「とにかく愛されたい…」30代で急にメンヘラに戻ってしまった理由


おおしまりえの幸せな人生の迷い方


 恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。



 自己肯定感。それは読んで字のごとく「自分を肯定する力」です。肯定するためには、出来たことを褒めるプラスの行動もですが、そもそも自分という存在がいて良いと認めること、存在を尊重することも自己肯定感です。


 よくSNSで「自分の顔がイヤすぎて、自己肯定感が低い」とか「自分が嫌いすぎて、自己肯定感がない」といった呟きを見かけます。


 前者は顔という自分の一部を認められない状態(自信がない)。後者は、自分の存在自体を尊重できていない(自己を肯定していない)。この状態は、似ているようで本質的には別なのかもしれません。


 そう考えると、私たちは「自己肯定感が大事」という認識はしていても、自己肯定感が一体何なのかをあまり深く知りません。かくいう筆者も、自己肯定感の低さに長年悩まされてきました。その中で様々な取り組みをして、仕事や恋愛で成功体験を積み重ねたことで、30代になってようやく高まってきたなーという実感を覚えます。


 しかしある時、「これはおかしい」という出来事が起きたのです。


◆「とにかく愛されたい!」10代の自分がフラッシュバック
 それは、ある男性とのやり取りで起きました。その人といると、明らかいつもの自分じゃない感覚であることに気づいたのです。



※写真はイメージです(以下、同)



 どういう自分かというと、まさに自己肯定感が底辺だった10代の自分のよう。この頃は、ただ人から愛されたくて、でも傷つくのが怖くて、その結果オラオラ系や支配的、体ばかりを求める男性の言いなりとなり、傷つくような恋愛を繰り返していました。いわゆるダメ女です。


 パターンはいつも一緒。会っている時は楽しめても、1人になると好かれているのか不安になり、尊重されている気もしないので、常に「私は好かれている?大事にされている?」とメンヘラモードになっていました。


 そんな相手とはさっさと別れろと思うでしょう。しかし、当時の自分には常に「とにかく愛されたい! でも、このままでは愛されないかもしれない」という大きな不安と疑問が渦巻いているので、少しでも自分の存在や行動を喜び、そして肯定してくれる男性が大切だったのです。たとえそれが、ダメ男だとしても。


 歪んだ承認欲求を満たしていた10代の気持ち悪い感覚。それが先日、急に特定の男性を前にして湧き上がってきたのです。


◆ダメな自分に戻ってしまう理由
 その人といる時だけ、なぜか「もっと言うことをきかなきゃ」という焦りにも似た気持ちが出てきます。



 でも、一緒にいない時は比較的安定しているのです。仕事や日常生活、全てにおいて、10代の頃に戻ったわけじゃない。でも、その人を前にすると、やっぱり良くない方向に引っ張られてしまう。これは一体どうしてなんだろう。


 息切れしそうになりながら自分を客観視すると、原因にはいくつもの要素があるものの、1つは「自己肯定感」というものの本質を、大きく見誤っているのではないかと思えてきます。


 例えば自己肯定感は「1回高まれば下がることはない」というイメージがありました。しかし本当は、「シーンや自分の状態によって揺れるもの」かもしれません。以前お金に関する取材をした時、自分の消費行動を振り返ると「なんか私、これじゃマズいのでは?」といった焦燥感が高まったとき、本やコスメを買い漁る傾向が私にはありました。これも自己肯定感が低くなっているから起きることです。


 自己肯定感。大事なものだと知っていたけど、もう少しきちんとその性質を知り、そしてもっと自分の生き方に沿った付き合い方がしたい。心底思いますが、みなさんは自己肯定感、高いですか低いですか? というより、どんなものであるか、説明できますか?


<文・イラスト/おおしまりえ>


【おおしまりえ】水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter@utena0518





(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

アイデンティティーを他人との関係性の中に持っている、そこで生まれる自己肯定感は他人にどう思われているかというような、他人との関係に左右される。要は未発達なこどもなのだ。人生の辛酸をなめることで成長する、そんな機会がないなら、読書をすすめる、作者のアイデンティティーにふれることで成長できる。


自分を大事にして…生きようね!


こういう変な価値観を一番植えつけまくってるのは女性誌なんかの各メディア。最近は雑誌が売れないから必死にネットで洗脳。男性は女性を求めているのに、女性に対しておっさんのような生き方を押し付けて来る。本当の意味で男らしい人物がおっさんを好むと思いますか?この意味が判るまで人類はどのくらい時間がかかるだろうか。


【ハーバービジネスオンライン】の運営会社は【扶桑社】。「SPA!」と同じ。親会社は【フジテレビ】。フジの筆頭株主は、2005年から民主党政権誕生まで【ソフトバンク】。 ▲小林よしのりと一緒にネトウヨ連呼とレッテル貼りしか能がない、古参フェイクメディア


別にオラオラ系や、体を求める系以外でも普通に受け入れてくれる人居たのだと思うけど、限定的なのはなんで?積極的に声掛けてくる人達を恋愛対象にしただけなのかな?


男だって人種に差があるでしょ。他人を狩りの対象としか思ってない奴は狩りのための罠としての情報発信を多用する。ふさぎこんでる女にもっぱら届くのはそういう声。


自己肯定感の基準は、自分を愛してるかどうかじゃないか?支配的な親のもとで育つと、自己肯定感は阻害されるらしい。男と関わって肯定感が下がったと思うのなら、それはその男が支配的だからだろう。良く言えば、人より早く支配的な人間と関わって生きてきたから、相手がどういう危険性を持った人間なのか把握することが出来る。デメリットと捉えずメリットとして捉えたほうが良い。


やべー女はDV男に惹かれる傾向があってお互いがお互いの症状を悪化させる、みたいな話はどこかで聞いたなあ。


昨今何でもいいから構われたいで一番やらかされ易いはネット上での炎上狙いだろう。まあ犯罪公開レベルまで悪化したら警察と刑務所が構ってくれるようになるさ


歳をとっても失わない何かがあればまだ少しは安定するけど他人がいないと自分を肯定できないのはコミュニケーション生物である以上しょうがないでもまあ結局難しい簡単に作れないものを作れるようになるより顔のいい男に尽くして振り回せれて依存する方がドキドキしていいのでしょうね愛してくれるようなちょろいもてない男では刺激も足りないし満足できない


他人に軸を置いてると自己肯定感はブレブレになりやすい。利己的にならない程度に自分に軸を持って生きたいよね…


付き合ってる恋人が好きなんじゃなく、恋人に愛されてる自分が好きなんでしょ。結婚でも似たような事言えるけど、相手を人間じゃなく自分を着飾るステータスにしか思ってない。男女問わず振り回される相手が可哀想だよ。


お前はお姫様じゃないし、奴隷でもない。お前の親はそんなことも教えなかったのか


30代にもなって、そんなしょうもないことで悩むのがおかしい。成功体験があろうとなかろうと、30年も生きてて、自分の人生に対して哲学や学習がないから意味もない、解決不可能なことで悩むんだよ。学べ、解決できることに悩め


人にもよるんだろうけど運動もそうだし、若さのごり押しが効かなくなるのは仕方ない。


子供が自己嫌悪に陥ることはない。自己肯定感における自己とはいわば世界内において自己の辿った足跡であり観念である。観念であるから自己そのものというよりは単に影に過ぎない。しかし陽の当たるところ影は付き纏う。過去に起こったことはどうしようもない。過去に囚われたままでは自己肯定感は低いままだ。人は自己を積み重ねることによって少しずつ自分を好きになっていくしかない。


男と遊べてんならええやんけ


他者からの評価がそのまま自己肯定感に直結することはあり得ない。そのように見える場合、かかる評価を肯定し受諾しているのだ。人はこの否定的評価を肯定するような自己を実現しようとするだろう。真の自己肯定はその先にある。問題なのは他人の評価それ自体ではなく他人の評価にどう向き合うかだ。参考にすることはあっても囚われるべきではない。人は好きな自分になることができる。




この記事へのコメント

人気記事