高齢者のハイテクEVはなんと「歩行者」扱い! スズキ「セニアカー」の知られざる世界


高齢者のハイテクEVはなんと「歩行者」扱い! スズキ「セニアカー」の知られざる世界

動くスピードは時速6kmまで 一般道では歩行者のあつかい

 いまでは自動車メーカーで唯一のラインナップになっている「スズキセニアカー」。一般的には主に高齢者に向けた“シニアカー”などと呼ばれることもある充電式モーターで動く乗り物スズキでは“電動車いす”として3種類のセニアカーを用意。ここではそのセニアカー3台それぞれの特徴や仕様に触れつつ、なんとなくは分かっているようで、まだまだ知らないことをリサーチして行こう。

JIS規格では「自操用ハンドル形電動車いす」として規定

 主に高齢者が座りながら移動できる“シニアカー”などと一般的に呼ばれている乗り物は、JIS規格で「自操用ハンドル形電動車いす」に規定され、車いすのひとつに含まれている。「スズキセニアカー」はスズキが商標登録している電動車いすの名称で、JISの規格にももちろん適合したもの。スズキによる「電動車いす」開発の歴史は長く、1973年昭和48年)から着手。スズキモーターチェアの発売を経て、1985年昭和60年)には電動3輪タイプスズキセニアカーが新発売されている。スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

 道路交通法では時速6km以上のスピードが出る電動の乗り物は、自動車原動機付自転車となり、電動車いす最高速度が時速6kmまでと決められているほか、JIS規格では最大寸法をはじめ、旋回安定性、段差乗越性、回転性能などこれ以外にもたくさんのことが規定されている。

 現在、スズキセニアカーには、標準モデルとして「ET4E」、連続走行距離が長く大型バスケットがついた「ET4D」、狭い場所でもコンパクトで小まわりが効く「タウンカート」の3車種がラインナップされている。JIS規格による性能表示では、全モデルとも旋回安定性と段差乗越性は最高点の★★★(星3つ)、回転性能については3車種のうち「タウンカート」が★★★(星3つ)をマークしている。
スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説 この3車種の特徴や操作方法などは後で詳しく紹介するとして、次ではセニアカーに対する、そもそもの疑問について調べてみた。

歩行者扱いor自転車扱い? どこを走れるの? 免許は?

 セニアカーについて、なんとなくの知識で誤解しているパターンが多いのは、軽車両(自転車など)だという思い込み。ハンドルがついていて車輪があるのでそう思われることもあって仕方ないかもしれないが、じつは、セニアカーは道路交通法で「歩行者」として扱われているのだ。

 さらに先に申し上げた通り、最高速度は時速6kmまでと決められていて、これは、大人の早歩き程度のスピードに抑えられているため、セニアカーは「歩行者」として「歩道」を走行する交通ルールが適用。歩道のない道路では右側走行する。

 従って、歩行者ということであれば運転免許は必要なく、誰でも簡単に運転することが可能。充電した電気を使いモーターで動くために排気ガスも出ず、騒音もなく静かで、人が歩くように外出することができるというワケだ。ちなみに充電は、セニアカーに格納されている充電コードを家庭にある100Vのコンセントに差し込めばオッケー。充電を開始すると音声で知らせてくれたり、充電中や充電完了のサインは操作パネルのランプで確認できるようになっている。スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

 

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

スズキのハンドル形電動車いす「セニアカー」はどんな乗り物なのか。種類と操作上のルールなどを解説

高齢者のハイテクEVはなんと「歩行者」扱い! スズキ「セニアカー」の知られざる世界


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

この手のシニアカーが歩行者扱いって意外と知られてないんか?私は教習所で習ったぞ


んで,『「セニアカー」の知られざる世界』はどこ?


なぜシニアカーといわずセニアカーなんだろう私にはこれがわからない


必要としている人が居る事も殆どの人が適切に扱っている事も理解しては居るけど、偶に居るマナーの悪い老人のせいでどうもシニアカー見ただけである種の警戒をしてしまう


たまに一般道走ってるドラレコ画像あるよな


>オフトゥーネ シニアカーは電動カートの一種。分類、制限は記事の通り。セニアカーはスズキの商標。自分で(セルフ)の意味を込めてる。今回の記事はセニアカーのみに絞ってるだけで、セニアカー=シニアカーだけど、シニアカー=セニアカーではないよ


フォークリフトの構内制限モードが5km/hだから屋外とはいえ急に止まれない乗り物を6km/hで走らせるのは怖いなぁ。


なんかキャタピラ・履帯的な話になってるwまぁ、知られざる世界っていうならこのシニアカーで結構な数の死亡事故(巻き込み)があるって事じゃない?


これ母親が借りた事あるんだけど借りた時に歩行者扱い云々の説明一切なかったよ そりゃこれで車道走る年寄りも出てくるわなって思った


そりゃ歩行者だろ…こんなんが軽車両扱いで車道走行推奨されたらもっとヤバイんですが…まぁ6㌔でるコレが歩道走るのも当たり前の歩行者からすれば十分怖いけど、まぁ乗ってるのが「お年寄り」だからね、お年寄りには優しく()ってのが日本のルールだしwオラついて危険運転しててもちゃんと歩行者共は老害様に道譲ってやるんだぞww


自転車扱いだとして車道を走られても、歩行者扱いで歩道を走られても邪魔にしかならないんだよなぁ・・・まぁジジババが一般の車を運転してミサイルする・されるよりかはマシだろうけど


まぁ実際、言い方悪いけど 操縦者は基本健常な歩行もままならない高齢者なわけだし、 いろんな意味で危険性も孕んだ乗り物ではある


教習所で教わった覚えないな、知り合いもみな知らないって言ってるし販売店でもそんな説明はしてないね


ひとつ言いたいのは歩道に段差をつけるのではなくて車道に段差をつけてほしい。(横断歩道も含む)


電動車椅子だからね。


スピードは6キロ程度で歩行者の早歩きと変わらない程度って書いてるが、重量や質量の問題で衝突が起これば危ないことにならないか?普通に怖いのだが。


やっぱ道交法って色々と無理があるというか強引な解釈ばっかりだな。ペダルなしで進む電動自転車は原付バイク扱い。電動アシスト自転車が軽車両扱いなのにこれは歩行者って・・・・・・


アメリカでデブが使ってるイメージ


普段移動はバイクだが、バイクが乗れなくなったら、お世話になるかも。ホーンの音は2種類欲しいな(一般的なホーン音とピンポ~ン音)


法改正して、軽車両扱いするべきじゃないのか。田舎だと歩道が狭いから結局車道を走る事になるし、予告なく車道を斜め運転したりするから危険でしかない。せめて簡易的な教習と罰則を作るべきだと思うけどな。


田舎の道で左側通行する爺ちゃん多いね。うちの爺さんは畑の中にまでこれで行く。時々ぶっつまって動けなくなるんだわ。も少し大きいタイヤと四駆機能が欲しいね、自分もいずれお世話になると思うし。


これで車道を走行しているお年寄りを時々見るな・・・(汗)


まーたジジババ若者対立報道か(超暴論)


>オフトゥーネ シニアのスペルがSeniorだから読み間違えてそういう名前になったとかでは?


このバイクに隼のエンジンを載せよう(提案)


現状で速度出過ぎなんだよ、老人が子供を轢き*ないと制限かからなさそう。


この間これに飛び出されて肝を冷やしたぞ。5mのとこに横断歩道あるのに。


ミュウさんのコメント内容が知られざる世界で一番役に立った。


技術の進化で乗り物は便利になってるかもしれないが問題は道路の整備不足にもある歩行者と自転車と自動車に加えてシニアカー住み分けが出来てないなら新しい乗り物出てきても困る


基本左走ってて当たり前のように車道にはみ出してくるのばっかだから絶対その認識少ないだろ。


早歩きではなく男性の歩く平均の速さくらいにしないと 杖をついてる人との「チンタラ歩くな。邪魔だ」事故が増えそうな?


教習所で習うも何も、免許取ったころはこんなもんなかったんだよなぁ。知らなかったよ、ためになる記事だった。


小回りが絶望的に効かないからなこれw邪魔になろうにも都会以外じゃデッドスペースが多いし歩行者多かったら並んで走る事もままならん。


前に『歩行者扱いだから酒飲んで乗ってもいいだろーが!!』って文句言ってる記事あったな


ハンターハンターでリールベルトが使ってね?


雨降ったらどうするん?


セニアカーって結構転倒したり、左折する車の巻き込まれたり、危険なんだよ。


歩道でおらついて自転車に注意してる老害がこれ乗ってたわお前もそれで歩道走るなよw


健常者だけどほしい。乗ってみたい。楽しそう。


コレで道の真ん中でバッテリー切らして各座していたり、中央分離帯のある道を横断しようとしたり、幹線道路で車道を逆走するのがいるから困るんだよなぁ・・・


何を今更…なんだが、知らん人も多いんかねぇ…


>>コウさん、シニアカーは「歩行者」で、自転車は「車両」なんですが…物理的に無理な場合を除いて、シニアカーは「歩道を走る」べきだし、自転車は、それが許されている場所を除いて「車道を走る」べきなんですよ


バッテリーなど見た目より重いので横転するとじーちゃん一人では起こせないのよね。


これが次世代のプリウスミサイルか


重量約100Kg,最高時速約6Km。ぶつかられたら普通に怪我するし、転倒したら乗ってる人も怪我をするし、結構死人も出てる。歩行者扱いだから警察庁の交通事故統計には含まれていない。田舎だと、田んぼに落ちたり、水路にはまったり。。。踏み切り途中でバッテリー切れとか、救出大変だから家出る前に電池残量確認をちゃんとして欲しい。


でこいつVS小学生とかこいつVS成人男性なら衝突時のあれこれはどういう判定になるんですか?


サスペンションとか姿勢制御はどーなってるのだろうとか、歩道ってでこぼこ多くて結構悪路だし、すぐに転倒しそうで怖い


通りすがりに体当たりしてくる悪質爺がいたんだけど、こんなん乗られたら歩道で轢かれそう。速度がなくても怖い


時速6kmも出して歩道を爆走されたら、怖くておちおち歩けないのですが...


radar その感覚は間違ってないぞどこからミサイルが来るか予想して行動出来るからなミサイル食らってから慌ててももう遅いよ100キロもある重量物が歩行者と軽い走りくらいの速度でぶつかったら当たったほうは普通に怪我するよ 足が立たなくなる前に日頃から歩くなどして出来るだけこれにの世話にならないようにすべきだ


歩行者同士が肩ぶつかる感覚でプリウスミサイル爺婆が轢きにくるってことですね


傾斜がキツイくて路面がボコボコの歩道が多いから、つい車道を利用する人が多いんだよね。姿勢も低いから車から見えずらい。出来れば1.7m以上の旗を付けて欲しい。


ご老人を車道走らすとか危険極まりないだろ。車両扱いじゃなく歩道に居てくれってことだよ


結局は乗る人なのよね・・・我が物顔で突進してきたり、免許持ってないと内輪差も知らないし(自転車乗ってても知らないらしい)、ふらふら運転が多かったり・・・法整備や免許制とは言わないが講習はやって欲しいね。納品店がビデオ持参で30分~1時間程度の映像見せる程度でいいから!


>>ミュウ詳説感謝します




この記事へのコメント

人気記事