髪の毛に致命的なダメージを与えるNG行為10選


image:写真AC

毎朝起きて、歯を磨いて、ご飯を食べて、そして頭を洗い整える。そのルーティーンの中で、ヘアスタイルを整える際に、とある問題が発生する、それは「おいおい髪の毛こんなに抜けるのかよ、生え変わりの時期かよ」みたいな問題である。若い頃は心配ないが、大人になるとそうはいかない、一体どのようにしたら良いのか。

髪の毛が大量に抜ける原因

結論を言ってしまえば、遺伝による問題。

ということは誰もが薄々感づいておりますが、とはいえそれを少しでも食い止めたい。なんなら、抜ける心配事をなくしたい。そう思うのかもしれませんが、こちらの投稿によると、やってはいけないNG行為というものがあるようです。

つまり、髪の毛が抜けるNG行為をしなければ、いくらか防ぐことができるのではないか。ということです。

ということでそのNG行為を御覧ください。

髪の毛に関するNG行為

・古いヘアブラシを使う
・ブラッシングが強すぎる
・頭皮から下向きにブラッシングをする
・毛のもつれを解く用ではないヘアブラシを使用する
・ヘアブラシを共有する
髪の毛が濡れているときに、ブラッシングをするのを避ける
・大きな結び目やもつれを強引に引き裂く
・貴方の髪の毛専用のヘアブラシを使用していない
・柔軟ではないヘアブラシを使用する
・すべての工程において、1つのヘアブラシを使用する

この警告は、ヘアブランド「タングルティーザー」によるもので、女性の髪に関して調査した際に得られた検証結果だということです。

調査は2,000人の英国女性を対象とし、10人に4人は髪の毛に関する心配ををしており、20人に1人以上は、髪の毛に関する古い言い伝えを信じ、1日100回もブラッシングをすると答えているという。

ヘアブラシ共有や古いヘアブラシを使うのはなんとなく、悪いことは分かりますが、頭皮から下に向けてブラッシングをするのは、ほぼ全員がするのではないでしょうか。

どうやら、枝毛、結び目増加、そして最終的には髪の損傷に繋がるとのことで、正しくは毛先から上に向かってブラッシングするのが良いとのこと。

胃の中から50センチの髪の毛が発見される問題もありましたが

今後の髪の毛の状態を少しでも良い状態に保つこれら手法、試してみてはいかがだろうか。

Source:MirrorUK



画像が見られない場合はこちら
髪の毛に致命的なダメージを与えるNG行為10選


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ヘアブラシ関連しかない時点で無能


遺伝はどうしようもないし。ストレスは減らせないから仕方ないね


わかる限り5項目は単に商品を売り込みたいだけのNG行為だった


風が強い時の不要な外出は避けるとかはないのか


つまりヘアブラシを使わなければ良いということ?


いえ、まずは悔い改めるべきです。ハゲは業です。懺悔なさい。


100年前に論文として出しておけば


そんなNG行為を避けても脱毛因子TGF-βの前では無力である。遺伝子が言っている。お前はここでハゲる運命だと。


また髪の話してる・・・(´・ω・`)


ハゲたかも…と感じたら丸坊主にしようと思うが、世間の丸坊主オッサンの大半も同じ理由で丸坊主にしてるらしい


丁髷結えば解決


> 頭皮から下向きにブラッシングをするこれの理由が分からない


学生のとき丸坊主にしてたけど楽だったな、大人になってからだと冬場がきつそうだし、いまはコロナでハゲは狙われやすいとか聞くし難しいね。


これってハゲるハゲないじゃなく 髪の毛がパサパサでギシギシになるとか毛が絡まるとか枝毛が出来るとかそういった類のダメージやろ? お前らちょっとハゲに対してナーバスになり過ぎやろ


どんだけブラシ売り込みたいんだよ


夜ふかしとかが入ってるんだろうなと見に来たら、怒涛のヘアブラシラッシュで草生えた


神なんて必要ねえんだよ!


結論、どう転んでもハゲはハゲる


・頭皮から下向きにブラッシングをするいきなり頭皮=根元からブラッシングせず、毛先数㎝から毛先に向けてブラッシング、徐々に根本の方から毛先へブラッシングしろってこと?


ブラッシングする髪の毛が無かった


・ヘアブラシを共有する ←自分はこれ以外全部普通にやってるけど髪の毛フッサフサですが? ということでハゲは遺伝が主原因説推すわ。


髪の毛を引っ張ると毛根にストレスがかかりハゲるらしくバレリーナとか薄毛になりやすいらしい、だからいいブラシを使うことに効果はあると思う。それはそれとしてブラシ推しすぎだろ


仏間にある祖父の遺影が「定めじゃ…」と言っている気がする今日この頃。


中途半端に剥げるのは嫌なんで毛根を死滅させる薬や処置方法を出して欲しい…




この記事へのコメント

人気記事