縦型vsドラム式「洗濯機の選びかた」の新常識をプロが解説


 お馴染みの縦型洗濯機2000年代頃から普及し始めたドラム洗濯機。洗濯乾燥機を新調する場合、どちらかを選ぶことになる。総合家電エンジニアとしてさまざまなメディアで活躍する本多宏行氏によると、「それぞれ一長一短があるので慎重に検討する必要がある」という。本多氏に失敗しない洗濯乾燥機選びのポイントや、長く使うためのコツを聞いた。

コスパなら縦型、乾燥機能ならドラム

 縦型洗濯機の最大の利点は、コストパフォーマンスのよさにある。

ドラム洗濯機と比較すると、明らかに安価でサイズ面でも優位です。ただし、乾燥機能はドラム洗濯機よりも劣るので、洗濯物は外干しが基本になるかもしれません」

 一方、乾燥機を使うならヒートポンプ乾燥機能の付いたドラム洗濯機に軍配が上がる。ヒートポンプ乾燥は低温風でスピーディに衣類を乾燥できるので、従来のヒーター乾燥と比べて衣類の傷みや縮みを抑えやすいという。

「洗濯物を外へ干したくないのであれば、ヒートポンプ乾燥つきの洗濯機がおすすめですが、ドラム洗濯機は価格帯が総じて高めです。また、ドラム洗濯機サイズが大きいイメージをお持ちかもしれませんが、マンション向けのスモールタイプも増えていますので、ピッタリのサイズを見つけることができるかもしれません」

 ただし、マンションタイプドラム洗濯機が増えているとはいえ、設置場所の事前確認は不可欠。洗濯乾燥機のタイプを問わず、防水パンが据えられている場合は、洗濯機の脚を防水パン内に納めることができるか事前に確認しておく必要がある。

「特にドラム洗濯機サイズが大きめの場合は、防止パン内に納まらない可能性もあります。購入する前に、家電商品販売店に足を運んで確認しておくと安心です」

 どちらの洗濯乾燥機を購入するか決めたら、洗濯・脱水容量のチェックも忘れずに。一般的に、“一人分の一日の洗濯物は平均1.5Kg”だといわれているとのこと。

ライフスタイルによって衣類の種類や汚れ方は異なります。そのため断定はできませんが、一人暮らしであれば、毎日洗濯するにしても“洗濯・脱水容量4Kg”の洗濯機で充分かもしれません。仮に週末にまとめて洗濯するという場合は、“1.5Kg×日数”で算出された数値を容量に換算してもよいと思います」

◆「スマホと連携する洗濯機」も要注目。縦型・ドラム式どちらもある

 最新の洗濯乾燥機の中には、洗剤と柔軟剤の自動投入機能などを備えるAI機能やスマホとの連携機能が搭載された製品も存在する。特に前者は、「一度でも洗剤や柔軟剤の自動投入機能を使ってしまうと、手放せなくなるという意見も多く聞こえてきます」と本多氏が語るように人気が高いそうだ。

「自動投入機能は、洗剤や柔軟剤を投入する手間を省いてくれるだけではなく、正しい洗剤量を計測し、洗濯機が持っている洗浄性能を遺憾なく発揮できる便利な機能です」

 スマホとの連携も、これまでの洗濯乾燥機の概念を覆す、驚きの機能だそう。

スマホインストールされた専用アプリと連携して、居住地域の気象情報と照合させながら適切な洗濯モードへ導いてくれるほか、外出先からスマホを経由して洗濯機の運転状況を確認できます」

 スマホとの連携機能は自宅にWi-Fi環境も必要になるが、使いこなせば非常に便利。新調を機に積極的に検討したい。

◆こまめな洗濯が洗濯乾燥機の寿命を伸ばす

 洗濯乾燥機を長く使うためのコツは、こまめな洗濯とフィルターのお手入れにある。

「洗濯槽が満杯になるまで衣類を詰め込む行為は控えましょう。洗濯槽を回転させるモーターへの負担が大きくなり、寿命を縮めたり、故障の原因となったりします。また、乾燥フィルターなどは、洗濯を終えるたびにお手入れが必要です。手間と考えずに、愛情を持って取り扱ってください」

 さらに洗剤入れが取り外し可能な製品は、「お手入れを終えた後に洗濯機へ戻さず、陰干ししておくことをおすすめします」とも。

「取り外して陰干しをすることで、洗剤入れや取り付ける場所が乾燥して、黒カビの発生を抑制できます。洗濯槽に取り付ける糸屑フィルターも同様に陰干しすることで、同じ効果が期待できますよ」

 洗濯した衣類を干して、ひと仕事終わったと油断するのは禁物。洗濯後のこまめな掃除や陰干しが、我が家の洗濯乾燥機の寿命を確実に伸ばしてくれるのだ。

本多宏行氏
大手自動車ディーラーメカニックを経験したのち、1999年に延長保証会社のテックマークジャパンへ入社。長年延長保証の修理精査業務に携わる。幅広い家電製品の専門知識が必要な総合家電エンジニアの資格を取得し、さまざまなメディアで活躍

※写真はイメージです(以下同)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

金持ちの悩みにはつきあってられんな。ふつうは縦置きしか無理だろう。


2層式最強


そういえばうちの洗濯機,新品で買ってから今年で丸20年だわ…


自動メンテがついてるやつは壊れるまでの寿命が長い気がする


実際に使って無い奴が語ってるかわざと隠してるのか。乾燥機能は確かに便利だがドラム式は縦型で言うところの糸*フィルターに掛かるホコリが配管に蓄積していって徐々に乾燥時間が長く、生乾きの状態になっていき最終的に壊れる。有償で配管の分解清掃すれば乾燥機能復活するらしいが。この問題は乾燥ダクトや分解清掃でググれば出てくる。10年以上前から既に発覚してる欠点。


うちは昭和時代の2層式洗濯機ですが未だ使えてます


貧乏性な自分としては二層式便利なんだけど、一人向けアパートとかだと幅足りなくて設置できないんだよなぁ


上に書いたのは15年程前に買ったドラム式が2年半で壊れた時に調べたわかった事。以来ずっと縦型派。流石に今は昔よりマシになってるかもしれんが乾燥ダクトや分解清掃の情報が未だに挙がってるんで根本的な解決は難しいようだ。でもスゴく便利なのは確かだから欠点を理解した上で買うなら良いと思う。欠点を書かないこの記事には大いに疑問を感じるが。


この記事含め、だいたいの選び方記事は「乾燥機能使わないなら縦型全自動一択、乾燥機能使うならドラム型も検討」ってな感じだね干すスペースがないマンションとかだとドラム型はくっそ便利


一度だけ物珍しさからドラム式を買ったが、そもそも洗濯後はベランダで干せたし、それでも足りない場合は近所のコインランドリーを利用したので縦置き型で十分だった。乾燥機能を使うとその間に他の洗濯が出来なくなるし結局一度もことなく終わった。


糸*フィルターはドラム式にもちゃんとあるぞそうじゃなかったらウチのドラム式はとっくに壊れてる


旧型2層式という完成形。


どっちでも良い人は縦型にしてあげて。ドラム式は縦型より本体重量が余裕で1.5倍~2倍あるんで配送の兄ちゃんが大変な思いをする


乾燥機能を日常的に使うと電気代すごそう


男は黙って洗濯板


>胡桃KSK  詰まるのは糸*フィルターよりもずっと奥深い場所。素人が簡単に手を出せない所が詰まるから問題あるんだよ。そもそもホコリの種類の説明として「縦型で言うところの糸*フィルターに掛かるホコリ」と書いたのであって糸*フィルターが無いとは書いてないんだが。そこ突っ込むなら乾燥ダクトや分解清掃でググって調べてから書いてくれ。


腰やってたり背がかなり低かったりすると縦型は辛いです。


今ドラム式だけど、洗濯機の内側の掃除がし難いから今後ドラム式は買わない。カビ、水垢絶対つきませんっていうなら悩むけど。乾燥機能も除菌・消臭機能も使わないし。値段も縦型の方が安い。


新型は便利だ積極的に買え~って、面倒くさいフィルター掃除なんかを愛情で誤魔化してるダ*タだろ。


乾燥付き縦型洗濯機でも、乾燥ダクト問題は付いて回るよ、自分も壊れてから知った。


昔ドラム式使ってた時は、糸*フィルターが詰まって排水不能、排水不能だから蓋開かず洗濯物の取り出し不能で、ドラム内の水が漏れるの覚悟でフィルターを外して掃除しないといけなかったな


ここ見てても、乾燥機はメンテが面倒みたいだな。乾燥の無い一層式or二層式がやっぱコスパ的には最強か。乾燥は必要な時だけコインランドリーでいいや。


普段使いは小型化しやすい縦型、季節の変わり目に洗いたい毛布なんかは大型化しやすいドラム型がいいね。コインランドリーと併用することにする。




この記事へのコメント

人気記事