日本ではなぜいまだに「ガラケー」が使われているのか=中国メディア


 スマートフォンの所有率が80%の所有率となった日本で、いまだに一定のユーザーがいるのが「ガラケー」だ。現在では「フィーチャーフォン」などとも呼ばれる、いわゆる二つ折りの携帯電話を日本ではいまだ一定数の人たちが使い続けている。実際、中国人が日本の街角でこの折り畳み式のガラケーを目にすることもあり、なぜいまだに「ガラケー」がこれほど使われているのかと感じるようだ。中国メディア百度がこの点について分析している。

 まず、記事は日本の携帯市場が「ガラパゴス化」した背景について説明し、NTTドコモの「mova」、 「i-mode」などについて紹介している。その後、テレビアンテナがついたタイプの携帯も登場し、日本のガラケーが、日本人のニーズに合わせて独自の進化を遂げ、改良され続けてきたことが人気の理由と紹介している。その後、多くの電機メーカー携帯電話市場から撤退し、ガラケーを製造する企業も少なくなっているが、今でもこの使いやすさが人気の理由というわけだ。

 こうした背景から、今でも日本では一定数の人がガラケーを使い続けているが、その主な理由が「使い慣れているから」とい点。特に高齢者が多い日本では、ある程度の年齢からスマホに切り替えるのが心配で、これまで使い慣れているガラケーを使い続けているケースもある。例えば、高齢者はガラケーについている物理ボタンのほうが、ディスプレイ上に現れるボタンよりも安心するようだ。

 さらに、「費用が安く抑えられるから」という点もある。ガラケーは本体の購入費用も安い。さらに、パケット代がスマホよりもかからないガラケーは月々のコストも安い。こうした理由から、普段はパソコンタブレットを使っている人が、携帯電話ガラケーのままにしているケースもあるようだ。

 とはいえ、今後ガラケーは徐々に減っていくものと終われる。高齢者のユーザーもやはり徐々にスマホに切り替えている人も多くなっている。また、スマートフォンの使い方を有料で教えるサービスまである。例えば、カメラのキタムラスマートフォン教室」などもあり、個別に親切にスマホの使い方を教えてくれる。

 「ガラパゴス化」の最たる例がこの日本のガラケー市場とも言える。とはいえ、携帯電話の開発技術は今でもスマホで使われている電子部品の多くが日本製であることも忘れてはならない。日本の携帯電話の開発技術は、ガラパゴス化しながらもスマホ市場で完全に淘汰されず、部品供給に形を変えてしぶとく生き残っていると言える。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)

日本ではなぜいまだに「ガラケー」が使われているのか=中国メディア


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

だってスマホなんて必要ないんだもん.電話とメールとあとはせいぜい電車の乗り換え検索くらいできれば充分.


ほんの30年前の携帯電話は通話機能しかないくせにデスクトップPCぐらいの大きさがあって持ち歩くには重く車載電話としてしか使い道なかったのにね。


携帯・スマホの普及で街中からかなりの公衆電話が姿を消し、外出時に通話だけできればいいと考えていた一定数の人がシンプルな機能のガラケーを欲した、というだけかと。


だってポケットに入りにくいんだもの


あと一回の充電で待ち受け時間が一週間もつ、というのも魅力。普段ろくに電話使わないから毎日充電しなきゃいけないスマホは面倒かつ身につけられない


1年もすると鉄*になるしなあ


電話とメールに特化した奴が欲しい。作業や遊びはもっと画面の大きい別のでやるから。


必要なのは通話だけだし、ペン型のヤツ作って欲しい。他はタブレットとかでやるから。


画面は小さくて良いから、ガラゲーで中身がスマホな奴が出ないかな・・・。


仕事用に持たされるのって、だいたいガラケーだよね。アレは電話するのには便利。


スマホからガラケーに戻った。便利は便利なんだけど…シンプルさを求めていくとガラケーになる。あとNHKが五月蝿い


使い分けだよな。電話とメールだけ出来て頑丈で軽量なガラケーと情報検索やマップなどを使う7インチ程度のタブレットの二台持ちしてるほうが使いやすい。スマホの5.5インチとか小さすぎてマップは見づらいし電話する場合だと逆にでかくて邪魔…3G停波になって完全なガラケーが使えなくなるか交換機が無くならない限りは変更する気にならないんだよね…


ふだんの生活で手元にPCがない時間はほぼないからスマホの必要を感じない。スマホはかまってあげないと、電池切れして息絶えている。電話が受けれれば十分。


キャリアがユーザーからより多く搾り取ろうとする方向に持っていこうとするから。


バッテリー持ちが良く折りたためるので画面傷つける心配も少ない、そしてなにより番号が押しやすい。GPSでの現在地情報見れるくらいしかスマホにしてよかったと思えたものが無かったんだよなぁ


両親が70代だけど電話の機能しか使わないので(メールとかできない)スマホは必要ない


今出てるガラケーはスマホに物理ボタンを付けた通称「ガラホ」でち


いらんし壊れるまで使う派だから


ネットは部屋でパソコンから繋げてるので本当にスマホは不要。しかし勤務先が持て持てうるさいから、やむなくプリペイド携帯を使ってる。残念なことにプリペイドはもうすぐサービス終了するので、新しいのに乗り換えないと・・・。でもスマホはやだなあ。ガラケーでいいのを探さないと。


だからスパイチップ入りのウチの製品を買えよ!ってかぁ


正直スマホなんて小さい画面で色んなことしたくない。タブレット+ガラケーが最強なんだよなぁ


これに関しては同調する部分があるなあ。実際、長年のPCユーザーからしたらスマホでないとイカンのか?ってとこ。個人的にPCは自宅作業専用だし、携帯電話は通信できればいいからガラケー派なんだけど、出先で調べ物したり地図とか乗り換え案内とか便利に使えるよって部分で考えると、4~6インチの画面でチマチマやるより、ノーパソか悪くてもタブレットぐらいの方が使いやすそう。




この記事へのコメント

人気記事