神社のトイレの『注意書き』が、秀逸すぎると話題 「さすが大阪」「笑った」


街中で見つけた貼り紙や看板などを撮影し、Instagramに公開している、よろし(aktan_yoroshi)さん。

大阪府大阪市にある神社『大阪天満宮』の境内に行った際、変わった注意書きを見つけました。

大阪天満宮の貼り紙

一見すると、俳句のよう。こちら、お寺のどこで見つけたものだと思いますか。

正解は男性用トイレの中!

小便器を使用する時に『尿はね』をしないよう気を付けてほしいという注意喚起だったのです。

さらに、よく見ると便器の真上にも、黄色いテープの小さな注意書きが…。

「自信があっても、一歩前へ」など、なるべく身体を便器の近くに持ってきてほしいというお願いが書かれていました。

ユーモアあふれるトイレの注意書きに、思わず笑ってしまった人も多いでしょう!

写真を投稿したよろしさんは、Instagram上でこんな一句を詠んでいます。

「踏み出せど しぶき散らした しめじの涙」

切ない情景が目に浮かぶ…。

気を付けていても、時には失敗をしてしまうこともあるのでしょう!

トイレをきれいに使ってほしい」という想いも笑いにのせてくるとは、さすが、大阪ですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
aktan_yoroshi


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

2歩前へ、お前はそんなに大きくない。


これ飲み屋に張ってあったぞ。マツタケのつゆ


この手の川柳は昔から在るようでググるといっぱい出てくる。


まつたけなんておこがましいです イトミミズです


松茸とは、なかなかご立派なイチモツをお持ちのようでw


ところで字の横の点の意味は?


歳とるとね…最初の勢いがなくなるせいか散りやすくなってね…


松茸のやつ、数年前に料亭のトイレで見たことがあるな。しかも松茸の絵を添えて。


こういうの、古いパーキングエリアでよく見るな。「一歩出ろ、君のはそんなに、デカくない。」


あえて「松茸」と言う事で相手を立ててるんですね。チ○コだけに。


「昭和の記事を読んでるのか?俺は」と思った。「ネットニュース」の旬はわからん


男は手で添えて調整できるのにそんなに汚すもんかねぇ。まともに用も足せないシメジ相手にも松茸と表現し自尊心を刺激して言うことを聞かせる聖人。


銃口の周囲が濡れていたり、逆にベタ付いて銃口が歪んでいると簡単に飛び散る。これは長さには無関係に起こる突発事故なので、そういう事態に備えて前進守備を心掛けましょう




この記事へのコメント

人気記事