沖縄で暴力を受けて育った女性たちの個人史。あらゆる予断を挟まずに、ただひたすらに聞く


『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版) 著者:上間陽子


受け止め、聞くということ

沖縄で暴力を受けて育った女性たちの個人史を、聞き取り調査をもとに描いた記録である。

何度読んでも、私はまた泣きながら読むことになる。「泣ける話」なのではない。凄絶すぎる体験をしている彼女たちの言葉が、初めて何の断罪も裁きも下されずに聞き取られた瞬間を目にするからだ。

貧困家庭で暴行を受けたりネグレクトされたりした少女たちが、居場所を求めて外の男たちに出会い、今度は彼らから暴力を受ける。子どもができる場合も多い。生きるため、夜の街でお金を稼ぐ。つまり、早く大人にさせられる。未成年なのに、人生の責任をすべて背負わされる。助けてくれる人がいた例(ため)しはないから、誰にも助けを求めないし困難を語らない。いつも男の物理的な暴力によって、言葉を封じられてきたから。

そんな人たちに、上間さんは、語っても大丈夫な場を作る。あらゆる予断を挟まずに、ただひたすらに聞く。

「聞く」という行為は簡単ではない。私たちは多くの場合、他人の話を自分の常識から判断して、口を挟んでしまう。けれど必要なのは、聞く側が「語る権力」を捨てること。それは、自分も相手に無防備に身をさらすよ、という意思表示だ。

そうしてようやく出てきた言葉に、上間さんは寄り添う。彼女たちが抱いた感情を肯定し、孤独を訴えれば側(そば)にいようとする。そこから信頼が始まる。登場する6人の女性のうち、何とか人生を立て直した3人は皆、自分を決めつけないで受け止めてくれる人と出会っている。

女性が暴力を受けるのは女性にも問題があるからだ、という断罪の態度は、もう終わりにする時が来ている。本書が、この欄で取り上げられるほど読まれているのも、そんな言い方に傷ついている人が多いからだろう。私たちも本当は聞いてほしいのだ。ならば、まず聞く側に回ろう。上間さんが少女の言葉を聞くような姿勢で、私たちもこの本の言葉を読む時なのだ。

【書き手】
星野 智幸
小説家1965年米国ロサンゼルス生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、2年半の新聞記者勤めを経て、2年のメキシコ留学。1997年、『最後の吐息』で文藝賞を受賞してデビュー2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞2003年ファンタジスタ』で野間文芸新人賞2011年『俺俺』で大江健三郎賞、2014年『夜は終わらない』で読売文学賞2018年『焰』で谷崎潤一郎賞を受賞。他に『呪文』、4巻本の自選作品集『星野智幸コレクション』、エッセイ集『のこった もう相撲ファンを引退しない』『未来の記憶は蘭のなかで作られる』など。

【初出メディア
朝日新聞 2017年7月16日

【書誌情報】

裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち

著者:上間陽子
出版社:太田出版
装丁:単行本(264ページ)
発売日:2017-02-01
ISBN-10:477831560X
ISBN-13:978-4778315603
裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち / 上間陽子
沖縄で暴力を受けて育った女性たちの個人史。あらゆる予断を挟まずに、ただひたすらに聞く


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

この本は読まんが、彼女らの親の代からしてksだよね。貧しいから学ばないというより気づけないから学ばない。今デモしまくってる黒人だってそう。でも今は外からの情報が手に取りやすい世界なんだからいい加減手に取りやすいものばっか掴むのはやめんと。


【初出メディア】朝日新聞 2017年7月16日


確かに、どこの都道府県だろうがどこの国だろうが、性別年齢関係なく親から適切な愛情を受けられなかった人間がいるという問題はある。ただ、その問題を「自分の主張したい・解決したい」問題とすり替えるな。それは今この時、問題に苦しんでいる当事者を何ら救いはしない。「弱者を盾にして自分の主張を押し通そうとする」手法はとっくに時代遅れだぞ


>yoyoさん記事全文は読んでないんですが、冒頭を一行読んだだけで「だろうな」と思った…(==;


マスコミは寄り添うけど救済しないよね。


これ沖縄強調する必要ある?


んで今はマスゴミや自称フリージャーナリストの食い物にされてると。


普段は「沖縄と日本は違う!」と言っておきながら、こんな時だけ「沖縄の問題=日本の問題」にするな。


タイトル見るぶんには  沖縄・暴力・女性→米軍・レ○プ→在日米軍は悪  的なミスディレクション(視点を狙うところに誘導する)に感じますねこれ。なんかドス黒い物を感じます


【初出メディア】朝日新聞 2017年7月16日  はい、解散


古い時代の話を今に伝える…という事自体には、頑張ってねと声援を送るけど、古い話を引き合いに出して、今も尚米軍は居座ってる~とかに話を変えるのは良くないと思う。当時の女性達の置かれた状況を不幸だと思うが、今の時代の感性で全て断罪するのは違うと思うな~だって、人権について真剣に語られたのは、戦後何十年とたった後なんだから。


助けたい奴が勝手に助けりゃいいだけの話、もちろん邪魔はしない。でもいい加減社会的救済が必要とか勝手に巻き込むのやめてくれない?だってこいつら何故か上から目線で「救済させてやる、救済しなきゃお前は悪人の1人だ」って決めつけで話が始まるんだもん。誰が好きこのんでそんな奴らに関わり持ちたがるんだっつーの。俺は自分と自分の身の回りの人間救済するのに精一杯だ。


んで、君達マスメディアはその貧困に対して取り上げることはしても、問題解決には何の手も課さないの?


過去の米国問題(妄想)を蒸し返して遊んでるのはゴミメディアです(妄想で米国叩きたいだけ)、実際は日本人以外の変な奴が潜伏繁栄してるだけ。なによりハーフが多く戸籍なしが多いはず(墓石と家系図すらない人らね


被害者(になりきり)ビジネス


▲ 人口に対する「殺人事件の発生率」も、沖縄が全国一。沖縄は人*の県。ただし米軍関係者の殺人は年間0~1件。 ちなみに「出来ちゃった結婚」の率も沖縄がトップ。


二つ目でわらった。どこまでがホントの事ですか朝日さん


確かに弱者を盾にして自分の主張を押し通すのは良くない事だ  だが それを非難するお前らは弱者に対して何をしている?  お前らの発言も傷付けられている女性達をより傷付けるだけのものじゃないのか?  それがお前らの正義か?  自称正義のネット民が今までどれだけ罪も無い人達の心を傷付けてきた?


>人口に対する「殺人事件の発生率」も、沖縄が全国一。沖縄は人*の県。   いくつか集計を調べてみたが沖縄がトップの集計は見当たらなかった  また 仮に殺人事件発生率がトップだとしても まるで沖縄県民がみんな人*であるかの様な表現が適切であるはずがない  「沖縄差別発言」を鵜呑みにして「沖縄の女性を救う必要は無い」と言うのは許される事じゃない


【初出メディア】朝日新聞 2017年7月16日 【書き手】星野 智幸小説家。 これでもうどうなるかは普通に朝日新聞のやり方知ってる人なら分かるので帰るわwww


マスゴミは楽でいいよね^^  記事や本出して『我々はこんな問題に心を痛めている!被害者に救済を!!』ってお金にするけど、そのお金…被害者に渡してんの?って。便所の壁にラクガキした程度で救済してます感出すのなんなの?wお前も十分搾取してる側じゃねーか。


同情するなら金をくれってことか?


コメ欄が予断挟みまくりで草も生えない


沖縄から中国に引っ越したら?wお金の価値上がるから貧困抜け出せるでしょ


沖縄+暴力を受けて育った+女性とコンセプトから予断挟みまくり


第二次大戦中の話の時は「日本軍は悪、米軍は正義の味方」基地問題の話の時は「米軍は犯罪者」褒められれば「沖縄は素晴らしい」、問題が起これば「沖縄ではなく日本の問題」マスコミは物書きのくせに話に筋が通っておらず、矛盾している以上すべての話に信用がおけない。北朝鮮の拉致問題と同じく、フェイクニュースで問題を助長させているのはマスコミだろう


なんだぁ?新しい被害者ビジネスでも思いついたのかぁ?


朝日新聞←この段階で読む気も買う気もない


沖縄で暴力を受けて育った少女も問題かもしれないけど、日本人全てが悪影響を受けている、朝日新聞の慰安婦捏造や反日偏向報道を断罪しないと駄目でしょ。


タイトルの時点で怪しさ臭ってました


米軍に暴力受けた人の話かと思ったら違ったわ。あと、朝日新聞じゃあね・・・


朝日新聞+沖縄って時点でうさんくささ満点ですね


いやあの「沖縄は反基地運動より先にこういう事をどうにかしろ」としか言えないんですが


先に米欄読んどけば良かった。色々書く事考えたけど朝日で全部台無しじゃないか


マスコミも記事になるからって、ある意味食い物にしてるだけなんだよね


臭い臭い


まとめサイトですか?




この記事へのコメント

人気記事