「トランスジェンダー役はトランスジェンダーが演じるべき」という考えに池澤春菜さんが「徹頭徹尾、反対」とツイート 「今まで演じてきた数々の不思議生き物どうするのさ⁉︎」


在米映画ジャーナリストの猿渡由紀氏が、Yahoo!ニュース個人に『トランスジェンダー役を、そうでない俳優が演じてはダメな理由』という記事を公開。スカーレットヨハンソンが実在のトランスジェンダー男性を題材にした『Rub and Tug』の主演に一度は決まったものの、LGBTQコミュニティから大きな批判を受けて降板した例などを挙げているほか、アニメで黒人やアジア系の声を白人の役者を演じることを否定する風潮について「これらは、過剰反応でも、単なるポリコレでもない。そうでなかった今までが不自然で、間違っていたのである」として、「すでにたくさんチャンスのある人が、もともとチャンスのない人から奪うべきではない」という考え方を示しています。

トランスジェンダー役を、そうでない俳優が演じてはダメな理由(Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20200710-00187426/

この記事に対して、声優の池澤春菜さんがTwitterで次のように異を唱えています。

徹頭徹尾、反対。
これは、むしろ不寛容と差別につながる流れだと思う。わたしたちは何にでもなれる。そしてその経験を通じて、演じる方も、それを観る側も、魂に境はないことを知る。

だってこれは「理解ができない」って言ってるのと同じ。
「理解が足りない」はあっても、「できない」はない。
年齢も性別も国籍も、生物としての特性でさえ、すべてを超えることができる。

っていうか‼︎
わたしが今まで演じてきた数々の不思議生き物どうするのさ⁉︎

池澤さんは、これまでに『ふたりはプリキュア』のポルンや『とっとこハム太郎』のトラハムちゃん、『ゲゲゲの鬼太郎』のアマビエなどを演じてきたほか、『ホーム・アローン』のミーガン・マカリスター役など洋画の吹き替えの経験も豊富。ギリシャ・アテネ生まれで、イギリスとタイに留学経験もあるマルチリンガルでもあります。

近年、アメリカでは性別・人種・民族・宗教などに基づく差別や偏見に反対するポリティカル・コレクトネスエンターテインメントの世界にも影響が及び、猿渡氏の記事は現状をレポートしたものといえますが、こういった動きが「行きすぎている」と議論にもなっており、国際派の池澤さんが明確に立場をツイートしたことに意味があるのではないでしょうか。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/haluna7/status/1281482930854850560 [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
「トランスジェンダー役はトランスジェンダーが演じるべき」という考えに池澤春菜さんが「徹頭徹尾、反対」とツイート 「今まで演じてきた数々の不思議生き物どうするのさ⁉︎」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

それを言い出したら、*役やってる奴は*確定って事になってアウティングにならない?(笑)


役者という職業の全否定だからな


アメリカだけでやってくれ。少なくとも日本ではトランスジェンダーであることが理由で特定の性別のキャストがやらせてもらえないなんてことはないはずだ。体の性別の役がやりたくないから席譲れって事なら役者としての実力で奪い取れよ。


BL系の作品全部*にやらせろってなったら大変だもんな


話は簡単だ。【職業にも適用しろ。役者は役者役だけ演じろ】【生物種にも適用しろ。犬の声には犬を使え】【生物外にも適用しろ。神の声は神に頼め】これに納得できるならいいぞ。


当然のことなんだけど、よくぞ言ったって感じ  猿渡由紀の記事も見たけど、結局は「Tはマイノリティなんだ!その仕事よこせ!配慮しろよ!」って言ってるだけだし


おっと【実在人物役は本人が演じろ】も追加だ。


もう「演じる」という言葉の意味すら分からないんだろうね。まあ、こんなくだらない事がグローバル化するとは思えないけど。


この池澤春菜さんって人ちゃんと記事読んでるのかな…。チャンスのすくない人からチャンスを奪うのは社会的に正しくないという趣旨なのだから、演技がどうのこうのは完全に的外れです。


トランスジェンダーがチャンス少ないの意味が分からない。トランスジェンダーが普通の役演じればいいんじゃないの?


TSかつ役者って人がどれくらいいるかって考えると、騒いでる奴らのお望み通りにしたところで、今度は「キェェェェェェアァァァァァァ過重労働ァァァァァァァ!!」とか騒ぎそう


チャンスを奪うな>>んじゃぁ、トランスジェンダーの人はノンケの役はハマり役にはなり得ないので、演じないでください。ノンケのチャンスを奪うんで(笑)で納得すんの?ハマり役を演じれない役者なんて、ノンケにも山ほどいると思うけど、なんでトランスジェンダーだけ優遇されなきゃならんの?


しかし少し前はLGBTだったのに、いつの間にかQが増えてるんだな。これってその他のマイノリティだから、ロリコンやペドやネクロフィリアも入ってるんでしょ?ロリコン役はロリコンに、ペド役はペドにってことでしょ。このコミュニティはヤバイな?


池澤さんの考え方の方が、よほどチャンスを広げてると思うけど。


    ド    正    論    。


チャンスの少ない人からチャンスを奪うなって、LGBT役はLGBTの役者しか演じてはいけないとなったら、ノンケ役はノンケしか演じられなくなって余計チャンスが減るのでは?それともLGBT様は特別階級なのだから何を演じても良いとかいうクソみたいな思考か?


差別主義者の攻撃が酷い社会はこういう強制的是正策が必要になってくるのです(笑。


当事者しか許されないとかメソッド演技の行き着く先ですかね?どう見ても実際に人食ってそうなアンソニー・ホプキンスでさえメソッド演技には否定的だからなwww


じゃあ医者の役は本物の医者しかできなくなるな。コナンの犯人は本物の犯人しかできなくなるな。


アメリカは以前にも、身体障碍者で体が小さい人の役者の仕事を奪い取ったりしてるからな…ほんと「差別」がお好きなお国で。自分では差別根絶を唱えながら。


まずちゃんとLGBTの役者を連れてこい 話はそれからだ


つかこういうアホらしい話が通るのがおかしいよなぁ 差別議論が行き過ぎなのではなくあさっての方向へ向かってる感じ


ロリコンでマザコンでこじらせたアムロフェチのシャア・アズナブル役の声優はロリコンでマザコンでアムロフェチをこじらせなきゃいけないわけだが


それこそ『~役のやるのはその役と同じ人でしか』っていうそのものこそ”誰かのチャンスを奪う”なんだよなあ もっと幅広い思考を持って、どうぞ。


「いやー他に実力ある人もいるんだけどさー、君トランスジェンダーだし君を選ぶことにするよ。まともにオーディションしたら他の人になるだろうけど、君みたいな実力もなくて社会的にも弾かれ安くて機会の少ない人を優遇してチャンス与えないといけない*。嬉しいでしょ?」世の中こうなって欲しいってことか。俺がやられたらキレそうな言い分だわ。


>>憂国の士 やっぱおまエラのような差別主義者に限って、自分のことを棚に上げてシャベツニダシャベツニダと叫ぶよな。


トランスジェンダー役をそうでない人が演じることでトランスジェンダーへの理解が深まる節があると思うんだよね。演じることでトランスジェンダーの生きづらさを役者は疑似体験するし、見る側も役者と通して体感する。


中国人は語尾にアルヨをつける、インド人もビックリ、とか茶化すのが日本人だから、池澤春菜とか上野千鶴子とか田嶋陽子のような*が存在するのも分かる


現実とドラマ映画アニメを一緒にしてはいけません。大人がこんなことを言っている事実に戦慄するんだが


「私サイコパスなんで、殺人鬼の役ください!!ジュルリ...私からチャンスを奪うなぁ...」ていう人が共演者だったら怖くね?マジに*れそう。まあ、映像にリアリティ出るけど、事件のリスクもありそう。


>ザエス 声優の青木志貴はトランスジェンダーだがカミングアウト後に役を降ろされたりしていないし、三ツ矢雄二もゲイだけど普通に男キャラやってるしな。田中真弓や斎賀みつきとか緒方恵美とか男役の方が多いくらいだし、櫻井孝宏や保志総一朗は女性役をやったことがあるし石田彰も女声で演技できる。LGBT含めて性別で役を決めるということ自体がナンセンス。


もうじき、ポケモンはポケモンが演じないといけなくなりそう。


こんなん言い出したら宝塚とか論外だな。自分と違う存在を演じるにあたって、それを理解・研究して最大限近づけるのが演じるってことじゃないかと思うが。


歌舞伎の女形を全否定する主張だしなぁ


宇宙人役は宇宙人しか演じられなくなったらスターウォーズオワタ超人も超人しか演じられないからMCUもバットマンもみんなオワタ


あと当然だけど、LGBTの役者は健常者正常者の役を演じることができなくなる。それがフェア。


真面目な話として思想や信条として自分への条件にするならともかくそれを他者に強制するなよ。今後は殺人鬼の役は殺人鬼にゾンビの役はゾンビにさせて役者は役者の役だけして他は一切やらないってことにでもするんかね


じゃあトランスジェンダー役以外は決して演じないで下さいね。説得力に欠けるんで。貴方が主張してるそれって、とても狭量で差別に最も近い世界ですよ


演技力が高い人から平等に選ぶのが差別で、T役はTしか演じられなくするのが平等????


過去を肯定して変化を否定する人は、変化の連続で今の生活がある現実を知らなすぎる


実力主義の否定だよな。チャンスってのは役者が自分の努力で勝ち取るもんでしょ


個人的な興味なんだけど、これに賛同する人はFGOの始皇帝の性別:朕はどういった人が演じたらいいって考えてるんだろう。実に興味がある


でもエヴァのアスカのドイツ語にイライラした人は多いと聞くぞ。池澤春菜はそりゃ上手いから良いが、声優さんのスキルの問題で「それは違う」と言う事態は避けなきゃならんのじゃないか?


つまりゲイやトランスの役者はノンケを演じちゃダメってことかー。マイノリティは大変だなー。


これを認めて「じゃあトランスジェンダーのあなたはそうじゃない役をやらないでくださいね」って言ってまた差別呼ばわりされるまでがワンセット感ある


その通りだよ。役者を志す人はやっぱり一個人でしかない自分が非現実の世界ならどこの誰にだってなれることにやりがいを感じるんだと思うよ。そのために自分じゃない人のことを調べたり観察したり行動を真似てみたりして役を作る。役者であることより人種や何やらが優先されたら演技の世界が完全に壊れる。行きすぎた押し付けは叩き返そう。


超正論


音速丸とか武田観柳斎とか演じさせる謎生物やロボットをスカウトしてこないといけないな


でもトランスジェンダーが普通の役を貰えないと差別だって騒ぐんですよこの人達


もう平等なんてどうでもよくて、LGBTを表に出せば仕事と金がもらえる手段が欲しいって言ってるじゃねーか。


凶悪事件の再現Vも本物の犯人と被害者が演じないとだめなの?


じゃあトランスジェンダーはノンケの役やるなよ?まさか文句言わねえよな?


トランスジェンダー"を"演じる、と、トランスジェンダー"が"演じる、では全然違うもんな…。前者は"演技"で後者は"自然体"。当事者が演じたからといって差別や偏見の淘汰には直結しないし、全ての作品で徹底するのは無理だろうけど、こういうキャスティングの作品が増えるぶんには良いと思う。


アホな主張を真に受ける必要はない。今まで通りでよい


本当にやったらLGBTの登場人物がいない作品では彼らの仕事はなくなるし、役者が捕まらないとか変な団体がうるさいとかでLGBT絡む作品を作る機会が激減して結果消滅とかなりそう


黒人役を白人にやらせるな。と全く同じだな


単一民族国家から見ると「バッッッカじゃねぇの」ってなるよな。


この物語はフィクションであり、実在する(中略)とは一切関係ありません っていう但し書き、フィクションにはちゃんとついてるよな。それ見て育った人間としてはこの自称差別問題はホントによくわからん。


演者によって理解が進んできたのだろうに。用済みになったらポイですか。利権集団にすぎないなら遠慮なく批判するか


いかにもアメリカンな考え方だな。それと現代もので「現実にはこんなにもLGBTがいるんだから作品に登場しないのは差別だ。だから出せ」という脅迫みや、それによって動く金があるという裏を凄く感じる。


日本よりよっぽど不自由で、同調圧力が強いことが判明したアメリカ。


池澤春菜・大谷育江・千葉繁・茶風林この辺りが連盟で署名を出せば誰もが納得するだろう


あほくさ。でもそれが通るのが今のアメリカ。あほくさ。


めんどいので作品からトランスジェンダーのキャラが削除されるぞw


小人プロレスの過ちから何も学んでないバカ共


ハリウッド映画やネトフリで、日本人の役を中国人が演じていて、珍妙なアクセントの日本語に萎えるときが多い。だから『アニメで黒人やアジア系の声を白人の役者を演じることを否定する』姿勢は、ガチで分かるw


それではこのキャラクターを演じるに相応しい猫系の獣人種を連れてきてください。


↑参照する存在がない(実在しない)なら、むしろ創作できるから自由だし、誰も"不自然"だとは思わないだろw


かえって差別を助長するということにいい加減気付けよ。


タッチの達也で有名な三ツ矢は同性愛者を公言しているが、しっかり達也というキャラを演じてるぞ。同性愛者だからと言って今まで演じてきたキャラに対して何も思わなかったし、これから先どういう役を演じたとしても合っていれば別に何も思わない。


「宝塚にしろ女形にしろ異性のそれを演じるのは日本の伝統芸能、と考えると日本に対する文化差別ですね」と返されたらどうすんねん、と


声は声優自身に起因し、顔も体型も年齢も人種も性差も一切関係なく、実力と親和性をこそ重視すべき。原則として声優の顔や性別は作品そのものに影響しないからだ。ブサメンでも熱血ヒーローが演じられる、おばさんでも女学生が演じられる、白人主人公を黒人が演じても良い。一切の差別は無く、あるのは実力差だけだろう? それが雇用機会均等ってもんだ


つまり黒人もトランスジェンダーも出ない作品だけにするのが正しい流れということだな?


これって逆に言えば、黒人は白人を演じる事が出来なくなるし、同性愛者の人は異性愛者を演じる事が出来なくなるのでむしろ束縛が増えるのでは?黒人は黒人しか演じられなくなって、同性愛者は同性愛者しか演じられなくならなくなりそうよね、だって今まで押し付けで役の幅が少なくなってたんでしょ?


演技とはなんなのか?


>めんどいので作品からトランスジェンダーのキャラが削除されるぞw←すると「こいつらをゲイと公式に認めろ!」とか言い出しますよ。実際セサミストリートのヤツとかw


>ノンケ役蹴る どうせそっちは多数派だからいいだろとかと言い逃れるだけだから「あなたは確かにTだけど白人だし異性愛者だし下層カーストでもないから降板ね」の方が効くと思う。


そんなつまらん自己満足なんか海外だけでやってろ。


差別問題に熱心な人こそ差別主義者とは的を射てる。そういうこだわりこそが差別のもとだとなぜ気付かないんだ。


「LGBTQコミュニティやアニメで黒人やアジア系の声を白人の役者が演じる事に批判」やり口がどこぞの半島と同じなんだがアメリカ人はコレに異常事態を感じないのか?確実に中共から怪しい金が流れているんだろうがそれに乗っかるということは所詮黒人LGBT問題もただの被害者ビジネスでしかないという事だな


差別を無くせと言いつつ実態として俺を優遇しろという内容をゴリ押しして来るという事は、要は自分さえ良ければいい、あわよくば新たな利権にあやかろうというだけだという事実に世界レベルでいい加減気づくべきなんだよね


じゃあ漫画家役は漫画で飯食ったことある奴しかやっちゃダメだし、王蟲の声はギターじゃなくて王蟲呼んできなさい、警官役も現役警官しかできないし、痴漢役は現役痴漢*呼んできなさいってなるぞ


これに対する賛成意見を見つけるのは、干し草の中から針を探すより難しそう。まともに取り合う必要あるの?


差別や偏見を助長するポリティカル・コレクトネス


歪んだ形で進んでるわけだから乗らなくていい。当のトランスジェンダー本人達は危機感を感じないのか?それとも何がヤバいかわかっていないのか?


つまり障害者の役は障害者がするってことでもあるよな?知的障害者の役を健常者がやるのは知的障害者のマネをするってことだもんな?差別だよなぁ?


参照する存在がない(実在しない)キャラでも公式設定で性別が設定されてるわけでな。マジで性別:朕のキャラについてどう対応すべきか聞いてみたい。外見で該当される性別の声優当てるとしても、外見で性別決めるってそれこそトランスジェンダーが言うところの差別でしょ?


声は、一度、イメージ作れば、ボイスチェンジャーで仕事が出来るそうだけど。それは、元々仕事が出来る声優だから成立する事。どうし様もなく演技の下手なアイドルが世界を崩壊させたアニメは論外。アニメを軽く見る人間は、声なんて誰がやっても同じだと思うらしい、そして、キャラクターを死産させる。そして、好きなキャラを目の前でゾンビにされた観客が阿鼻叫喚の地獄絵図ww


黒人差別反対に便乗して物申して注目集める奴いっぱい湧いてきてホント鬱陶しい


弱者と云われる人を擁護するとのさばってくるから嫌われるんだよ。演じる人たちをさしおいて、勘違いな権利を主張するなよ。


つまり、頭悪いキャラクターは猿渡由紀しか演じてはいけないって事か?


つまり、ロバート・ネッパー(プリズンブレイクのセオドア・バッグウェル役、吹替は若本)は*・・・?(暴論)


ソフトバンクのCMどうなるの?


俳優さんたちの都合も大事かもしらんが、視聴者側のことも考えてほしい。トランスジェンダーで演技がうまい人がやるならいいんだが、トランスジェンダーというだけで演技力はそうでもない人がキャスティングされるなら見る方は心を広く持ちながら視聴しなきゃいかんわけでな。


その世界でチャンスが少ないって実力がないってことじゃないのw


もちろんピカチュウの役はピカチュウが当てるべきだし、ティラノサウルスの声はティラノサウルスの声を使うべき


この例えでいくと、らんま1/2は誰も出来なくなるよね。豚に変身できる人間のみ声を当てられる、他にも猫とかアヒルとかパンダに変身できる人限定って・・・。


仕事が欲しけりゃ、実力で勝ち取れよ。


俳優に求められているのは「リアル」ではなく「リアリティ」だと思う。そして「リアリティ」と同じくらい「分かりやすさ」も重要だと思う。


監督と脚本もノンケじゃダメだな、表現できるわけがないって感じになって切りがない






この記事へのコメント

人気記事