なぜ昭和の親たちは「たくさんの子供」を平気で育てられたのか


子育ては大変だ。新幹線赤ちゃんが泣き出せばデッキに移動しなければならないし、ベビーカーで電車に乗るのは肩身が狭い。なぜこんなに息苦しいのか。精神科医の熊代亨氏は「現代社会は他人に迷惑をかけるという“リスク”を回避して子育てをすることを親に求めてくる。その考え方が強すぎるあまり、私たちは自縄自縛になっていないか」と指摘する――。

※本稿は、熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』(イースト・プレス)の一部を再編集したものです。

■生きていること自体が「リスク」だ

新型コロナウイルス感染症が最も警戒された2020年の3月から5月にかけて、日本人の大半は感染症という健康リスクに敏感に反応した。人々は争うようにマスクを着用し、ロックダウンが宣言されたわけでもないのに外出を自粛した。

この場合、日本人の健康リスクに対する意識の高さは感染予防に寄与したことだろう。だが、リスクに対する意識の高さが必ず良い結果をもたらすとは限らない。新しい命を生むこと・育むことに関しては、まさにそのリスクに対する敏感さが仇(あだ)になっている側面もあるのではないだろうか。

仏教では「生・老・病・死」を四苦と呼び、これらが苦の源であるとしている。老・病・死がリスクであるとするなら、そもそも生きていること、生まれてくること自体もリスクと言わざるを得ない。実際、これから述べていくように、生は現代社会におけるリスクとして、合理性をもって回避されようとしている。

■子どもは生まれる前から「リスク」の塊だ

なかでも子どもリスクの塊だ。子どもは生まれる前からリスクを孕んでいる。

妊娠・出産にまつわるトラブルは尽きない。昨今は高齢出産が増加しているため、流産や早産などのリスクも高まっている。子どもがどのような遺伝形質を持って生まれてくるのかは生まれてみなければわからない。そうした予測不能性に生殖テクノロジーが貢献するとしても完璧にはほど遠いし、また優生学への反省を経た現在においては完璧でさえあれば良いとも考えられない。

無事に子どもが生まれても、乳幼児期には事故のリスクがついてまわる。異物を飲み込まないように、アレルギーにならないようにと、親は子育てに細心の注意を払う。学校に通うようになれば登下校中に事件や事故に巻き込まれないように心配し、身体が大きくなればよその誰かの迷惑にならないか気を揉むことにもなる。

不登校引きこもり。不純異性交遊。思春期以降も安心はできない。子育てに親の金銭や情熱を傾ければ傾けるほど子育ての“賭金”は高くなり、それに伴って、子育てについてまわるリスクはますますマネジメントされなければならないものとなる。かといって、“賭金”をリスクマネジメントしようと神経質になりすぎれば、その神経質さ、その親の不安が子育てのメンタルヘルスに難しい影を投げかけることになる。

■子どもは「よく生まれ、よく死ぬ」ものだった

親自身もリスクに曝される。母親は産前から妊娠糖尿病や早期胎盤剥離などの健康リスクを冒し、医療によって死亡リスクが大幅に減らされているとはいえ、出産はいまだ命懸けの行為である。産後うつ病にはじまり、子育てに伴うメンタルヘルスの問題は引きも切らない。虐待やネグレクトに誰もが敏感になっている昨今は、自分の子育てが適切なものなのか、とりわけ注意しなければならない。

日本に限らず、近代以前の社会はたくさん産んでたくさん死ぬ、多産多死の世代再生産によって成り立っていた。後に、人口ボーナスによって経済成長を導いてゆく戦後ベビーブーム期の親たちも、現代では考えられないほど子どもを産み育てていた。今日の、子どもリスクそのものと言うべき状況に基づいて考えると、昔の人々は途方もないリスクを背負って子育てをしてきたように思えるかもしれない。

だが、実際にはそうではなかった。子どもも大人ももっとリスクに鈍感ななかで子育てが行われ、それで世の中は回っていたのだ。そもそも本書の第3章でも触れたように、リスクに基づいて物事を判断する発想自体、きわめて現代的なものである。

子どもはよく産まれ、よく死ぬこともあり、子育ては親にとってここまで負担のかかるものではないと同時に、生死の責任の曖昧なものでもあった。子どもは安全ではなかったが、ある部分では今日の子どもよりも自由で、実際、子どもが自由の象徴とみなされていたところもある。

■少子化が進む国ほど、子どもに手をかけている

対して現代社会の子育てにまつわる通念や習慣は、私たちの先祖に比べて神経質で、先祖から見れば、子どもをあまりにも大切にしているだけでなく、子どもをあまりにも不自由に閉じ込めていると映るだろう。

日本をはじめ、多くの先進国では少子化が進行しており、そのような国々では子育ては大きなリスクと表裏一体の営みと捉えられている。つまり、少子化が進行している国では必ず、親は子どもに細心の注意を払って当然とみなされ、虐待やネグレクトに対して社会も親自身も注意深くなければならない。と同時に、多くの家庭はますます子どもの教育に大きな投資を心がけるようになり、その投資に見あった成果を期待する視線を浴びながら子どもは育てられている。

本書で触れるように、過去の子育ては危険で野放図な、現代の基準では許容できないものだったが、現代社会の子育てもこれはこれで、リスクや費用対効果のロジックによって歪んでいるのではないだろうか。

そのような歪みは、現代社会では歪みと呼ばれるよりも、正しさや必要性として認識されるものではあろう。だとしても、ホモ・サピエンスの子育ての歴史を振り返る限り、現代社会の子育てのほうが人類史のなかでは異質であり、その異質さは親子を利するばかりでなく、子育てを始める人々をためらわせ、子育てに携わる当事者の負担を大きくするハードルともなっている。

■子どもは“動物”として生まれてくる

現代社会子どもを考える際、まず思い出していただきたいのは、子どもははじめから現代人として生まれてくるのでなく、子どもは“動物”として生まれてくる、ということだ。

ここで言う現代人とは、現代社会が個人に対して期待するとおりの機能を持ち、権利や責任の主体者たりうる人間、社会の通念や習慣がインストール済みで、社会のルールや法制度を理解し、資本主義や個人主義や社会契約に則った行動がとれる人間のことを指す。これらの機能や主体性を持ち合わせない状態で子どもは生まれてくる。

生まれたばかりの赤ちゃんは言葉すら知らない。赤ちゃんは本能のままに泣き、本能のままに世話される。赤ちゃんを育てる際、親は現代社会の通念や習慣のとおりにでなく、赤ちゃんの本能に沿って世話をしなければならない。

赤ちゃんは母乳を吸うことは本能的に知っていても、「街中で大きな声で泣くと、周囲の人に迷惑がられる」といった現代社会の通念など知らない。「不快な臭いは迷惑」という理由で大小便を我慢することもない。このため、社会の通念や習慣を内面化した親が赤ちゃんを街で連れ歩く際には、赤ちゃんの行動が周囲の人々の迷惑にならないか気を揉むことになる。

■小学生ですら「現代人」としては未完成

たとえば新幹線のなかで赤ちゃんが大声で泣きだした際には、親は申し訳なさそうな顔をしてデッキに移動し、赤ちゃんをあやしはじめる。親だけでなく、赤ちゃんの側にも苦労はあるだろう。たとえば幸運にも、年収2000万円の東京都内の落ち着いた家庭に生まれたとしても、秩序の行き届いた安全なメガロポリスに生まれてきたことを赤ちゃんは知りようがない。あるいは電車のなかにベビーカーごと連れてこられた赤ちゃんから見て、見知らぬ男性に囲まれ、母親が緊張した顔をしている状況はどのように見えているだろうか。またあるいは、子ども部屋に一人で置き去りにされた時間を、赤ちゃんはどのように感じているだろうか。

幼児~小学生になったあたりでも、子どもはまだまだ動物的で、現代人として完成の域には遠い。歩行者は歩道を歩くよう定められていることも、赤信号で横断歩道を渡ってはいけないことも、座学の時間には行儀良く座っていなければならないことも、ホモ・サピエンスが生まれながらに身に付けていることではない。それらは現代社会の制度や習慣に基づいたものだから、いちいち教わり、身に付けていかなければならない。

多くの子どもは、やがてそれらを身に付けていくだろう。とはいえ年少の段階ではそれらはしっかりと身に付いていないから、たとえば子どもが車道近くにいるのを発見した自動車ドライバーは、リスクを感じながらその脇を通り抜けなければならない。

思春期を迎える頃にもなると、ほとんどの子どもは現代の通念や習慣をおおよそ身に付け、それらに沿って行動できるようになる。それでも大人に比べれば身に付けている度合いは完璧とは言えず、親や教師や世間をハラハラさせたりもする。

■子どもにつける「ハーネス」が持つ2つの意味

こんな具合に、秩序の行き届いた現代社会において子どもリスクを想起させる存在であり続ける。放し飼いの動物が、いつ道路に飛び出してきたり他人に迷惑をかけたりするかわからないのと同じように、まだ秩序を知らない子どもや学習途上の子どもも、いつ道路に飛び出して他人に迷惑をかけたりするかわかったものではない。

その延長線上として、子ども、とりわけ小さな子どもが一人で街にいるだけで私たちは不安になるようにもなっている。子どもが迷惑なことをするかもしれないから不安というだけではなく、その子に何かあったら不安という部分でも、“放し飼いの子ども”はリスクを想起させる存在だ。

最近の親が、子ども、とりわけ小さな子どもを連れ歩く際には絶対に離れようとせず、時にはハーネスをつけることもあるのは、そういった観点からも理解しやすい。子どもにつけたハーネスは、子どもの安全を守り、親の安心を守ると同時に、子どもが想起させるリスク、不安、迷惑といったものを最小化することを他者に示すシグナルとしても機能している。

■「リスク回避」で自縄自縛になっていないか

現代の親は、子どもの安全を守るだけでなく、街の大人たちにできるだけ迷惑をかけず、できるだけリスクを想起させないよう注意しながら子育てをやり遂げなければならない。現代社会の通念や習慣は、そうするよう親に強いてやまない。

私たちにとって“リスクは回避しなければならない”という考えは当たり前のものになっているし、それはそれで必要な考え方には違いない。しかし、こと子育てに関しては、リスクという考え方のゆえに親も子どもも、いやそれ以外の人々も神経質にならざるを得なくなっている。

リスクを回避するという考え方によって私たちは多くの危険を回避できるようになったが、その一方で、まさにその考え方によって自縄自縛に陥っている側面も、あるのではないだろうか。

----------

熊代 亨(くましろ・とおる)
精神科医
1975年生まれ。信州大学医学部卒業。精神科医。専攻は思春期/青年期の精神医学、特に適応障害領域。ブログシロクマの屑籠』にて現代人の社会適応やサブカルチャーについて発信し続けている。著書に『ロスジェネ心理学』『融解するオタク・サブカル・ヤンキー』(ともに花伝社)、『「若作りうつ」社会』(講談社現代新書)、『認められたい』(ヴィレッジブックス)、『「若者」をやめて、「大人」を始める』(イースト・プレス)がある。

----------

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/gyro


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

することないから、むやみにする事しちゃったんだろ?…あと、戦前からの価値観が残ってるので、労働力として見ていたのもあるな。


昭和の物価ってインフレ率凄かったし、社員たちの給料も色々な手当含んで、今の倍はあった。そして社員数も倍居たから、少々の事でも簡単に有給取れたしうそだと判明する理由でも休めた。住んでいる場所でも近所の人が子供のしつけとか食事も与えてくれた。今は世間体ばかり気にしてすぐ起こる。会社側もマスゴミの報道信用して給料下げる。社員数も減らす。簡単に休ましてくれない


俺の親は10人兄弟の長男だったから、俺たち家族の生活と年端のいかない叔父叔母に社会人に成る迄仕送りを続けたよ。お陰で本人は*直前まで働き続けたけどな。


ん?(・・?そりゃぁ地域社会、ご近所付き合いがしっかりしてて地域で子供を見守り、養育していたこと、国家が奨励、支援していたからだ*d(・・)


こりゃそれこそあれだよ 男女雇用機会均等法がなかったからだよ 母親がずっと母親してられたから子を安心して産めたんでしょ フェミニストは怒るかもしれんがな


身も蓋も無い言い方になるが、男女雇用機会均等法が無かったのと、女に参政権がなかったからだぞwww 昭和の大半は現代なんか比にならない酷い貧困の時代だったんだからな。


DNA鑑定がない時代は好き勝手してたゴミが多いだけで日本でもDAN鑑定実装後→隠し子問題で孤児院が廃止されてます(都合の悪い子供や国の金隠すために家を与えられた女(愛人)と子供(隠し子)の家(国から盗んだ裏金の隠し先)はすぐわかるんじゃない?◆昭和時代の女性議員は凶悪だったな男性議員殴ったりと流血騒動が懐かしい、話じゃなく物理的に気概加えて国会中断させてね


自営業や農業といった一家総出での仕事をしている人達は元々、「性別役割分担」なんて考えは無かっただろうし、勤め人ははっきり「男は仕事、女は家庭」と分担が決まっていた。それと大学は一部の金持ちが行くところで庶民は中卒、高卒で働くことも珍しくなかったし、企業は正社員が当たり前で終身雇用年功序列だった。


今の価値観で見ればネグレクトやしつけと称した児童虐待が溢れていた、まあ飯さえ食わせておけば良いってなもんで、鼻垂らして小汚い服装して奇声を発しながら走り回ってる子供がわんさかいた、子沢山で一人当たりにかける時間が短くなればそうなるわな。


単純に日本社会全体が今日より明日、明日より明後日が良くなっていくと信じられたからでしょ。実際高度成長してたし。今は逆に先細っていっているから、子供に投資してた金を自分の老後に回して自己防衛に走らざるを得ない。



戦後~昭和中期位までは日本は途上国だった。途上国は今でも子供が多い。先進国はどこも少子化問題を抱えてる、そりゃ女性が社会に出る様になれば少子化になるだろうさ。戦争よりもっと前明治の頃は、貧乏小作なんて娯楽なんて無いからな、避妊具もろくに無い時代やし、夜の楽しみなんてそれしか無い時代だからHしまくって多産の時代だ。


平気ではなかったし、児童虐待や乳幼児死亡率も高かった。 児童保護でコストや規制による育児の手間が増えたんだから総量が減るのは当たり前だろ。


昔、日本が多産だったのは、生活の基盤が農業だったからだと思う。機械化されていない農業をするには人手が必要だ。また、産業発展初期はやはり、人手に頼るところが多かった。子どもは生産財であったのだ。


発展途上国では子どもは働き手、資産。先進国になると教育なんかにカネかかるようになって親の負担になる


「避妊せずに*してたから多産だった」という意見をよく聞くがそれじゃ昔の人はまるっきりバカだろうが。それは因果関係が逆だ。多産であることにリスクがない社会だったから避妊の必要も無く*してたんだろ、昔の人をあまりバカにするもんじゃないぞ


事故や虐待、犯罪被害や犯罪加害が今より数倍くらい高かったようですが・・・。貧困に苦しむ子供も多かった。たくさんの子供を育てているが、親も子供も平気では無い。


近所の親父が子供叱ったりするし助け合いなんかもオープンだったんじゃないかな。専業主婦で女が育児に専念してたのも貢献してるが、全て押し付けてた面も否定出来ない。男は家族養う事でバランスをとっていたがそれも崩れた。結局親ではなく人間個人の生き方にシフト


クジラクラウンかなこの車


子育て夫婦が父母・ご近所さんの助けを得られなくなったのは、とても大きい。 男女雇用機会均等法→供給増で賃金単価下落→共働き増大→ジェネレーションギャップ拡大で祖父母と不仲→核家族化が促進される→忙しい核家族同士は付き合いも希薄→近所付き合いも疎遠化。 これに、競争化社会での教育単価上昇がコンボで刺さる。


昭和初期と現代までのちょうど中間の時期には「コインロッカーベビー」なんてのが問題になってましたね…


昔は「子から親へ仕送りする」って話が当たり前にあったんだから、考え方が全く違うのよ。比べるものじゃない。


つ「鍵っ子」


外で稼ぐ人が居て 家を守る人が居て 雇用が安定してて 生きるためのコストが安かったからだよ


平気ではなかったでしょ。縋れる物も逃避できる物も少なかったから必死だっただけ。


隣に味噌と醤油借りに行くのと同時期に地域で子供を育てる概念ほぼ消えたからな。現代社会で当時と同じ事したら案件通報待ったなしや。


近所付き合いのいい部分しか書かない時点でなんともいえない


お金:今は個人の物、昔は一家の物。子供:今は守るもの、昔は労働力。性:今は平等重視、昔は性差能力重視。町:今は知らない人多数、昔は集落全員顔見知り。


栄養面でも子供に対する仕打ちでも、大人になれる子供が少ないから、とか?あとは子供の頃からも大人になってからも親の面倒を見させるため、なんて朝の連続ドラマ見て思った


金をかけるのと手間をかけるのは、似てるけど違う観念だよね  今の親は、身内の力を頼らないからしんどい上に金をかけることになってる面が多々あるんじゃないですかね


たくさん産んでたくさん*のが素晴らしいとは思えないんだが。そんな時代の母親やりたいですか?自分なら絶対にゴメンですねえ。過去のことだから苦労や欠点を忘れてるだけでしょ。昔はよかったって…バカみたい。


昭和のカーチャントーチャンの親が多産時代だった名残だろ。作文なげーよ


難しい事は何もない、昭和の時代において男性は独身<既婚<既婚で子持ち、これが社会的ヒエラルキーだったし、女性は結婚して子供を産んでようやく、一人前の人間として認められる、こんな状況で沢山子供が産まれない訳がないじゃないか、ただそれだけだよ、「独身=変人」なんだよその当時は、男も女もね・・・今はそんなこと口が裂けても言えないけど


男性迫害がいまより少ない男女平等社会だからだろうな。今は過去の平等を男尊女卑と名付けてどんどんと男性差別に進んでるし、その歪みのしわ寄せでいろんなところがおかしくなっている


昔は地域ぐるみで育てるものだったけど、昭和50年代以降から欧米的個人主義が一気に台頭して女性の社会進出が加速したり子どもに対する教育責任を各家庭で独占したがるようになり、子供のいたずらを叱る、いわゆる”近所のガミガミおじさん”というやつが時代にそぐわないと淘汰されていった結果なのではないかと。


昔は戦争があって、人口が自然にほどよく調整されていた。今はそれが、いじめやパワハラや無差別殺人へと変わっている。日本は70年戦争をしてない、世界で最も人間が淘汰されていない国。これは歴史学者の磯田さんと、ジャーナリストの池上さんの弁。


ひとりひとりにかける労力が少なくても責められなかったからじゃない?あとそれ以外の生き方を周りに認めさせるのが大変そう


暴力による躾け。親はストレス発散、子供は萎縮して逆らわなくなる。まぁ受け入れられるものじゃないけどね


>つば九郎のむすこ  >社員たちの給料も色々な手当含んで、今の倍はあった。  >少々の事でも簡単に有給取れた  …俺の知っている昭和の会社と違うw  因みに当方、現在50代で昭和の末頃からサラリーマンやってる。 会社は東証一部上場、社員数1万人超、社員の平均給与も一千万円超なので、中小零細だから待遇が悪いって訳でもない。


>つば九郎のむすこ   >社員たちの給料も色々な手当含んで、今の倍はあった。  当時は未だ年功序列給が残っていて、若い世代の給料は安かったよ?


>つば九郎のむすこ  >少々の事でも簡単に有給取れた  …取れなかったけどなぁ。 正直、今の若い世代が羨ましい。  なんか別の世界の話を聞いているみたいだw


昭和30年代に私は4人兄妹で生まれたが兄と妹が幼児のとき亡くなった。だから二人の顔は写真でしか知らなかったし、兄妹があと2人いたことを母親から知らされるまで妹と二人兄妹だと思ってた。昔の子育ては今ほど金がかからなかった。現代はスマホ、パソコン、デジタル時代になってリスクは経済面でも大きいんだよ。


>イェルミティ 昭和20年代前半の生まれだが、昭和30年代までは、つば九郎のむすこの言っている事はだいたいあってるよ。 朝鮮戦争終結・オイルショック・ドルショック・ベトナム戦争終結・貿易自由化と、しだいに現在に近く変わっていったな


大きく変わったのは、やはり貿易自由化の時代だな。それ以前は世界の総生産が総需要に追い付かず、物を作れば売れた時代。それ以後は生産力が消費量を追い越して、物余りの時代にはいった。このため労働の対価も大きくさく減らされた。




この記事へのコメント

人気記事