日本人が作るチャーハンに中国人が驚く「油、多すぎるだろ!」


 日本人から見て何かと味付けが濃い印象を覚える中国の料理だが、チャーハンに関しては日本に比べるとかなり薄味でシンプルだ。なぜなら、中国におけるチャーハンはあくまでも「白飯代わり」であり、おかずと一緒に食べるのが基本だからである。

 中国メディア・東方網は27日、日本のコックが作るチャーハンについて「油が多すぎ、量が少なすぎ」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本で普段作られる「中華料理」は本場の中国料理とは些か異なるものであり、日本のコックが作る「中華料理」も、中国人が想像する物とは異なると紹介。その例として「日本式チャーハン」の作り方を取り上げた。

 まず、日本式のチャーハンは多くの具を使う「五目チャーハン」が一般的であることを説明。中国にも「什錦炒飯」という五目チャーハンはあるものの、ネギと卵だけ、あるいはキュウリやハムを少し加えた極めてシンプルなものが一般的だ。

 しかし、それ以上に中国人が驚いたのは炒める際に用いる油の量である。記事は「日本のコックはチャーハンを作る時に投入する油が特に多い。おそらく卵を炒めるのに使うのだろうが、それにしても油量が多すぎる。何皿も別の料理が作れそうな量だ」と評している。

 そして、大量の油の中に溶き卵を流し入れ、固まり始めたところで茶碗1杯の白飯を投入、ある程度炒めたところでさらに2杯分の白飯を追加し、具材と一緒に炒めて完成させたと紹介。「茶碗3杯だから、3人分だと思うかもしれない。しかし、これが6人分だったのだ。チャーシューや卵などの具がたくさんあるので何とかお腹は満たされるといった感じだ」とし、中国人の感覚からすると日本のチャーハンは量が少ないとの感想を残した。

 記事は最後に「総じて、このチャーハンは油が多すぎ、量は少なすぎだったが、その他には特に何の問題もなかった」とし、おいしく食べたことを伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

日本人が作るチャーハンに中国人が驚く「油、多すぎるだろ!」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

実際なんで日本のチャーハンは油滅茶苦茶多いの?返し油するよね?


メーカー製冷凍炒飯もギトギトで、食うと具合悪くなるもん。ソウミシャンタンで味付けた自作の方が断然旨い。


王将の公開してる調理動画を観た感想なのだと思う。あれは本当に油使いすぎ


いっぽう中国の料理には大量の白い顆粒が…あれ食うと舌が痺れるねん…


ツッコミどころなのだろうか? 「3人前と思ったら6人前だった」 つまり”多い”と思った油も、一人頭で換算すると実質その半分だったと言う事だろう?


何この記事…。一言一句、嘘だらけじゃん。中国人がチャーハンを白飯替わり?中国のチャーハンは油が少ない?


↑サーチナ記事は初めてか?力抜けよ


おいしかったんなら文句言うなよ・・・


日本の米は粘り気が強いから油多めにしないとパラパラにならない。それだけの事。


そりゃ「動画視聴」だけじゃ伝わらないよな米質とかの差は


パラパラにしたければ卵ご飯にしてから炒めると良いって本当?


米をチャーハン用とそれ以外で分けて炊くなら別種の日本米(甘みが弱く、身が崩れにくい)使って油抑え目で作れるんだけどね。でもそうすると厨房に釜が1つ増えるし何より金がかかる。だから余程拘るところ以外は定食やらに使う米そのままなのは仕方ないんよ


>>恭祐おバカ?このチャイナは総量を見た上で油が多いと言ってるんだ


中国でもけっこう油使ってたと思うけど。どの作り方見たのかはしらないけど


中国で1週間滞在したときに常に腹を壊していたよ 理由は中国の料理は油でギトギトなものばかりなため日本人は大抵腹壊すのだとさ で?そんな中国人が油が多いとか言ってるチャーハンはどこのチャーハンなんだ?


日本人のひとりからしてもまあ台湾料理店(怪しい安い所ではなく)のチャーハンは確かにぱらっとあっさりしてて好きだけどね…こういうのになるとちょっと高いけど


あぁん!?NTUYホイホイチャーハン?(レ)


要するに中国の炒飯は具が少ないんだな。


わたしが作るのは、ごはん、たまご、ねぎ、塩、油少々だから、中華風なのかな?


カリッカリでパリッパリはエエぞ~。醤油いる?


一方その頃中国では、下水の油を再利用した地溝油を使って料理をするのであった。


炒飯に限らず、中華料理は全体的に、油がたっぷり使われている印象があります。


いつから日本と中国が同じ油を使っていると思っていた?とか言うとちょっとサスペンス。




この記事へのコメント

人気記事