最近は誤用表現が増えている?「ゴリ押し」の本当の意味と由来




ゴリ押し」という言葉はすでに私たち日本人に定着していて、現実世界はもちろんインターネット界隈でも頻繁に目にするようになりました。



しかし最近の使われ方は、本来の「ゴリ押し」の意味とは違った使われ方、つまり誤用されていることが多いのです。



今回は、そんな「ゴリ押し」という言葉の本当の意味と由来についてご紹介します!



最近増えている「ゴリ押し」の誤用表現



近年頻繁に耳にする「ゴリ押し」という言葉は、かなりの確率で誤用されていたりします。



「ゴリ押し」が使われるシチュエーション①



マスメディア広告代理店が流行を作るために、特定のコンテンツを取り上げ、偏った情報を視聴者や読者に押しつけるような形で広められている様子を「ゴリ押し」と表現されることがあります。



「ゴリ押し」が使われるシチュエーション②



芸能事務所が売り出したいタレントを猛プッシュしてメディアに露出させていることも、「ゴリ押し」と表現されることがあります。



いずれも誤用表現



近年使われるようになった、過剰な取り上げ方をしたコンテンツや人物に対して揶揄するように使われている「ゴリ押し」は、誤用表現なのです。



これは言葉の新しい用い方ともいえるかもしれませんが、全世代に普及した用いられ方とも言えないので、現状では誤用表現です。



本来は違う意味を持っていて、由来もまた違ってきます。そこでここからは、「ゴリ押し」という言葉の本当の意味と由来についてご紹介していきます!



本来の「ゴリ押し」の意味と由来



ゴリ押し」という言葉は、現代では誤用が目立ちますが、本来はどのような意味で使われるべきで、由来はどこにあるのでしょうか?



正しい「ゴリ押し」の意味



正しい「ゴリ押し」の意味は、受け手の意向を無視して、自分の意見を無理矢理に押し通すことです。



会議などで異論があっても、それらの意見を無視して自己主張を通してしまうような振舞いのことを意味する言葉なのです。



力ずくで自分の思うように物事を進める、ともいえますね。



ニュアンスは確かに似ているのですが、マスメディア広告代理店が誇張表現を使って大衆を扇動するような意味は持っていません。



ゴリ押しの由来は?



ゴリ押し」の由来がどこから来ているのでしょうか?



ちなみに「ゴリラを押す」と思っている人もいるかもしれませんが、それは完全な間違いなので注意してくださいね(笑)



「ゴリ押し」のゴリは魚



「ゴリ」とは、淡水魚であるハゼの仲間です。



石の陰に隠れるように潜んでいるのが特徴で、中には吸盤状の腹ビレを使って川底にある石などにへばりついているものもいます。



ゴリの漁獲方法から生まれた「ゴリ押し」



ゴリの捕獲方法は一般的な魚の捕まえ方ではありません。



板を使って川底を削るようにすることで、石の陰に隠れていたり、へばりついているゴリを力ずくで捕まえていきます。



この様子から、抵抗があるところを強引に推し進めるという意味で「ゴリ押し」という言葉を使うようになったといわれています。



郷土料理にも使われるゴリ



このように「ゴリ押し」して捕まえるゴリは、各地で郷土料理に使われています。



特に石川県金沢市では「ゴリ料理」と呼ばれ、ゴリの佃煮や唐揚げ照り焼き、ゴリ汁などが郷土料理として親しまれているそうです。



誤用されがちな他の言葉



ゴリ押し」という言葉だけでなく、実は他にも誤用されがちな言葉がたくさんあります。



この項目では、知っておきたい誤用してしまいがちな言葉を少しご紹介したいと思います。



なし崩し



物事がうやむやになることを「なし崩し」と言うことがありますが、本来の意味は”物事を少しずつ片付けていくこと“です。



これは物事を変化させてうやむやにしてしまうという意味も含まれているため、そちらの意味だけが独り歩きしている状態となっているようですね。



他にも、借りたものを返すという意味を持つなど、物事を解決させるために計画を立てて進めていくという意味もあります。



煮詰まる



状況が進展しなくて立ち往生しているような状況を「煮詰まる」と表現することがありますが、これも本来の意味とは違います



本来の「煮詰まる」という意味は、完成間近になることを表す言葉です。



結論が出る状態を意味する言葉のため、進展がない状態を指す言葉とはそもそも真逆の意味といえます。



「行き詰まる」と似ていることから、混同してしまったのかもしれませんね!



おもむろに



「おもむろに」はゆっくりと動き始める様子を指す言葉なのですが、世間ではいきなり動き出すというような誤用が目立ちます。



この言葉は長らく止まっていたものが徐々に動き出す様子を指すので、むしろ誤用されている状況とは真逆の意味となります。



まとめ



日本では様々な言葉が誤用されていて、本来の意味よりも誤用の方がむしろ浸透している場合もあります。



そして「ゴリ押し」という言葉もその一つです。本来は「周りの意向を無視して、自分の意見を押し通す」ことを意味します。



メディアなどにコンテンツや人物が過剰に抜擢されたり特集されていることを指す、というのは異なりますので注意が必要ですね。



ただし、言葉というのは流動的で時代によって変化していくものです。そのため、もしかしたら本来の意味から誤用表現へと意味が変化していくこともあるのかもしれません。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

頻繁に見聞きする誤用でモヤッとするのは「○延々と」を「×永遠と」っていうのと、「○〜せざるを得ない」を「×〜せざる終えない」っていう2つ。後者に関しては話し言葉として使う場合に切る位置がおかしくて「○せざるを・えない」を「×せざる・おえない」って言うよね。この間、登山家の野口健がテレビで「せざる・おえないですよね〜」とか言っててモヤッとしてテレビ消したわ。


「受け手の意向を無視して、自分の意見を無理矢理に押し通すこと」芸能マスコミ系は全然間違って無くね?


いや間違ってないよね?この記事書いた人が用法に「扇動だの誇張だのを関連付けて」思い込みで間違いだと決めつけてるだけでは


「誤用されがちな他の言葉」の所に「確信犯」が無いのでやり直し。むしろこっちの方が「ゴリ押し」より酷い


特定のコンテンツを「受け手の意向を無視して」「自分の(売りたいという)意見を無理やりに押し通して」いるのだから正しい用法なのでは?


誤用が蔓延するとそれが正しい意味になる、誤読が蔓延するとそれが正しい読み方になる。


ゴリ推し


他にも「潮時=最好調な状態(勘違いの例:引き際)」とか「敷居が高い=(自分の)不備が有って訪れにくい状態(勘違いの例:ハードルが高い)」とか「手に余る=余裕が有る(勘違いの例:手に負えない)」とか「感慨深い=しみじみと感じ入る事が出来る物の事(勘違いの例:思慮深い)」とか 沢山あるよね


「力ずくで自分の思うように物事を進める」で何にも間違ってないのに誤用だ誤用だと、著者大丈夫か?自分が正しい用法を教えられるんだと「ごり押し」しようとしてないか?


誤用になってないような?と感じた人が多くて私一安心


①も②も合っとるやないか。受け手の意向無視しとるやろがい


正しいより間違いが多くなった時点で間違いが正しい言葉使いであり、それが言葉の文化であると思う。


要は『受け手に(スルー、あえて乗っかる等)いくつかの選択肢がある状態』はゴリ押しとは言わないって事でいいのかな。


何一つ誤用じゃなくて笑う。日本語出来ない人が日本語の意味に関する記事書いてどうすんだ。


そもそも記事の文章が恐ろしく下手。ギリギリ意味は取れるけどすんごく読み辛い、中学生の作文みたいな文体になってて、こんなレベルの人間が記事書くのも笑いもんだしそれがよりによって「日本語の使い方」についてとは。よっぽどライター不足してんのかね、こういう三文記事界隈って。


誤用云々語りながら『真逆』なんて使ってるのはギャグか何かですか?


おまえらは間違い! と得意げに躍り出てきて、これは本来こういう意味だ!とみんなが使ってる意味を説明するの笑う


チートや壁ドンと同じ目に合ったか。


「穿った」も入れてあげて。


視聴者の意向を無視して、コンテンツや役者を押し付けてくるんだから誤用じゃないやん。


別に誤用ではない


え、誤用じゃねぇじゃん。流行ってもいない事をあたかも流行っている様に見せかけて流行ってると言い張る。自分の意見を相手を無視して押し通す。何が違うんだ?


どこが誤用になるのかわからない。


「剛力彩芽押し」が語源じゃなかったの? めちゃくちゃ*なのに一時期、異常なほどマスゴミが剛力を押し付けてきたからな


誤用改めである!神妙に縛に就けい!


それにしても日本人はもうちょっと辞書を引いた方がいいと思う。あまりよい辞書がない気もするが


メディアや芸能界隈のゴリ押しをゴリ押しと言うのは誤用だ!って事にしたいみたいだけど、効果が無いみたいですよ?(コメ欄の反応を見ながら)


ゴリ押しは無理押しと意味はほとんど一緒 そして記事に書いてある『由来』も”諸説ある”なので本当のことではない。もちろんゴリ押しと言う語感から力づくでゴリゴリと押していくという意味合いで使われることがほとんどである。ちなみに日本人がとにかく誤用していることで有名な言葉は王道、当て字、悪運、適当とかなのでこっちの解説を記事にしてほしい


「おもむろに」知ってて「やにわに」知らない人間がいるのか?という疑問と最後にさらっと逃げ道作って逃げていく卑怯さよ…


いや受けてとしてはオーディションなりしっかり実力で出て欲しいのに事務所なりの力で押され出てくるのをごり押しというのじゃ?視聴者の意向無視しとるよね


ごり押し間違ってないじゃん


「なし崩し」「煮詰まる」「おもむろに」の例は誤用なのにタイトルにしてる「ゴリ押し」だけ誤用になってないの草 誤用と言えば昔テリー伊藤氏が「言葉は生き物だから意味なんて変わってっちゃっていいんだよ」とか言ってて「何言ってんの?」って思った


「世界観」「微妙」「適当」「姑息」「潮時」等々


いやごり押しじゃんw


元記事も筆者名無記名だし,冗長で読みにくい


この記事がゴリ押し


誤用が正しい意味に変わった言葉はあるけどね。


誤用を指摘する人が半ば言葉狩りのようになっている理由がこのケースかと思う。語源を調べることには一定の価値をみることが出来るけど、それを根拠にして狭義の意味以外での用法を間違いとして喧伝する行為は、言葉に対して余りにも見識が低いと感じる。辞書も版や版元によって意味が違うことはざらにあるし変更もされる、文科省のガイドラインにしても同様であることに思いを致すべき。


1も2もごり押しって言うより電通って言った方が通じるもんな


ゲームでもゴリ押しがあるよね、受け手(ゲームの作成者達)の意向を無視してムリヤリ進めるって感じで。


電通は『ゴリ押し』じゃなくて『ステマ』だっていう、ライターの主張かな?


「壁ドン」が生まれてから誤用のほうが一般化するのはあっという間だった


この記事酷いなw


尻を捲って逃げる なんておかしな日本語も広まってるな。まあ、日本人が着物を着なくなったのと、「尻を捲る」ような居直り強盗が無くなったせいなんだろうが…。


合ってるじゃん。最初から誤用という事にする、という前提の元書かれたとしか思えない。


本来の意味があったとしても用法と意味が同じでわろた


ゴリ押しの意味をゴリ押しする記事。


>メディアなどにコンテンツや人物が過剰に抜擢されたり特集されていることを指す、というのは異なりますので注意が必要ですね。←じゃあ「受け手(視聴者や読者)の意向を無視して、自分(マスコミ、電通、芸能事務所)の意見を無理矢理に押し通すこと」はゴリ押し以外になんて言えばいいのか具体的に説明してくれ


全然+肯定語 も違和感なく使うようになったなぁ


「役不足」「助長」「確信犯」「爆笑」「失笑」


マナー講師みたいな記事だな。自分の考えが如何にも正しいみたいに押し付けてくる


本来の流行を無視して自分達の作りたい流行を押し付けてるんだからゴリ押しでしかないよね


ほう、ごり押しという表現は不適切かね。じゃあマスメディアのやってる事はインチキとか上層部の独断専行とか汚職の産物とか言い換えた方が良いかね?


>受け手の意向を無視誤用にもあるはずだけど明示されてなければ無いも同然ってことかな?


役不足と力不足、みたいな。


ゴリ推しです


最近気になるのは「なんなら」の誤用かなぁ。妙に多いんだよなぁ。


誤用の例題が誤用だとゴリ押ししてて草


うーん、ごり押しの話はどこに着目してるかによるのかね。厳密な区分では違うって論だけど、極めて近い位置にあるからその厳密な線引きがしにくい。使用者のニュアンス的にはそう外れていないと思うが


間違ってはいない気がする、誰も需要がないものを強引に押し込ませようとする大マズゴミの戦略としての使われ方としては


ゴーリキを無理やり押し込むって意味でゴリ押しだと思ってました


???このコメント欄おかしい人たくさんいるね。世間から視聴者から需要ないってそれ全員に聞いたの?それとも妄想か? 視聴者といっても不特定多数だし、ある人物に対して需要ないと考える視聴者もいれば需要あると考える者もいる。また、日本人全員がTwitterやネット、snsを使っている訳では無い。よって、正しくは世間や視聴者の一部はでしょ。


無理やりでも物事を押し通す的な意味の『ゴリ押し』以外の意味があったことを初めて知りました


ゴリ押しの由来は将太の寿司で知りました


俺の意向無視して押し付けてるからゴリ押しじゃん


炎上目的。


>物事がうやむやになることを「なし崩し」と言うことがありますが ←聞いたことない。 >本来の意味は”物事を少しずつ片付けていくこと“ ←だから、本来は禁止されている事などを、グレーゾーンからチョコチョコ攻めて既成事実を積み重ねていき、いつの間にか事実上の無効化に成功する、というようなやり口に対して使うことが多いと思うが。


「受け手の意向を無視して、自分の意見を無理矢理に押し通すこと」マスコミや芸能に関しては間違いじゃないですよね?


受け手(視聴者)の意向を無視して、自分(テレビ局)の意見を無理矢理に押し通す。何も間違ってないんだが誤用とは?


誤用も何も、実際マスゴミや芸能界のごり押しは「受け手の意向を完全に無視して、自分の意見を無理やり押し通す」なんだけど。


いや、受け手(視聴者)の反応を無視してって、受け手の反応は様々(肯定的又は否定的)だから。必ずしも無視してるとは言えないのでは? ある意見に対して特定のsnsでは否定的な意見が大半だが、よく探してみると肯定的な意見が散見したりする時もある。また、自分が観測してないだけで、肯定的意見もあったかもしれない。


そもそも視聴者の反応(意見)って正しくは視聴者の〝一部〟の反応(意見)では? 


ゴリ押しの定義を実例で教えてくれるいい記事だぁ...


確信犯も「悪いと分かっているのにやる」を誤用とする人が多いが、これは「悪いと分かっているけど自分がやらないといけないことだと思っている」だから「自分の主義や思想に従っての行動」に該当。(例:「このままでは餓*る→ならば窃盗もやむを得ないと考える→パンを盗む」)ま、この区分だと犯罪は過失(悪いことだと知らなかった)と確信の2パターンのみだがなw


 ?「視聴者はゴリ押しと思ってるよ。」←その視聴者って自分?大半?全員? ←そう思わない視聴者もいるかもしれないから単にそう思ってるとは言えないのでは?←もしかして自分が観測したあるsnsの反応による主語の誇大化?妄想?決めつけ?←自分の意見と同意見の人達の評価(反応)だけでそう思ってるの?


↑×考える人もいる。 〇考える人もいるかもしれない。視聴者や世間が(は)~という評価(反応)って断言してる人って、多分「自分が観測した範囲の中での視聴者や世間の評価や反応という意味」で使ってるのかな?SNSやTwitterで反応してる視聴者や世間という範囲を限定した表現使うのはまだ分かるけど。 


僕が言いたいのは永遠


言葉の意味なんて時代とともに変わるものよ


結局のところ意味さえ通じるなら大抵はそこまで気にしないから誤用とやらが広まって一般化するんだよ。火ぶたを切ると幕を切って落とすを混同してるとかドヤ顔で指摘する奴いるけど大体の人は割とどうでもいいって思ってるよ。


とりあえず「確信犯」と「性癖」から始めよう。個人的には壁ドンの意味を変えたのは許せん


あれ?みんなが行ってるのはごり押しじゃなくてステマの事じゃないの?ごり押しは受け手側が全員嫌と認識しないと判断されないって意味では?


姑息な手を・・・(誤用)


視聴者のニーズを無視して売りたい俳優を出してるんだから誤用じゃないだろw


改行ごり押し鬱陶しいです


7割を超える人達が誤用すればそれはもう今の時代の正しい言葉よって書こうとしたらゴリ押しが全然誤用じゃないっていうね


視聴者の意向を無視して、見たくもないタレントを無理矢理出演させるってゴリ押しやん。少なくともそのタレントがゴリ押しで出てると思ってる人が「ゴリ押し」って言葉を使うんだから用法としては合ってるんだよなぁ。


みんな、記者の日本語力を指摘するのはやめたげて。


国民が誰も望んでいない海外コンテンツを無理やり強要して、大流行を演出する某広告代理店とその提灯持ちのチラシ売りのやってる事に関しては、誤用じゃ無いと思うが。


伊集院光の豆知識予備校で聞いた。もっとも向こうは数秒でサクッと終わらせたがな


本来の意味を理解していて、「誤用だけど、今は間違った意味の方が認知されてるよね」と言うのならいいが、本来の意味を知らずにそう言うのは、ただ無知をさらけ出しているだけですけどねw


>受け手の意向を無視して、自分の意見を無理矢理に押し通すことです。 合っとるやないかい!こっちの意向は「ゴリ押しされてない自然なランキングや実力のあるタレントの演技が見たい」なんだよ


例文「今回はゴリ押しゴリ押しの精神でいきたいと思います。前回みたいなループはありません。」


言葉は間違ってないのに残酷なこと 容疑者と報道してるにもかかわらず、犯人扱いするメディア


というかゴリ押しって最近できた言葉だと思ってたよ。普通に勉強になった。


由来のところの「ゴリラを押す」についてはみんな触れてなくて、やさしいと思いました


この場合ごり押しで間違ってないですな。そう受け取ってるのは「視聴者」なので。んでそこに言及するのなら「的を射る」や「確信犯」「独擅場(壇じゃない)」辺りに言ってほしい…特に確信犯は皆思ってるのですなぁ


ゴリがゴリゴリの擬音じゃないと知っただけでも為にはなったかな


誤用警察「御用だ!御用だ!」


そりゃ冷やし韓国でしょ


ガレッジセールのゴリの熱烈なファンのことでしょ。




この記事へのコメント

人気記事