて区別がつかないので全員見逃すか全員逮捕しかない」は覚えておいてほしいところ。割とリスク高いんですよ、あのへん


「知らん」で済まないから世の中の企業や商社には法務部門があったり贔屓の法律家が居たりする訳で、どんな気軽でもお金のやり取りなんだからちゃんと調べてからやるべきよ


肥料が厳しいのは爆弾作れたりするからですかね?


知ってる知らなかったは、違法行為の免罪理由にならんのだよな。それにしても、農薬が物によっては『劇物』だったりすることって、意外とみんな知らんのだな


*マーケットのくせにこういうとこだけは妙に厳しいんだな


手が回らないために*化してるだけで完全に隠れてやってるとか目こぼしを受けてるとかじゃないからなあ。


肥料の種類によっては爆発物作れますからね。そりゃ規制対象になりますよ。


某お風呂用品からダイナマイト作れるしな…


これって出品した側がダメなのは当然だけどそれを出品許可するフリマやオークションサイト側も放置してたら幇助で捕まえないとダメだろ


肥料に有害物混ぜられていたら解りませんからねぇ...


古物商は盗品が市場に溢れるような状況を防ぐためって理由だし、多少のお目こぼしはあり得りえるかも。だが、肥料取締法は国民の健康のための法律って書いてるしな、実際残留農薬で中国との関係に亀裂入りかけたこともあったしな…。


ほう。警察官の「捜査費用の肥やし」に化けた訳か。


残念ながら法の世界で知らなかったは通じない。しかしその前に、ネット闇市を取り締まれ。


今までだったら個人で売らなかったようなもんが簡単に売れるようになったからこそフリマサイト運営側もそこら辺のガイドラインもっと細かくしなくちゃならんな


肥料硝安と軽油からアンホ爆薬も作れるからな。剣呑々々




この記事へのコメント

人気記事