日本中に現れた「自粛警察」 “正義の制裁”が脳科学的に気持ち良いワケ


 新型コロナウイルスの感染拡大とともに日本各地に現れた「自粛警察」。緊急事態宣言の下でも営業を続けた店舗や客をバッシングする人々のことだ。

 なぜこうした現象が起きたのか? 脳科学者の中野信子さんと漫画家のヤマザキマリさんの対談(「文藝春秋」7月号「コロナでバレた先進国の『パンツの色』」)は、その背景を分析する。

は“フリーライダー”を罰したい

中野 私も海外の友人とよく話をするんですが、日本の「自粛」を説明するのは本当に難しい。

ヤマザキ 「自粛警察」なんて特にね。自治体自粛要請期間中に、わざわざ開いている店を探し出して市役所に通報したり、「店閉めろ」と張り紙が貼られたりする。ああいう極端な反応は「正義中毒」そのものですよね。そもそも、なぜああいった自粛警察みたいな人々が出てくるのでしょう?

中野 人類は共同体を営む生物ですが、個人は共同体に一定の貢献や犠牲を払い、その代わり共同体から利益を受け取ることで暮らしています。しかし、中には共同体に貢献をせず、利益だけを得て「ただ乗り」する者(フリーライダー)もいます。わかりやすい例が、脱税しているのに社会保障などはしっかりもらっている人とかですね。フリーライダーが増えてしまうと、共同体は成り立たなくなってしまう。そこで人類の脳は、フリーライダーを見つけ、罰することに快感を覚えるようにできているのです。

ヤマザキ なるほど。日本では自粛しない店は「フリーライダー」だと認識されてしまったわけですね。

「正義の制裁」で快楽中枢が刺激される

中野 おそらくそうでしょうね。フリーライダーだと認識した対象に「正義の制裁」を加えると、脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質であるドーパミンが放出されます。この快楽は強烈です。有名人の不倫スキャンダルが報じられるたびにバッシングが横行するのも、人々の脳内にこのシステムが働いているからです。しかも「正義中毒」は共同体が危機に瀕するほど、盛り上がりやすい。

ヤマザキ 他人の不倫が正しいかどうかなんて余計なお世話と思うけど、人類の脳の仕組みである以上、これは誰もが陥ってしまう可能性があるということですよね。

パチンコの「店名公表」は日本独特?

中野 はい。こういう心理の盛り上がりは東日本大震災の時にも発生しました。社会そのものが崩壊の危機に瀕した時には、個人の利益よりまず集団の利益を社会全体が優先するようになるのです。そうした心理が強く働くから、「みんなステイホームで我慢しているのに、沖縄に行って遊ぶなんて不謹慎」「この時期にパチンコ屋が営業するとは何事だ」と、批判が集中してしまうのです。

ヤマザキ イタリア人に話して一番ウケたのは、大阪府が営業自粛の要請に従わないパチンコ店に対し、「店名を公表する」と警告したことでした。「エッ、日本って、店名を公表されるのがそんなにヤバイことなの?」というのがイタリア人の反応。しかし、日本では効果は絶大でしたね。皆すぐに店を閉めました。しかもその表向きの理由は「従業員を守るため」だった。日本では感染者を出すこと自体がもはや犯罪であるかのような扱われ方ですが、イタリアではまったくそんなことはありません。新聞では新型コロナで亡くなった方の実名がお悔やみ欄に連ねられていたし、コロナ患者は自ら顔出しして、「こんなに苦しいんだ、しっかり予防しろ」ということをSNSなどで積極的に発信しています。いわゆる感染者差別というのは全くと言っていいくらい、ない。病気での差別は数百年前までのプリミティヴな人間のやることだと捉えている。

中野 本当に日本は「空気」ですべてが決まる国ですね。

◆◆◆

 対談ではさらに、危機の時代だからこそ明らかになった各国の素顔、女性がリーダーの国が優れた対応をしたという指摘が行われたが、その背景にあったもの、日本とイタリアの対応の違い、ローマ帝国において社会の発展に疫病がどう関係したかまで縦横無尽にコロナ禍で起きた問題について考察を深めている。

 詳しくは「文藝春秋」7月号および「文藝春秋digital」に掲載の「コロナでバレた先進国の『パンツの色』」をお読み下さい。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年7月号)

緊急事態宣言下、パチンコ店に並ぶ人々 ©AFLO


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

強*売春


度を越えた正義は悪だってどっかのヒーローが言ってましたね。善悪は表裏一体よ


正義気取って他者を制裁って欧米のほうが盛んなのですが、てかあいつらの十八番芸だろ。日本が嫌いなら外国に行けば?パリ症候群になって帰ってくるよ。


そういや普段日本の空気ガー同調圧力ガーと叫んでいる左翼界隈の人が、コロナの件で女子大学生とかその大学を誹謗中傷しているの見かけたなぁ… 村社会ってなんやろな(ハナホジー


パチョンコ


クレーマー叩き  飯塚叩き  自粛警察叩き  ← これすべて同一人物。age-s


すぐデモ活動する奴らもその一種なんだって事を最近理解した


本物の屑共を毅然と法的に処罰しないから蛆虫共が沸くんだよ。司法や議員の知恵遅れアホ共はこれを機にさっさと改善案だしとけ。


最近のアニメや映画などは、悪とされた側の理由・信念・事情など、ただ単純な悪ではない話(主人公が悪側だったもある)が多く、人々の価値観もそれに理解を持つ人も多く見られる。「自分が正しいことが前提」の勧善懲悪の価値観の人からすれば、自分が正義で相手が悪は当然なのだろうな。むしろ「悪」を作らなければ「正義」の愉悦を得られないから「悪」とする相手を求めるんだろうな。


つまらない真実から目を背け、面白い嘘を盲信する人達は哀れだ。


そら本人は正義だと思ってやってるんだから気持ちいいだろうねやられたほうはたまったもんじゃないがまじで正義厨は消えて


マスコミは耳が痛いだろうな


これを公器と呼ばれるモノに属しているものが率先してやっているんだから救われない


明らかにクレーマーと同じような病質的なのものも含まれてるような気もするが…マスコミ的には主張ができるからいいのね前あった王将に裸の若者が大勢おしかけたって事件最初は若者たちの悪ふざけとして報道されたけど実際はヤクザがチンピラたちつかってやらせた嫌がらせだったらしい


文春みたいな売文屋が普段やってる事じゃないの。それで金儲けしてる分余計たちが悪いけど。


まあ学校で最初に習うのも、少数を吊るし上げて集団を纏めるやり方だしな。


偉大な脳科学者茂木健一郎氏のお陰で「脳科学的」という単語の化けの皮が剥がれて、インテリ気取りのおバカな人ほど使いたがるただの眉唾以下のマウントとりのキーワードでしかない事が世の中に広まってから、こういう記事でしか目にしなくなったなぁ。


自粛警察みたいな不安感を煽るネタはマスコミが好むものだから、どこまで本当なのか。パ*に抗議する人とかプロ市民の人じゃないの


善人尚以って往生をとぐ、いわんや悪人をや


正義マンが横行してること自体が頭いかれてる証拠なんだよ自分もそちら側に行かないように注意しなきゃ


自粛っていう実に都合のいい言葉なんか使うからこうなる。「やっちゃいけないんだけどやってもいいよ、できればやらないでね」のようにやんわりした表現じゃ生き死にがかかった人間には何の規制にもならない。それでいて自粛警察の行動も完全には否定できないんだから質が悪い。これはルールを決めた統治者のせいだよ。




この記事へのコメント

人気記事